1. このサイトではcookie (クッキー) を使用しています。サイトの利用を継続した場合、cookieの使用に同意したものとみなさせていただきます。 詳しくはこちらをご覧ください。
あるふぁ
参加:
2017-07-18
メッセージ:
66
受け取ったいいねの数:
565
トロフィーポイント:
180

所持バッジ 6

性別:
男性
ホームページ:
職業:
無職

このページを共有

あるふぁ

「よっしゃ!1マップならすごろくゲーがぴったりやな!プラグイン探すか!」 → 「だいたい仕様も作り方も固まったな!そろそろ始めるか!一応もっかいコンテストの内容確認しにいこ!」 →「 あれ?新着のとこに不穏なスレが上がってるけど気のせいかな」 → 「」 2020-02-15

    1. あるふぁ
      あるふぁ
      今日の作業は、OPムービーの絵コンテと、導入法の検討。OPムービー!なんと甘美な響き!ゲーム制作者なら一度は憧れるワード!そしてこの投稿を目にした大半の人は、鼻で笑う事だろう。何言ってんだこいつ、と。フリーゲームにムービーなど現実味がない。僕の制作履歴を見れば、さもあらん事だ。
      1. オヤジ狩りSaara がいいね!しています
    2. あるふぁ
      あるふぁ
      ふと気付いたが、ここのコメント、トップに表示されてるのか。以降は1日に1投稿にし、その日の作業の要点を簡潔に書いていくことにする。今日は、無職が一人で独り言し続けてる展開が単調過ぎるため、急きょ登場人物を入れる事に決めた。エディタガイド役の妖精。人物も2人いれば漫才が可能になる。
    3. あるふぁ
      あるふぁ
      このゲームにおける要点は、『ゲームの中に入っている感覚』の表現。去年はVR元年だったらしいが(僕はVR童貞)、レトロな2D画面で「実際に中に入ってる」という感じを伝えきれなければ、プレーヤーの気持ちが主人公に寄り添うことがない。ので演出はとても気を使うことになるだろう。
    4. あるふぁ
      あるふぁ
      無職のゲームクリエーター、が作ったゲームに入れるエディタ「RPGハイール」と出会う。彼はあれこれ欲望をゲーム化しようとして空回りし続けた結果、ついには……。プレイヤーは、ゲーム制作部分を大まかな分岐で選び、作ったゲームの中に入った制作者の突っ込みを見ながら物語を進める。
    5. あるふぁ
      あるふぁ
      えんため大賞にゲーム部門が親切されることは8/2に運よく知った。9月31日まで募集していて、テーマは「物語」。で、まず2日でプロットを考えた。物語が魅力的なゲームとなると、ゲーム性は蛇足になりかねない。かといって入れなきゃ小説でいいやないかとなる。なのでゲーム制作の物語を書いた。
      1. Saara がいいね!しました
    6. あるふぁ
      あるふぁ
      ので、ここでツクールで開発中のゲームの開発手記みたいなものを書き留めていこうと思う。5月からゲーム作るサークルに所属していて、そこで1作品。そしてえんため大賞に出すためのゲームをもう1作品平行して作っている。前者は守秘義務みたいなものがあるので割愛。つまりここでするのは後者の話。
      1. Saaraツクール開発部 がいいね!しています
    7. あるふぁ
      あるふぁ
      フォーラムに参加したはいいが、何となく投稿とかしたくない(他人の長文とかとうてい読む気にもなれんし、ろくな制作経歴もない僕の唾棄すべき文章を、誰が貴重な時間を使い読みたいというのか)
  • ロード中...
  • About

    性別:
    男性
    ホームページ:
    http://dotocean.zouri.jp/top.html
    職業:
    無職
    ゲーム作るマン。今はUnityとMVで半々でやってます。
    2017年は11作品つくった(つくーるMVで3つ)
    そん中の『RPGハイールDX』がいまんとこ代表作です
    (一応なんか賞もらいました)
  • ロード中...