夢幻台
Reaction score
4,295

タイムライン Latest activity 投稿 所持バッジ About

  • いよいよオリキャラコンテスト投票開始!登録者数はかなり多いと思うので、普段は見ている専門の方もぜひ投票してくれたら盛り上がるかなと。もちろんリニティとセンゴクに入れてもらえたら嬉しいですが、そうでなかったとしても。
    猫二郎
    悲しい事にフォーラム内での投票&シングルチョイスという現実だから、非登録者は投票出来ない。
    ツイッターを用いての投票だったら、リツートで少し盛り上がれた様な気がする。
    夢幻台
    夢幻台
    書き込み人数はともかく登録者数は結構な数いるはず(以前バッジを配っていた時にいたはず)なので、そういった方々の投票に期待できると思います。また「イベント宣伝期間公式Twitterで一番人気(いいね数)になった作品はスペシャルバッジを贈呈」と詳細にあるのでTwitterでの連動企画もあると思われます。いずれにせよ我々は「参加させてもらっている側」なので、このルールでいかに楽しむか、盛り上がるか、を考えたいなと思います。
    猫二郎
    なんとなく登録した方や素材目的で登録している方、エターして音沙汰がない方が大半ですから、フォーラム内で呼び掛けても効果が薄い気がします。他のアンケートですら反応が薄いですから・・・。
    いずれにしろ運営側が制作した宣伝用のツイッターをどこまで拡散出来るかで、変わっていく・・・。
    恐らく、宣伝用ツイッターの内容は細々した奴ではなく、前みたいな一枚絵を貼り付けた様な形式の様な気がする。
    もしかしたら、投票で選ばれた各5位以内からツイッターで宣伝する可能性が出てきた。
    プハリコ
    プハリコ
    プレイありがとうございます!長編なので最後まで遊んでいただけるだけでありがたいです!
    夢幻台
    夢幻台
    こちらこそありがとうございます。ツクシティでは見られなかったツッくんやアメノトリフネの一面、フリーダム過ぎる神様一同に心から楽しませていただきました(人間よりよっぽど人間臭い…)。
    キャラ的にはタゴリとアメノウズメがお気に入り。戦闘面ではスクナヒコナ、ナキサワメ、ワカヒルメにお世話になりました。

    主役の主人公グループ、どこかで見た名前のような…と思っていたら「ツクール学園フェスティバル」にも出ていましたね。
    駅、宿、部屋、学校、村、学園祭、番組、都市…今度はテーマパークでも作ってみましょうか。「ツクランド」とか。全くの無計画で、今度は誰かやってもらえないかな~的な他力本願な願望ですが。
    こまどり乳酸菌
    こまどり乳酸菌
    「世界樹の迷宮」や星のカービィの「洞窟大作戦」みたいに、広大な1つのダンジョンをツギハギで作るとか面白そうですね!
    猫二郎
    多人数のデータや意見を集約して、一つのプロジェクトにするやり方は夢幻台様ならではで、エターし易い方だと崩壊する恐れ、または人があまり集まらない可能性があると思います。
    ただ、それ以外の方法で思いつくのは、一般的な
    ・テーマを決めて、タグを統一して各自で投稿。
    ツクシティ、タイトルもエンディングもスタッフロールも作り、最終調整を除けば自分の作る所は全て作った…気がします。次は作品まわり、宣伝動画や特設サイトの制作の方もしていこうかな…と。
    夢幻台
    夢幻台
    ふと「自分の作りたいゲームを語るスレ」を読み返していたら思い切り『「ツクールフォーラムから生まれるゲーム」企画ものとしてやってみたい』と自分が書いていました。前々から思っていることですが「声に出す」(この場合は字にする)は意外と実現への第一歩…なのかもしれません。
    猫二郎
    言霊は馬鹿に出来ないですからね・・・。ポジティブな言霊は自分自身の波動の質を良いものに変える力があり、逆にネガティブな言霊は悪い波動を引き寄せてしまい、運気が下がりやすい。
    そういえばフォーラムのオリキャラコンテストの上位入賞素材、自分以外に使っている方がいらっしゃるのかちょっと気になりました。名前(キャラによっては設定、さらには詳細まで)が決められている素材は使いにくいのか、使われた作品を知らないだけなのか…。もっと広まってもいい気がするのですが。
    リンクス
    長々と持論を述べましたが、正直私も悪いです。自キャラは地味な上に無駄に設定凝らして単独で使い辛くしてしまいました。サラッとした設定と凝ったデザインが大事だと痛感しました
    夢幻台
    夢幻台
    「素材」としての使用を考えた場合、設定は無い方が使いやすいですね。例えばMV素材だと千華やテオあたり、ツクシティではほぼ自分の設定が入っています(喋り方とかも、作者さんがどう思うかはちょっと微妙ではあるのですが)。まとめて出すことに関してはMV部門のウカちゃんと、VX Ace部門のきつねさんが奇跡的に被っていた(気がする)ので、同時出演してもらいました。
    シトラス
    シトラス
    「設定がないほうが使いやすい」というのはまさしくそうで
    詳細は省きますが、例えば初音ミクとネギは本来何の関係も
    なくて人気動画の影響でイメージが広まった側面があります。

    ツクールのデフォルトキャラも、少なくとも名前があるので
    それを軸にして、二次創作的に作品を作りやすい
    側面があると思います。
    「ツクシティ」更新。一応ですがエンディングまで作り切りました。まだ未実装要素もあるので胸を張って「完成」と言うにはまだ早いですが、何というか「走り切った」感はあります。ゲームを作り切ったあとのこの余韻がたまらなく好きだったりします。
    フォーラム発コラボRPG「ツクシティ」に触発されてまた新たなるコラボ作品が産まれそうな予感…。自分が望んだのはまさにこの空気で「共同制作って実は言うほど難しくないよ」と、共同制作のハードルを下げる一助になれていたら、これ幸いに感じます。
    開拓者
    開拓者
    コラボ系が増えるのは楽しみですね。
    うちの子は顔グラなしで制作がVXなので参加できませんが
    エターナル・ファンタジーとかで禁忌になった物を取り戻せたら
    キャラや武器だけ考えられる人にも残せる物が増えるかもと思っています。

    共同制作って最低限の「あり方」ができているほど簡単になって
    最低限の「あり方」ができていないと一気に難しくなる気がします。
    それも実は言うほど難しくなくて、小さな心構えや気づきの問題なのかも。

    たとえばシナリオやキャラクターや武器を考えるのが得意な人と
    イベントを組むのが得意な人が力を合わせれば
    色々な事が簡単にできるかもしれませんね。
    開拓者
    開拓者
    いつも深刻そうに振舞っている俺とかが実は
    「簡単だと気づかれたら困る人」かもしれません。
    自分自身「簡単だと認めたくない」のかもしれません。
    最初に難しいを体験すればそこから先は全て簡単、人生それなのかも。

    先行者の一助は後続の二助に勝るので、これからも頑張ってください。
    俺にも超えられるハードルになってるといいなぁ('∀`*)
    夢幻台
    夢幻台
    >共同制作って最低限の「あり方」ができているほど簡単
    >最低限の「あり方」ができていないと一気に難しくなる
    >実は言うほど難しくなくて、小さな心構えや気づきの問題
     これが全てだと思います。もっと言わせていただければ「コツってなあに?」と聞かれれば「コツも何も…。『ちゃんと』作るだけです」としか答えようがありません。それができない、それも出来ないという方には…失礼を承知で言わせて頂ければ、ゲーム作りの前にもっと考えるべきことがあるんじゃないのかな、と。
    いよいよラストまで見えてきた「ツクシティ」ですが、タイトル画面&ロゴ、バグチェックや通しテストプレイなどなど、まだやらなければならないことは結構あるので、あと一歩、というよりはあと1周。ファイナルラップ…という感じでしょうか。
    ツクシティのテストプレイのセーブデータを確認してみたら累計プレイ時間が17時間弱。分に直すと1000分越え…!あくまでゲーム内時間なので実際はもっとプレイしていることに。長編になることは予想していましたがここまでの大作になるとは…。皆様のご協力、本当に感謝です。
    ツクシティ、容量問題は大丈夫と思っていましたが頂いたデータを入れ始めたらまた容量が跳ね上がってちょっと気になる圏内に。やっぱりBGMはかなり容量を喰うのでしょうか…?
    20年以上ツクール制作を続けてきて、「自分にはセンスが無い」という根幹の言葉は変わっていないのですが、長く続けていく中でその間に入る言葉は随分と変わってきた…気がします。
    夢幻台
    夢幻台
    初期の頃→「自分にはセンスが(あるか無いかわから)ない」
    5年目~→「自分にはセンスが(他の人と比べれば)ない」
    現在→「自分にはセンスが(必要)ない」
    …参考になるかは分かりませんが、制作期間だけは長いツクラーの戯言として。
    シトラス
    シトラス
    私としては「サッカーの才能がなくても、草サッカーは
    楽しめるが、ワールドカップには出られない」という認識です。
    才能がなくても、その中で楽しめる要素がきっと
    あると思います。
    猫二郎
    センスがスキルとして求められるこの時代においては、適した環境で磨く事が重要だと思う。タイピングだって、PCを使う頻度が多いと自然と早くなるし、運動だって、その分野のトレーニングすれば無意識に適応する様になる。
    自分らしいやり方を見つけて、無意識にやれるような習慣として続けていける様になればある程度は身に付く。
    本職としてやるわけでないのだから、気楽に習得するスキルは「広く浅く、一部で深く」ぐらいで十分だと思います。
    進行中の企画「ツクシティ」、大きなヤマ場である中間クエストを実装。長編を作っていると「大きなヤマ場の後の後半の出だしが蛇足になりやすい」ので気を付けています。ヤマ場を越えた後なので少し落ち着く意味合いでもいい意味での「間」は必要なのですが。
    空き容量が劇的に変化していたので、ふと見てみたら自分のPCにツクールMVの新規プロジェクトが10個近く作られていることに。消そうにもどれが消して良くてどれがいけないのか判断が難しい状態に…。
    夢幻台
    夢幻台
    今のところまだ空きに余裕があるので残している感じですね。作者さんごとに分けないと困った所に上書きしてしまう可能性もあるので。(うっかりツクシティ本体に上書きしたらそれこそ大惨事…)
    こまどり乳酸菌
    こまどり乳酸菌
    もしやっちゃったらこの企画が一瞬でエターなりますね。
    べるなに
    べるなに
    多分俺のはかなり容量食ってますよね………
    バックアップはお大事に………(バックアップ取らなかったせいで五時間ぶっ通し作業がパァ!になった俺)
    中間イベント到達の現時点でのツクシティの容量は235MB。アツマールの一般会員の容量制限は300MB。残り65MBで最後まで走り抜けられるか…。他の自分の長編作品は軒並み200~220MBで収まっていることを考えると何とか収まりそう…と楽観視しているのですが果たして…?
  • ロード中…
  • ロード中…
  • ロード中…
  • ロード中…
トップ