開拓者
リアクションスコア
3,099

タイムライン 新着アクティビティ 投稿 所持バッジ プロフィール

  • ちょっとうちの鍛冶師が心の中でつぶやいた、シナリオ上に無限を用意したい人向けかも
    開拓者
    開拓者
    最も強い人間こそが最も弱い存在なのだ。
    最も弱い存在こそが最も強い人間なのだ。
    開拓者
    開拓者
    無限の敵を止められるのは強者の剣か弱き心か。
    敵を味方につけるには? 心の弱さを暴くには?
    開拓者
    開拓者
    不正を超える不正を望み、何も起きない素手まで戻る。
    最初は子供の殴り合い、最後も子供の殴り合い……
    ここで一発、アンパンチ問題について意見交換をしてみませんか、自分の考えとしては「子供がアンパンチを真似してからが親の教育の出番であり、アンパンマンに教育を丸投げしてはいけない」と思いました、真似をされるから見せないでは真似できる事が出てきた時に一気に溺れてしまうのです。
    ぶー太
    ここで自己矛盾を。
    ホラーや、外道な敵キャラや、主人公のトラウマになった悲しい過去を描く場合、ある程度はショックを与えたい!ドン引きするぐらいのを作ったるで!という気持ちもあります。(やさしい作品にしたいと思って作った場合は除いてですが)
    開拓者
    開拓者
    わかります、感動させるためには落差やショックが要るんですよね。
    吼えろペンという漫画の富士鷹ジュビロの台詞なのですが
    「世界中の子供たちに愛と勇気をね!与えてあげる前提で、まず怖がらせるだけ怖がらせてあげちゃうよーん!!一生残る恐怖と衝撃で一生残る愛と勇気をね!!」
    という路線も覚悟しているならアリだと思いますよ。
    ぶっちゃけ自分も神や仏を目指しながら悪魔の道も歩んでますし。
    神無月サスケ
    神無月サスケ
    これは僕は「自由気ままに雑談」で書かせていただきました。
    https://forum.tkool.jp/index.php?threads/35/page-25#post-18573
    平たく言うと、子供が外で大声を上げたり遊んだりすることに不寛容になった世の中、内在する暴力性を抑えられなくなってるのが一因だと思っています。
    悪事やイカサマって最初に成功するのが大失敗の元なんだよね、味をしめてしまうから。 逆に最初に大失敗したほうが懲りて後々楽になる、悪人の生まれ育ちに困った時は「1回目の不正や悪事でうっかり大成功してしまった」というのも意外と深い動機付けになる。
    ぶー太
    それを聞いて逆に、過去に良い事をしようとして失敗したせいで、勘違いして道を間違えたキャラ、というのが思い浮かびました。
    力が足りず誰かを守れなかったせいで力ばかり追い求めてしまった、みたいなキャラってたまにいる気がします。
    神無月サスケ
    神無月サスケ
    ギャンブル依存症についても同じような話を聞きます。パチンコ依存症の特集を以前テレビでやっていたのですが、ビギナーズラックで大当たりして、以来、その成功の快感が忘れられず、大当たりを渇望してはまりこんでしまう、という。ビギナーズラックって怖いですね。
    開拓者
    開拓者
    運がいい人は最初に失敗する、運が悪い人は最初に成功する。
    若い頃に失敗して年を取った時に失敗しない人と
    若い頃に失敗しなかった結果、年を取った時に大失敗をした人
    どっちが幸運かわからないのが不思議ですね。
    ツンデレと 暴力娘 紙一重 【エターナラー心の俳句】
    猫二郎
    猫二郎
    一般的にはツンツンしながら切れているのなら、ツンギレでツンデレとは異なる。かなりの種類が存在するから、全部把握はできていないが40種類以上存在する。
    こまどり乳酸菌
    こまどり乳酸菌
    ツンデレに暴力は無くても成立しませんか?マリベル(DQ7)とか、ツンデレですけど暴力は敵にしか振るいませんし。
    開拓者
    開拓者
    ある意味、暴力で表現するほうが楽だから皆が安易に暴力で表現する側面もあるのかも。
    個人的には暴力の無いツンデレは存在すると思いますよ~
    個人的に一番好きなツンデレはドラッグオンドラグーンのアンヘルですね。
    1にできる事を知る、1にできない事を知る、10にできる事を知り、100にできる細かさを知る。 【千歩目の剣】
    • Like
    Reactions: カワセミ
    開拓者
    開拓者
    1→2は2倍、2→3は1.5倍、10→11は10%単位、100あれば1%単位で調整できる、千や万を使える今の時代だからこそ、1、10、100を理解したほうが強くなれる、問題は完璧を目指してしまう事なんだよね……「いいかげんは良い加減」上を目指しすぎると危ない。
    開拓者
    開拓者
    ちなみに1000は100.0と考えると分かりやすいですよ。
    1000が分かればあとは小数点が増えるだけ……

    という事はガンダムトライヴのように億や兆で崩壊したゲームも
    ゲームバランス自体を根本的に改善しようと思うなら
    数値を100~1000に変えて大雑把に割り切るだけで事足りるんだと思う。

    逆に言えば1~1000を理解できない人が億だの兆だの桁を増やしても
    先人の100以下の事しかできない事になる……

    今は100と向き合う人のほうが強いけど
    1億2億を楽に計算できるようになった人が1~1000を理解した時
    一気に先人を超えられるんだと思うなぁ……
    開拓者
    開拓者
    1と100と小数点を掘り下げているロートルを
    桁と処理速度を増やしまくるエリートが超えられるか
    自然に集まる一般兵を一人の勇者が倒しきれるか。
    自分の役目は程遠志、5万で500に負ける人、500を勇者に変える人……
    家族でボードゲームをやって思った事、子供と大人の違いは「負け戦をしっかり終わらせる事ができるかどうか」だと思った、人生勝ってばかりだと大局で負けるし、勝ち目の無い戦いもある、名も無き兵士と多くの弱者、古い量産型で負け戦を戦い抜こう……
    開拓者
    開拓者
    あと、仕事をしながら対戦ゲーをやってる時に思ったのが
    「人は負け戦でこそ本性を表す」という事。
    勝ち戦でエースを気取ってる人が負け戦だとわかった途端に崩れたり
    自分を下っ端だと自覚している人が負け戦でもブレなかったり
    いろいろと考えさせられる事がある。

    まぁ、勝ってる時の態度も本性ではあるんだけど
    負けてる時、追い詰められている時の態度には隠せない物がある。
    強そうに見えて弱い人、弱そうに見えて強い人を書きたい時は
    逆境を与えて追い詰めてみるといいかもしれない
    仕事と遊びで作る事がおろそかになり、義務感で武器物語を考えるとインスピレーションが何も沸かない、さて、どこからヒントを得ようかな……
    • Like
    Reactions: YouChalice
    開拓者
    開拓者
    確かにそうだと思うのですが、ピンとくる時と来ない時があって難しいですね。 高得点を目指すから難しく見えるだけかもしれません。
    YouChalice
    YouChalice
    確かにピンと来ない時は考えが堂々巡りしてしまいますよね…でも、恐らく開拓者様の現状は、高く跳ぶためにしゃがむ様な予備動作の状態で、きっと高みへ到達できるのだと思います。あまりお力になれなくて申し訳ないです。応援しております。
    開拓者
    開拓者
    ありがとうございます、ちなみにガード・オブ・アンブレラは台風の日の仕事帰りに折り畳み傘がメチャクチャになって捨てられてたビニール傘を拾って家に着く途中まで救われた事から浮かんだんですよね、仕事や遊びを大事にしてきたいところですね。
    言葉は雷、ネット上で攻撃的になりすぎると自分に返ってくるから気をつけないといけないね……
    開拓者
    開拓者
    わかります、今の時代におぼれた大勢の自称賢者・自称強者を
    屁理屈と禅問答で言いくるめた時の快感は病みつきですよね。
    俺の場合はさしずめ「悪魔」って感じでしたが。

    多分、スピリチュアル的な世界までひっくるめれば
    相手がいる事に感謝した上でのプロレスになるのかもしれませんね。
    夢幻台
    夢幻台
    「攻撃的になりすぎると自分に返ってくる」
     ↓
    「攻撃的に『なりすぎなければ』やっても返って来ない」
    これがネットの怖いところかなと思います。また、この手の方は大体「反撃されても傷つく、影響を受けるような作品やポジションがそもそもない」「反撃されそうになるといなくなる」のも怖いところ。そうと分かれば攻撃し放題というのも分かる気がします。「無責任な外野」またの名を「無敵の人」は本当に厄介です。
    開拓者
    開拓者
    そうですね、反撃されないというか反撃したほうが過剰反応に見える書き方を熟知している人が攻撃的になると厄介ですね。
    そこらへんは学生時代の「いじめ」にも通じる所ですが……
    DAMに録音した我が声のもどかしさよ!(CV.炎の宅配便のおやっさん)
    開拓者
    開拓者
    あと、思ったのが、テンプレートや基本に忠実に真似して上手くなった人は「基本そのものを考え直してる人」を笑える立場にあるのだろうかと思った、自力で基礎を考えついた訳でもないのに基礎を作りえる人を笑うんだから考えさせられるな、「上手」って言葉はまやかしかもしれないのに。
    DODの武器物語のような小話つきの武器を皆で投稿しあうトピックとかあったら面白い気もした、でも、2行の短文に慣れてしまって長い物語を書けないでいる・・・
    ロングソードとかファルシオンのような「名前をつける元になる武器」をイメージできずに苦戦中、あと、フレーバーテキスト難しい。
    まこっちゃんさんにうちの子を描いてもらいました、絵になったのは初めてなので嬉しい、でも、思った事や考えた事を率直に言いたい反面、この絵への印象が悪くなるのも嫌だなってのもあります、男女上下を問わない物は謙虚と敬語、これから先は絵を守りながら頑張っていきます。
    ネット上で赤の他人を煽りすぎると本物の殺意が生まれる事もある、ネット上だと加減できないからこそ気をつけないといけないんだよな、ほんとは、でも、痛みや怒りを感じないネット上のやり取りは難しい。
    • Like
    Reactions: kainushi
    水犬かき
    水犬かき
    短絡的な意見で申し訳ないのですが…
    自分とはほとんど関係ないようなところで関係ない人が被害に遭ったら加害者に同情する余裕もあるんですが、自分に関係ある人が被害に遭ったら加害者に対してただただ憎いと感じてしまいますね。
    それで更に周りだとか社会のせいにしてるのを見ると「そう言っとけば、『俺もごめんね』ってお前のことを許してくれるとか思ってんのか?」と思うし、それを他所から浅はかだとか問題の本質を見ていないだとかそういう指摘をされたら「じゃあお前も身内を殺されてみろ!偉そうに言うな!」って、それこそ赤の他人に対して本物の殺意を抱いてしまいそうですね。
    結局、自分に関係なければ客観的に好き勝手言えてしまうという話になるのではないかと…。
    開拓者
    開拓者
    悲惨なニュースは自身の日ごろの行いとどう向き合うかを試されてる感じがします。
    「身内を殺されてみろ」という言葉は実際に殺された事が無い人が盾や免罪符代わりに使っていい物なのかなぁ、とも思いました。
    外野が怒るのは分かるんだけど、外野は外野なんですよね……
    外野だからこそできる事、外野にしかできない事もあるのかもと思いました。

    自分に関係がある時に自分と向き合えるかどうかも
    自分に関係がない時に好き勝手言えてしまうのと同じくらいの闇を抱えているのかもしれませんね。
    ハッサクリーフ
    ハッサクリーフ
    表現の自由には責任があると言ってる人は自己責任押し付けてるのに、表現の自由をやってやられた人がいたら助けてあげてとか自分勝手に考え変えるの本当不愉快ですよね、何様なんだこの人はって
    「下手も上手も受け入れられる生き方」と「上手下手の概念がない世界」って似てるようで違うんだよな、下手が消えれば上手が消える、不幸が消えれば幸せも消える、消していい物はあるのだろうか。
    今週一週間を振り返って気づいた事
    開拓者
    開拓者
    1試合20分くらいかかる集団対戦ゲームをやっている時に
    親から店番をさせられたりトイレに駆け込んだりして戦線離脱した事があった。
    パソコンがオーバーヒート起こして真っ暗になった事もあった。

    それだけ見れば迷惑な失敗なのかもしれないんだけど
    そういう状況もありえるんだと体で理解できた時
    開始直後から動かないとか途中抜けされたとかのイライラが減った。

    失敗する側は迷惑をかけてしまう側面もあるんだけど
    失敗される側だと理解できなかった事を理解できるから
    失敗しない事よりも失敗を理解するほうが幸せなんだなと思った。

    自分は失敗する、謝れない時もある。
    だからこそ周りの失敗を許せる人間になれますように。
    うーん、若い子は短い言葉でわかるのだろうか、わかったつもりになるのだろうか……
    べるなに
    べるなに
    おはようからさよならまで「死ね」の一言で会話するのが俺の同級生に結構いるので多分言語は大体通じてないと思います
    開拓者
    開拓者
    なるほどー、ニュータイプになりそうな気もしましたが、どうなんだろう。
    言葉を省略化しすぎたら曲解される気もしますが
    実は俺も中学~高校時代はとてつもないバカだったので人の事は言えないですね……
    よぞらん
    よぞらん
    私の感覚ですが、相手の話を理解して相手を知っていく事よりも、お互い協調し合って私達仲間だね~って確認し合う為の会話が多くなったように感じます。
    端的な例だとTwitterのテンプレツイートへのお決まりの返し文句でのリプとか、いつの間にか定着?したホモネタとか。
    なので、言葉が短い長い関係なく、理解する事自体を目的にしていないのかも知れません・・・。
    老いぼれが 星よ変われと 種を撒き 遅咲きの花 子らを彩る  まぁ、まだ若造だけど渋い爺さんになりたいな、自分で渋く見せる内は二流だろうけど。
  • ロード中…
  • ロード中…
  • ロード中…
  • ロード中…
トップ