munokura
リアクションスコア
684

タイムライン 新着アクティビティ 投稿 所持バッジ プロフィール

  • 実践に勝る学び無し、というのが我流です。
    移植目的で色々な人のコードを読みながら「同じ処理でも人によって流派っぽいもの」を感じています。
    (使われていない変数を見つけると不安になりますが…これは、実はどっかで使ってるの??とか)
    今日の学び(驚き)はMVのプラグインコマンドの配列を Window_Base.prototype.convertEscapeCharacters を経由して、制御文字に対応(主に変数)しているのを見ました。
    「そんなこと出来るの!」とびっくり。
    初めて見た…

    あとは技術に見合わない高度なコードは「なるほど分からん」になるというところですかね…
    いい加減に、自分のプラグインもツクプラに載せないとダメですよねぇ…
    人のは情報収集しているのに、自分のは「大したことないヤツだから」と思って、最後尾になってしまう
    英語に対しての反応がないことから、英語が母国語では無さそうな印象。
    機械翻訳で日本語への変換が、一応伝わるレベルになっているという事に結構驚いた。
    (ギリギリ日本語が分かるのかも知れないが、文末に「ありがとう」は日本の文化じゃありえないので、考えにくいですよね)
    munokura
    munokura
    海外フォーラムを見てないけれど、日本のフォーラムの方が初心者に優しい対応なのかな?
    あちらだと、投稿量が多くて流れるのが早いというだけなのかも知れないが。
    MZに移植したプラグインについて原作者に他のMZプラグインとの競合について質問に行っている人がいる…
    配布者に聞かないと分からんだろうに…

    リンクも提示してなかったのに、そこからのヒアリングで対応している作者氏…律儀過ぎでしょ…
    温州みかん
    温州みかん
    >ここに書くのは最後になるでしょう。

    >「気軽」「手軽」の空気を作りたいという意見が、ムノクラの「気軽」な発言を妨げるというのは、興味深い矛盾ですね。

    聡明なmunokuraさまでしたらご想像が付くでしょう 私があなたに固執する理由です
    munokura
    munokura
    「固執 」されるのを「脅迫」に感じました。
    「お前は、黙っとけよ。いつまでも追い詰めるぞ」という「脅迫」に。

    ここに表明します。
    温州みかん
    温州みかん
    怖くなくても怖いと言えます。もし、この手の「脅迫をうけているという主張」がまかり通るなら、誰でも被害者になれてしまいます。
    被害者の立場を利用しなければ、まともに会話できないのですか。
    なんと、悲しいことでしょう。
    戦隊モノは5人が定番なのに、RPGは4人パーティが定番なのはDQ3が決定打?
    (最近の作品を知らない老人の発言です)
    とんび@鳶嶋工房
    とんび@鳶嶋工房
    画面レイアウト上の都合が一番大きい気がしますが、他にもターン制コマンド入力前提だと、雑魚一匹に全員のコマンド入力が必要なので、4人でもちょっと多いかなという感じはします。
    僕も4人で十分だと思ってるし、なんなら戦隊も4人でいいんじゃないのと思ってたりします。
    ちなみに最近の戦隊のは追加戦士で6人は最低でもいる感じで、キュウレンジャーに至っては最終的に12人になりました。
    munokura
    munokura
    最近(に関係ないか)のキャラ人数の増加は玩具販売促進が目的なんでしょうけれども、AKBとか見ていると多ければファンが分岐して増えるという目論見もあるのかもしれませんね。
    そうなると、DQ3の勇者を除いた戦士、僧侶、魔法使いの3人(つまりDQ2)くらいでプレイヤーとしては十分かも?とも思います。
    属性も多すぎると把握しきれないし、じゃんけんの3つで良いんじゃない?とか思ったり。
    シトラス
    シトラス
    スーパー戦隊の場合、単純に「忌み数」というわけで、4人を避けたという事情があるようです。

    ちなみに近い時間帯でやっているプリキュアシリーズの場合
    敵にもある程度の描写を割かなければならないので
    6人は少し持て余すようです。
    二次創作がここまで堂々と出される時代がこようとは…
    自分が老人であることを再確認させられました
    シトラス
    シトラス
    前に見たTogetterのまとめでは
    訴えれば即アウトにできますが、イメージを壊すようなものも含め
    二次創作が行われていることを知らないわけがないので
    うまくやってくださいとのことでした。
    件の作品は、キャラデザインやロゴが公式に似すぎているので意匠権などの問題もあるでしょう。

    権利者しか通報できないことに関しては
    気に入らない二次創作を潰すことに使われかねないし、公式サイドとしても逆に
    「いちいち相手にしていられない」そうです。
    munokura
    munokura
    つまり「問題視されない範囲で自由にやってね。責任は発信者が持ってね」ということですよね。
    メルカリの転売と違うのは目的(金銭・売名・発信)だけですよね。

    「法を犯している」ものは排除するメルカリの方が、ある部分で秩序があるとも見えますね。
    同人的な商品がメルカリで、どう扱われているのは調べていませんが、似たような状況でしょうね。

    著作権って要るんですかね?(Unlicense・ライセンスを思い出しながら…)
    munokura
    munokura
    なんにしても、二次創作はネットは禁断領域…というのは過去の神話という状況でしょうか。
    裏を返すと、有料頒布の意味合いがかなり変わってきそうな感じですね。

    「帆布であって、販売ではない」というのが通用するのが困難になったとも見えます。
    いただける助言の速度に追いつけない…日をまたいで弄りながらでないと理解に達しないと感じる。
    しかし、やはり「小さく細かく早く」が学習のコツだと再確認。
    短いコードであれば、丸ごと書き換える例を拝見できる可能性も上がるし、対比もしやすい。
    実践しながら基礎力を上げるのが自分の流儀だと再確認。
    ジャンルが変わっても、やり方は変わらない。

    ようやく、助言を受けずに(自己評価では)マトモなコードを書けるようになってきた…かも?と勝手な達成感。

    letを減らしてconstに集約するのに三項演算子を使わないと、ムリゲーなんかな…半端なif文で躓きまくってました(まだ、未熟者なだけなんだろうけど)

    ちょっと前まで「おっかしーな、なんでコレで動かない?」ばかりだったので、今日は満足のまま眠るとしよう(明日、リファクタ依頼してボロボロになるのは別の問題)
    DarkPlasma
    DarkPlasma
    MZならNULL合体演算子が使えるんですが、MV対応させようとするとちょっと面倒ですよね。
    munokura
    munokura
    Null 合体演算子!そんなのがあったんですね!
    簡潔ですね!
    しかし、MVでは使えないというのは???
    RPGツクールMVのプラグインのMZへの移植は自分も進めたい。
    しかし、過去公式に問い合わせたところ「プラグインにライセンスが設定されているものはそれに従い、されていないものはRPGツクールMVの収録素材としての扱い」旨の回答が来た。
    つまり、スロットマシンのプラグインをMZに移植しても、MVを持っていないユーザには利用できないという事になる…

    内部事情に通じている人は暗黙のMITだと思っていたようですが、そういうことでもないようなので、とても面倒なことになっている…
    自分のひどいコードを見つけてしまった…この有様では「余計なことすんな」と言われるのも納得のレベル…
    あまりに酷いので、やっぱり具体的に指摘してもらえたほうが助かる…

    時々、見直していかないとダメだ
    GitHub入門に良さげな記事発見

    自分がツクールを始めたばかりの頃、GitHubとSourceTreeを使ってプロジェクト管理をしたほうが良いという記事を読んで挑戦したが、記事と画面がかなり食い違っていて、途中で意味が分からなくなって、諦めた。
    Windowsの日付表示を和暦にしていると、SourceTreeの表示が謎になるバグだけは報告した記憶がある。

    プラグインを少し書くようになり、再挑戦したら躓いた箇所に偶然気づいた。
    新規リポジトリを作ったら、最初にクローンすれば良いだけだった。
    そこが分かったら、あとはFTPの代わりくらいの勢いで使うことに…(本来の用途でなくて申し訳ないですが…)
    昔、大学で関数電卓を買わされたのを思い出した。
    こんな進数とかは使わない学部(logは頻繁だけど)だったので、進数とか子供の頃にマシン語を写経した(当然、意味は理解していない)以来だね…
    久しぶりに、ちょっとしたゲーム試作しようかなって思うと、MZではやはりプラグインが足りなくて、やっぱMVでリメイクしよっかな…という気持ちになる。
    自分が作るような内容だと、MZでの恩恵がほとんどない…
    MADOも使えないね…
    移植元のプラグインが未完成だったのは想定外だったが、良い勉強になりました。
    自分の動作確認では、概ね問題なさそう(でかいピクチャを背景にするのは変になる予感がするが)だが、公開するか…少し迷う。(公開はしてるんだけど、記事にするかって問題)
    余計な改変するなの助言に従って、元のコードをできるだけ変更しない方法を探して学んだ。
    改変元を作った人のほうが知識が上なので、改悪しているのは間違いなさそうだったし。

    新しい学びもあり、順次進めていく予定。


    自分のプラグイン学習順序は
    1.翻訳をしてプラグインパラメーターの働きを学ぶ
    2.動作確認をしながら、一般的な設定・仕様を学ぶ
    3.巨大プラグインの一部の簡単なものだけを作る
    4.MVプラグインをMZに移植する<イマココ
  • ロード中…
  • ロード中…
  • ロード中…
  • ロード中…
トップ