1. このサイトではcookie (クッキー) を使用しています。サイトの利用を継続した場合、cookieの使用に同意したものとみなさせていただきます。 詳しくはこちらをご覧ください。

開拓者からのタイムラインへのコメント

  1. 開拓者
    開拓者
    でも、あまりにも凶悪な存在になったら死こそが更正かもしれないし
    地獄に誰かが残らなければ天国・地獄、善と悪の2元が消えるし
    凶悪犯を殺せないのも一種のディストピアなんだよなぁ……
    でも死刑があると周りを巻き込んだ拡大自殺が増えるから難しい。

    外国では時間の感覚が精神状態によって変わるのを利用して
    実際は1時間なのに精神的には1ヶ月に感じる懲役とかも考えられてて
    死ぬより恐ろしい「死ねない罰」を作ろうとしている所もあるんだなぁ。

    ちなみに、楽しい事に夢中になると時間が経つのが早いように
    20分さまよった感覚なのに5分しか経っていないような感覚は
    精神疾患の症状の中に実在していて、体験した事があります。
    2019-05-28
  2. 開拓者
    開拓者
    ちなみにこの「1日で1ヶ月を体験させる懲役」をボタンにすると
    表面的には皆おとなしくなるかもしれないけど
    ボタンを押す人や押すように圧力をかける人が罪と痛みを知らないために
    安易にポチポチしてしまう可能性があって
    一歩道を踏み外したり一度誰かに陥れられたら
    長時間の地獄を見るディストピアが完成するかもしれないんだな。

    今まで罪を犯した事が無いという思い上がりこそが最大の罪だとしたら
    ほんとーの善人って何だろうね、と考えさせられる。

    罪を犯せるけど罪を犯せない、罪を犯せるけど犯す必要がない
    罪そのものが思いつかない、罪を犯せるけど理解して許す
    さて、どれが天国なんだろう?

    罪そのものが思いつかない世界って
    罪のある世界を一度体験してそれを覚えておかないと
    当たり前だと感じてしまって幸せを自覚できないんだよなぁ。
    苦しい事を忘れたら次の世界は当たり前、不幸があるから幸福がある。
    2019-05-28
  3. 開拓者
    開拓者
    俺の場合、これを突き詰めると「悪にも感謝を」って所までいきます。
    その先にあるのは「自分こそが極悪人だ」って考えですね。
    俺に感謝しろ、じゃなくて、周りに感謝を、って所かな。
    この世には一番極悪な人間を救おうとする両極端の存在がいるんだから。

    たとえば物語を完成させるには倒されるべき悪役が必要だし
    身の危険を感じなければ何も起きない世界を平和で良いとは思えない
    禁断の果実みたいな罪と罰がなければ人間は自由意志の無いロボットになる。

    人間を人間たらしめてるのって「善と悪と自由意思」なんだよね。
    なのに「必要悪」を演じてくれている人に感謝できない事もある。
    テレビ・ネット・新聞、あらゆる物が幻想と現実の半々だって可能性もあって
    現実はものすごく良くなってる可能性もあるのに……

    善も悪も必要だからそこにある、って気づくと
    全部が一つだってのが腑に落ちるんだよなー、うーむ、長い。
    2019-05-28
  4. 開拓者
    開拓者
    これ、創造主を描こうとする時に欠かせない問答ですが
    「できるようにした存在がそれをやった存在を裁く事ができるか?」
    「裁く者が自分の裁き方で裁かれるなら、自分自身を裁くのは誰だ?」
    この2つを考えると、それっぽい創造主を作れるかもしれません。
    2019-05-28
  5. シトラス
    シトラス
    やっぱり開拓者さんって、ゲームよりも
    小説家向きなのかもしれない。
    一応「小説家になろう」にもエッセイの分野はあるので
    そこで活躍したほうが、人気が出るかもしれません。
    2019-05-28
    開拓者 がいいね!しました
  6. 開拓者
    開拓者
    小説も少しかじった事があるのですが
    動作や戦いを描写する文章のレパートリーが少なくて……
    まぁ自分のブログで武器物語もどきをやろうとした事はありますが
    それも1回目であとはやってない感じですもんね。
    でも、想像任せにできる小説の表現方法には魅力を感じています。
    2019-05-28
    シトラス がいいね!しました
  7. Renfred Stauchenberg
    Renfred Stauchenberg
    なんとなく解答してみたくなったので…
    >「できるようにした存在がそれをやった存在を裁く事ができるか?」
    できるのでしょうね。創造主はどこかしか傲慢なのですから。

    >「裁く者が自分の裁き方で裁かれるなら、自分自身を裁くのは誰だ?」
    創造主が裁かれるのなら、それは自らの創造物に裁かれる日がいつか来るのでしょう。
    創造主ではない裁く者が裁かれるのは…
    その裁きに納得の出来ない、反感を抱く何者かでしょうか。
    2019-05-28
    開拓者 がいいね!しました
  8. 開拓者
    開拓者
    なるほどー、俺の場合は創造主って星の数ほどいて
    もしも世界を観測している一番強い創造主が何かを裁いた時は
    「自分の裁き方で自分自身を裁く」って答えになりましたね。

    創造主は傲慢なのか限界があるのかわからないけど
    色々な多様性を受け入れてくれているんですよね。
    それを壊れない最善の形でまとめあげようとしている感じがします。

    ちなみに「裁く者は裁かれる」は
    自分のやった事が自分に帰ってくる、だと思ってます。
    自分のやった事を自分に返して、やらない自分になる為に生かす。
    そのための「鏡」みたいな感じがします。

    強い人は優しい、優しい人は汚れている、汚れている人は弱い、弱い人は強い。
    一番強い存在は一番弱い世界を体験しているんですよね。
    世の中捨てたもんじゃないですね。
    2019-05-29
    Renfred Stauchenberg がいいね!しました