ツクールフォーラム

べるなに
べるなに
風刺系漫画を描いてる人とかにも迷惑でしかないっすねぇ……
ハッサクリーフ
ハッサクリーフ
まずは探さないとだめですね
藍津海
藍津海
べるなにさん>その通りですね!
ハルマキ
ハルマキ
ああ、奴ですか…。まったくもってその通りですね。昨日、何やらここで閲覧していた時間帯があるみたいでまさかここでやらかさないよなと戦々恐々としています。まあ、ミュートしてるのでやったところで見えないですけどね(苦笑)
Renfred Stauchenberg
Renfred Stauchenberg
「まあ、ミュートしてるのでやったところで見えないですけどね(苦笑)」
ログオフしつつ時々携帯端末から未ログインで見ている勢としては
ここで動いていたのか、と戦々恐々。
周知しておくべきなのか否かに悩む今日このごろ。
ハッサクリーフ
ハッサクリーフ
僕も悩むところ、わざわざ言わなくても良いのね(苦笑)
開拓者
開拓者
風刺と誹謗中傷の違いって何なんでしょうね。
自分の作品に嫌いな物を嫌われるように登場させるのも
嫌いな物への風刺じゃないかなーと最近考えました。

ツクールの外にある他人の闇をバンバン風刺していきながら
ツクールの中にある身内の闇に目を向けないのも何か変ですよね。
なぜそれを突きつけられてはいけないのかって考えると
そこを突かれると自分の心が痛むから?とも考えました。

風刺と誹謗中傷の違いが「自分の外」か「自分の中」だけだとしたら
けっこう業の深い話だなーと考えさせられました。

ぶっちゃけこの手の問題って風刺そのものが悪いと言うよりも
風刺を面白い作品に昇華できていない物を乱発されると困るのかも。
うーん、質の高い風刺と質の低い風刺の違いって何なんだろう?
ハッサクリーフ
ハッサクリーフ
開拓者さん良いこと言ってくれた、誰だって風刺してます。身内が風刺作品を出してるのに仲が良いから風刺してることに目を瞑るのはどうなのかなって感じはしますね。お互い様じゃないのかな。
開拓者
開拓者
ちなみに俺の理屈倒れも表面だけで風刺されると結構凹むので
自由だからガンガン風刺しろとは言えないんですよね。
俺にだって逆鱗の一つや二つはありますし
仲間がやられた時にヘラヘラ笑ってもいいのかってのもありますし。

ただ「嫌いな物の心の痛みを理解して風刺しているか」は
風刺にせよRPGにせよ大事なのかもなって思いました。
風刺と誹謗中傷っていじりといじめに見えますね。
喧嘩とプロレスの違いを知らずにケガさせてもいいものか。

極端な話、うしおととらの白面の者だって闇と痛みがある訳で
心の痛みや闇を理解しないで悪役や嫌われ者を表現するのって
自分が痛みを感じない所で相手の痛いところを風刺しまくる感じで
結構えげつない事やってるんですよね……

今、ここで、自分が風刺したい人の心の闇と心の痛みを理解できるのだろうか
闇も痛みも理解しないで何かを表現していいのだろうか……
風刺する人も、風刺する人を風刺する人も、みんなで考えないと。
開拓者
開拓者
そこで思ったのですが「質の高い風刺」って
なぜその行動をとったのかが理解できる物語だと思うんですよね。
表面だけを見てたら深いところにある本質を見落としちゃうので。

たとえば俺が口先だけになってる理由の全てが分かる人は地上には居ません。
過大評価でも過小評価でも「分かったつもりになってる人」は居ますが。
中立を保って「主人公の全て」が描けてる風刺なら
嫌がらせではなく賛否両論の立派な風刺になると思いました。

「実在する個人」を深く公正に理解するのは無理があるので
そこが社会風刺と個人攻撃の超えられない壁かなーと感じました。

実在する個人を皮肉るんじゃなくて
実在する物を集めて空想で勝負したほうが良い場合もあって
相手を風刺する側がまったく労力をかけてないように思われるのが
風刺が嫌われる一番の原因じゃないかなと思いました。
(空想の産物に自分を投影して被害妄想に陥る人もいますが)
ハッサクリーフ
ハッサクリーフ
風刺は嫌がらせと思われるのなら小説・漫画・歌詞は風刺でできてると思いますが、この3つは嫌がらせと認定されてしまうかなと
トップ