ツクールフォーラム

猫二郎
猫二郎
若いほどという句になるなら、一番若い赤ん坊が最強の老害になりますよ・・・。

要は「若き老害」論についての一句なら、老害川柳コンテストで記載されています。
https://marusenryu.com/contest/142
入賞した以外にも全部で987件あります。
開拓者
開拓者
ピカソがたどり着いた「好きなように書く」境地も
もともとは赤ん坊が夢中になってやってる世界ですもんね。
「子供の落書きのような」って形容詞は侮蔑的な意味でも使われてますが
害という言葉を抜いてみたら分かりやすい気もします。

若い人こそ老いていて、老いた人こそ若いのだと考えると
今の自分は若いのか老いているのか分からない所がありますね。

猫二郎さんの現在地はどこだろう('∀`*)
開拓者
開拓者
大人こそが子供で、子供こそが大人
賢者こそが愚者で、愚者こそが賢者

真の賢者なら愚者こそ賢者に一理を感じるけど
自称賢者なら愚者と言われて腹が立つ

若さとは何か、老いとは何か
賢者とは何か、愚者とは何か
突き詰めると分からない物ですね。
開拓者
開拓者
ふと思ったのですが、他人の川柳を1000個見せるよりも
自分の言葉で1句書いたほうが通じ合える気がします。
猫二郎さんの考える老害についての川柳も興味がありますね、自分としては。
猫二郎
猫二郎
二点ほど、老害川柳に出していますが、新たに一句を作るなら、
・しないでよ 老害運転 危険だよ
→老害の中で一番迷惑のは自動車関係の事故やトラブル。どの世代でも言えますが短気でせっかちなドライバーは事故やトラブルを抱えやすいし、煽り運転はシャレになっていない・・・。
開拓者
開拓者
シンプルで良い句ですね、自分ももう一つ

害がなきゃ 害の害には 気づかない 老いは先駆け 若は呼びかけ

せっかちが居なければ、おっとりは存在しえないんですよねー……
汚いがなければ清らかが存在できないように。

10人中1人が煽る世界が10個あるのと
100人中1人が煽って99人が気をつける世界が1個あるのと
どちらが平和な状態なんでしょうね。

怒りと我慢を重ねる人が次のせっかちを生むとしたら
老害とは何かって考えさせられますね。

理想としては「極端な事をしなくても勘所に気づく事」なんですが
なかなかどうして「極端な事をしないと気づかない人」は多いです。
いいかげんは良い加減、って何週も回る深い言葉ですね。
トップ