【プラグイン】ジオラマ風の撮影効果

LRIKI

ユーザー
グラフィックスを豊かに見せるための撮影効果を追加します。

x.jpg

このプラグインは次のようなエフェクトを駆使して最終的な絵の仕上がりを調整するためのプラグインです。
  • ブルームエフェクト
  • トーンマッピング
  • ティルトシフト
  • ビネットエフェクト
これらはテストプレイ中にいつでも編集・保存できます。

保存したエフェクトはイベントや、アニメーションのフラッシュから適用することができます。

ダウンロードと使い方は GitHubのページ をご覧ください。

ライセンス: MITライセンスに準じます。
  • 製作者: LRIKI
  • 非商用利用: 自由
  • 商用利用: 自由
  • 再配布: OK
  • 加工: OK
  • 加工後の再配布: OK
  • シリーズ: ツクールMZ
 

rikudou

ユーザー
素晴らしいプラグインの公開、ありがとうございます!

サンプルプロジェクトを試してみたのですが、
フィルターが有効になっている状態でマップに滞在または戦闘をしていると、
メモリ使用量がどんどん増えていき、上限に達したあたりで動作にカクつきが発生したり、
画面がブラックアウトする現象が起こってしまいました。

その様子を動画に撮りましたので、ご確認いただければと思います。
↓ ※限定公開のためURLの拡散はご遠慮ください

導入を試した手順
1. ツクールMZ以外のアプリケーションをすべて終了
2. 新規プロジェクトを作成
3. ダウンロードしたサンプルデータを全て新規プロジェクト側へ上書き
4. プロジェクトデータを開き、プラグイン「LN_FilmicFilter.js」のみ導入しONに
5. テストプレイ起動
6. プレイ開始してしばらく経つと(メモリが上限付近に達すると)ゲーム画面がブラックアウト

なお、制作中のプロジェクトにも
プラグイン「LN_FilmicFilter.js」のみを導入して(他のプラグインは全てOFF)試してみましたが、
上記と同じようにメモリ使用量が上がり続け、ゲーム画面がブラックアウトしてしまいました。

フィルターが有効なマップにいる場合でも、メニューなどフィルターが有効にならないシーンを開いている間などは
メモリ使用量の上昇はいったん止まって一定の値をキープしますが、
メニューを閉じたりしてマップのフィルターが有効な状態に戻ると、再度メモリ使用量が上昇していきます。
(「LN_FilmicFilter.js」をONにしていない場合はメモリ使用量は常に一定です。)

環境
PC: hp社製ゲーミングノートPC(ミドル)
OS: Windows10
CPU: Intel Core i7-8750H CPU @2.20Ghz
RAM: 16GB
GPU: NVIDIA GeForce GTX 1050 Ti / Intel UHD Graphics 630
  ※撮影した動画ではIntel UHD Graphics 630 の方を有効にしていますが、どちらを設定しても同じ状況になります。
[追記]
MZコアスクリプト: v1.2.1

私の環境や導入手順に不備があるようでしたら、ご指摘いただけますと幸いです。
 
最後に編集:

LRIKI

ユーザー
rikudou様、不具合のご報告ありがとうございます!

こちらでも同様の問題を確認しましたので、対策を入れてみました。

対策バージョンは v1.0.1 です。

お手数ですが、改善するかご確認いただけますでしょうか。
 

rikudou

ユーザー
修正のご対応、誠にありがとうございます!
お手数をおかけいたしました。

v1.0.1にて確認させていただきましたところ、メモリの上昇は起こらなくなりました。
制作中の長編作品に導入させていただきたいと思います。

これまでPixiフィルターを適用できるプラグインを複数試してきたのですが、
いずれのプラグインも、画面サイズ1280×720に広げてbloom効果をかけると
動作が重くなってしまい対策に悩んでおりました。
こちらのプラグインですと(私の環境では)動作が重くならないため大変ありがたい限りです。
素晴らしいプラグインのご提供、ありがとうございます!
 

LRIKI

ユーザー
ご報告ありがとうございます!
改善されたとのことで、安心いたしました。

長編作品、応援しています!(Twitterの方でもウォッチしています…!)
 

munokura

ユーザー
自分がテストをして確認したわけではないのですが、周囲の情報からのご報告です。
  1. コアスクリプトのバージョンが1.2.1だとAMD系のCPUでコア自体が上手く動作していないようです。
  2. ジオラマ風の撮影効果プラグインをコアv1.1.1(だと予想)すると、プレイヤー画像の残像が残るそうです。
現状コアv1.1.1で正常動作するようにできればベターではないかと思いました。
 
最後に編集:
大変素晴らしいプラグインをありがとうございます。
類似のプラグインがありますがどのように効果が出るのかの確認が大変だったのでその場で作成と確認ができるのはいいですね。
あとビネットフィルタの設定ができて助かりました…プラグイン側の都合(ビネット用の画像の方が前面側)で全部暗くなってしまうことがあって困ってたんですよね…
ところで要望ですが戦闘中はティルトシフトの効果を変更したいのですが可能でしょうか?
上部に配置しているエネミーがぼやけて見づらくなってしまうので、pixiフィルターデモのようにぼかしの幅や強弱が変更できるようになるとうれしいです。

あと不具合報告ですがプラグインコマンドで効果をなしにした後、その他の効果を設定しても反応しなくなってしまいます(サンプルでも確認)。
場所移動で元に戻るのですが同じマップを指定するのはダメで違うマップの場所移動でのみ元に戻ります。

当方PCが2台あるのですが現在使用中のPCのスペックを参照させていただきました。
OS:Windows10 Home
CPU:Intel Core i7-6700HQ CPU @2.20Ghz
RAM:16.0GB
GPU:NVIDIA GeForce GTX 950M
 

LRIKI

ユーザー
munokura様、からみ大将軍様、ご報告ありがとうございます!

細かくは追えていないため間違っていたら申し訳ないのですが、その辺りのバージョンでPIXI.jsのシェーダに仕様変更が入ってるように見えるんですよね…。
コアスクリプトやPIXI.jsのバージョンアップは注視しますが、複数バージョン対応しても今後のメンテコストが上がってしまうので、特別強い要望が無い限り前のバージョンへの対応は行わないと思います。

ところで要望ですが戦闘中はティルトシフトの効果を変更したいのですが可能でしょうか?
上部に配置しているエネミーがぼやけて見づらくなってしまうので、pixiフィルターデモのようにぼかしの幅や強弱が変更できるようになるとうれしいです。
ぼかしの幅や強弱はパラメータとして設定できるようにしてみます。
戦闘中の変更はバトルイベントからプラグインコマンドを使うことでできますが…多分そうじゃなくて、画面遷移した瞬間から変更したい感じですよね?

あと不具合報告ですがプラグインコマンドで効果をなしにした後、その他の効果を設定しても反応しなくなってしまいます(サンプルでも確認)。
現象を確認しました。対策してみます。
 
トップ