『ツクール』は永遠に不滅であってほしい

ツクールという言葉が無くなり、Makerに全て移行するとしたら貴方は賛成するか

  • 賛成。こだわらないし、海外に合わせていいのでは

    Votes: 1 5.9%
  • 反対。長年慣れ親しんだ言葉をそう簡単に捨てるな

    Votes: 9 52.9%
  • その他(コメント希望)

    Votes: 7 41.2%

  • Total voters
    17
ツクールという言葉が、そう遠くない未来、無くなる日が来るかもしれません

次のツクールは、RPG Maker Unite(Unity対応)で、ツクールと言う名前から、
海外の名称、Makerに置き換わることが、確実視されています。
現に、既にtkool.jpにアクセスしても、rpgmakerofficial.comに
リダイレクトされるようになっています


これは、海外展開を見据えてのことだと思われますが、ここで待ったをかけたい。

もともとツクールは日本で生まれたものであり
日本では、ツクールと言う名前の知名度も、ブランドイメージも、
相当高くなっています


編集部はここでツクールという名前をなくして、
日本でも、海外名Maker(メーカー)で統一することを検討しているようですが、
果たしてそれでいいんでしょうか?

Makerはツクールと異なり、一般名詞でしかありません。
僕は、ツクールという名前だったからこそ、ツクールを愛してきたとも言えます。

ツクラーという言葉も広がり、浸透しました。
2月15日は、ツクールの日(2、9+6のごろ合わせ)ということになっています。

ここまで愛された言葉を、「海外に軸足を置きたいから」程度の理由で、
なくしてしまっていいんでしょうか。

せめて、日本だけでは、ツクールという言葉を、そしてそこから派生する
ツクラーといった言葉も、残していくべきではないかと思っています。


海外でRPG Makerと呼ばれているからと言って、日本でもそれを強要するのは
少しおかしいのではと思います。
ツクールって日本で生まれた日の丸ツールですよ?
日本だけ、ツクールって名前であっても、何の問題もないのでは?

正直、ツクールと言う名前がなくなるのは、僕にとってあってはならないことであり、
最悪、ツクールと言う言葉が無くなるとともに、僕自身もこの界隈から
フェードアウトしていくかもしれません。


……以上、どこに書こうか迷いましたが、公式の目に一番飛び込みやすい
このフォーラムに書かせていただきます。

共感する人、(そうでない人もいるでしょうが)、ご意見を伺いたいです。
 
もしも、ツクールからMakerという名前に切り替わるとしたら、このフォーラムも「RPGメーカーWebフォーラム」や「RPGメーカーストア」などという語呂の悪そうな奴になるかもしれない。

スマイルゲームビルダーを作る人の事をスマラーみたいにツクラーという言葉からメイラーという俗称が切り替わるのだろうか?
 
最後に編集:

温州みかん

ユーザー
「商標」としてRPG Makerに統一するのだろうと思います。
過去のシリーズも、当分の間 RPG Maker MZ(RPGツクールMZ)のように併記されると予想でき、よって根絶されることはないと考えています。
フリゲ界隈に「ツクール」「ツクラー」は十分根付いているため、消えてなくなる、とは思いません。
未だに多くのソフトウェア・アプリケーションで保存のアイコンがフロッピーディスクであるように。

しかし、”流れ”のようなものは感じています。
近年、開発環境が整備され、プログラミングの知識が浅くてもゲーム(RPG)制作ができる、というコンセプトはツクールの専売特許ではなくなってしまいました。
専用の「制作ツール」からUnityのアセット化も、そういった”流れ”に乗り遅れないためのものだと考えています。

日本においてフリゲ(インディーズ・個人制作)界隈は独自の棲み分けがされています。
・大手ゲームメーカーに所属しないサークル(インディーズ)
・同人活動に特化したグループ
・個人制作(ガチ系・副業勢 有料メイン)
・個人制作(エンジョイ系・趣味勢 無料公開メイン)
ツクラーは個人制作の(エンジョイ系)に所属していると考えています。

ところが、海外の事情ではこの棲み分けが曖昧で、よって、ゆるくツクールの雰囲気を楽しもうという勢力そのものが発展していません。
また、ここで語る必要もないですが、ゲーム制作というのは知識と根気と思いやりを要する作業です。 かなり人を選びますし、勉強好きな人でなければ興味さえ抱かないでしょう。
「ちゃんとした趣味であれば、それなりにお金を出して楽しむべきだ」という富裕層の考え方がユーザーに浸透していると思われます。
加えて、作りたいこと、やりたいことが増え、それができるプラグインをRPGツクールの原型がなくなるまで盛り込まれると、もう、jsonファイルを読み込んでJavascriptを走らせるだけのツクールMV、MZとなってしまうように感じてしまいます。
クリエイターとして喜ばしい成長ですが、すると、もう Unity に行った方がいいんじゃないの? となり、実際そうなるようにも思えてしまうのです。

ツクラーの文化が海外で、また、これからの世代に馴染まないのは、他にも理由があると思います。
ここ、フォーラムの書き込みもそうですが、「所属する共同体への奉仕」「知識や技術、その成果物は共有されるべき」 という価値観は、ちょっと共産主義的で、いわゆる自由主義資本経済の西側の思想とは根っこの部分が異なります。
私は、独占や権威主義に反対する立場の人間なので、「所属する共同体への奉仕」「知識や技術、その成果は共有されるべき」と考えていますが、おそらく、英語圏では commuitarian 的イデオロギーに分類され、少数派となるでしょう。

ミレニアム世代、Z世代の価値観と現在のツクラーの「ゆるくツクールの雰囲気を楽しもう」という価値観は相容れないかもしれません。
それだけのコストを投入するのであれば、「もっと活躍できる方向」に嗜好が向くだろうからです。
 
「その他」に投票しました。関連インタビューも見たのですが、現時点での開発スタッフさんの考えとしては
『ありがとうツクール。僕たちはMakerと共に、この先に進むよ』というメッセージ的なものを感じました。
(もちろんこれは自分の推測ですが)「ツクール」を「これまで」、「Maker」を「これから」と区別しているようにも思えます。
「これから」に向けて心機一転を考えているのなら、「これまで」に拘らず新しい言葉を積極的に使ってほしい、という観点から
 敢えて「ツクール」を外し「Maker」で定着させてほしい、という開発スタッフさんの意図も分かります。

 でもユーザーとしては必ずしも、名称にまで付き合うことは無いとも考えます。スマホを今でも「ケータイ」と呼んだり
(これはスマホも携帯の一種なので間違いではない)、テレビゲーム全般を指して「ファミコン」と呼んだり
(これはファミコン以外の機種に関しては明確に間違いなのですが、それでも意味は通る)、そんな感じで
 Makerの事を「ツクール」と呼ぶのもアリなんじゃないのかなと思います。

 業界によっては名称変更した途端に過去の名前は全て修正対象になることもある(旧名称で書類を作ると全て赤で直される)のですが、
 ことツクールに関してはそうならないでほしいなあ…と願うばかりです。
 公開の際「ツクールシリーズで作った」→「Makerシリーズで作った」と表記変更を要求されるとか、あったら嫌だなあとは思います。
 
Wikipediaの「RPGツクール」→「名称の由来」より引用
ツクールという名称は、「作る」と「ツール(Tool)」からなる造語である。このため、ローマ字で "Tkool" という表記がされる場合がある。
なお、外国語のサイトにおいては、誤ってツクールは「Tsukuru」と「Sukūru(School)」の造語であると紹介されていたり
「RPG School」として誤って紹介されている場合がある

最初に見たときは「言語圏が違うと、こういうこともあるのかwww」って思いましたが
公式サイドは本気で気にしてたということでしょうか。

ユーザーが使う名称に関しては、例えば「スーパーコンボ」「秘奥義」だとか言われている
派手な演出を伴う攻撃のシステムを作品問わず「超必殺技」と称すようなものでしょうか。
ただ、公式サイドでは「Maker」と呼ばねばならないでしょうね。

神無月サスケさんは「RPG Maker Unite」のサンプルゲームを作りたいですか?
その場合「RPG Maker Uniteで制作した」と言わなければならないでしょうし。

最後に自分の2大心配として
・まずはUnityを入れる必要があるが、そのハードルがかなり高いのでは?
・スタンドアローンタイプのツクールは、もう出さないのか?
ということです。
極端な話、MV・MZのソースを公開してエディタをいじれるように
してしまったほうが旧システムユーザーも報われるかも。
 
推測で物を語るのは良くないと思いながらも、自分としても大好きな愛称「ツクール」に関する事、そしてその言葉が消滅する
かもしれないということなので、推測の中でご意見を語る事をお許し願えればと思います。
RPGツクールMVの頃から、海外では「RPG Maker MV」でしたし、アクションゲームツクールMVは「pixel game maker mv」でした。
つまり「ツクール」と「maker」は共存できていたという背景があります。その気であればRPGツクールMZの時点で、ツクールとmakerを
統合することも可能だったと思います。ただ、それをその共存を良しとされていたかと言われれば…疑問です。
シトラスさんのご指摘の通り「ツクール」と「スクール」は語呂が近く誤解を招きやすいということもあり、
「日本ではすごく親しまれている『ツクール』も実は海外では『不評』だったかもしれない」という可能性もあります。
そうなると海外展開を考慮すると、どこかのタイミングで不評の元となる「ツクール」という名前を整理したかった、もっと言えば
「しなければならなかった」可能性も出てきます。
そう考えるとその時点でMZが「ツクール」の名を冠するのは最後になることが既に決まっていて「最後」という意味も込めて
アルファベットの最後である「Z」を付けた、というのも説明が付きます。(MZの「Z」が何の略なのか、自分はまだ知らないので)

また、日本では親しまれているんだからそれはそれでいいじゃん、と言いたいところですがツクールというツールの特殊性がそれを許さない
可能性も出て来ました。海外の方が日本のプラグインを検索しようとして「RPG Maker MV」で検索しても出てこない、よもや「ツクール」で
検索しないと出てこないとは思わないでしょうから…。出来れば統一してほしいという声は少なからずあったかもしれません。
(聞いた感じでは海外では「ツクール」という言葉は全く知られていないようなので)

そこへ今回のUnity上で動作するツクール。今まで以上に日本と海外の名称の統一がより重要視されたのかもしれません。…となれば、
不評の可能性がある「ツクール」と、奇抜さは無いけど間違いがない「maker」のどちらを取るか。結果として泣く泣く「ツクール」の
名を削り「maker」で統一することを選んだ…という流れかもしれません。
もしかするとサスケさんが「待った」をかけようとするのと逆に、海外から「ツクール」を使い続ける事に「逆待った」がかかったかも…?

この辺りはツクール開発部さんに聞かないと分からない所ですし、正直本音は言いにくい部分もあると思うので、あくまで自分の推測ですが。

ツクールのページでわざわざ1コーナー作って「ツクール」から「Maker」へ統合する旨を伝えていて、しかもその中で
「グローバルに愛されるタイトルを目指すため」と明記されているのも気になりました。
有名作品で日本名のタイトルと海外でのタイトルが異なるものは探せば結構あります。そのほとんどが両名が共存しているにも関わらず、
ツクールに関してはわざわざ統一を図っているという事は、前述までの理由により「ツクールという単語が残っていることが
『グローバルに愛されるタイトルを目指す』ことの足枷になってしまっている」のかもしれません。(悲しい話ですが)
そうでなければ、長年愛されてきた「ツクール」という言葉を切る理由が見つかりません。
新作のサイトに1つだけ「Maker」と書いて「ツクール」と読み仮名がふってあるのは、ツクールという言葉を心から愛していた
ツクール開発部さんの最後の矜持…であることを願いたいです。
 
最後に編集:
皆さん、コメントありがとうございます。
引き続き、皆さんの投稿お待ちしております。

>猫二郎さん
スマイルゲームビルダーを作る人の事をスマラーみたいにツクラーという言葉からメイラーという俗称が切り替わるのだろうか?
メイラー……嫌だ、そんなの! メールソフトじゃないんだし。
Makerになっても頑なにツクラーを使い続ける予定の僕。皆も使い続けて欲しいですね。

>温州みかんさん
鋭い考察ありがとうございます。
フリゲ界隈に「ツクール」「ツクラー」は十分根付いているため、消えてなくなる、とは思いません。
しかし、”流れ”のようなものは感じています。
細かい分析、ありがとうございます。
確かに、小学生のプログラミング必修化で、スクラッチなどが出てきたのを鑑みても、
非常に広がったプログラミングのすそ野が、ツクール以外の選択肢を増やしましたね。
ツクラーの文化が海外で、また、これからの世代に馴染まないのは、他にも理由があると思います。
ここ、フォーラムの書き込みもそうですが、「所属する共同体への奉仕」「知識や技術、その成果物は共有されるべき」 という価値観は、ちょっと共産主義的で、いわゆる自由主義資本経済の西側の思想とは根っこの部分が異なります。
海外では、そんな感じなのですね。
僕はオープンソース支持者であり、GNUの強い支持者でもあります。
彼らが標榜する「実践的な(現実的な)理想主義」に同感し、GPLを支持します。
これを見ると、海外でも、こういう知識の共有については、いろいろ意見がありそうですね。
言われてみれば、確かにコミュニズム的な部分もあるのかもしれませんが、
アメリカ人って、原則、競争を楽しむ人種のように感じられて、
人を押しのけて自分が勝者になっていく、そんなマインドが流れていて、
それがアンチコミュニズムに繋がってるのかな……とも思います。

>夢幻台さん
関連インタビューも見たのですが、現時点での開発スタッフさんの考えとしては
『ありがとうツクール。僕たちはMakerと共に、この先に進むよ』というメッセージ的なものを感じました。
でもユーザーとしては必ずしも、名称にまで付き合うことは無いとも考えます。スマホを今でも「ケータイ」と呼んだり
(これはスマホも携帯の一種なので間違いではない)、テレビゲーム全般を指して「ファミコン」と呼んだり
(これはファミコン以外の機種に関しては明確に間違いなのですが、それでも意味は通る)、そんな感じで
 Makerの事を「ツクール」と呼ぶのもアリなんじゃないのかなと思います。
公式によると、現在では、海外展開が9割、一番ユーザーが多いのが中国、
日本では1割……となると、やはり、編集部で熟慮した結果かもしれませんが、
我々がそれをツクールと呼ぶ権利は、公式には侵さないでほしいと思いますね。

不評の可能性がある「ツクール」と、奇抜さは無いけど間違いがない「maker」のどちらを取るか。結果として泣く泣く「ツクール」の
名を削り「maker」で統一することを選んだ…という流れかもしれません。
もしかするとサスケさんが「待った」をかけようとするのと逆に、海外から「ツクール」を使い続ける事に「逆待った」がかかったかも…?
Good guessだと思います。海外の人は「Makerは日本ではtkoolって言うんだぜ」ってことを
今は知っておかないといけませんが。その枷をはずしたかったのかもしれない……腑に落ちます。

なお、
(MZの「Z」が何の略なのか、自分はまだ知らないので)
これは、「MVの究極の進化系」ということで、Vより後にあるアルファベットであり、最後の文字であるZを採用した、と聞いています。
確かに、MZより広いプラットフォームでの公開が出来るツールは現在、寡聞にして知りません。
この状況が変われば、Makerであっても、MZの次のツクールは、また数年後に登場すると思っています。

>シトラスさん
「RPG School」と海外が間違えやすいということは、相当前のWikipediaから言及されていたことですね。
今ではその誤解は解けているっぽいですが。
神無月サスケさんは「RPG Maker Unite」のサンプルゲームを作りたいですか?
その場合「RPG Maker Uniteで制作した」と言わなければならないでしょうし。
頼まれれば断らなかったと思います。ただ、今回のサンプルは、Unityに詳しい人が担当しそうですね。
その上で、それでもサンプル依頼が来たら、やはりそういう言い方を受け入れるとは思いますが。
最後に自分の2大心配として
・まずはUnityを入れる必要があるが、そのハードルがかなり高いのでは?
・スタンドアローンタイプのツクールは、もう出さないのか?
1番目について。やはり、Unity上で動く以上、Unityに慣れている人向けで、
Unity未経験者には、確かにきついところがあると思うし、
そういう人は、ツクールMV/MZを使い続けてもなんの問題もないと思います。

2番目について。僕は出ると思います。今は、MZ作品は、相当なプラットフォームに対応していますが、
今後、新技術が出てくるころには、それらに対応したツクールが出るだろう……と思っています。
PCの技術は日進月歩。何が出てくるか分かりませんが、それらに対応したツクール/Makerは、
尾島氏なら必ず、作りたいと思うでしょうね。
 

1071257831

ユーザー
I think it is necessary to preserve the word "ツクール" in Japan,
Even if overseas sales account for a large proportion, it is necessary to take into account the feelings of local users.
But most of the time, years of habits will eventually become the tears of the times, so prepare for the worst.

Secondly, I was surprised to find in the comments that the overseas expansion of maker has reached an astonishing 90%!
But there is one thing that puzzles me.
China's game market has been crowded out and suppressed by various forces, and the production environment of the game is very bad, but the number of users is the largest?
This may have something to do with their population size.
 
1071257831 san
I think it is necessary to preserve the word "ツクール" in Japan,
Even if overseas sales account for a large proportion, it is necessary to take into account the feelings of local users.
But most of the time, years of habits will eventually become the tears of the times, so prepare for the worst.
This is almost the same as my opinion. I agree with you.
I do want to prevent the worst case, so I will keep appealing my opinion to RPG Maker official.

あなたの言う通りだと思います。
僕は、最悪の事態を避けるために、ツクール公式に僕の意見を訴え続けます。

China's game market has been crowded out and suppressed by various forces, and the production environment of the game is very bad, but the number of users is the largest?
This may have something to do with their population size.
I didn't know the circumstance of China's game market. I strongly hope it will be better.
Your guess that the reason of China is the largest market is it's population will be true, I also guess so.
Anyway, RPG Maker Official aims to expand the RPG Maker market in China.
Actually, quite a few masterpieces created by RPG Maker are translated in Chinese.

中国でのゲーム事情の酷さを知り驚いています。今後良くなることを願っています。
中国が最大の市場なのは、やはり人口の関係だと、僕も思います。
それでも、ツクール公式は、中国の市場を広げようと努力しています。
実際、多くのツクール作品が、中国語に翻訳されています。

At last, I have strongly desire to keep the word tkool(ツクール).

最後に。僕は何としてでも、ツクールという言葉を守り続けます。
 
最後に編集:

1071257831

ユーザー
1071257831 san

This is almost the same as my opinion. I agree with you.
I do want to prevent the worst case, so I will keep appealing my opinion to RPG Maker official.

あなたの言う通りだと思います。
僕は、最悪の事態を避けるために、ツクール公式に僕の意見を訴え続けます。


I didn't know the circumstance of China's game market. I strongly hope it will be better.
Your guess that the reason of China is the largest market is it's population will be true, I also guess so.
Anyway, RPG Maker Official aims to expand the RPG Maker market in China.
Actually, quite a few masterpieces created by RPG Maker are translated in Chinese.

中国でのゲーム事情の酷さを知り驚いています。今後良くなることを願っています。
中国が最大の市場なのは、やはり人口の関係だと、僕も思います。
それでも、ツクール公式は、中国の市場を広げようと努力しています。
実際、多くのツクール作品が、中国語に翻訳されています。

At last, I have strongly desire to keep the word tkool(ツクール).

最後に。僕は何としてでも、ツクールという言葉を守り続けます。
I believe that the official will be moved by Mr. Sasuke's insistence and retain the word "ツクール".
At the same time, if Mr. Sasuke quits because of this incident, I believe it will bring a lot of losses to "ツクール", which I think users do not want.
But I'm sorry for one thing, I saw your name on the official plugin when I first contacted it, so I always thought you were the official staff member.
Finally, I wish Mr. Sasuke's suggestion can be adopted, and I hope that ツクール will get better and better!
 

Ganmo

ユーザー
横からですみません。
皆さんと比べたら全然ですが、私も「ツクール」の名で親しんできた一人なので、
「ツクール」の呼称がなくなってしまうのはとても寂しいです。

そこでですが、いっそ「ツクール」という言葉をワールドワイドにしてしまえば
良いのでは? という私なりの提案です。

例えば、
”The Key-persons Obtain Original and Limtlessly Enjoyment with RPGMaker"
(「ツクール」を通じて個性を尊重し限りない喜びを得た大切な仲間たち」的な意味で)の造語
すなわち、Tkooler(ツクラー)としてしまうのはどうでしょう?

これなら文中にRPGMakerも入るし、ツクールという呼び方も残せませんかね?
お察しの通り英語は全くできないですが、これを広めていって
I'm a Tkooer. We're Tkooler's. と世界中で通じれるようにすれば存続もあるのかな、と。
 
トップ