【お知らせ】RPGツクールMV:バージョン1.6.1βテスト版 配信開始

ツクール開発部

モデレーター
スタッフ
モデレーター
2018年4月13日、RPGツクールMVのバージョン(以下V)1.6.1βテスト版を公開いたしました。
1.6.0で発生した問題を解消しつつ、NW.jsの更新を含む内容になっております。
正式版は後日配信を予定しております。
βテスト版につき、適用をご検討頂く際は必ず作品のバックアップをお取りください。

[β対象]
・Steam版RPGツクールMV(Windows、Mac)

[注意点]
エディタをバージョンアップすると、1.6.0以前のプロジェクトファイルの場合、
テストプレイ、バトルテスト機能を実行するために以下ファイルのコピーが必要となります。

・/NewData内のpackage.json
 テストプレイするために必要
・/NewData/js/rpg_core.js
 バトルテストのために必要
 ※rpg_core.jsを編集していた場合、内容が上書きされますのでご注意ください

[1.5.2からの変更点]
 ・NW.jsは0.29.0に更新、Qtは1.5.1と同バージョンになります
  これによりゲーム実行速度の高速化が期待され、JavaScriptはES2015対応となります
 ・1.5.2で新たに発生した多重ループからの「ループの中断」不具合修正
 ・ME再生後のInvalidStateErrorの対策

[エディタのバージョン更新手順]
 1.Steam-ライブラリからRPG Maker MVのプロパティを開く
 2.ベータタブのベータアクセスコードから「openbetatestbranch」を入力
20180413_10.jpg
 3.変更するバージョン(v1.6.1)を選択してプロパティを閉じる
 4.ヘルプ-バージョン情報にて指定したバージョンであることを確認
20180413_11.jpg

[既存プロジェクトの更新手順]
既存プロジェクトをバックアップのうえ、以下ファイルを既存のプロジェクトにコピーしてください。
・MVインストールフォルダ/NewData/内のindex.html
・MVインストールフォルダ/NewData内のpackage.json(index.htmlと同じ場所に追加コピー)
・MVインストールフォルダ/NewData/fonts/内のgamefont.css
・MVインストールフォルダ/NewData/js/内のファイルのうち、pluginsフォルダ、plugins.js以外のファイル

[エディタのダウングレード方法]
1.6.1から以前のバージョンに戻す際は以下の手順をご実施ください。

 1.Steam-ライブラリからRPG Maker MVのアンインストールを実行
 2.アンインストール完了後、インストールを実行

コアスクリプトを復元する際はバージョンを戻したうえで、
[既存プロジェクトの更新手順]を実施ください。


お気付きの点がございましたら、本スレッドに投稿くださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。
 

しぐれん

ユーザー
NW.jsが更新されたのを確認しました。
array.find()が新たに追加されてますね。
詳しくは調べていませんが、VScodeでのデバッグと同等の動きになっているだろうなと。

前回報告したフリーズはそのままでしたので、各自でパッチを適用して対応ですね。
 

kuro

フォーラムスタッフ
皆様おつかれさまです。
海外Forumの1.6.1βフィードバック状況を共有いたします。
https://forums.rpgmakerweb.com/index.php?threads/rpg-maker-mv-v1-6-1-beta.93989/

・1.6.0で発生したクリティカルな問題(タイルセットバグ、マップデータバグ)は解決
・ゲーム初回起動時(テストプレイ時)のロードに時間がかかる
⇒ロースペックほど、ロード差が体感できるようです

・ゲーム起動後はローディングが軽減、パフォーマンスが向上
・Yanfly氏プラグインが動作しない
⇒1.6系対応の最新バージョンに差し替えで対策

導入検討のご参考になれば幸いです。
RPGアツマールに1.6.1適用のデモVerを公開しましたので、ご興味ある方は遊んで頂けると嬉しいです。
(「【新エンジン試用Ver(1.6.1)】地図の時間」で検索してみてください)
 

ツクール開発部

モデレーター
スタッフ
モデレーター
RPGツクールMV バージョン1.6.1βについて
4/24付けで次の更新を行いました。
※エディタ上のバージョン表記は1.6.1のままです

1.LinuxOSに対応
2.テストプレイ時にぼやける問題を修正(rpg_core.js更新)
3.画像修正

・青宝箱のドットずれ
!Chest.png
・Faceと歩行グラフィックの差異を修正
People1.png
People2.png
・その他キャラクタージェネレーターパーツのドットずれを修正
画像はWindowsの場合次の場所に保存されております
C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\RPG Maker MV\NewData\img\characters

画像修正にあたっては、有志ユーザー様のご報告を参考にさせて頂きました。
この場をお借りして御礼申し上げます。

引き続きお気付きの点がございましたら、本スレッドにコメントをお寄せ頂ければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
 

kuro

フォーラムスタッフ
バージョン1.6.1β(4/24配信版)での確認した不具合を共有します。

事象:
テストプレイ時にタイトルバーにサムネイルアイコンが表示されるようになったのですが、このアイコン画像が別の作品(※)のものになる場合があります。
※過去に開いたプロジェクトのものになります。
 直近とは限らず、規則性が読めません。
20180424_1.jpg

調べたこと:
1.5.2と1.6.1のコアスクリプト上の差分はrpg_core.jsとpackage.jsonです。
今回package.jsonを確認してみたところ、icon.pngとname部分をそろえることで、強制的に指定することができました。
しかしicon.pngファイルを別のものに差し替えても置き換えることはできず(古いキャッシュを参照しているような挙動)恒久的な対策にはなり得ませんでした。
また記述内最終行の"icon":"icon/png"は記述を変更しても影響が生じませんでした。

※package.jsonはスマートフォンアプリ用にパッケージ化する際に参照するファイルで、このiconはスマートフォンにおけるホーム画面やストアで表示されるiconを指します。少なくともRMMVのテストプレイで直接参照しているのではなさそうです

20180424_2.jpg
2行目の"name":"icon.png"を"name":"aaa"のように存在しないファイル名にすることで、サムネイルアイコンそのものを表示させないことができます。これは作品公開時に意図しないサムネイル表示を防ぐ手段に使えますが破損したような表示になるので現実的な対処ではありません。

以上、共有兼ねてご報告いたします。
 

しぐれん

ユーザー
1.6.1betaと1.5.2を併用しているのですが、package.jsonが無い場合にゲームを起動しようとした場合に作成する機能が欲しいです。
私は他の方のプロジェクトへ依頼でプラグインを書いているのですが、その場合にpackage.jsonを追加するのが少し手間です。
一言「package.jsonがないので作成しますか?」と確認があるだけで使いやすくなると思います。
 

ツクール開発部

モデレーター
スタッフ
モデレーター
RPGツクールMV バージョン1.6.1βについて
5/1付けで次の更新を行いました。
※エディタ上のバージョン表記は1.6.1のままですバージョン1.6.15/1β版の更新内容です。

・1.6以前のプロジェクトファイルからテストプレイを実行した際、package.jsonを生成するように機能追加しました
まずはWindows版を先行しております。

ご意見ございましたら、本スレッドにコメントをお寄せくださいませ。
どうぞよろしくお願いします。
 

seea

ユーザー
ホントだ……前バージョンの1.6.0ですと、F8で開くんですね。今知りました。
F8というのが謎なので、コンソールを開くボタンはF12で良いと思います。
 

ツクール開発部

モデレーター
スタッフ
モデレーター
RPGツクールMV バージョン1.6.1β(Windows版)について
5/8付けで次の更新を行いました。
※エディタ上のバージョン表記は1.6.1です
※更新方法は#1をご覧ください

・アイテム画面とメニュー画面を切り替えた際に稀にフリーズする問題を修正

1.6.0とは別の手段を採用しております。
rpg_windows.jsの一部更新動作を変更することで対策としました
1.6.0のバージョンアップで発生した一部プラグインの干渉問題が発生し辛くなっております。

コードの修正にあたり、数々のご意見をお寄せくださった皆様に御礼申し上げます。
引き続きお気付きの点がございましたら、本スレッドにコメントをお寄せくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。
 

ツクール開発部

モデレーター
スタッフ
モデレーター
バージョン1.6.1βの注意事項をご案内いたします。

①1.6.1以前のプロジェクトを開いた場合、F8(コンソール呼び出し)、F9キー(変数/スイッチのデバッグ機能)が起動しません。対処はプロジェクトにバージョン1.6.1のrpg_core.jsを上書きすることで起動可能になります。
バックアップのうえ、お試しくださいませ。

②1.6.1ではテストプレイ、ゲーム起動時にバージョン1.6.1以前よりもメモリ領域を確保する挙動がございます。

・ゲームプレイ中のロード改善、メモリブロードの抑止効果が期待されます
・PC環境※によってはテストプレイ、ゲームの起動に時間がかかる場合がございます
※ハードウェアスペック(搭載メモリ)、ソフト環境(同時起動のソフトやメモリの使用量)など

上記は正式版1.6.1でも継承される予定です。
バージョンアップを予定されている方は、事前確認等にβ版をご活用くださいませ。
引き続き、よろしくお願いいたします。
 

ツクール開発部

モデレーター
スタッフ
モデレーター
フィードバック頂いております
「ゲームプレイ時のタイトルバーにサムネイルアイコンが異なる」問題については、正式版で修正予定です。
正式版の公開日につきましては別途ご案内いたします。
 
>ツクール開発部 様
お疲れ様です。非常に大変な修整作業、痛み入ります。
①1.6.1以前のプロジェクトを開いた場合、F8(コンソール呼び出し)、F9キー(変数/スイッチのデバッグ機能)が起動しません。対処はプロジェクトにバージョン1.6.1のrpg_core.jsを上書きすることで起動可能になります。
バックアップのうえ、お試しくださいませ。
この情報を伝えていただき、ありがとうございます。
F8によるディベロッパーツール(コンソール呼び出し)の起動はテストプレイの肝なので、とても助かりました。

つまり、1.6.1以前のプロジェクトファイルでF8のディベロッパーツールを呼び出したい場合は、rpg_core.jsの上書きが必要ということですよね。

もしこれを上書きしていない場合の、詳細を知りたいのですが、以下のどちらの仕様が正しいでしょうか?
(A)古いバージョンのrpg_core.jsの場合、F8キーやF9キーは認識せず、F12キーも認識しない。(ディベロッパーツールを起動できない)
(B)古いバージョンのrpg_core.jsの場合、F8キーやF9キーは認識しないが、F12キーでディベロッパーツール(コンソール呼び出し)が機能する。

もし(A)の場合は、正式版が発表された後、rpg_core.jsの上書きが必須となるので、それほど問題ないのですが、
もし(B)の場合は、一部の人が「F12に仕様変更された」と誤解して、F12キーによるディベロッパーツール起動が周知に広まる可能性があります。
操作性の混乱を防ぐため、この部分は、今のうちに仕様を明確に公表していただけると、ありがたいです。
 

ツクール開発部

モデレーター
スタッフ
モデレーター
Macユーザー様向けにバージョン1.5.2および、1.6.1βの注意事項をご案内いたします。
次のキー操作の挙動が異なることが判明しました。
本挙動については今後1.5.1と同内容になるよう、修正を予定しております。

【バージョン1.5.1】
returnキー:項目の追加、マップ上のイベントを開く
deleteキー:項目の削除

【バージョン1.5.2(5/21現在の1.6.1β)】
returnキー:無効
deleteキー:項目の追加、マップ上のイベントを開く

ご不便をおかけして申し訳ございません。
1.5.1をご利用のユーザー様はバージョンアップの判断材料にして頂きたくお願いします。
 

ツクール開発部

モデレーター
スタッフ
モデレーター
>ツクール開発部 様
お疲れ様です。非常に大変な修整作業、痛み入ります。

この情報を伝えていただき、ありがとうございます。
F8によるディベロッパーツール(コンソール呼び出し)の起動はテストプレイの肝なので、とても助かりました。

つまり、1.6.1以前のプロジェクトファイルでF8のディベロッパーツールを呼び出したい場合は、rpg_core.jsの上書きが必要ということですよね。

もしこれを上書きしていない場合の、詳細を知りたいのですが、以下のどちらの仕様が正しいでしょうか?
(A)古いバージョンのrpg_core.jsの場合、F8キーやF9キーは認識せず、F12キーも認識しない。(ディベロッパーツールを起動できない)
(B)古いバージョンのrpg_core.jsの場合、F8キーやF9キーは認識しないが、F12キーでディベロッパーツール(コンソール呼び出し)が機能する。

もし(A)の場合は、正式版が発表された後、rpg_core.jsの上書きが必須となるので、それほど問題ないのですが、
もし(B)の場合は、一部の人が「F12に仕様変更された」と誤解して、F12キーによるディベロッパーツール起動が周知に広まる可能性があります。
操作性の混乱を防ぐため、この部分は、今のうちに仕様を明確に公表していただけると、ありがたいです。
いつもフォーラムを活気付けてくださり、誠にありがとうございます。
5/21現在の1.6.1βでは『古いバージョンのrpg_core.jsの場合、F8キーやF9キーは認識しないが、F12キーでディベロッパーツール(コンソール呼び出し)が機能する』状態です。
しかしながら正式版では挙動が変更となる可能性もございますのでご注意くださいませ。

※また個別のご回答が差し上げられない場合もございます。誠に恐縮ですがご理解くださいませ。
 
いつもフォーラムを活気付けてくださり、誠にありがとうございます。
5/21現在の1.6.1βでは『古いバージョンのrpg_core.jsの場合、F8キーやF9キーは認識しないが、F12キーでディベロッパーツール(コンソール呼び出し)が機能する』状態です。
しかしながら正式版では挙動が変更となる可能性もございますのでご注意くださいませ。

※また個別のご回答が差し上げられない場合もございます。誠に恐縮ですがご理解くださいませ。
ご丁寧なおお返事ありがとうございます。
承知しました。挙動の状態さえ確認できれば、だいじょうぶです。ありがとうございました!
 

ツクール開発部

モデレーター
スタッフ
モデレーター
Macユーザー様向けのバージョン1.6.1βの続報です。

●キー挙動の違いについて次の通り変更が加わりました。

【バージョン1.5.1】
returnキー:項目の追加、マップ上のイベントを開く
deleteキー:項目の削除、マップ上のイベントを削除

【バージョン1.5.2、1.6.1β(5/21時点)】
returnキー:無効
deleteキー:項目の追加、マップ上のイベントを開く

【バージョン1.6.1β(5/25現在)】
returnキー:無効
deleteキー:項目の削除、マップ上のイベントを削除

最終的には1.5.1と同挙動にする予定です。
Macユーザーの皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ございません。
引き続き改善に取り組んで参りますので、お気付きの点がございましたら当スレッドに書きこみくださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。
 

kuro

フォーラムスタッフ
こちら共有です。
5/30時点の1.6.1β、Steam,Windows版で確認しました。
※対処が判明したので追記しました

【環境】
・1.5.2のrpg_core.js

①デベロッパーツールの起動を伴うプラグインが動作しない

[確認したもの]
・イベントデバッグプラグイン
・GUI画面デザインプラグイン
・データベース変換プラグイン

②イベントエディタで右クリック「テスト」を選択するとテストプレイが起動する
(1.5.2以前の範囲選択のテスト挙動ではない)

【対処】
・1.6.1のrpg_core.jsに上書き

初期リリースの1.6.1βではテストプレイ起動にrpg_core.jsの更新が必須でした。
しかし変更により5/30現在はPackage.jsonを自動生成してくれるため、rpg_core.jsを更新しなくても回避できるようになりました。
・・・が、①②の機能を活用するためにはrpg_core.jsの上書きが必要です。
(ややこしくてすみません)

この辺り、以前のプロジェクトを引き継がれる方は嵌りそうな気がしますので、ご参考として本記事への誘導をお願いできればと思います。
 
最後に編集:

ツクール開発部

モデレーター
スタッフ
モデレーター
RPGツクールMV バージョン1.6.1β(Steam/Windows版)について
5/30にNW.jsの更新を行いました。

※エディタ上のバージョン表記は1.6.1です
※更新方法は#1をご覧ください

今回のNW.jsの更新は一部環境においてテストプレイ、ゲームプレイ起動時に遅延が生じる問題に対する試みです。
最終的には多くの環境で安定実行できるバージョンを採用したいと考えております。

本バージョンによりエディタの操作性、起動速度に変化がございましたらフィードバックを頂けますと幸いです。
引き続き良い製品づくりに努めて参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 
トップ