【お題】五行を属性として採用するなら

古代中国に於いて森羅万象の説明法則とされていた<五行>。
その知名度はギリシャの地水火風にも比肩し、
現代のゲームでは東洋風世界観の作品で属性として採用される傾向にあります。

そこで、皆様にお題を投げかけてみます。
五行(火、水、木、金、土)を属性として採用するなら、
それぞれの属性にどんな攻撃を当てはめますか?

尚、このスレッドではオプションとして陰陽(日、月)も併せて採用するかを任意に選べます。

興味深いご回答を期待しております。
 
先ずは私の場合。

火:火炎・爆発
水:水撃・津波、冷気
木:木の葉・花、風、毒
金:電撃、金属刃
土:地震・岩石・宝石
日:聖光
月:邪気
 

開拓者

ユーザー
アリヒコットさんの物に加える感じですが
大雑把なほうがイメージが広がるかもと思って詳細は書いてません。
自分の場合は5行に色をあてはめて宝石とアイコンに活用するかもしれません。

あと、属性が違っても共通する物(例:○○の巨人の拳 ○○の矢)などもあるので
スキルの数を増やしたい時は共通する物を挙げていくのもアリかもしれません。

火: 赤、地面から炎の弾を吐く何かを呼ぶ(ディアブロ2のヒュドラ)
     武器を加熱する、炎の壁で持続ダメージ、自分に触れると炎ダメージ反射  
水: 青 氷の壁を作る、 敵を氷で包み込む、氷の塊をぶつける。
     氷のオーラで周りの動きを鈍らせる、地面から氷のトゲを生み出す
     水の塊をぶつける、水でバリアを張る、水を圧縮して内側を潰す
     ウォーターカッター、鉄砲水、HP回復、霧隠れ
木: 緑 昆虫・植物召喚、植物の壁を作る
     枝を飛ばす、枝で締め付ける、HP吸収・麻痺・毒・解毒
金: 黄 雷、電撃、スタン、麻痺、金属の精錬、金属系のゴーレム召喚
土: 茶 地面から岩で突き上げる、相手を岩で閉じ込める
     落石・土砂崩れ・岩石系のゴーレム召喚

書いてる内にアイデアが枯渇しました…… 
魔法と世界観をできる範囲でリンクさせるのは大変です・・・・・・
 
最後に編集:
自作品「干支ランジェパーティー2」で五行(日+月)に関するキャラを出しましたが、
あまりに属性を増やしすぎるとややこしくなるため、各属性を基本の6属性(火・水・土・風・光・闇)か、
無属性に振り分けて解決しました。

火:該当キャラは属性スキルを持たないのでほぼ無関係でした(属性よりキャラが立っていたので)。
水:ダメージスキルの他、状態異常回復or敵に状態異常付加の補助スキル
木:物理属性中心。ダメージスキルとHP回復。
金:攻撃反射とHP吸収。特殊スキルで獲得ゴールド2倍効果も。
土:ダメージ+命中率低下効果。リジェネ効果を持つスキルも
日:火属性と同一。敵のみの属性。
月:闇属性と同一。敵のみの属性。
 
こんにちは。

陰陽における五行をちょっと調べてみました。水から始まり(誕生)、木へと成長し(方向性)、火へと拡大し(情熱)、土として形となり(変容、具現化)、金として安定する(純化、安定)というものみたいですね。その金が溶けて、新たな水が誕生するという循環です。

ということで、これを元に特徴を考えてみました。


水:HPやMPを奪う攻撃。HP回復などのリソース回復もここに属する。

木:ダメージと共に特殊異常を付与する。能力強化もここに属する。

火:高いダメージを与える。全体攻撃も多い。攻撃特化な印象。

土:HPを犠牲に高威力の攻撃ができる。代償と共に効果が出るものが概ねここに属する。二段階強化、状態異常付き全体攻撃など、ダメージ以外の点でも強力なスキルが多い印象。

金:固定ダメージ、防御無視、バリア貫通といった特殊な攻撃。状態異常回復もここに属する。


私が作るとしたら、こんな感じにしようかと思います。

こうして見ると、西洋の四大元素とはまるで考え方、印象が違いますね。
 
最後に編集:
自分なら、八卦(ゼオライマーの天風水火月地山雷)も参考にすると、光風氷炎水地闇雷でも当てはまりそうなので

火:炎系
水:水系・氷系
木:雷系・風系
金:光系
土:地系・闇系(重力的な方)


実際の八卦では、金の方には沢というのがあります。
沢て、細い川なんですよね・・。
調べてみると沢に該当するのが水のガロウィンで、水に該当するのが月のローズセラヴィー。
う〜ん、今思えば、水のガロウィンは海適正低いのは沢の役割を持ったから、水中戦できなかったのではないかと思いました。
八卦の沢と水て、別に同じ位置にしてもいいような気がしたので、氷と水として区分けしました。

天・・ゼオライマーのせいで衝撃波しか思いつかないけど、太陽に対応しているから、光にしてみた・・。
正直、山は悩んだ結果、重力的な方にしました。山のバーストンは全身に500発仕込んでますし、隕石的な意味を持たせてもいいような気がしました。
 
最後に編集:
陰陽五行思想から発生した繭気属性という言葉が存在します。一般的には仏教の五大元素と呼ばれる物。

地、水、火、風、空の5つの自然元素にそれぞれ分けられた属性を人間の繭気属性と呼ばれ、自身の繭気属性によって相性の良いパワースポットが存在します。
自分の繭気属性について調べたいのならこれ
https://uranai.group

ゲームによっては
地→地属性関連
水→水属性関連
火→火属性関連
風→風属性関連
空→元々の意味である虚空から、空間に関する技や魔法が多い。

などになることがある。
 
最後に編集:
全てそのまま採用可能ですね。
火:熱や炎
水:水のほか、冷気も含む
木:草木を操るなど
金:金属武器、機械
土:地震、岩や石、それに限らず地中から溶岩を吹き上げたりなど

相関関係を付けるなら…

火は木に強く水に弱い
水は火に強く木に弱い
木は水に強く火に弱い
金は火水木に強く土に弱い
土は金に強く火水木に弱い

でしょうか。
 

かんぱち

ユーザー
個人的には...

火:名前の通り火属性。
水:名前の通り水属性。
木:木ということで草か大地らへん...?
金:金属=鋼、鉄。
土:大地系。
日:明るい感じなので光か聖。
月:暗い感じだから闇...でも光っぽいかな?

という所...?
 
アリヒコット・イアカスさんと多少被りますが
日:光
月:闇
火:炎、爆発
水:水流、氷・冷気
木:風、花、癒し・毒(癒しと毒は生命属性からか、アリヒコットさんの光と闇のダンジョンみたく癒と蝕のダンジョンを稀に考案することも)
金:金属、雷
土:大地、宝石
 
最後に編集:
トップ