【アンケ】作っているゲームを「つまらない」と思ったことがあるか

自分の作っているゲームを「つまらない」と思ってしまったことがあるか?

  • ある

  • ない


Results are only viewable after voting.

べるなに

ユーザー
憧れの人と比べて「下位互換じゃん俺………」ともなりますが、自分の作りたいゲームを作れればそれでもいいと思いますね。
ゲーム内でどうしても再現できないものが多すぎるのが原因でつまらなくなりますが、そもそもの話自分がつまらないと思っても他の人が面白いと思えばいいです。(シャーロック・ホームズのように)
 

kainushi

ユーザー
皆さん、多くのコメントありがとうございます。とある企画に参加していた影響で少し返信が遅れました。
やはり「つまらない」もしくはそれに似たようなことを思った経験のある人の方が多いようですね。ご意見も色々参考になりました。

皆さんのコメントを読みながら思ったこと・思い出したことをちょっと書いていこうかなと思います。


自分の理想に近づけないと、こういったネガティブな感情を抱いてしまうのかなぁと思いました。
「これを作ってやるぞー!」と気合いを入れて作業をしても、出来上がったのはへんちくりんなものだったりとか。そういう時は、自分の力の無さを痛感してしまうかもしれません。

でも、これはつまらない点、言い換えるなら改善点を見つけられている証拠なので、悪いことではないと思います。改善を施して、自分の作品をより面白いと思えるものに仕上げられるのであれば、それはとても素晴らしいことです。

自分はつまらないと思う点を見つけた時に、その部分をとことん練り直して面白いと思えるものに変えていく作業をよくやっています。例えば、他人のゲームに含まれている面白い要素をパk……参考にして、自分のゲームのつまらない要素と取り替えたりとか。基本的には自分なりにどうしたらいいかな~とか考えますが、どうしてもいい案が思いつかない時は他人の作品から色々技術を盗んでます。そういう試行錯誤をするのも結構楽しいです。

どうしても自分の力量じゃ改善するのが無理な場合は、「うるせぇ!!!!」で誤魔化して開き直ったりしますけどね。これは言い換えるなら妥協です。妥協はある程度必要になってくると思います。
まぁべるなにさんがおっしゃる通り、自分がつまらないと感じていても、他人からすれば面白いと思える作品だという場合もあるので、結局のところ重く考えすぎるのもよくないのかなぁと。


もし自分のゲームにつまらない点が見つからなかったとしても、それは必ずしも「自分の作品を客観視できていない」ということではないと思いますし、気に病む必要もないと思います。というか、客観視はしないという選択もありだと思います。

「自分が面白いと思えるならそれでいいじゃん」
これも1つの正解でしょう。自分が面白いと胸を張って言えるものなら、必ずどこかに賛同者がいるはずですからね。
 

開拓者

ユーザー
つまらないと思った事はあります、なぜそう思ったのかを考えた事もあります。
よく考えてみると作者ってプレイヤー以上にその作品で遊んでいるんですよね。
だから人一倍プレーしたから飽きただけって場合もあって、つまらない=問題ありとは限らないんです。
作者のつまらないが初見プレイヤーの面白いだったりして考えさせられますね。

プレイヤーは遅いを体験しなければ速いを実感することはできないし
慣れた作者に合わせてゲームを変えると作者しか楽しめない場合があります。
それで自分が楽しくて幸せならばそれで良いんだと思いますが
他人を楽しませるのが目的なら「仕様を変える事で失われる物」にも目を向けたほうがいい気もします。
 

kainushi

ユーザー
>開拓者さん

コメントありがとうございます。
人一倍プレーしたから飽きただけって場合もあって、つまらない=問題ありとは限らないんです。
これは確かにその通りかもしれません。
私は自分のゲームに飽きたことが無いのであまり触れられませんでしたが、コメントを読ませて頂いて思ったのが「飽きから来るつまらなさ」と「ゲームそのもののつまらなさ」は別物なのではないか、ということです。ただ「飽きやすさ」は、明確な改善点である「ゲームそのもののつまらなさ」になり得るので、違いは紙一重みたいなものですケド。

めっちゃ面白いと思えるような神ゲーがあったとしても、それを何十時間、何百時間も繰り返しプレイしているとやれることが少なくなってくるし、飽きてしまいますよね。そのゲームには確かに「面白い」があるのに、何度も同じことをしているうちにそれを感じられなくなってしまう。多分、ゲームを作っている最中にも同じことが起こる場合があるということなのでしょう。

自分のゲームに飽きてしまった場合は……どうすればいいんでしょうね。経験が無いのでよくわかりません。
正直、自分が作った世界の中を歩いたりできるのってクッッッッッッッッッッッッソ楽しいし、作者だからこの先何が起こるのかも全部知ってるしテストプレイで何度も経験しているのに、それでもなおワクワクしたりしちゃいます。思いっきり創作沼にハマってますね。一生抜けられる気がしません。

まぁ自分のゲーム自体に飽きたとしても作る過程の楽しみはあるっちゃあるし、全部に飽きてしまったら一度創作から身を置いて、他の楽しい事をしてリフレッシュした方が良い……のかな?
何にせよ、重く考えすぎるのはよくないですね。
 
もう終わってる話題だとは思っていますが書き込ませていただきます。
まず、ここで言っても伝わらないと思いますが懺悔替わりとして一言。私のクソゲーのせいで名作・傑作の検索妨害になったり凡作や隠れた良作を埋没させてごめんなさい!

ええ、いつでも公開する度に思っております。
はっきり言ってツクール界は絵師社会かつ実力主義なので、どちらにも該当しない物はお目汚しと思われているかもしれません。ただ、下手な奴には初心者だっているのだから芽を摘み取る様な事は我々としてもユーザーとしても避けたい物です。

まあ、こんな事言ってる暇があるなら「おい、ツクールしろよ」と言われるのが結論でしょうが……。
 

まるたん

ユーザー
やはり作り手にはつきものですよね(´・ω・`)
自分でつまらないと思ったら、その要因となる部分を改善してみようと手直しをしてみたりと試してみますね((´゚∀゚`))
もちろん、それでも克服しきれないとは思いますが、つまるつまらないはもはやプレイする人の感性にもよりますゆえ。
自分なりには「粗のないゲームに仕上げた」として納得しています((´゚∀゚`))

>自分の作ったゲームを、プレイし直しますか?
こちらに関しては結構自分なりに楽しみにしてたりします((´゚∀゚`))
その時の自分の流行というか、自分の影響を受けているものなどが出ていたりと、懐かしさと
昔の自分はこういう風にも作れていたんだと、感心することも結構あったりします(/)・ω・(ヾ)
そう考えると、つまらないと思っても取り合えず作りきってみるのも大事かもしれないですね(*'ω'*)
 
最後に編集:
・自分の作ったゲームをプレイしなおすか に関して

ネガティブが極まると懐古主義的にやることがあります。
ただし一般に公開した作品は今や黒歴史と認定しているので
それに限っては一切やっていませんが。

かつての仲間内限定で作っていたいわゆる「内輪ネタ」としては
それなりの数、作品を拵えていたりするのでそれの再プレイが多いです。
中には適度な難易度に自分ではぼちぼち気に入っているシナリオの
理想的な作品もあったりするとか、しないとか。

嗚呼、あの頃に戻りたい。
思い直してみると環境自体は悪かったので
あの頃のテンションに戻りたい。
 

にっと

ユーザー
作る途中というか構想を練る段階で「あぁこれつまらんわ」となったものはポイポイ切り捨てているのである程度構想がまとまった上で自分が面白いとか楽しいと思えるものだけ制作に取り掛かる感じですね。
なので私は制作中につまらないと自分で思うことはほとんど無いのですが、公開してからの他者の反応はどうなるのか未知数だったり、2回だけ公開後に自分で出来が不満になって公開停止したことも(それはまず無いですが)。
 

温州みかん

ユーザー
通しテストプレーの2週目から正直キツイです。
通常プレーはまだしも(まあ、つまらなくはない)、ルート、選択肢総当たりデバッグプレーや、ゲームバランス調整後の検証プレーは、本当につまらないです。
さらに、ややこしい不具合を見つけてしまうと、気持ちが凹んでしまいます。
感覚がマヒしてくる、というのでしょうか、コミカルに作っていても、面白いのか 判らなくなってきますし、シリアスな場面でも、「わかってるから はよ○ねや」と毒づいてしまいます。
多少ハナシがズレますが、作曲者として、音楽はそうでもないんですけどね。
自分が作った楽曲、ボカロ曲は好きで、よく聞いていますし。
(参考URL)
https://piapro.jp/t/hvOM
 
トップ