【アンケート】隊列歩行ON?OFF?

隊列歩行について

  • 隊列歩行ON(仲間ぞろぞろ)

    Votes: 14 50.0%
  • 隊列歩行OFF(先頭のキャラのみ表示)

    Votes: 8 28.6%
  • 隊列歩行OFF(並びに関係なく常に主人公表示)

    Votes: 6 21.4%

  • Total voters
    28
基本的には、隊列歩行はOFF。
理由:
・自分が作るRPGは基本的にシンボルエンカウント式だから、隊列だと邪魔。
・SRPGで作る際も、隊列にする必要性がない。
・何らかのマップ上で行うイベント(水に潜る、滑る床で滑る、何かを飛び越える等)で隊列だと邪魔に感じることが多いから。
・大抵、先頭のキャラは並べ替え出来ないように調整していることが多いし、わざわざ隊列する必要もないから。

ですね。
わざわざ、隊列にするのであれば、何らかの要素を取り入れない限り利用しません。
隊列歩行で面白い機能の奴は好感が持てますが、何の工夫もない隊列歩行は好きじゃないです。
 
「隊列歩行OFF、かつ表示は主人公固定」に入れました。
自作品は割とパーティーにいるメンバーが街中をうろついているケースもあるため、そのキャラが隊列歩行で
表示されていると同時に2人存在(表示)することになって違和感が出ることが多いからです。

 確かVX Aceでは「先頭キャラ以外はぶつかっても接触扱いにならない」仕様だったと思うのでそれを逆手にとって、
前から歩いて来る敵を隊列歩行の後ろのキャラを使ってやり過ごす(カスタム設定で隊列の後ろのキャラにぶつかった時点で
方向転換するように設定)というゲーム的な使い方も可能なので、隊列歩行が全くいらないという訳ではないですが。
 

ufo_1122

ユーザー
先頭キャラor主人公単独が多いですね。
DQよりもFF派だったから、というのもありますがツクール的に作りやすいからです。
イベントでうっかり隊列集合させ忘れたり、飛び石を渡るときに後続を置き去りにしてしまったり……
もちろん仕掛けの少ないワンダンジョンみたいな短編だったり、雰囲気や作風に合う場合には隊列式にする事もありますが。
 
今作ってるのは隊列歩行ですが、イベント時に扱いづらいので、毎回どーしたもんかと悩みます。
市販ソフトでもあんまり採用されてないのは、やっぱり作るの大変だからでしょうね。

隊列歩行はビジュアル的にちょっと間抜けな感じもして、それが殺伐としすぎなくて良いってところあります。
単純にキャラが増えると頼もしく、減ると寂しいというのも分かりやすい。
アホみたいにゾロゾロ隊列が伸びたの「新桃太郎伝説」でしたっけ?
 

jun

ユーザー
自分は、今回のゲームでは隊列歩行ONにしています。

OFFにしていたゲームもあります。町では別行動という設定で、仲間は別で設置して会話できるように等、いろいろな工夫をした時もありました。

ただ、今のゲームはONの方が使いやすくてONにしています。ダンジョンはシンボルエンカウントですが。

自己満足ですけど、並んで歩いているのが可愛い(親ばか)ってなるマップもあります。
 
執筆者:神凪洸

処女作から隊列OFFですね。
自作品の作り上、隊列はとにかく不便なので一度もONで使ったことないです……。
隊列とはちょっと違いますけど、黒洋菓子店やデス×ゲームで取り入れた「ペットシステム」は
プレイヤーキャラに追従して、それを利用したギミック操作やシンボルエンカウント系の進行妨害や
プレイヤーが行けない所の探索をさせるなどがあります。
そんな事しなくても可愛いペットがついてくるだけでニヤけるので、個人的には好きな要素です。
隊列ほどきっちりついてくる訳ではなく、自由についてくる感じがさらにそれっぽくなってるので
見た目的にも隊列は好きじゃなかったり……。

隊列ではなくPTメンバーがペットシステムのように自由についてくる感じなら
ダンジョン内くらいはONにしてたかも……?
 
はじめて触れたSUPERDANTEから携帯機のひとつの頂点であるアドバンスまで、そもそも隊列をOFFにするというシステムが原則存在しない環境にいる時期が長かったものの、PS2無印やDSといった隊列をONにできない作品も通ったためどちらもいけるのかも。

でもDSやDS+では仲間の姿がどうにも印象に残りにくくてちょっとさみしかったため、選択できるなら
「歩行グラフィックを用意していない仲間がいる」といった事情でもない限りは基本的にONにするようにしています。
といっても、まだシンボルエンカウントのRPGをツクったことがないので、シンボルの防壁としての是非などは考えていません。
もしもシンボルでツクるときになったらまた考えが変わる……かなぁ?
 
RPGの範疇で言えば、隊列歩行はONにしたい派です。
ツクール2000でやろうとすると、テンプレみたいなものは存在しましたが中々苦行でした…

フィールドありの場合、むしろフィールドでは違和感があるので
隊列歩行OFFにしたりもします。
仲間が見当たらないのってなんかさびしいじゃないですか。
横幅が異様に広いやつとかもいるので、
前後の仲間やら幅1マスの通路の壁やらにめり込むのもいますが、
そこはご愛嬌。

SRPGコンバータMV使用作品では隊列はOFFにしています。
フィールドはシナリオ・マップ選択用のカーソルにしてますし、
そもそも、並べ替えで出撃選択の仕様である以上、
顔グラフィックが半透明になっている控えメンバーと
そうでない戦闘参加メンバーの差で判りやすさを維持するために
戦闘人数15人にしちゃっているので、隊列歩行が
えげつないことになりそうなので…
 

seea

ユーザー
こんばんは。
今見たら隊列歩行ONになっていました。
このまま制作すると思います。

仲間もマップ上に表示する元々の理由は「ネトゲ準拠」のためですが、
ONにした結果、副産物として「猫の隊列歩行」が実装でき、
またカメラ視点をフォロワーの視点に切り替えることもできるので、
ONにしておいた方が都合がよいのです。

標準の隊列歩行は使う予定はなく、専用のプラグインでフォロワーの動作を置き換えます。
結局置き換えているので、隊列歩行OFFの設定でもフォロワーを表示して動かせると思いますが、
隊列歩行ONのほうがプラグイン側のコード量が少なく済むとか、そんな感じの理由だったかと思います。
 

沫那環

ユーザー
隊列歩行OFFの、先頭キャラ表示派です。
OFFにしているのは、見た目的に邪魔なので。
先頭キャラを表示しているのは、そのことで発動するギミックを仕込むことが多いので。
 
これは意見の分かれるところですね。
ツクール95が初めて本格的にゲームを作ったツクールなのですが、
こちらがデフォルトで隊列歩行だったのに対して、
ツクール2000では、先頭キャラだけが表示に切り替わりましたからね。

まさにドラクエ風の95と、FF風の2000。

ドラクエ風に慣れていた僕にとって、隊列歩行は絶対欲しかったので、
ツクールXPで95作品をリメイクする時は、真っ先に隊列歩行ルーチンを組みました。

現在では、隊列歩行は、ON/OFF自由に変更できますが、
2000/03で出来なかったのには、理由があると思います。

それはずばり、アクション性の高いゲームを作りやすくするための配慮でしょう。
ジャンプや斜め移動、マップ画面での戦闘アニメーション表示など、
アクションRPGに必要な要素のうち、主要なものが、2000では、新たに大量に
追加されていたのですから。

もしかしたらそれに加えて、処理の軽量化、という事情もあったでしょうね。
ツクール2000が出たころって、まだWindows95/98の時代で、
Pentium2 133MHzみたいなのが、主流でしたから、あまり重たい処理は
させられないと判断したんだと思います。

結果的にFF風になりましたが、隊列歩行の実現方法は、以下のサイトにありますね。
http://yado.tk/2k/08_system/151_dh/
若干ややこしいですが、不可能ではなかった、ということで。

やはりどちらがいいか? は、作りたいゲームにもよるでしょうけれど、
最初に触ったツクールで、どちらにしたか、も大きい気がします。
僕は、ツクール95で隊列歩行のゲームを作り、その続編を2000で作りましたが、
制作中、「隊列歩行がなくなって、なんか、続編らしくなくなった」と
ずーっと思っていましたから。
 

まるたん

ユーザー
私はONにしてます(´・ω・`)
と言うのも、最初はOFFにしていたのですが、1人だけ表示されてるのがもったいないような気になってきたんです(/)・ω・(ヾ)
他の方が言われているように、普段一人の方が色々と都合は良かったんですが
主人公しか映らないのがもったいなくなってきたのです(*´ω`*)

ヒロインが入ってきてもヒロインは映らない、変更したら主人公が映らない、仲間も映らない。
会話の時もなんとなくしょぼくなってしまった感じが出てきて、思い切ってONにしてみた次第です(´・ω・`)b

かの有名なFFのように、会話のシーンだけ全員出すという方法も考えてはみたのですが、
早い話が、面倒くさくなって挫折したのです(/)・ω・(ヾ)
初っ端からこだわり過ぎると挫折ばかりだろうと妥協し、現在はONでやってます((´゚∀゚`))

いくつか作り、ゲーム作りにもメリハリが欲しくなってきたら、恐らくそういう面倒くさいと思っていた事にも
挑戦していけるのではと思い、まずは作っていく事を重視しようと思っています(*'ω'*)
 
トップ