【キャッチコピー評価スレ】僕たちは、キャッチコピーで魅せたい!!!

自分が制作したゲームのキャッチフレーズを考えますか?

  • 考える

  • 考えない

  • 他の人に考えてもらう

  • その他


Results are only viewable after voting.
https://forum.tkool.jp/index.php?threads/1264/

こちらのキャッチコピー版です。

アツマールやふりーむなどで投稿するフリーゲームの中には意識的か、無意識にやっているかはわかりませんが、キャッチコピーが記載されている奴もあります。

そもそもキャッチコピーとは、
消費者の心を強く捉える効果を狙った印象的な宣伝文句。

どの業界でもキャッチコピーはその出来具合いによっては商品自体の売れ行きが大きく左右されるために、重要視されます。
ちなみにキャッチフレーズとは特定の人物・集団が掲げる標語やフィクションにおける名セリフの事。

名作ゲームのキャッチコピー一覧
https://www.black-gamer.com/entry/game_catchcopy

ラノベの帯などのキャッチコピー
https://togetter.com/li/1205025

ちなみに自分が最近のお気に入りは
エンドレス子作りRPG「CONCEPTION PLUS 俺 の子供を産んでくれ!」です。
タイトルもキャッチコピーもインパクトが高い・・・。
 
最後に編集:
特に考えません。実際には考えるだけの頭脳がありません。
別にコピーライターを目指しているわけではないのが理由だとか。

某フリーゲーム投稿サイトだと
キャッチフレーズ的なものの入力を強要されて困ったものです。
困り抜いた末に入れたのが「ごくふつうのRPG」でした。
今後もこれで押し通す事になりそうです。

商業系で気に入っているのは…
「舞台は用意した、後は自由だ」(FallOut:NewVegas)ぐらいですかね。
 
キャッチコピーですか。
これまで考えたことなかったけれど、考えてみたくなってきました。

ただ、MOTHERシリーズの糸井重里は本業のコピーライターだから、
ああいう面白いフレーズが出ているけれど、
僕はどうしてもあんまり切れの良いのが出てこないなあ、と思いました。

キャッチコピーって要するに「1行でゲームのウリを説明せよ」ってことだから
何が売りなのかをリストアップしていって、そこから後はもう、
ひらめきに任せるしかないんでしょうね。

そうでなければ、もののけ姫の「生きろ」なんていう短いキャッチコピーは、
これも糸井重里ですが、はっきり言って作れませんよね。

こういうセンス、本当にものにしてみたいものです。

試しにエミールの小さな冒険にキャッチコピーつけて見ます。
「子供には子供の、冒険がある」
うーん、「子供」が2回出てくるし、インパクト弱いな。

ニナと鍵守の勇者はどうでしょう。
「連綿と受け継がれていく、アルドの冒険譚」
作者さんが1章ずつ作っていくのですが、これも自己採点で35点くらい。

うーん、センスが欲しいですね。
 
キャッチコピーを直感的に考えるのは難しいですからね・・・。
参考程度にこちらはどうですか?
https://liskul.com/catch_copy-8281
https://business-textbooks.com/catchcopy/
https://ferret-plus.com/11024
https://catchcopy.make1.jp/?searchstr=ゲーム
https://jp.sansan.com/netacho/アイドルに学ぶキャッチコピー名刺術/

ふりーむに投稿しているゲームには色んなキャッチコピーが結構ある。
惹かれる奴もあれば、そうではないものも・・・。
 
最後に編集:

べるなに

ユーザー
「関西弁レズと眼鏡デストロイヤーと冥王の挑戦」
……未公開な設定ブチ込んだキャッチコピーが出来てしまった。
やり直さなければ。

「仲間でも遠慮なく倒せ!戦え!王の欲を満たすために!」
……なんか違う。闘技大会と言うか奴隷みたいにされてる感あるぞ。

って自作の「戦え!闘技大会!」についてのキャッチコピーを考えた結果がこれでした。
 

ぶー太

ゲスト
自分はふりーむさんに何作品か投稿してますが
「○○な少女が住役の短めRPG」
とか、キャッチコピーというより説明になっちゃっていますね。

水着キャラなどが多めのRPGのキャッチコピーに
「12禁」ってつけたら、心なしかダウンロード数が多めだった気が・・・。
 
来年の四月までに完成させるつもりで切り詰めて、制作しているゲームのキャッチコピーを考えてみた・・・。

SRPGコンバータMV愛好家が制作したSRPGその4

SRPG Studioで制作する人は多いのに、SRPGコンバータMVで制作する人がかなり少ないだよ!:kaocry:
ふりーむで「SRPG」と検索すると160本、「SRPGコンバータ」と検索すると6本。「SRPG Studio」だと67本。正確な検索とは言えないが少ない。
気が付けば、SRPGの奴は四つ目だが、容量が少なくなったら、消去する様にしているから何作目とか気にしない。
 
最後に編集:

wanbee

ユーザー
タイトルに入れようと思ってたけど色んな都合でやめた言葉とか、ゲーム内で何故か何度も繰り返し使っている言葉とか、自作に関連して思いついた単に語呂が良いだけの無意味な言葉とか。

テキスト的に「あ、自分はこの言葉にこだわってるのか」と完成後に気付く事が非常に多くありました。そういうのは正にキャッチコピーとしてのキーワードの条件を満たしている気がします。
 
「知らなくていいこともある」
昔構想だけ考えた"サイコパスと恋する乙女ゲー"のキャッチコピーです。
どんなに上っ面がいい人間でも深入りするととんでもないことになるぞ...!みたいな内容だったと思います。
表面上は平和でも裏ではえげつないことが...!系の世界観(ポストアポカリプスとか?)なら使いまわせそうだし、いつか使いたいなーと思ってるフレーズの一つ。
 

開拓者

ユーザー
「底なし沼と当たり前」
手に入れてから失って、落っこちてから這い上がり、山に登って転げ落ち、今この時の幸せを知る。

始まりの地の幸せを知るだと後悔・無念のシナリオになるので変えました。
「死と奇跡と現実」でもいいし「成功・失敗・生活」でもいいですね。
ゲーム作りそのものは多分やらないと思いますが、システムのテーマにもシナリオのテーマにもなりそうです。
あるけみさんのテーマで星の王子さまを主役にしたら底なし沼か楽園ですね。
知らないからこそ幸せなのか、知ったほうが幸せなのか('∀`*)
 
最後に編集:
参考程度にふりーむで面白そうなゲームと合わせて、キャッチコピーを紹介。

キャッチコピー
ラブコメでよくある「このゴリラ女!」というシーンで本物のゴリラを隣に置いてみました。
タイトル
高嶺のあの子はガチゴリラ
https://www.freem.ne.jp/win/game/17250

キャッチコピー
史上最悪のゲス女が大活躍。これが本なら思わず破りたくなる一冊。
タイトル
極悪非道!!ゲスデレラ
https://www.freem.ne.jp/win/readme/19825

キャッチコピー
童話エログロホラーADV
タイトル
ヘンゼルとグレーテルDS(ダークサイド)
https://www.freem.ne.jp/win/game/20188
この製作者は他にも色んなゲームを制作しているのでオススメしたい。
 
「考える」に投票しました。響きの良さそうなフレーズや、作品に関連するフレーズ、市販作品などで、
ツボにはまったフレーズをちょっと変えて作ることが多いですが、
一番大事なのは「自分が最高と思ったら、それが最高」という視点。自惚れも大概にしろと言われそうですが、
その自惚れこそがアマチュアの特権。作品そのものにも言えますが「自分が至高と思ったらそれが至高」の思考も大事です。
(もちろん程度問題はありますが…)

「その奇跡を目撃せよ」→格ツクコンチェルト プロジェクト2D
※格ツク作品のコラボ企画。当初から共同制作は難しいと言われ、完成そのものが奇跡である(と言われていた)ことから。

「12月38日、世の中の仕組みが変わります」→干支ランジェパーティー2
※本編ストーリーの中で1週間が10日になったり、12月が終わらなくなったり、世の中の仕組みが変わっていることから。

「エターナルの海の真実とは?」→パーティー×ナイト
※ツクラーにとって馴染みのある「エターナルの海」を題材にした作品であることから。

「色に染まるな、闇に染まれ」→カラーズパーティー~LOST IN EATER~
※色をモチーフにするカラーズと、それに敵対する悪役(闇)との対決から。

「嘘から出た真、解禁」→カラーズパーティー~THE ROLL UP "END"~
※「THE ROLL UP END」の頭文字を取るとtrue(真)。前作「LOST IN EATER」の頭文字を取るとlie(嘘)
 嘘の後の続編、という観点から。(このシリーズは元はエイプリルフール企画であり、ウソ企画だったことも関連)

「ツクラーよ、これがコラボだ」→ツクール×スクール
※映画「アベンジャーズ」のキャッチフレーズ「日本よ、これが映画だ」のパロディ。

「重ねた年は、都市になる」→ツクシティ
※「年」と「都市」の掛詞。平成から令和に変わり年を意識する時期だったことも関連。
 
久しぶりにふりーむのゲームを遊んだ中で興味が出た作品が、

タイトル:
サディスト〜性悪女の憂さ晴らし〜

キャッチコピー :
あたしと付き合いたければ、まずはあの子と付き合いなさい。
https://www.freem.ne.jp/win/game/21875

タイトル:
Mたちの調律(2,5話)

キャッチコピー :
これはギャルゲーではない。コズミックホラーだ。
https://www.freem.ne.jp/win/game/7301
 
拙作からひとつだけ…。:kaohi:

ちょっぴり百合なRPG
(ふたりのユリシーズ)
ちょっぴりってどれくらいだろう?
同性愛モノって苦手だけど、ちょっとだけならいいかな…。

そんな微妙さを狙ってみました。
ライト層向けをアピールするほうが、いろんな人に触ってもらえるかなって。
 
トップ