【サンプル】カスタムメニュー作成プラグインを利用したプロジェクト

rikudou

ユーザー
トリアコンタンさんの「カスタムメニュー作成プラグイン」で、
13種類のシーンを作成したプロジェクトを、サンプルとして公開させていただきます。

元は、私が制作中の長編RPGで実装したいシーンをテストするために
実験用のプロジェクトとして作ったものなのですが、
こちらのプラグインで様々なシーンが作れることを多くのツクラーに知ってもらえればと思ったので、
公開することにいたしました。

使い始めは難しく感じるプラグインですが、慣れれば本当にいろんなシーンが作成できるので、
オリジナリティにこだわる方には非常に有用なプラグインだと思います。
私が制作中の長編RPGにおいて、競合で使えず諦めていたプラグインもありましたが、
こちらのプラグインで同様のシーンを再現することができたので、とても助かりました。

下記のリンクからダウンロードしてご利用ください。(2022/06/30追記)
最新バージョン(v1.2.0)のダウンロードはこちら

■注意事項■
本サンプルプロジェクトは、プラグイン作者のトリアコンタン様に監修を受けたものではありません。
本サンプルプロジェクトに対する不明点等を、トリアコンタン様に直接質問することはおやめください。
何かありましたら、こちらのスレッドに書き込んでいただけたらと思います。

■実装しているシーン■
・ヘルプシーン
・人物紹介シーン
・実績シーン
・サウンドテストシーン
・詳細ステータスシーン(デフォのステータス画面より情報が多い)
・ワープシーン(いわゆるファストトラベル)
・宿屋シーン
・パーティ編成シーン
・能力値強化シーン
・クエストシーン
・鍛冶シーン(いわゆる武器合成)
・アイテム合成シーン
・独自メインメニューシーン ×2種

SceneCustomMenuSample_v120.png
sc_001.pngsc_004.pngsc_007.pngsc_002.pngsc_003.pngsc_005.pngsc_006.png

Twitterの方で投稿した動画も貼っておきます(2021/04/27 追記)

利用条件を守ってご利用ください
↓↓↓
■利用条件■

下記は、プラグイン以外の同梱データについての条件となります。
プラグインを利用する場合は、そのプラグインの利用規約に従ってください。

1.
RPGツクールMZの正規ユーザーのみ、同梱されている各種データを利用できます。
※同梱データをRPGツクールMVで利用する場合でも、
 RPGツクールMZの正規ユーザーである必要があります。

2.
同梱されている各種データは、
ご自身のプロジェクトにコピーして利用することができます。
・改変可能
・商用ゲームへの利用可能
・年齢制限のあるゲームへの利用可能

3.
同梱されている各種データを利用して制作したプロジェクトを、
ゲーム作品として公開/配布する場合、
制作者(リクドウ)のクレジット表記は不要です。
利用申請、利用報告等も不要です。

4.
同梱されている各種データを、
サンプルデータ/サンプルプロジェクトとして再配布する場合は、
下記の条件をお守りください。
・無償配布のみ可能。
・改変の有無に関わらず、このサンプルプロジェクトが基になっていることを明記。
・Picturesフォルダ内の画像を再配布物に含める場合は(改変した場合も含む)、
 RPGツクールMZの正規ユーザーであることを利用条件に含める。

※再配布にあたっての、制作者(リクドウ)への許可申請や利用報告は不要です。
※プラグインを含めて再配布する場合は、プラグインの利用規約に従ってください。

5.
同梱されている各種データを、
制作を請け負っている方が納品物として依頼主に提出することは、
有償/無償に関わらず禁止とさせていただきます。

6.
本サンプルプロジェクトのデータのご利用にあたって
いかなる問題が生じた場合でも、制作者は責任を負いかねます。


サンプルプロジェクトの利用方法
↓↓↓
■利用方法■(2022/06/30更新)

1.
RPGツクールMZ公式プラグインの「PluginCommonBase.js」と「ExtraImage.js」を、
本サンプルプロジェクトの「plugins」フォルダにコピーしてください。

※カスタムメニュー作成プラグインを動作させるために必要なプラグインです。
 本サンプルプロジェクトには同梱していません。
 RPGツクールMZ本体をインストールしたフォルダに含まれているので、
 そこからコピーしてください。

2.
プロジェクトを開きます。
テストプレイを起動すれば、ゲームとしてプレイできるようになっています。

プラグインパラメータやコモンイベントのデータ、マップイベントのデータなど
必要に応じて、ご自身のプロジェクトにコピーして利用してください。
このサンプルプロジェクトのデータをそのまま土台として使用し、
ゲーム作品を完成させるのも問題ありません。
 
最後に編集:

rikudou

ユーザー
補足です。

カスタムメニュー作成プラグインを一度も試したことがない方は、
いきなりこのサンプルプロジェクトを利用しても、
どの設定項目がどう関連しているかを理解するのは、難しいかと思います。

カスタムメニュー作成プラグインの利用に慣れていない方は、
まずはムノクラ様の解説記事をお読みになり、手順通りに実装を試してみることをお勧めします。
記事からは、MV/MZ それぞれのサンプルデータもダウンロードできますので、
入門として試してみたいという方は、下記の記事をご覧いただければと思います。

カスタムメニュー作成プラグイン入門その1:RPGツクールMZ・MV
https://fungamemake.com/archives/13176

カスタムメニュー作成プラグイン入門その2-1:RPGツクールMZ・MV
https://fungamemake.com/archives/13213


記事の通りに一度シーンを実装してみると、プラグインの仕組みがある程度理解できると思います。

私が作ったサンプルプロジェクトではコモンイベント内に注釈を書いていますが、
仕組みを理解している状態でないと、注釈を読んでも意味が分からない部分も多いと思います。
また、私は簡潔で分かりやすい解説を書くのがあまり得意ではないので、
そもそも注釈の文章が分かりにくいところもあると思うので、申し訳ないです……
 
最後に編集:
所持金は、this.drawText()使うより、this.drawCurrencyValue()で書けば、標準に近い感じで表示されます。

JavaScript:
this.drawCurrencyValue($gameParty.gold(), TextManager.currencyUnit, r.x, r.y, r.width);

あと、次のところなんですけど。
JavaScript:
this.drawTextEx(`いらっしゃいませ。\n一泊 ` + $gameVariables.value(6) + `G です。`, r.x, r.y, r.width); // 任意のテキスト描画(制御文字変換あり)

せっかくテンプレートリテラル(バッククォートくくり)を使っているので、
JavaScript:
this.drawTextEx(`いらっしゃいませ。\n一泊 ${$gameVariables.value(6)}G です。`, r.x, r.y, r.width);
というように${}で書いた方が見やすいかなと思います。
 
最後に編集:
あ、そうだ drawTextEx()使ってるんだから通貨単位も制御文字使ったほうがいいですね。
JavaScript:
this.drawTextEx(`いらっしゃいませ。\n一泊 ${$gameVariables.value(6)}\\g です。`, r.x, r.y, r.width);
でいけるはず。

1621268295569.png いけた!

(ギルダンってどの世界の通貨だったっけ?)
 
最後に編集:
どーも、このスレッド僕のメモみたいになってますが、みんなもメモしてね(そーゆー方向へ誘導)

1.14.4 で[一覧取得スクリプト]に[null; // なし(単項目表示ウィンドウ用)]を指定(あるいは何も指定しない)すれば、何も表示されないウィンドウを用意できます。

これ何が嬉しいかというと、単純なラベルとか表示したいときにダミーの値を指定して、その値は結局使わない、みたいな裏技っぽいことをしなくても良くなるということです。
前述の所持金ウィンドウなんかもそうですね。

ラベル用のウィンドウデザインとか用意すると、画面上のデータをうまく整理できるようになって、いろいろ捗ると思います。
 

rikudou

ユーザー
所持金は、this.drawText()使うより、this.drawCurrencyValue()で書けば、標準に近い感じで表示されます。

JavaScript:
this.drawCurrencyValue($gameParty.gold(), TextManager.currencyUnit, r.x, r.y, r.width);

あと、次のところなんですけど。
JavaScript:
this.drawTextEx(`いらっしゃいませ。\n一泊 ` + $gameVariables.value(6) + `G です。`, r.x, r.y, r.width); // 任意のテキスト描画(制御文字変換あり)

せっかくテンプレートリテラル(バッククォートくくり)を使っているので、
JavaScript:
this.drawTextEx(`いらっしゃいませ。\n一泊 ${$gameVariables.value(6)}G です。`, r.x, r.y, r.width);
というように${}で書いた方が見やすいかなと思います。
ご教示ありがとうございます!
デフォルトの所持金ウインドウと同じように表示したいなあと思いつつ方法が分からなかったので、
とても助かりました!

宿屋シーンのメッセージ表示のスクリプトの方も併せて、修正版のサンプル(v1.1.0)の方に反映させていただきました。
 

rikudou

ユーザー
新たに、独自のメインメニューシーンを追加した V1.1.0 を公開します。

追加シーン
・Scene_NewMenu_A
・Scene_NewMenu_B

ツクールMZのデフォルトのメインメニューではなく、
カスタムメニュー作成プラグインで疑似的にメインメニューを再現した独自のシーンとなります。

上記2種類のシーンはほぼ同様のレイアウトのシーンですが、
Aの方はデフォルトのウインドウでの構成、
Bの方は公式プラグイン「ExtraImage」を併用し、自作素材も使用して構成しています。

パーティの人数によって、
アクターが表示されるウインドウの1人分の表示領域が変わるように実装しています。

また、メニューコマンドのカーソル位置の記憶や、
パーティの人数が1人の時は、スキルや装備コマンドを決定した後のアクター選択を飛ばすようにするなど、
プレイヤーの操作ストレスを軽減する工夫もしています。
(シーンに紐づけられたコモンイベントの中で、イベントコマンドを駆使して組んでいます。)

SceneCustomMenuSample_v110_02.png
SceneCustomMenuSample_v110_03.png SceneCustomMenuSample_v110_04.png SceneCustomMenuSample_v110_05.png SceneCustomMenuSample_v110_01.png


また、カスタムメニュー作成プラグインの更新に合わせて、
既存のシーンのパラメータやコモンイベントの内容なども微修正しています。

前回のバージョン(v1.0.0)のデータも残しておきたいため、
新しいバージョン(v1.1.0)のデータはこちらに添付します。
同梱画像が増えてデータサイズが大きくなり直接zipを添付できないため、
お手数をお掛けしますが、こちらからダウンロードしてください。
↓↓↓
※サンプルプロジェクトのダウンロードリンクは取り下げました(2022/04/02)※

また、同梱のReadMeファイルの内容も更新に伴い加筆修正していますので、
新しいバージョンのサンプルをご利用の場合は、再度お目通しいただけますと幸いです。

利用条件を守ってご利用ください
↓↓↓

■利用条件■

下記は、プラグイン以外の同梱データについての条件となります。
プラグインを利用する場合は、そのプラグインの利用規約に従ってください。

1.
RPGツクールMZの正規ユーザーのみ、同梱されている各種データを利用できます。
※同梱データをRPGツクールMVで利用する場合でも、
 RPGツクールMZの正規ユーザーである必要があります。

2.
同梱されている各種データは、
ご自身のプロジェクトにコピーして利用することができます。
・改変可能
・商用ゲームへの利用可能
・年齢制限のあるゲームへの利用可能

3.
同梱されている各種データを利用して制作したプロジェクトを、
ゲーム作品として公開/配布する場合、
制作者(リクドウ)のクレジット表記は不要です。
利用申請、利用報告等も不要です。

4.
同梱されている各種データを、
サンプルデータ/サンプルプロジェクトとして再配布する場合は、
下記の条件をお守りください。
・無償配布のみ可能。
・改変の有無に関わらず、このサンプルプロジェクトが基になっていることを明記。
・imgフォルダ内の、picturesフォルダおよびsystemフォルダ内の画像を
 再配布物に含める場合は(改変した場合も含む)、
 RPGツクールMZの正規ユーザーであることを利用条件に含める。

※再配布にあたっての、制作者(リクドウ)への許可申請や利用報告は不要です。
※プラグインを含めて再配布する場合は、プラグインの利用規約に従ってください。

5.
同梱されている各種データを、
制作を請け負っている方が納品物として依頼主に提出することは、
有償/無償に関わらず禁止とさせていただきます。

6.
本サンプルプロジェクトのデータのご利用にあたって
いかなる問題が生じた場合でも、制作者は責任を負いかねます。

サンプルデータの利用方法
↓↓↓

■利用方法■

1.
RPGツクールMZで新規プロジェクトを作成します。

2.
このサンプルプロジェクトに同梱されている各種データを、
作成した新規プロジェクトの同名フォルダにコピーします。

3.
RPGツクールMZ公式プラグインの
「PluginCommonBase.js」と「ExtraImage.js」を、
新規プロジェクトの「plugins」フォルダにコピーしてください。

※本サンプルプロジェクトを動作させるために必要なプラグインです。
 公式プラグインはMITライセンスではないため、
 本サンプルには同梱していません。
 RPGツクールMZ本体をインストールしたフォルダに含まれているので、
 そこからコピーしてください。
 RPGMZ > dlc > BasicResources > plugins > official

4.
プロジェクトを開きます。
テストプレイを起動すれば、ゲームとしてプレイできるようになっています。

プラグインパラメータやコモンイベントのデータ、マップイベントのデータなど
必要に応じて、ご自身のプロジェクトにコピーして利用してください。
このサンプルプロジェクトのデータをそのまま土台として使用し、
ゲーム作品を完成させるのも問題ありません。
 
最後に編集:

rikudou

ユーザー
こちらのサンプルプロジェクトですが、追記の通り一旦公開を取り下げております。

同梱していた「カスタムメニュー作成プラグイン」のバージョンがかなり古くなっているため
設定内容などを見直して更新するつもりではいるのですが、
プラグイン本体のバージョンアップの頻度に私の更新作業が追い付かないため、一旦取り下げることにしました。

プラグインの最新バージョンでは便利な機能が多々追加されており、
こちらの古いサンプルプロジェクトでは不要な設定が多く残っているため、
利用者様の混乱を招く事例が出てきてしまっております。

近日中にまとまった時間を確保して修正作業を行いたいと思っていますが、
追加された全ての機能を把握できていないため、更新作業の見込みが立てづらい状況です。
つきましては、更新時期のお約束はできかねることを何卒ご了承ください。

直接ご連絡くださった方には大変申し訳ないのですが、何卒ご理解いただけますと幸いです。
 
最後に編集:

八神 旭

ユーザー
書き込み失礼いたします、リクドウ様のサンプルプロジェクトに日頃とてもお世話になっています
作っているゲームの様々なシーンやメニュー作りに重宝させていただいていて、心より感謝しております
まだ1から独自のシーンを作るのは難しくてできないのですが、手元にあるリクドウ様のデータをお手本にしながら
勉強していきたいと思っています、リクドウ様の長編RPG 『悠久の蒼き聖樹』も応援しております!(*^^*)
 
最後に編集:

rikudou

ユーザー
お問い合わせくださった方には大変お待たせいたしました。

カスタムメニュー作成プラグイン(MZ版)の現時点での最新バージョン(v1.28.3)に合わせて
サンプルプロジェクトの内容を修正し、再アップいたしました。

スレッドの一番上の投稿にもリンクを貼りましたが、こちらにも貼っておきます。

最新版のサンプルプロジェクトはこちらからDLできます

以前のものと大きくは変わっていませんが、主に下記の修正を行い、
実行内容が分かりやすくなっているかと思います。

・プラグインのアップデートで追加された新機能を利用し、不要になる処理をカット
・スイッチ、変数、コモンイベントの並び順を整理
・条件分岐でスイッチや変数が条件になる場合、該当のスイッチや変数の名称にIDを追記し、判別しやすさを向上
 
トップ