【プラグイン】セーブデータが壊れていた場合に復元を試みる

ツミオ

ユーザー
プラグイン名:
TsumioErrorChecker.js
概要:セーブデータが壊れていた場合に復元を試みるプラグイン

【ダウンロード】
https://raw.githubusercontent.com/Tsumio/rmmv-plugins/master/plugins/TsumioErrorChecker.js

【特徴】
・ローカル環境でバックアップファイルを生成します
・データが破損していた場合は自動でバックアップファイルを読み取ります
アツマール等では動きません

【使用方法】
プラグインの導入するだけで完了です。

【機能】
このプラグインはローカル環境専用です(アツマールなどでは動かない)。
セーブデータ保存時にバックアップファイルとしてdupファイルを生成します。
セーブデータ読み込み時、元データが壊れていた場合はこのdupファイルを読み込みます。
dupファイルも壊れていた場合は通常通りビープー音が鳴ってデータを読み込みません。

このプラグインを導入する前にセーブデータが存在している場合、暗号化フラグにチェックを入れるとそのデータは読み込めなくなります。


【更新履歴】

* 1.1.1 2018/05/14 致命的な不具合の修正。
* 1.1.0 2018/05/14 暗号化の機能をつけた。
* 1.0.1 2018/05/13 プラグインを途中から導入しても動くようにした。
* 1.0.0 2018/05/13 公開。

【ライセンス(MITライセンス)】
  • 製作者: ツミオ
  • 非商用利用: 自由
  • 商用利用: 自由
  • 再配布: OK
  • 加工: OK
  • 加工後の再配布: OK
  • シリーズ: ツクールMV(他の用途で使用しても問題ありません)

【備考】
当プラグインを利用したことによるいかなる損害に対しても、制作者は一切の責任を負わないこととします。

【あんまり関係ない話】
めちゃくちゃ久しぶりの投稿です。
数カ月ぶりにJavaScriptをいじったので、不具合等があったらすみません(最近はUnityとC#ばかりやっています)。

ありがたいことに過去に作ったプラグインインでいくつかご要望(とバグ報告)が来ているので、そちらも時間をみつけて手を付けたいなあと思っています:beard:
アクションツクールMVも楽しみです。JavaScriptらしいですね。
 
最後に編集:

ツミオ

ユーザー
セーブデータの暗号化機能もつけました。
このプラグインでやっている暗号化がどの程度意味があるのかと、そもそも必要なのかについては以下の記事が参考になるかもしれません(僕のブログです)。
http://ntgame.wpblog.jp/2018/05/14/post-1648/

チート行為の対策について興味がある方はぜひご覧ください!
 
トップ