【外部ツール】エクセルで能力値の調整

panda

ユーザー

Excelで最大HPや攻撃力など能力値の成長曲線を編集して、
データベースに反映させられるVBAマクロを作りました。
MV/MZの両方に対応しています。

RPGツクール本体のデータベース画面で能力値の調整を行うのは非常に面倒なので、
それをMicrosoft Excel上で簡単にできるようにしました。

職業ごとに、ID番号と職業名、経験値曲線のパラメーター、
および各能力値の初期値とレベルごとの増分を入力します。
20201001b.png

グラフで各能力値の成長曲線を見て、バランス調整することもできます。
20201001c.png

調整が済んだら「JSON出力」ボタンを押して、
該当プロジェクトフォルダーの下のdataフォルダーの中にある「Classes.json」を指定すれば、
設定した経験値曲線や能力値がデータベースに反映されます。
特徴や習得スキルはRPGツクール本体で設定したものが保持されます。

データファイルである「Classes.json」を直接書き換えるため、
ファイルの扱いには十分ご注意ください。
設定が壊れてしまっても責任は負いかねます。


MV/MZの標準仕様に準拠しているため、
プラグイン等で能力値の仕様を変更している場合は正しく反映されない場合もあります。
その辺りの改造はご自由にどうぞ。
 

panda

ユーザー
すみません。
VBAマクロでJSONファイルを書き出しているので、Googleスプレッドシートでは動きません。
能力値の入力やグラフでバランス確認とかはできますが……。
 

a1b

ユーザー
そうだったんですね。わかりました、大丈夫です。
ありがとうございます。
 
これは大変重宝しそうですね。
僕はバランス調整するときはいつも、
各レベルの能力値をじっくり見ながら、レベルごとの数値を確認していたので、
これがあると、大変助かります。重宝させていただきます。

なお、僕のゲームバランス調整の方法論は、
「その敵と戦う時の、アクター達の平均想定レベル(および平均想定装備)」を基準にし、
レベルを±2した場合(経験則から、プレイヤーの戦闘スタイルで差が出ても、大抵その範囲内に収まる)や
装備のランクを±1(同上)にした場合に、どれだけ難易度が変化するかを見て決めています。
(装備のランクを逆算して、敵キャラの獲得金額や宝箱に入っている装備や金額を決めています)
 

panda

ユーザー
以前公開したこちらのExcelツールですが、
職業のメモ欄に改行があると、出力したClasses.jsonが正常に読み込めなくなる不具合があったので、
修正版を上のリンク先にアップしておきました。
お使いになられている方は、お手数ですがアップデートをお願いいたします。
(敵キャラのExcelと同様の不具合です)
 

mokumoku

ユーザー
はじめまして。
興味を引いたので利用させて頂きたいのですがJSON出力をしても「クラスが登録されていません」といったエラーが出てしまいます。
MVのデータとClassParameter_MVMZ内の職業は設定してあるのですが…エラーの出ているクラスというのがよく分かりません。

何か設定忘れがあるのか、もしくはエクセルのバージョンなどによるものなのか…お力添えをお願いします。
 

Attachments

  • エラー.png
    エラー.png
    10.3 KB · 閲覧: 1

panda

ユーザー
ここでいうクラスは、職業のClassではなく、プログラム上のクラスのことなので、エクセルのバージョンなどによるものと思われます。
エラーの画面で「デバッグ」のボタンを押してもらうと、VBAの画面になって、どこでエラーが起きているか黄色いラインで表示されますので、そのスクショも貼っていただけると原因が分かりそうです。
こちらで確認したところ、JSONの出力に使っている「ScriptControl」というクラスが、64bit版のExcelだと対応していないようなので、それが原因かもしれません。
 

panda

ユーザー
もう少し調べてみましたが、やはり64bit版のExcelだとScriptControlが非対応なせいっぽいですね。

https://tablacus.github.io/scriptcontrol.html
に、64bitで動作するScriptControl(MSScript.ocx)が公開されているようなので、こちらをダウンロード&インストールしていただければ、動作するかと思われます。お試しください。
 
トップ