【解決済み】トリアコンタンさん作成「AnimationMv」で指定のアニメーションを再生する方法が分からない

Maker-VX

ユーザー
MVのアニメーションをMZでも使いたいと思い、トリアコンタンさんの「AnimationMv」を使用しています。

MVのアニメーションを再生するところまでは出来たのですが、指定のアニメーションを再生する方法が分からず、苦戦しています。

(色々と調べたのですが、自分のおバカな頭じゃ解決に至りませんでした(´;ω;`))

自分が行った手順↓(この時点で間違えてるかも……)


①テストプレイを作動して、MZのdataフォルダの中にmvフォルダを自動生成。

MVアニメーション①.png
②MZのimgフォルダ内にMVの「animations」フォルダをコピペして追加。

MVアニメーション②.png
③導入プラグイン

MVアニメーション③.png


④プラグインパラメーター(ここをいじらないとだめ?)

MVアニメーション④.png


⑤MVのアニメーション「0055 斬闇_単体006_9」をMZで再生したいがコピーが出来ない(MVだから当然)

MVアニメーション⑤.png

⑥MZのアニメーションプロジェクトを開いて、MVのアニメーション「斬闇_単体006_9」を指定して戦闘画面で表示したいが良く分からず……

MVアニメーション⑥.png

回りくどい説明になって申し訳ない(´・ω・`)
「AnimationMv」で指定したアニメーションを再生する方法はどうすれば出来るのでしょうか?
 

ライト_a01

ユーザー
こんばんは!私も「AnimationMv」を使っているので回答いたします。

まず前提として、このプラグインを導入してもMZのデータベース上でMVアニメーションを確認することはできません。
スキル等にアニメーションを設定してテストプレイ等の実際のプレイ中にしか確認できません。
MZでの設定としては、空のアニメーションに識別用の名前をつけるだけです。

アニメーションの設定・確認はMVのエディタ上で行います。
そのため、MZのプロジェクトに対応するアニメーション編集専用のMVプロジェクトを作っておくのがオススメです。

「斬闇_単体006_9」の設定例を示してみます。

①MZのアニメーションの121番に「斬闇_単体006_9」と名前を付ける。(あくまで自分が分かればいいので必ずしも同じ名前でなくてもいいです。)
名前以外の部分は空のままにしておいてください。

②対応するMVプロジェクトを用意して、同じ番号121に「斬闇_単体006_9」をコピーする。

③プラグインパラメータの「MVプロジェクトの絶対パス」を正しく入力する。

これでOKなはずです。後はMZのテストプレイを起動してアニメーションを設定したスキル等を試してください。

プラグインパラメータの「アニメーションリスト・効果音リスト」は未使用素材削除機能を利用する場合に設定します。
これを設定しないと、デプロイメント後に素材が無くてアニメーションが再生できないエラーが出てしまうのを防ぐためです。
 
>①テストプレイを作動して、MZのdataフォルダの中にmvフォルダを自動生成。
についてですが、このフォルダの中に『MV』で作成した『Animation』ファイルを入れておく必要があります。

>②MZのimgフォルダ内にMVの「animations」フォルダをコピペして追加。
余談ですが、MVの『animations』ファイルは数が多いので、必要なものだけコピーすることをオススメします。
「斬闇_単体006_9」であれば、『Sword11』と『Death』のシートがあれば表示されます。

③導入プラグイン
問題ないと思います。

>④プラグインパラメーター(ここをいじらないとだめ?)
とりあえず、そのままで良いと思います。

>⑤MVのアニメーション「0055 斬闇_単体006_9」をMZで再生したいがコピーが出来ない(MVだから当然)
>⑥MZのアニメーションプロジェクトを開いて、MVのアニメーション「斬闇_単体006_9」を指定して戦闘画面で表示したいが良く分からず……

おそらく『MV』『Animation』『MZ』『Animation』に上書きしてしまったのだと思います。
これはMZの公式サイトがコンバートの方法について、未だに間違ったものを掲載しているためだと思います。


トリアコンタン様のプラグインの説明書の方が正しいです。


①の繰り返しになりますが、
『MZ』/『data』内に作成した『mv』フォルダ内に、
『MV』/『data』/『Animation』ファイルをコピーしてください。(『Animation』だけです)

※例1
 『MV』でツクったアニメーションのデータです。
 MZのアニメーションデータと重複しないよう、121番に格納します。
MV_.jpg

※例2
 『MZ』側のアニメーションデータです。
 『MV』のアニメーションデータと同じ番号に、同じ名前を自分で記入します。
 『MV』のアニメーション番号と連動するようになっています。
 このため、『MZ』で何かアニメーションデータを作成していた場合、そのデータが優先されてしまします。
 なので何も手を付けていない番号のものにする必要があります。
 名前を入れているのは分かりやすくするためです。名前を入れていなくても作動します。
MZ_.jpg

※例3
 上記の作業が終わりましたら、実際にスキルを作成しましょう。
 名前はアニメーションデータに合わせていますが、わかりやすくするためであって「そうしなければ動作しない」ということはありません。
 アクターにスキルを設定するのを、お忘れなく。

MZ_2.jpg

※例4
『敵グループ』より戦闘のテストプレイを行います。
MZ_3.jpg

※例5
 使えるはずです。
MZ_4.jpg

※補足
Ace、MV、MZのseファイルは名前が同じでも効果音が違っているものが、いくつか見られます。
Aceにはあるけど、MVには無いなどというものもあります。
seについてはMV』のアニメーションデータを制作する『audio』ファイルを、
『MZ』のものに入れ替えると以降のための編集作業がやりやすくなります。
 

Maker-VX

ユーザー
ライトさん、ワタベさんへ

分かりやすい説明ありがとうございます!おかげさまで再生したいアニメーションを無事再生することが出来ました!
ツクラーの方々の優しさに日々感謝しております(´;ω;`)

記事を解決済みにしたいと思います。本当にありがとうございました!!
 
トップ