【RPGツクールMZ】お役立ち情報・アニメ―ション/Effekseer編

ツクール開発部

モデレーター
スタッフ
モデレーター
RPGツクールMZをご利用くださり、ありがとうございます。
このスレッドではMZで一新したアニメーションエディタについて、ご利用の幅が広がる情報を発信して参ります。
 

ツクール開発部

モデレーター
スタッフ
モデレーター
■旧ツクール規格のアニメーションシートをMZアニメーション規格に変更する方法

【RPGツクールMZの作業】

1.MZプロジェクトの「Texture」フォルダを開きアニメーションシートを保存する
1-1.MZのメニュー→ゲーム→フォルダを開く
Animation_1.png
1-2.effects→Textureフォルダを開く
Animation_2.png
1-3.Textureフォルダに描画したいアニメーションシートを保存
※Textureフォルダ以外でも指定可能です
 保存時のエフェクトデータ(.efkefc)に対して、マテリアルで読込したデータの位置関係は同じである必要があります

【Effekseerの作業】
2.Effekseerでアニメーションシートをエフェクシア形式に変換する

2-1. Effekseerをダウンロードする
https://effekseer.github.io/jp/

2-2.解凍したフォルダからTool→Effekseer.exeを実行する
Tips:
2Dアニメーションの場合は「3D」→「2D」に変更することで、グリッドとアニメーションが比較しやすくなります
Animation_3.png
2-3.RootのNodeを選択
2-4.描画共通タブの「読込」ボタンを押下し、1で保存したファイルを選択
2-5.パラメーターを設定
ブレンド「加算」
UV「アニメーション」
大きさ「X:192」「Y:192」
横方向枚数「5」
縦方向枚数「4」
Animation_4.png
2-6.拡大タブの「拡大率」を設定する
例.「X:10」「Y:10」
Animation_5.png
2-7.共通→生存時間にフレーム数を設定
Animation_6.png
2-8.ファイル→名前をつけて保存

・半角英数字の名前をつける
・保存先はプロジェクトファイル\effects
・ファイル形式は.efkefc

Tips:
この後の作業で2-4で「読込」設定したマテリアルが描画されない場合は、マテリアルのパスに「../」や「://」が含まれていないかご確認ください。含まれている場合は「名前を保存」をすることで解消されます。

失敗する場合は、次の手順をお試しください。

①同じプロジェクト内のTextureフォルダにマテリアルを保存
②2-4の手順でTextureフォルダに含まれるマテリアルを選択
③「名前をつけて保存」

③の手順でも含まれている場合は、マテリアルで読込指定したファイルの位置を変更し、①②③を実行してください。
efkefcからの相対パスに../や://が含まれないように再配置して、読み込むと解消します。
Animation_7.png

3.RPGツクールMZのデータベース→アニメーションにてパーティクルエフェクトに2-9で保存したファイルを選択
効果音やフラッシュを設定する
Animation_8.png
 

ツクール開発部

モデレーター
スタッフ
モデレーター
■RPGツクールMZのエフェクトを改変する方法
1.Effekseerのメニュー→開く→effectsにて「xxx.efkefc」を開く
animation_10.png

2.右下にて該当のノードを選択して、編集作業を行う

・プレビューの再生/一時停止:スペースキー、または▷ボタン

[タブとRPGツクールMVのアニメーションに相当する項目]
・①共通:パーティクルの表示フレーム数(生存時間)を設定
・②位置:X/Y座標、動きに関する設定
・③回転:回転や角度に関する設定
・④拡大:拡大率に関する設定
・⑤描画共通:画像(テクスチャ、旧アニメーションのアニメーションシート)の設定
・⑥描画:色や描画の形式に関する設定

animation_11.png
比較)RPGツクールMVのアニメーションエディタ
animation_12.png
3.編集が完了したら、名前をつけて保存

・半角英数字の名前をつける
・保存先はプロジェクトファイル\effects
・ファイル形式は.efkefc

4. RPGツクールMZのデータベース→アニメーションにてパーティクルエフェクトに3で保存したファイルを選択
効果音やフラッシュを設定する
 

ツクール開発部

モデレーター
スタッフ
モデレーター
■RPGツクールMZのエフェクトとMVのアニメーションシートを併用する「AnimationMv.js」の使い方

【RPGツクールMVの作業】
・RPGツクールMZと被らないようにアニメーションIDを作成
 例.MZではID:1-120、MVではID:121~240を使用
・『効果音』『フラッシュ』はMV側で設定
animation_0827_3.png

【RPGツクールMZの作業】
1.AnimationMv.jsを[js\plugins]フォルダに格納
 mzを起動、プラグイン管理にてAnimationMv.jsを有効化
2.dataフォルダ配下に[mv]フォルダを作成
 MVのAnimation.jsonを作成した[data\mv]フォルダに配置
animation_0827_1.png
3.MVの[img\animations]フォルダをmzのフォルダ配下にコピー
animation_0827_2.png
4.MZ側のデータベースで『パーティクルエフェクト』『効果音』『フラッシュ』を全て空の状態で作成すると、MVのアニメーションを再生できます
animation_0827_4.png
 

Attachments

  • AnimationMv.zip
    1.5 KB · 閲覧: 25
最後に編集:
トップ