【RPGツクールMZ】バージョン1.1.0配信

ツクール開発部

モデレーター
スタッフ
モデレーター
RPGツクールMZバージョン1.1.0を配信いたしました。

■バージョンアップ方法

・Steam版
ネットワーク接続中に自動的にアップデートいたします

・ツクールストア版
1)ツクールストアにログイン
2)マイページからRPGツクールMZを購入したオーダNoを選択
3)「RPGMZ_Setup_JP.exe」をダウンロード
4)3のファイルを実行

■注意点
バージョンアップによりgeneratorフォルダの素材が上書き更新されます。
同名ファイルで追加・変更された素材につきましては事前にバックアップをお取りくださいませ。

■バージョン1.1.0の変更点
・ジェネレーターのFace画像を中央合わせに変更。キャラクタージェネレーター素材も上下左右の表示に対応

f:id:rpgtkool:20201029143332p:plain



・アニメーションに「下揃え」オプション追加

f:id:rpgtkool:20201029143354p:plain



・エディタから「RPGアツマール」への直接投稿機能を追加(日本語版のみ)※別途niconicoアカウントの設定が必要です

f:id:rpgtkool:20201029143411p:plain



・Aタイル(A1,A2,A3,A4,A5)に対して☆設定を可能に

f:id:rpgtkool:20201029143427p:plain


・エフェクト再生に失敗時、適切なエラーメッセージの出力機能を追加
・StorageManagerの非同期処理が一部正しくない不具合を修正
・tilesets/Outside_B.pngの大型窓AとCが同じであった不具合を修正
・サイドビューバトルでスキルID2の「防御」選択時、行動時のログと同時に別のモーションが一瞬入る不具合を修正
・画面の幅変更時にアクター、イベント、マップの表示位置がずれる不具合を修正
・データベースの基本ステータスHP、MP、TPの名称が2文字を越える場合、文字がゲージにかかる問題を改善
・ダメージを与える手段がない場合、特徴「自動戦闘」のアクターが行動しない不具合を修正
・デプロイメント画面の「ウェブブラウザ」表記を「ウェブブラウザ / Android / iOS」に変更
・「ウェブブラウザ / Android / iOS」でデプロイメントした際、「www」フォルダを生成せず、指定フォルダに出力するように変更
・キャラクタージェネレーターの眉パーツが肌色に対応しない不具合を修正
・デプロイメント時にatsumaru_id.txt、workshop.json、workshop.pngをコピーしないように改善
 ※atsumaru_id.txtは「RPGアツマールへアップロード」機能を使用したプロジェクトに生成
 ※workshop.json、workshop.pngは「ワークショップにアップロード」機能を使用したプロジェクトに生成
※プロジェクトを更新する際は、バックアップをお取りのうえ、「ゲーム」→「コアスクリプトの更新」をご活用ください。
・ロンチプラグインの更新
ExtraImage.js、AdjustPictureGraphical.js、DevToolsManage.js、ChangeEquipOnBattleMZ.js、BattleVoiceMZ.js、SubMembersAttendBattle.jsを更新
・ロンチプラグイン の追加
EffekseerForRPGMakerMZ_Ex.js

本アップデートが利用者様の利便性向上に繋がれば幸いです。
不具合ご報告をお寄せ下さった皆様に御礼申し上げます。
ロンチプラグインの作者様のご厚意に感謝いたします。
 
最後に編集:

温州みかん

ユーザー
ツクールMZから「ヘルプ」「バージョン情報…」で確認しようとしても、現在利用しているバージョンが最新のバージョンかどうかわからない、リリースの日付も存在しないうえ、どこから、どのように更新データを入手できるのかも不明です。
なので現状、公式からの、このうようなアナウンスは助かります。
バージョン情報.png

しかし、
Steam で購入すると手数料が引かれるので、メーカーとしてはツクールストアで購入してもらいたいはずです。
そういう業界の事情を知っているユーザーは、努めてストアで購入しています。
なぜ、このような逆の温度差を感じる対応になるのか。
もっとも、コアスクリプトに関する(場合によってはプロジェクトのバックアップを推奨するほどの)大きな更新なのに、新機能などの更新内容をユーザーに周知しない”自動更新”を標準採用するのは、配信者目線の安易な判断であると言えるでしょう。
いずれにしろ、不親切かつ不公平なセレクトであり、この私からのコメントの有無に寄らず、現状からの改善が要求されるべきです。

プレオーダーを購入した層は、ver1.00 の購入契約なので、バージョンアップは付加的なサービスである考えているなら、大きな誤りです。
法的にはそうでしょうが、全く逆です。
過去のツクールシリーズ、特にMVの変遷を間近で見てきた、体験したツクラーが多くを占めているでしょうし、シリーズ初購入の方も、レビューなどで、初動の不具合が存在し改善、バージョンアップや公式、非公式のプラグインその他の素材が充実するまで様子が見た方がいいというような意見を知ったうえ、そのうえで購入した、と言えるからです。

不完全なモノであっても構わない なぜなら、バージョンアップを信じているから

そういう信頼関係で成立しているプレオーダー、初期ロットの購入だからです。
貴社には私より優秀な社員がいるはずなので、ユーザーが能動的に情報収集しなければ見逃してしまう「更新情報」の改善案を提出できるでしょう。
公式フォーラムに載せたから、ツイッターでつぶやいたから、Steamでは自動更新だから、で流してよい現状ではありあません。
 

munokura

ユーザー
・ロンチプラグイン の追加
EffekseerForRPGMakerMZ_Ex.js

が抜けていると思うのですが、いかがでしょうか?
 

munokura

ユーザー
Stram版Windows用を使用しています。

C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\RPG Maker MZ
の中が自動アップデートでリセットされているように見受けられます。

generatorに個人的に追加した素材も削除されているようです。
この中にバックアップしておいたデータも削除されています。

どこかに自動的にバックアップされるような処理はされているのでしょうか?
 

ツクール開発部

モデレーター
スタッフ
モデレーター
製品をご愛顧くださり、ありがとうございます。
ロンチプラグインの追加について、ご指摘ありがとうございます。
修正いたします。

Steam版の場合、generatorフォルダはアップデートにより素材追加、修正などの理由で更新する可能性がございます。
お手数をおかけしますが、バックアップは「RPG Maker MZ」フォルダの中ではなく、外部にお願いいたします。

不具合に関するご報告は、情報を漏れなく確認するため、お問合せフォームをご活用頂けますよう、お願いいたします。

ご質問、ご要望に関して、この場でご返答できない場合がございます。
ご承知おきくださいませ。
 

munokura

ユーザー
以前、何度か「お問合せフォーム 」で報告などしているのですが、回答がない事が何度かあったので、使う気になれません。
 

ツクール開発部

モデレーター
スタッフ
モデレーター
大変失礼しました。
履歴を確認し、適切に対応をとるようにいたします。
v1.1.0以外の本件話題につきましては、本スレッドではなく、フォーラムメッセージ機能をご活用のうえ個別にお知らせくださいませ。
 

ツクール開発部

モデレーター
スタッフ
モデレーター
ツクールMZから「ヘルプ」「バージョン情報…」で確認しようとしても、現在利用しているバージョンが最新のバージョンかどうかわからない、リリースの日付も存在しないうえ、どこから、どのように更新データを入手できるのかも不明です。
なので現状、公式からの、このうようなアナウンスは助かります。
View attachment 9031

しかし、
Steam で購入すると手数料が引かれるので、メーカーとしてはツクールストアで購入してもらいたいはずです。
そういう業界の事情を知っているユーザーは、努めてストアで購入しています。
なぜ、このような逆の温度差を感じる対応になるのか。
もっとも、コアスクリプトに関する(場合によってはプロジェクトのバックアップを推奨するほどの)大きな更新なのに、新機能などの更新内容をユーザーに周知しない”自動更新”を標準採用するのは、配信者目線の安易な判断であると言えるでしょう。
いずれにしろ、不親切かつ不公平なセレクトであり、この私からのコメントの有無に寄らず、現状からの改善が要求されるべきです。

プレオーダーを購入した層は、ver1.00 の購入契約なので、バージョンアップは付加的なサービスである考えているなら、大きな誤りです。
法的にはそうでしょうが、全く逆です。
過去のツクールシリーズ、特にMVの変遷を間近で見てきた、体験したツクラーが多くを占めているでしょうし、シリーズ初購入の方も、レビューなどで、初動の不具合が存在し改善、バージョンアップや公式、非公式のプラグインその他の素材が充実するまで様子が見た方がいいというような意見を知ったうえ、そのうえで購入した、と言えるからです。

不完全なモノであっても構わない なぜなら、バージョンアップを信じているから

そういう信頼関係で成立しているプレオーダー、初期ロットの購入だからです。
貴社には私より優秀な社員がいるはずなので、ユーザーが能動的に情報収集しなければ見逃してしまう「更新情報」の改善案を提出できるでしょう。
公式フォーラムに載せたから、ツイッターでつぶやいたから、Steamでは自動更新だから、で流してよい現状ではありあません。
ご意見ありがとうございます。
申し上げ辛い事情を汲んでくださり、感謝とともに大変恐縮でございます。

Steamとツクールストア版にて情報差が生じないようにする方法、対応につきましては、改善課題として取り組みます。
今後も創作を支える使いやすいツールとしてご利用頂けるよう、製品、運営の両面で改善してまいります。
 
トップ