【RPGツクールMZ】バージョン1.3.2配信

ツクール開発部

モデレーター
スタッフ
モデレーター
RPGツクールMZバージョン1.3.2を配信いたしました。


■エディタのバージョンアップ方法

・Steam版
ネットワーク接続中に自動でアップデートいたします

・ツクールストア版
1)ツクールストアにログイン
2)マイページからRPGツクールMZを購入したオーダNoを選択
3)「RPGMZ_Setup_JP.exe」をダウンロード
4)3のファイルを実行


■プロジェクトのバージョンアップ方法

・メニューバー→ゲーム→コアスクリプトの更新を選択

f:id:rpgtkool:20201216125649p:plain




■注意点

エディタのバージョンアップによりgeneratorフォルダの素材が上書き更新されます。

同名ファイルで追加・変更された素材につきましては事前にバックアップをお取りくださいませ。
generatorフォルダ以外の修正素材につきましては、バージョンアップ後に新規プロジェクトを作成すると反映されております。

ファイルを直接入手する場合は、次の場所からアクセスしてください。

・Steam版

ライブラリで「RPGツクールMZ」を右クリック→ローカルファイルタブ→「ローカルファイルを閲覧」→newdataフォルダ

f:id:rpgtkool:20210304110622p:plain



・ダウンロード版
既定の場合次の場所
C:\Program Files\KADOKAWA\RPGMZ\newdata

【v1.3.1:追加/改善】

・メニューバーにレイヤー切り替え機能ボタンを追加
・プラグインヘルプに検索機能を追加
・Effekseerバージョンについてjs/libs/effekseer.min.jsとjs/libs/effekseer.wasmをエディタから読み込むように変更し、入れ替え可能に
・audio,img,plugins配下にサブフォルダを許可し、エディタから参照できるように
※pluginによってはサブフォルダに格納した場合、動作が変化する場合があります
・"文章の表示のポップアップヘルプにMZで追加された制御文字を追記
\px、\py、\fs \px:x座標、\py:y座標、\fs:フォントサイズ"
・システム2の画面の幅/高さを変更時、敵グループの敵キャラ座標位置を比率にあわせて自動調整可能に
・システム2にウィンドウ不透明度の設定値項目を追加
・イベントコマンド「スクリプト」の入力行、ウィンドウサイズを大きくし、スクロールバーを追加
・音楽素材、ファンタジーテーマのBGMを2曲追加(DLCフォルダFantasyResourcePackパック内)

視聴用URL:


グラフィック素材)兵士風の敵キャラ素材を3体追加(DLCフォルダFantasyResourcePackパック内)

【v1.3.1:修正】
・「職業の変更」のオプション「レベルの保存」を仕様にあわせて「経験値の保存」に変更
・(日本語の場合のみ)サービス名変更に伴い、「RPGアツマール」文言の使用箇所を「ゲームアツマール」に変更
・サンプルマップの呼び出しを「ロード」→「サンプルマップのロード」に名称を変更
・素材更新:
-タイルセット「泡」を透過素材に変更
-キャラクタージェネレーター「バリエーション」欄に表示される男性の口の16番目を分かりやすく強調
-公式プラグインの使い方のプラグイン名『UniqueDataLoading』の記載を『UniqueDataLoader』に修正
-オプションで設定した透明色が、データベースやイベントエディタの一部画像の背景に反映されない問題を修正
・一部のウィンドウにてウィンドウ右端を越えて、ウィンドウの背景色が描画される問題を修正

・Officialプラグイン「ExtraImage.js」、「ExtraWindow.js」、「PluginCommonBase.js」更新
・launchプラグイン「EffekseerForRPGMakerMZ_Ex.js」更新
・Steamアプリを起動していない状態で、game.rmmzprojectから起動できない問題を修正

【v1.3.2:追加/改善】
・同名のプラグインが別フォルダに存在した場合に重複登録の警告を表示するように
・サブフォルダ内でファイル名接頭辞"!""$"の判定機能が利用できない問題を修正
・「プラグインパラメータ」と「プラグインコマンド」は『プラグインのファイル名』をキーにして取得できるように修正


みなさまのフィードバックに御礼申し上げます。
 
アップデートお疲れ様です。
バージョン1.3.2 によるバグと思われる挙動を見つけたので、ご報告致します。

イベントコマンドの「プラグインコマンド」にて、
プラグインコマンドを持たないプラグインも「プラグインの選択」に表示されてしまうようです。

分かりやすくするため、
Project1 に入っているデフォルトのプラグインで解説します。

・プラグインコマンドがないプラグイン
  • AltMenuScreen
  • AltSaveScreen

・プラグインコマンドがあるプラグイン
  • ButtonPicture
  • TextPicture


プラグインコマンドがなくてもプラグインの選択一覧が表示されてしまう1.png

添付したキャプチャの 「AltMenuScreen」は、プラグインコマンドを持ちませんが、
「プラグインの選択」に表示されてしまいます。

そのまま選択を押すと下記キャプチャのように
「プラグインコマンド」が表示されますが、
プラグインコマンドがないため、「コマンド名」は、空白となってしまいます。

以前は、プラグインコマンドがあるプラグイン(今回の例では、Button Picture, Text Picture)のみが
表示されていた認識です。サブフォルダ上のプラグインも同様の現象となるようです。

お忙しいとは思いますが、ご確認宜しくお願いします。


プラグインコマンドがなくてもプラグインの選択一覧が表示されてしまう2.png
 
(スレッドが出てくれたので改めて)

◎エディタのメニューアイコンにマップレイヤーの項目が増えたが災いして、テストプレイのアイコンがウィンドウからはみ出してしまいました。
 当方、マップレイヤーのアイコンは要りませんし、他にも使っていないアイコンがいくつかあるので、各アイコンの可否を選べるオプションを求めます。

◎データの項目数が 100以上になったらプルダウンからリストに切り替わる機能ですが、100は多すぎます。20あればもうリスト、にして下さい。
 
トップ