【RPGツクールMZ】 バージョン1.2.0配信

ツクール開発部

モデレーター
スタッフ
モデレーター
RPGツクールMZバージョン1.2.0を配信いたしました。
M1チップ搭載のMac機種にて強制終了する不具合、MacOS:Big Surにて画面が表示されない不具合を解消しております。

■エディタのバージョンアップ方法

・Steam版
ネットワーク接続中に自動でアップデートいたします

・ツクールストア版
1)ツクールストアにログイン
2)マイページからRPGツクールMZを購入したオーダNoを選択
3)「RPGMZ_Setup_JP.exe」をダウンロード
4)3のファイルを実行

■プロジェクトのバージョンアップ方法

・メニューバー→ゲーム→コアスクリプトの更新を選択

f:id:rpgtkool:20201216125649p:plain


■注意点

エディタのバージョンアップによりgeneratorフォルダの素材が上書き更新されます。

同名ファイルで追加・変更された素材につきましては事前にバックアップをお取りくださいませ。
generatorフォルダ以外の修正素材につきましては、バージョンアップ後に新規プロジェクトを作成すると反映されております。

ファイルを直接入手する場合は、次の場所からアクセスしてください。

・Steam版

ライブラリで「RPGツクールMZ」を右クリック→ローカルファイルタブ→「ローカルファイルを閲覧」→newdataフォルダ

f:id:rpgtkool:20210304110622p:plain


・ダウンロード版
既定の場合次の場所
C:\Program Files\KADOKAWA\RPGMZ\newdata

■バージョン1.2.0の変更点

【改善】
・Effekseer 1.53bに対応。これによりパフォーマンスが向上(環境によっては2倍以上の処理速度アップ)


【修正】
・NW.jsをv0.51.0に更新。これにより、(1) M1チップ搭載のMac機種にて強制終了する不具合、(2) Big Surにて画面が表示されなくなる不具合を解消
・ヘルプ、サイドビューキャラ規格)画像2枚目の左下の文字を修正
・バトル中、4人目のアクターウィンドウの右端がぼやける不具合を修正
・可変幅フォントを用いた場合、メニュー、バトルの各ゲージがずれる問題を修正
・システム2でアイテムカテゴリーが1つだけの場合、メニューからアイテムを開いた直後の状態でカーソルターゲットの説明文が表示されない不具合を修正
・プロジェクト名に日本語が含まれるとき、RPGアツマールに投稿できない不具合を修正
・自律移動→カスタムの移動ルートにて、プレビューのマップが更新されない不具合を修正
・Windows版Firefoxにてアニメーション再生時にメモリリークが発生する不具合を修正
・@commandのあとに@descがないと、初回入力時にパラメーター設定できない不具合を修正
・プラグインコマンドでファイルを指定した場合、「未使用ファイルを除外する」で削除される不具合を修正
・全画面表示の状態からヘルプ>チュートリアルを選択した際、Macのホーム画面へ画面遷移する不具合を修正
・パラメータの制約条件が設定されていない場合に、直前に開いたパラメータの設定を引き継いでいる不具合を修正



不具合ご報告をお寄せ下さったみなさまに、御礼申し上げます。
今後も皆様が制作を楽しめるよう改善・メンテナンスを継続して参ります。

【2021/3/15追記】
「・プラグイン管理にて、パラメータの制約条件が設定されていない場合に、直前に開いたパラメータの設定を引き継いでいる不具合を修正」を追記しました。
記載が漏れており申し訳ございません。
 
最後に編集:

munokura

ユーザー
下記で報告されている問題(@type numberの挙動)も修正されていると思いますが、いかがでしょうか?

Effekseer 1.53b にアップいただけたのは良いのですが、ローンチプラグインがアップデートされていないようですね。
ライブラリと一緒にアップデートいただけると思っていたのですが、告知しておいたほうが良いかと思います。
 

munokura

ユーザー
Steam版RPGツクールMZをWindows10で使用しています。
それまで複数起動できたのですが、アップデートで出来なくなったようです。
こちらは仕様変更でしょうか?

とても不便です。
 

munokura

ユーザー
RPGツクールMVのv1.6アップデート時のようにバージョンダウンも出来ないようです。
Steamのベータアクセスコードを発行して、過去のバージョンを選べるようにしていただけないでしょうか?
 

ツクール開発部

モデレーター
スタッフ
モデレーター
以前より多数フィードバックをお寄せ下さり、誠にありがとうございます。
おかげさまでv1.2.0にそのいくつかを反映することができました。
ご質問頂きました点について確認いたします。
 

はなまる

ユーザー
うおおおおおおおお!!!(語彙力とは
M1 MAC対応ありがとうございますーーーーーー!!!(反応遅い
 

munokura

ユーザー

mo-to

ユーザー
1.2.0にアップデート後、DevToolsが起動するごとに縮小していく、
またゲーム本体終了後、NW.jsが高頻度でタスクに残る現象が起こりました。
海外のフォーラムでも同様の報告がされており、バージョンダウン後は正常に戻ったので
こちらの環境ではなくアップデートの影響かと思われます。

もっともこれはツクールというよりNW.jsのバージョンの問題かもしれませんが、
製品に組み込むなら十分に確認はしてもらいたいです。
 

mo-to

ユーザー
1.2.0にアップデート後、DevToolsが起動するごとに縮小していく、
またゲーム本体終了後、NW.jsが高頻度でタスクに残る現象が起こりました。
海外のフォーラムでも同様の報告がされており、バージョンダウン後は正常に戻ったので
こちらの環境ではなくアップデートの影響かと思われます。

もっともこれはツクールというよりNW.jsのバージョンの問題かもしれませんが、
製品に組み込むなら十分に確認はしてもらいたいです。

追記:タスクに残るというのは、DevToolsを起動させたときのみです。
通常のテストプレイやゲームプレイでは問題ありません。誤解があってはいけないので一応
 

fspace

ユーザー
バグ報告です。

iOS で サンプルレート 8000Hz 以上 22050Hz 未満の音声素材を再生しようとすると、
vorbisdecoder.js が
RangeError: Range consisting of offset and length are out of bounds
というエラーを吐き出して、ゲームが起動できなくなります。

concatenate() {
for (let i = 0; i < this.channels; i++) {
this.data = new Float32Array(this.totalSamples);
let offset = 0;
for (const array of this.arrays) {
this.data.set(array, offset); // <- ここで死ぬ
offset += array.length;
}
}
}

おそらく vorbisdecoder.js の以下の部分が原因と思われます。
if (this.sampleRate >= 8e3 && this.sampleRate < 22050) {
this.sampleScale = Math.ceil(22050 / this.sampleRate);
}

応急処置の方法を記事にしたので参考に。
 

ツクール開発部

モデレーター
スタッフ
モデレーター
追記:タスクに残るというのは、DevToolsを起動させたときのみです。
通常のテストプレイやゲームプレイでは問題ありません。誤解があってはいけないので一応
環境差なのか当方環境で再現しないため、再現手順について確認させてください。

1.テストプレイで起動
2.F12でDevToolsを起動
3.テストプレイのゲームウィンドウを×で閉じる
4.高頻度でタスクバーにNw.jsが残る

上記で正しいでしょうか。
 
追記:タスクに残るというのは、DevToolsを起動させたときのみです。
通常のテストプレイやゲームプレイでは問題ありません。誤解があってはいけないので一応
環境差なのか当方環境で再現しないため、再現手順について確認させてください。

@mo-to さんの環境はWindowsとMacどちらで、OSのバージョンはいくつでしょうか。
また、Steam版とツクールストア版のどちらでしょうか。

僕の方でも検証してみましたが、
「DevToolsが起動するごとに縮小していく」現象は再現できましたが、
「ゲーム本体終了後、NW.jsが高頻度でタスクに残る現象」は再現できませんでした。

当方の環境は、Windows 10 Home (バージョン: 20H2/OSビルド: 19042.867) で、ツクールストア版です。
もしWindowsの場合、Windows Updateしても同じく再現するでしょうか。

おそらくですが、
Windowsならタスクマネージャー・Macならアクティビティログの画面でタスクが残っていることが確認できるスクリーンショットや、
再現する画面の録画などをアップロードすれば、開発部も対応しやすいと思います。

また、海外フォーラムでの「ゲーム本体終了後、NW.jsが高頻度でタスクに残る現象」の報告もあるなら、
それも貼ったほうがいいかと。
 

munokura

ユーザー
  1. ダメージスプライトの更新が2度行われる不具合の修正
  2. [文章の表示]でウェイト中にもスキップが行える機能の追加と、スキップ中はウェイトをしない機能の追加
  3. 移動ルートの実行を可能な限り1フレーム以内に行うように修正
  4. [文章の表示]で文章の最後がウェイトだった場合、無視される不具合の修正
  5. 不要なフィルターを解放するように修正
  6. 特定の条件で[選択肢の表示]で[デフォルト:なし]に設定すると、選択肢の内容が正しく表示されない不具合の修正
未検証ですが、ツクール歴の長い方の指摘ですので、調査した方がよろしいかと思います。
 

munokura

ユーザー
v1.2.0を使用して、アプリケーションを閉じても、徐々にPCが重くなる現象がありました。
MVが重くて、動作に支障をきたすレベルになりました。
何度か起こったので、全てのPCからv1.1.1にしたところ、起こらなくなりました。

もしかしたら、mo-to氏の「NW.jsが高頻度でタスクに残る現象」が起こっていたのかもしれません。
(今はv1.2.0に戻す気がしないので、検証できませんが)
 
RPGツクールMZ(Ver 1.2.0) ですが、イベントの「文章」などを入力し、ダイアログを開いたとき
突然動作が固まって強制終了するので困っています。
(自分が作っているRPGが、マップ数が200以上ある大規模なものになっているのもあるのでしょうが)
再現条件が特定できないので「こうすれば必ず強制終了する」といえないのは
残念ですが、結構困っています。少し修正をするたびCtrl+Sでデータを保存して
対応していますが、なんとかならないでしょうか。
一応、自分の環境です。
・Windows10Home 64ビット
・Intel i7-9700 Core 3.00GHz
・メモリ16.0GB
・SSD220GB+HDD1.8TB
 

mo-to

ユーザー
環境差なのか当方環境で再現しないため、再現手順について確認させてください。

1.テストプレイで起動
2.F12でDevToolsを起動
3.テストプレイのゲームウィンドウを×で閉じる
4.高頻度でタスクバーにNw.jsが残る

上記で正しいでしょうか。
返信が遅れて申し訳ございません。
ツールの起動はF8ですが、その手順で間違いありません。

当方のほうでももう一度、アップデートをおこない検証してまいりましたが依然としてタスクには残る模様です。
スクショはわかりやすくするためにDevToolsManageプラグインを入れていますが新規状態でも発生します。

当環境
OS Windows 10(64 ビット)pro ビルド19401.867
CPU :Intel(R) Core(TM) i3-3220 CPU @ 3.30GHz
ビデオカード:NVIDIA GeForce GT 1030
メモリ:8146Mb
ツクールMZ:steam版

海外フォーラム~は「縮む」症状を指しており、タスクのことではございません。
他の方の返信を見るに、当方だけの問題の可能性も否めません。勝手な先入観で判断していた点は謝罪しておきます。
 

Attachments

  • 初回起動終了時.jpg
    初回起動終了時.jpg
    630.3 KB · 閲覧: 13
トップ