アニメーションのフレームレート調整プラグイン

ツキミ

ユーザー
アニメーションのフレームレート調整 v1.0.0
Tsukimi

説明
名の通り、アニメーションのフレームレートを調整するプラグインです。
ツクールMVではデフォルトで、
アニメーションフレームに フレーム(時間)かかります(一秒あたり15フレーム再生される)
このプラグインでアニメーション毎のフレームレートの設定ができ、アニメーションが滑らかになったります。

使い方


フレームレートを調整したいアニメーションの名前の頭に、
プラグインパラメータで設定された記号を付ける。

デフォルトの記号は:
frameRate-1:!
frameRate-2:&
frameRate-3:$
frameRate-5:#
frameRate-6:%
になります。

上の例では、詠唱系01はframeRate-3(一秒あたり20アニメフレーム)で再生されます。

ダウンロード
ここ、もしくはGitHubでダウンロード出来ます。
(ctrl+sで保存)

  • 製作者: ツキミ
  • 非商用利用: 自由/ 報告、クレジット不要
  • 商用利用: 自由/ 報告、クレジット不要
  • 再配布: OK(ただし自作宣言はNG)
  • 加工: OK
  • 加工後の再配布: OK
  • シリーズ: ツクールMV
 
>1アニメーションフレームに フレーム(時間)かかります(一秒あたり15フレーム再生される)

そうだったのか…、ツクール2000の戦闘アニメをMVに移植しようとしてうまくいかなかったのはこれが原因かな。
戦闘アニメ全体のフレームレートを変えずに済むこのプラグインなら問題が解決できそうです!thx!
 

ツキミ

ユーザー
>> ベルファーレ長田(゜∀゜)◆AHYA/lPiZg さん
お気にになって頂けたら幸いです、ありがとうございます!
自分はツクールストアで販売しているアニメーション素材集(60fps, 30fps)を使いたかったので
こういうプラグインを作ってみました。
(正直、プラグイン作らずに、エディタ内で調整できたら良いなと思ったりしますね…… 公式で実装してくれるのかしら)
 
これはなかなかいいプラグイン。
YEPは全部のフレーム速度に影響するからデフォのアニメーションが変になるから助かる。
(正直、プラグイン作らずに、エディタ内で調整できたら良いなと思ったりしますね…… 公式で実装してくれるのかしら)
2003ではデフォで吸収設定できたのにプラグイン必要なところもそうだよね・・・
いくつかプラグインで作られた要素をプラグインなしでエディタ内で調整できたらラクなのになぁ。
 

faximile

ユーザー
質問なのですが、こちらのプラグインで秒間8fまでfrを落としたい場合、
スクリプトのどの部分の記述を書き換えればよいか分る方はおられますか?
 

ツキミ

ユーザー
質問なのですが、こちらのプラグインで秒間8fまでfrを落としたい場合、
スクリプトのどの部分の記述を書き換えればよいか分る方はおられますか?
こんにちは!
以下の4つのところに赤字の部分を追加すれば
先頭に+でフレーム8にすることができます!(なお、プラグインのパラメータで他の記号にすることもできます)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

……
*
* @param framerate:6
* @desc animation plays 10 animation frame per sec with name start with this symbol
* @default %
*
* @param framerate:8
* @desc animation plays 10 animation frame per sec with name start with this symbol
* @default +

*
* @help

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

……
*
* @param framerate:6
* @desc 一秒あたり10フレーム再生したいアニメーションの接頭語
* @default %
*
* @param framerate:8
* @desc 一秒あたり10フレーム再生したいアニメーションの接頭語
* @default +

*
* @help

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

……
var FR5 = getParam("framerate:5").substr(0, 1);
var FR6 = getParam("framerate:6").substr(0, 1);
var FR8 = getParam("framerate:8").substr(0, 1);

var _Sprite_Animation_setupRate = Sprite_Animation.prototype.setupRate;

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

……
else if(initial === FR6) this._rate = 6;
else if(initial === FR8) this._rate = 8;
else _Sprite_Animation_setupRate.apply(this, arguments);
 

faximile

ユーザー
ご丁寧にありがとうございます!
自作素材だとフレーム数が嵩むと大変なので、助かりました。
 
トップ