エネミーのクラスの特徴はどんなもの?

タイトル通りです。
ウチではFGOに倣って大半のエネミーにクラスを適用しており、ちょいとトリッキーな表現を考案しています。
ウチのエネミークラスは
剣士(セイバー):射属性(アーチャー)に弱く、突属性(ランサー)に強い・能力が万能的
槍使い(ランサー):斬属性(セイバー)に弱く、射属性(アーチャー)に強い・速力高め
弓使い・飛び道具士(アーチャー):突属性(ランサー)に弱く斬属性(セイバー)に強い・器用(運)高め
魔法使い(キャスター):物理ダメージに弱い・魔法ダメージに強い、即死が効きづらい=ライダーに弱くアサシンに強い
暗殺者(アサシン):射属性と魔法ダメージに弱い・打属性が効きづらい、即死が効かない、系統特効効果150%に割引=キャスターに弱くライダーに強い
騎乗兵(ライダー):打属性と即死や状態異常に弱い・射属性が効きづらい、防御も行う、属性弱点効果150%に割引=アサシンに弱くキャスターに強い
狂戦士(バーサーカー):打属性とあらゆる攻撃にやや弱い・会心攻撃が脅威、自動回復を行う
などです。また、一部のエネミーには剣士(セイバー)と暗殺者(アサシン)など、二つのクラスをかけ持っている強いエネミーも考案したり、ちょいとトリッキーに考えています。
皆様の方ではいかがですか?
 
恐らく、スレ主氏が仰る“クラス”の敵キャラへの採用は、昔からRPGやツクールをやってる者には少ないと思います。
ウチもやってません。

“クラス”ではなく種族という括りなら、↓をご覧下さい。
 
そういえばウチ、特性でクラス構成してるんでした。
では、アリヒコットさんの忍者、騎士、魔法使い系エネミーはあくまで特性ですか?
 
我ながらエネミークラスの新しい相性が思いつきました。その多くはキャスターから派生したものだと考えます。
その名はセイバー、ランサー、アーチャーの物理系な三騎士から名を派生した魔法系の三術士であります。
マジシャン:魔属性が得意な魔術師。代表的な三術士。
ケミスト:科属性が得意な科学者。細菌、不定形がここに入る。物理的な三騎士に例えればアーチャー。
アコライト:符属性が得意な法術師。天使や聖人などがここに入る。四騎士に例えればライダー。
そのクラスの相性としては
マジシャン→ケミスト→アコライト→マジシャン…
(魔→科→符→魔…)

ウチのキャスターについては今後キャスターに適用されるものなどには賢者、巫女(シャーマン)、音楽家などが入るものになります。

昔から活動してるツクラーにはこれにあまり目を通すことはないかもですが念のため…。
 
最後に編集:
トップ