エネミーのネーミング

みなさまが敵のネーミングをどうしているか、または面白そうな名前を
紹介して共有すするスレです。

敵の名前は、スライムやゴブリンなどのメジャーなものや、ケツァルコアトルの
ように神話や伝説から何とか名前を調べるのがメジャーだと思いますが
それだとあっという間にネタが尽きていくでしょう。

私が気に入っている名前は
根性ネズミ:高確率で防御を行う敵
オチムーシャ:「落ち武者」を伸ばしただけです。
スノーピオン:雪国にいるサソリです
などです。
 

べるなに

ユーザー
俺が今まで考えた名前は一応こうですね……
自分の作品に出したかどうかなんて忘れたっすけど。

・ソーダー:ソード、を何故か現在進行形にしたいと思ってこんなのが出来た。名詞に現在進行形なんてないのに……
・ワザーイメ:強そうな技名を聞くと飛んで来る魔王。
 

水犬かき

ユーザー
敵の名前は、デフォルトの魔物の名前から拝借する以外は割とノリでテキトーにつけてますね。
(一応)シリアス寄りの作風なのに、お遊びで神殿に現れるスライムに「セントスライモ」とか名付けちゃいました。

それと、基本的に色違いで使いまわしてる敵が多いので種族ごとにいろいろ命名規則をつけてる感じです。
  • 上から糸で垂れ下がってる蜘蛛「ハングドマン」系は、「ハングド〇〇」
  • コカトリス系は、タイの鶏料理ガイヤーンにちなんで「ガイ〇〇」
  • ゾンビ系は「〇〇死体」「〇〇屍」、スケルトン系は「〇〇の果て」「〇〇の末路」
  • ゲイザー系は、目や視線に関するネーミング(「熱視線」「マティネックス」など)
という感じで。
 
有名な言葉やゲームの名前などをもじった、言葉遊びから派生した敵を結構作っています。
厳密に著作権等の話になると際どい敵も中にはいそうですが、自作品シリーズに定着するある意味名物キャラも多いです。

・オーメダマン/スペクテットン
 元ネタはドラクエⅣの「おおめだま」。それまで目玉系モンスターというと目のみの敵が多い中、どちらかというと
「目玉男」というイメージがあったので「大目玉+男を意味する『マン』」をかけて誕生。ドラクエⅣには同種で
「スペクテット」という敵もいたのでそちらは完全に勢い(悪ノリ?)です。

・ブブゼラベ
 元ネタは2010年、南アフリカワールドカップの時の応援で使われた楽器「ブブゼラ」から。
ブが2つ並ぶ+ゼが入っている、音色が聞きようによってはハエが飛んでいるようにも聞こえる、という観点から
蠅の邪神である「ベルゼブブ」をイメージし、「ベルゼブブ」を引っ繰り返して「ブブゼルベ」→「ブブゼラベ」となりました。
ホーネットのグラフィックで、混乱と激昂の状態異常を起こす上に素早さが高いという、自作品の名物イヤガラセキャラです。

・ランボルニーニ/ランボルネーネ
 元ネタはイタリアの自動車メーカー「ランボルギーニ」と、ゼルダの伝説シリーズの幽霊キャラ「ギーニ」。
そこにちょっとひねりを入れて「ランボルニーニ」にしたところ、そういえば大昔のゲーム「たけしの挑戦状」には
「にぃに」と一緒に「ねぇね」という敵キャラもいたなあ…ということで2体セットに。ゴースト系キャラです。

・アッシュ/ロスト
 元ネタはウィザードリィシリーズの状態異常「灰(英語でAsh)」と「消失(英語でLost)」から。
 アクションゲーム時代からのレギュラー敵キャラで、倒しても復活したり、再生能力の高いゾンビ系キャラクターです。

・エターナリア
 花系モンスター。ゲーム制作が頓挫するというツクラーが忌み嫌う用語「エターナる」から。
 攻撃力が1になったり、毎ターン最大HPの半分の継続ダメージを与えてきたり、全パラメーターダウンになったり、
 登場作品によって効果はまちまちですが厄介な特殊攻撃「エターナリアの花粉」を使用。
 作品によってはストーリーにも関わっています。

・サムエル
 元ネタは音楽バンド「Something else」から。「サムエル」と略されることもあり「〇〇エル」は天使の名前として
 よく使われることから堕天使のグラフィックを主に使用。ゲーム終盤のザコ敵か、中ボスとしての起用が多いです。
 
大体は、今までプレイしてきたゲームや参考文献を元に見た目で判断します。自分が利用する全エネミーはSVキャラが前提ですが、作成・改変できる範囲と検索した範囲しか利用してません・・・。
名称未設定-1.png
他のトピックでも述べましたが、快速ダイコン。
まぁ・・・SRPGを前提にしているので、移動力が高い=快速 というネーミングしている。派生種は色違い以外に・・・。

名称未設定2.png
最近、改変した一つである馬系の一つ、毛も白だと地味過ぎるので黄色系にして角もつけて、ユニコーンにした。似た様な奴でバイコーンも居る。
 
最後に編集:
虫型ロボット「バルドー」からエイプリルちゃんという味方個体のバルドーが現れたり、
カニの魔物「ガリガー」が突如プレイアブルキャラクターに抜擢されたりと、
かの有名なホイミスライムのホイミン先生みたいな出世も何度か起きているので、通常敵もおろそかにしてはいけません。

・基本型
まともな名前がいるからこそ、イカレたネーミングも映えるというもの。
それでも定着するものは定着する、ある意味大切な引き立て役なのかもしれません。
マンドラゴラ
叫ぶことで知られる、ねっこの姿をした植物系の定番。……のはずなのですが、過去に3Dシューティングツクールで「かぼちゃ大王2」を自機、「かぼちゃ大王1」をラスボスにした『MANDRAGORA』というゲームをツクったことがある影響か、こんな名前のくせにかぼちゃのおばけの姿で登場するという珍事が発生。
色違いは、ハロヴィーン、アルラウネ。さすがにアルラウネもかぼちゃ頭は悪ノリが過ぎるよ……

フレイム
まさに炎そのものといった感じのエネルギー体。色々とわかりやすいので、属性のチュートリアルにはもってこいの存在?
色違いは、サリバラス、シャドウ。残念ながらブリザードは技名で定着しているため魔物にはなりません。

・微調整型
基本型をちょっとだけひねった感じ。まだまだ基本の範囲内です。
ドロドロン
最弱のスライム枠で、どろどろしているからドロドロン。ツクール2、ツクール5と2つのサンプルゲームで『ドロドロ』という敵キャラが同じような扱いで登場していたのでそのへんのオマージュも含まれているのかも。
色違いは、ウーズン、びしょびしょ、はんだスライム、ジェリーハニー。ウーズンはスライムベスポジション。

マッシー
マッシュルーム、すなわちきのこ。胞子で眠らせたり凍らせたりしてきます。
色違いは、ないよりマッシー。あとから考えた下位種であり、マッシーよりは弱いようです。

・複合語型
言葉を組み合わせてそれらしくする、これも基本といえます。
ポテトバット
身体がおいもでできた、食べたらおいしそうなこうもり。
ツクールシリーズではないPSのゲーム、ダンジョンクリエイターの敵キャラの『形:1』が「ゴールデンバット」という黄金のこうもりであり、それをテクスチャーを変えずに使うために考えたのがこの名前だったようです。
色違いは、ドレイドバット、スカルバット、バーニンコーモリ。ドレイドはHP吸収の魔法。

トカゲナイト
左利きにこだわるアイツら、リザードマン枠。
とかげ戦士でもリザードナイトでもなく、トカゲナイトというほどよいダサさもポイントなのかも? ただし戦闘力は本物です。
色違いは、メタルリザード、リザーレマン、闘龍、ヤトノ兵。やっぱりダサいのは何体かいる?

・敬称型
ヨッシーシリーズの敵キャラみたいなノリ。シリアスモノには向かなさそうです。
毒ヘビくん
名は体をあらわすヘビの魔物。前述のマッシーが眠りなら、こちらは毒状態のチュートリアル。
色違いは、マムシくん、ウナギくん、バジリスくん、ザッハーくん。順当に進化してる……かな?

メッちゃん
名前だけ聞くとかわいらしく感じるかもしれないものの、その実態は『目』と『滅』をかけた剛腕のサイクロプス。
色違いは、ロッきゅん、ダラっぽん。別発音のキュクロプス、東洋のダイダラボッチといずれも巨人です。

・ご当地型
作品の舞台やテーマに沿った命名。
しかしあまり露骨でなければ、以降の無関係な作品にもしれっと出現することがあります。
コモレビスズメ
栃木県を題材にしたDS+作品「ストロベリーふろんてぃあ」で初登場。
元ネタは東照宮の眠りねこの近くを飛ぶスズメの彫刻で、本来は『鳥が飛んでいても気にせず眠る平和の象徴』とされていますが、それをあえて『ねこをうたたねさせる程度の能力を持つスズメ』と曲解することでこのネーミングを思いついたんだとか。
色違いは、ヤマカラス、ブレイドバード、チキング。ヤマカラスも栃木ネタで同期です。

ウービー
ゴブリン枠。元ネタは三国志演義で孫策さんにあっけなく倒された『于麋』さん。
ツクールGB2で三国志のRPGをツクっていたとき夷陵や建業城あたりに(なぜか)出現していたものの、あくまで本人ではなく改変された名前ということもあってか、呉をベースに改変したフェス作品「勇者ショコラのたびだち」で久しぶりに登場。
色違いは、オーセー。孫堅さんと戦ったとある武将が元ネタで、こちらは勇者ショコラが初登場です。

・古代種
いにしえのじゆうちょうなどで確認された意味不明なネーミングを引きずったイカレたヤツら。
現在ではこんな名前はとても思いつきません。
アクアゲドル
サイズも強さも得意技も作品ごとに不安定なクラゲの魔物。そして『ゲドル』が何を意味するのかが最大の不安定要素。
色違いは、ムーンデビル、コスモテンタクル、めいおうクラゲ。これだったら意味は通じる……よね?

バグソンドリヴス
今となっては由来を知るよしもない、なぞのネーミングの悪魔系。バルドーの言語で大悪魔を意味するという後付け設定が考えられたものの結局意味不明であることには変わりありません。
色違いは、ストドゥーム、シャドウバット、じごくの使い、魔獣キル。こっちはまともだね!
 
ネーミングセンスの致命的さでも露見させておきましょう。
すべてOMQ123からです。

・もうきんるい(猛禽類)
 しかし見た目は鶏。

・シシテシカバネ / OMQ1
 遥か古の戦士だとか。
 誰か拾ってあげてください。
・ヒロウモノナシ / OMQ2
 拾ってもらおうと頑張ったが
 拾われないまま20年経過。
・ヒロッテクレ / OMQ3
 あれからずっと拾われず
 いよいよオネガイするに至る。

・ケモいの
 案外人懐っこいらしく
 じゃれついてきているだけである。
・モフいの
 すごくもふもふしている。
 おなかを撫でるとよろこぶ。

・クラゲル
 ゲル質なクラゲ なのでクラゲル。
 なんとも安直なネーミング。

・ミノタ&ウロス
 牛野郎の兄弟。一線越えてそうなぐらいに仲が良いらしい。
 名前の元は言わずもがな。
 後の年代には敵ではないがアステ&リオスが居る。これまた言わずもがな。

・ゲスライム
 物凄く下衆野郎なスライム。
 これまた安直なネーミング。
・ドゲスライム
 ゲスライムの兄貴。
 全然下衆じゃない。
 中ボスの癖に全能力が1だったりする。

・グーゴルグール
 むやみやたらにHPがあったが
 「デノミ」されてしまったらしい。
 実際にHPが1グーゴルあったとしたら
 それは10,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000なのでひどいことになったでしょう。
 でもなんでデノミの結果がHP200なの。2グーゴルあったの?

・トリプルわんこ
 三つの頭にはそれぞれ
 ティンと ダロと スという名前がある。
・わんわんわんこ
 可愛らしい名前だがかなり凶暴な性格。

・ボネ
 BONEと書いてボネと読む。かなり無理がある。

・こうもりくん
・こうもりさま
・こうもりちゃん
・こうもりどの
・こうもりへいか
・こうもり皇帝陛下(※裏ダンジョンごと未登場に終わった)
 無駄に数が多いこうもり系。元ネタはMOTHERシリーズ。

・わすれたひと(忘れた人)
 焼かれた伝承。
 螺旋状のゼロ。
・眠り姫(※裏ダンジョンごと未登場に終わった)
 某ロックバンドの楽曲ネタシリーズ。
 後者はストレートに曲名になっていたのも消えた原因との噂が。

■追記の番外編:表には出してない作品
 表に出さないと決めきっていたので酷いののオンパレードです。
 こんなノリじゃいけないと、自戒の念を込めて公表。

・出荷拒否
 豚です。
 「(´・ω・`)出荷よ~」を拒否して暴れまわっているんだとか。

・水分、土、空気、炎
 各種エレメンタルです。名前が率直過ぎる。

・野良マフィア
 野生のマフィアが居るってなんなんでしょう。
 十字砲火とかでガチで射殺しにかかってくる怖いやつでした。

・HP10億
 名は体を表します。
 現在HPに対して50%のダメージを出す技があったのでネタで採用。

・ブルァイアン族
 レベル1:ブルァイアン
 レベル2:ブルァブルァイアン
 レベル3:ブルァルァルァイアン
 レベル4:ブルァァァー

 ツクール2000の「ブライアン」に
 風来のシレンの「ダギャン族」のネーミングをかけたもの。
 個人的にはうまくやれたと気に入ってるんですよ。ええ。

こんなところです。
現行作品ではかなりネタに困っています。
スライムを序盤の雑魚にしないとか、そういう縛りが、また。
 
最後に編集:
僕はいつも敵キャラの名づけ方に悩んでしまう派です。
VX Aceの時は、最初に登録してある名前をそのまま使うことが多かったです。

そこで思い出すのが、MOTHER2の敵のネーミング。「きままな兄さん」「恩知らずな犬」など、
名前の前に形容詞を付けることによって、特徴が出てきます。
これもそうですが、結構、形容詞を付けるだけで、インパクトがある名前になるので、
エミールの小さな冒険でも、「無謀なネズミ」「突進スパイダー」などとすることで、
かなり差別化が図られたな、と自分では思っています。
 
このネタに関しては、ウチは基本的にコンサバ(保守的)ですね。「ゴブリン」「キメラ」「グレーターデーモン」「てふてふ」等の昔から通用している名前が多いです。偶に「黒衣の堕天使」「ドラゴンシュガー」等の工夫したものはありますが。
寧ろデザイン(オリジナルグラフィック)で独自性を出す事が多いですね。「スライム」がプリンだったり、「ネクロマンサー」がロックンローラーだったり。
 

ヨルシ

ユーザー
子供の頃は、マリオで言うテレサみたいなオバケの敵を「オーバッケ」と安易に考えていました。
人間のエネミー、ライバル向けになりますが語ります。
ドラクエ5のイブールみたいになった名前で「イービル」を考えています。弱い者いじめの意味のいびると悪の意味のイービルの兼ね合いです。
ドラえもんのジャイアン的な名前では「グラント」を考えています。
トロイの木馬から策士向けの敵の名前では「トロイ」を考えています。
 
トップ