1. このサイトではcookie (クッキー) を使用しています。サイトの利用を継続した場合、cookieの使用に同意したものとみなさせていただきます。 詳しくはこちらをご覧ください。

キャラクターにやらせてみたいことを書いてみるスレ

べるなに2018-11-13に開始した「雑談」の中の討論

  1. べるなに

    べるなに ユーザー

    実際にこの場でやらせても構いません。
    ゲームでやりたくても時間とかがない時とかにこのスレッドをご利用ください。

    例:アルドにアイセルの作った特製激辛スープを飲ませたい

    アルド「え?本当に飲むの?」

    アイセル「ボクが作った愛のスープなんだからさ、遠慮せずに一滴も残さずに飲んでよね?」

    アルド「でも僕辛い物苦t」

    アイセル「なんか言った?」(ドンッ!)

    アルド「い、いただきま~す……」(ゴクゴク)

    アルド「超かっっっれえええええええええ!」(ボーン)

    みたいなのです。
     
    #1
    ネコタ がいいね!しました
  2. ネコタ

    ネコタ ユーザー

    愚か者の冒険者「賢者様。私は、大変な愚か者です。街の人々とは馴染めず、肉親とも喧嘩して家を飛び出すような形で冒険者となりました。かといって、あなた様のように人類の叡智を蓄えた素晴らしい御方にもなれず、かといって、武勇にもなれず。こうして、しがない人生をただただ送っております。私のような愚か者が、あなた様のような偉大な方になるためには、どうしたら良いでしょうか」

    賢者「他人を"愚か者"と蔑むものは、きっと愚か者であろう。自分を"愚か者"と卑下する者も愚か者であろう。しかし……」

    賢者「お主のような者が、最も賢者たる存在に近かろう」

    愚か者の冒険者「……どういうことでしょうか?」

    賢者「この意味がわかった時こそ、お主が賢者になった時よ。儂が伝えられるのは、ここまでじゃ。後は、お主自身で考えるがよい」


    賢者と愚か者の話
     
    #2

このページを共有