1. このサイトではcookie (クッキー) を使用しています。サイトの利用を継続した場合、cookieの使用に同意したものとみなさせていただきます。 詳しくはこちらをご覧ください。

キャラクター達のご両親

ufo_11222019-02-21に開始した「雑談」の中の討論

?

あなたの作品のメインキャラクターは

  1. 両親とも健在であることが多い

    6票
    26.1%
  2. どちらかが健在で有ることが多い

    3票
    13.0%
  3. 両親ともいない事が多い

    6票
    26.1%
  4. 一切登場しない、またはそもそも設定しないことが多い

    8票
    34.8%
  1. ufo_1122

    ufo_1122 ユーザー

    某所で「創作キャラの親が死亡or不在のケースが多い」点について話題に上がっていたので、
    その便乗という感じです。

    自分が今企画作成している作品では7人のパーティキャラが登場しますが、
    改めて考えてみるとそのうち両親が健在なのが作中で確認できるのはたった1人でした。
    殆どがどちらか、あるいは両方が故人または所在不明となっている、
    またはストーリー上で一切言及されないといった状況になっております。

    ・剣士(主人公)
    父親:かつて名の知れた剣士、現在行方不明
    母親:事件に巻き込まれ、主人公を庇って死亡
    ・魔道士(仲間1、ヒロイン)
    両親:健在。別の町の魔法研究所に所属。
    ・弓使い(仲間2)
    両親:一切言及なし
    その他:年の少し離れた妹がいる。
    ・召喚士(仲間3)
    両親:不明
    その他:村の薬師の元で育てられる。
    ・神官(仲間4)
    両親:不明
    育ての母:教会に務める神官、流行り病で病死
    育ての父:健在、教会の司祭。
    その他:教会に拾われた孤児のため実際の両親は不明。
    ・戦士(仲間5)
    両親:言及なし
    その他:弟がいるが、仲が悪く敵対関係。
    ・暗殺者(仲間6)
    父親:作中のイベントで死亡
    母親:故人

    「単にストーリーの都合」「キャラを動かしやすいから」「ファンタジーの舞台となる中世は平均寿命が短いから」等々いろいろ理由はあると思いますが、
    皆さんの作品ではパーティメンバーやライバル、悪役など重要人物の両親や家族はどのような形で出てきますか? もしくは出てこないですか?
    「自分の作品ではこうだ」や「うちの子の設定はこうだ!」など色んな話が聞ければと思います。
     
    #1
    リンクス, 猫二郎, ゆわか他5人がいいね!しています
  2. Renfred Stauchenberg

    Renfred Stauchenberg ユーザー

    キャラクターの設定はわりと練りますが、
    結構バラバラなので特に票は入れませんでした。

    2作品から、総勢26名抽出。
    (両方に登場する人物も居ますが、状況が変わっている場合があります)

    共に健在        : 6名
    片方健在・片方死亡か不明: 2名
    共に死亡か不明     :14名
    その他(存在しないなど): 3名

    結果的には双方死亡もしくは不明が多いようです。
    ゲーム的な理由よりは、キャラクターの生い立ちを考えていたら
    勝手にそうなっていたというケースが多いです。
    「両親が存在しない」という妙なケースもあったりします。

    【時代設定】
    外伝的作品
    凍結中の1作目の80年前に相当。

    【各人物設定】
    ・獣人の聖教国騎士(主人公その1)
     年齢:49歳(人で言えば16歳程) 性別:女
     父母ともに不明(孤児)

    ・獣人の聖教国戦士(主人公1パーティのメンバー)
     年齢:69歳(人で言えば23歳程) 性別:男
     父:他界(戦死)
     母:健在(ほぼモブキャラ)

    ・爬虫人類の人工生物(主人公1パーティのメンバー)
     年齢:2歳 性別:女
     父母:存在しない
     ※人工生物の為誕生に関わった人物は多い

    ・人間の魔導士(主人公1パーティのメンバー)
     年齢:18歳 性別:男
     父母ともに健在(雪国地方の富豪らしいがほぼモブ)

    ・竜族の神主(主人公1パーティのメンバー)
     年齢:587歳(人で言えば29歳程) 性別:雌
     父母ともに他界
     ※父母が兄妹であるなど家庭事情は複雑

    ・蛇型の魔物の祈祷師(主人公1パーティのメンバー)
     年齢:531歳(人で言えば26歳程) 性別:雌
     父母ともに不明(語られない)

    ・鳥人族の傭兵(主人公1パーティのメンバー)
     年齢:73歳(人で言えば24歳程) 性別:女
     父母ともに健在
     ※自身含め世界を渡り歩く傭兵の為所在は不明

    ・獣人の医者(主人公1パーティのメンバー)
     年齢:57歳(人で言えば19歳程) 性別:女
     父母ともに健在(ほぼモブ)
     ※後の年代の作品の主人公の母親となるが
      そのシナリオが始まる時点で死亡する

    ・爬虫人類の大賢者(主人公その2)
     年齢:不詳(自称人で言えば18歳) 性別:女
     父母ともに不明
     むしろ子供が何人か居るらしい

    ・爬虫人類の執事(主人公2パーティのメンバー)
     年齢:不詳(精神的には人間の20歳相当と見られる) 性別:女
     父母ともに不明

    ・魚人族の傭兵剣士(主人公2パーティのメンバー)
     年齢:135歳(人で言えば19歳程) 性別:女
     父母ともに健在(海底都市在住の為登場の機会すら少ないモブ)

    ・蛇型の魔物の戦士(主人公2パーティのメンバー)
     年齢:186歳(人で言えば9歳程) 性別:雌
     父:健在(竜族らしいが登場の予定なし)
     母:行方不明(自分自身、誰が母なのか知らない)

    ・風の精霊(主人公2パーティのメンバー)
     年齢:3002歳(人で言えば30歳程) 性別:なし
     父母:なし
     ※精霊は意志を持ったマナの集合体で自然発生するため

    ・引き篭もりの邪竜(主人公2パーティのメンバー)
     年齢:565歳(人で言えば28歳程) 性別:雌
     父母:不明(語られないが健在ではあるらしい)

    【時代設定】
    シナリオ的には1作目、制作順序的には恐らく2作目。
    UnToldの80年後に相当。

    【各人物設定】
    ・獣人の医者(主人公)
     年齢:54歳(人で言えば18歳程) 性別:女
     父母ともに他界(何者かによる殺人、公的には犯人不明)
     夫:↓のミュータント
     妹:最下部記載のストリートギャング(仲はあまり良くない)
     ※UnToldに登場している医者が母親にあたる

    ・ミュータントの傭兵(仲間)
     年齢:98歳(人で言う18歳で成長が止まったらしい) 性別:男
     父母ともに生死不明
     妻:↑の医者
     義妹:最下部記載のストリートギャング(わりと仲は良い)

    ・風の精霊(仲間)
     年齢:3082歳(人で言う30歳程) 性別:なし
     ※UnToldに登場する「風の精霊」と同一人物

    ・魚人族の占星術師(仲間)
     年齢:144歳(人で言う20歳程) 性別:女
     父母ともに健在(海底都市在住のモブ)

    ・邪竜族の少年(仲間)
     年齢:不明 性別:雄
     血縁関係について一切不明

    ・爬虫人類の傭兵(仲間)
     年齢:135歳(人で言う19歳程) 性別:女
     父母ともに所在不明(孤児・捨て子)
     妹が居る

    ・爬虫人類の執事(仲間)
     年齢:不明 性別:女
     父母共に不明
     ※UnToldに登場する「執事」と同一人物

    ・爬虫人類の大賢者(仲間)
     年齢:不明 性別:女
     父母共に不明
     ※UnToldに登場する「大賢者」と同一人物

    ・自称始祖竜の末裔(仲間)
     年齢:247歳(人で言う12歳程) 性別:両方
     父母ともに不明(捨てられたと自称する)

    ・魚人族の兵士(仲間)
     年齢:187歳(人で言う26歳程) 性別:男
     父母ともに健在(海底都市在住のモブ)

    ・正体不明の獣人(仲間?)
     年齢:不明 性別:女
     血縁関係について一切不明

    ・獣人のストリートギャング(仲間)
     年齢:51歳(人で言う17歳程) 性別:女
     父母ともに他界(何者かによる殺人、公的には犯人不明)
     姉:最上部記載の医者
     義兄:上から2番目に記載のミュータント
     
    #2
    ゆわか, ナマグサ, YouChalice他2人がいいね!しています
  3. 夢幻台

    夢幻台 ユーザー

    投票では4に投票しましたが、基本的には1と4を使い分けています。
    例外を除いては両親の死亡・不在は明言しない。ゲーム内に登場するか、登場はしないけど健在、というイメージです。

    ※現代モノ作品が多い関係でそんなに両親欠けている家庭が合ったら不自然でしょう…と思っていたのですが、
     今では小学校のクラスの3割以上が片親…なんて学校もあると聞いて驚愕。
     遠くないうちに「母子家庭に配慮が無い」とゲームにクレームが来る日がくるかもしれません(既に来ているかも!?)
     
    最後に編集: 2019-02-21
    #3
    ゆわか, ナマグサ, 沫那環他3人がいいね!しています
  4. べるなに

    べるなに ユーザー

    一応パッケージキャラとデフォルトキャラと合作に出してるキャラで書きます。見たくない人もいるだろうので非表示にっ!

    アルド 父親は行方不明。
    母親は父がいなくなる前に死亡

    ニナ 父親は健在、母親は死亡。

    アイセル 両親健在

    ディララ 捨て子なので不明

    チムグ 両親健在

    夜一 父が死亡、母が行方不明。

    ハヤテマル 父母共に死亡

    ハロルド 両親健在

    テレーゼ 母のみ死亡

    マーシャ 両親健在

    ルキウス 両親健在

    アレン 両親健在

    レオン 両親健在

    レイン 父母共に死亡

    シグムンド 父母共に行方不明

    ルパーヌ 父母共に死亡
     
    親居ないのが多いですが、親がいない故に性格が曲がったり、常識が少し欠けていたりと歪んだ者同士を組み合わせて常識になる、と言うのを考えたためにいないのが多いですね。
    後は行方不明になった父や母を探すために旅に出ている者もいたり、父母共に死亡しているから法を犯してでも生きていくキャラがいたりと……
    親と仲が良くて憧れだったからこそ失ったのが過去の重み、としてなるように描くようにしてますね。
     
    最後に編集: 2019-02-21
    #4
    ゆわか, ナマグサ, jun他4人がいいね!しています
  5. jun

    jun ユーザー

    両親不在(死亡率)の高さ……SNSの話題で見ましたv

    子供の頃(中学生とか)に考えた物語では特に何も考えずに死亡(不在)が多かったです。
    多分冒険するのに邪魔だったからだと……。

    高校生くらいから、背景が戦争というのが好きで、やはり死亡が多かったです。

    大人になって段々と健在が多くなりました。が、物語によっては死亡も少なくありません。
    ちなみに、現代物はほぼ健在です。特に死亡にする理由が無いからです。

    今、作っているゲームでは、物語のテーマに「父と子」というのがあって、片親パターンにしました。
    ファザコンである主人公(女)と、父嫌いなもう一人の主人公(男)、そして二人にとって父親的存在であるおじさん。その三人がメインです。
    おじさんの両親は亡くなっています。
    背景が戦争というのもあります。
    他、仲間キャラの両親は比較的健在が多いです。不明(素性が分からない系)の人もいます。

    自作品の場合、中世風の世界設定にはしないですが、戦争中であるとか医療技術等の面で平均寿命が短い設定の時もあります。
    今作っているゲームでは、戦争と風土病で主人公の暮らす国は短いです。他の医学が進歩している国なら中々長いです。
     
    #5
    ゆわか, ナマグサ, YouChalice他4人がいいね!しています
  6. 神無月サスケ

    神無月サスケ ユーザー

    両親が不在か、その存在が語られない作品の多さ、分かります。
    なにしろ、JRPGの主人公層で、一番多いのが、18歳前後。
    これは、世間にこびず、高校生くらいで自分のことは自分で出来る、
    JRPGのファンが一番好む年齢層だからです。

    で、実在する高校生とかって、親の干渉を極度に嫌いますよね。
    反抗期、つまり、ある程度大人になるにあたって、自立していく精神を
    養っていく年齢なんですね。
    だから、親の存在が邪魔になってしまう、って人は多く、
    ゲームでも、それを描きたがらない人は多いですね。

    例外としては、「父親が偉大なハンターだったから、そのあとを追って
    自分もハンターになるんだ!」みたいな、HUNTER×HUNTER的なケースでしょうが、
    通常は、この時期の青少年は、「両親と仲良くやっているとなんかばつが悪い」って
    気持ちがあるみたいですね。それが作風にも出ていて、
    親が滅多に出てこなかったり、そもそも登場しなかったり、
    さらには親が亡くなっていて孤児だ、って設定までいくのも納得いきます。

    やはりこれって、JRPGの主役級が、18歳をベースにしているところが、
    全ての原因じゃないかなって思います。
    ゲームの描き方から、現実の18歳前後の青少年たちの、親への微妙な思いが
    伝わってくるようで、大変興味深いと思います。
     
    #6
    ゆわか, ナマグサ, jun他4人がいいね!しています
  7. 白黒洋菓子店

    白黒洋菓子店 ユーザー

    執筆者:神凪洸

    いるいない設定すらないのどれもあるので、票はいれてません。
    ただ共通して、設定がある子は現代世界観で一度でも登場したことがある子だけですね。
    最初からファンタジーとかの世界観のみの子は、設定なしがほとんどです。

    また親の設定がある場合、やはり健在するか否かである程度、性格言動が変わっています。
    両親だけでなく家族構成や親の名前まであるのも、作中に登場する必要がある場合に限りその場で考える事が多く
    基本的には最初から決まってることはまずないです。

    主人公の年齢が十代が多いという背景として神無月さんの仰る通りな所はあると思いますが、
    個人的には
    「各自の親が出張ると話が進まなくなる、というかそもそも話に関係がない」
    「登場する予定がないのに考える必要性がない」
    という理由が一番大きいですね。
    さらっと普通の何気ない会話の中で親の話が出てくる場合は、個人的には登場したとみなしてます。
    そうしないと何気ない会話の中にだって入れられないのでね。



    極端な話をします。
    全ての創作子の親は、作者なので全員に親が存在します(ソウイウハナシジャナイ)
     
    #7
    ゆわか, ナマグサ, ufo_1122他5人がいいね!しています
  8. YouChalice

    YouChalice ユーザー

    一切登場しないに票を入れてしまいましたが、時と場合によるかなあと言うのが本心です。
    そのキャラクターがそこに存在するということは、親にあたる存在も居るはずなので
    設定上は居ることになっているのですが、話に直接的にかかわらない場合設定上だけの存在になることが多いです。
    そういうキャラは親元を離れているとかそういった設定になってます。基本的に20代以上のキャラクターが多いので…。
    もし、なんらかの形で親にフォーカスのあてた話を描く時にお呼びするといった形でしょうか。

    また、人外キャラクターの場合は親にあたる存在が普遍的な物では無いこともあります。
    博士に作られた人造人間みたいなキャラクターとか、何らかの力で人間同様の活動が可能になった動植物キャラクターとか…。

    皆さんの創作における親の概念、とても興味深く思います。
     
    #8
    リンクス, ゆわか, ナマグサ他4人がいいね!しています
  9. なぞのいきもの

    なぞのいきもの ユーザー

    3は悲しいので選びません。

    ()内は主人公キャラの判定です。

    ・竜人ライフシリーズ(1)
    前編ではお母さん含む町のみんなが動けなくなる事件が。先に原因を調べていたお父さんからキーアイテムをもらいます。
    後編では上述のお父さんも加入して、さらわれたお母さんを親子&親友の3人で助けに行きます。

    ・すうぃーとシリーズ(4)
    マリンちゃんたちの両親は名前と設定までできているのですが、出す機会がありませんでした。

    ・えれめんと*ぱーてぃー(4)
    仲間の王子のお父さん(王様)が登場するもお母さん(王妃)は言及されません。
    仲間に子持ちの光の精霊がおり、次女と三女もNPCとしてかなり活躍しますが、なぜか夫と長女が作中で言及されません。

    ・ストロベリーシリーズ(1)
    主人公兄妹の両親とも現役。故郷から魔物が流出しないよう防戦しており、加入こそないものの終盤に無事合流します。
    前編後編とも、メインヒロインがお父さんの存在に言及するも作中には登場しません。
    後編では仲間の占い師のお母さんがラスボスで、戦って正気に戻します。お父さんの設定はゲーム完成後に考えました。

    ・AB‡Wars(2)
    主人公はお母さんのみ登場、セレスタ姫はお父さん(王様)のみ登場。いずれももう片親は言及されません。
    エクシアちゃんとワイヴォンくんの姉弟は両親とも登場し、最初の村のお店を担当しています。

    ・スカイワールド・ミニ(1)
    自宅からはじまり、妹を連れて両親にあいさつしてから普通に出発。
    仲間の闇の精霊のお父さんも重要キャラとして登場します。お母さんの設定はまだ考えていません。

    ・勇者ショコラのたびだち(4)
    続編で主人公のお母さん(女王)が登場し、お父さんはもういないと語られる予定だったのですが、前編しか完成しませんでした。

    ・ぼうけんのほし(1)
    主人公が道具屋の息子(娘)だけに、両親が最初の町のお店を担当。加入こそないものの最後までしっかりサポートしてくれます。
    原作では言及されなかったのですが、リメイクにあたって両親の存在がむしろ必要だと感じたため追加されました。

    僅差で4より1が多く、言及されなくても存在はするだろうという結論に落ち着いたので、アンケートは1に入れておきました!
    ストロベリーシリーズの新作をツクることがあれば、若き日のお父さんを主人公にするか、家族4人の冒険を描いてみたいなぁ。
     
    #9
    ゆわか, ナマグサ, YouChalice他2人がいいね!しています
  10. seea

    seea ユーザー

    こんばんは。

    メインキャラクターは……
    毎日ごはんをくれる人が親になります。育ての親という概念のみ存在します。
    狭義の両親は育ての親とならない限りは一切登場せず、本人達も両親が居るのか居ないのか特に意識しないです。

    生みの親であろうと無かろうと、育ての親は自動的に生みの親とみなされます。
    異なる種族であっても、特に関係はないようです。

    ごはんをくれる人が二人以上のことが多いので、
    その二人を両親に当てはめることは十分可能ですから、
    両親とも健在であることが多いです。

    ちなみに、両親が入れ替わっても、本人の年齢が若ければ概ね大丈夫です。
    通常、生後3ヶ月から6ヶ月頃までを目安に、両親の変更を済ませることが多いです。
     
    #10
    ゆわか, ナマグサ, 神無月サスケ他2人がいいね!しています
  11. 沫那環

    沫那環 ユーザー

    キャラクターによって異なるので、投票はしませんでした。
    とはいえ、私が考えると、だいたい親がいないか、いても片親のキャラの方が多いです。
    そして、親は健在でも、彼らと何らかの確執などがあるキャラが大半です。
    あと、両親健在かつ彼らと仲がいいキャラは、親がいなかったり仲が悪かったりするキャラと比べて、自分が恵まれてることに、かえって引け目を感じてることが多いかも。
    あと、人造人間キャラだと、育ての親的な存在はいなくはないですが、厳密には「親」って雰囲気ではないですねー。
     
    #11
    ufo_1122, ゆわか, jun他2人がいいね!しています
  12. ナマグサ

    ナマグサ ユーザー

    いない設定が多い気がしますが、明確に「いない」とも説明してないので、正確に言うなら
    「いるかいないか分からない」って事が多い気がします。
    両親を出すことにゲーム的な理由があれば語りますが、語る必然性が無ければ語らない
    というのが自分のスタンスですね^^
     
    #12
    猫二郎, ufo_1122, ゆわか他4人がいいね!しています
  13. シトラス

    シトラス ユーザー

    親に限らず「身内」って物語的にキャラが強いですからね。
    「故郷の村を焼く」というのはよくある展開ですが「病気の妹を助ける」というのも
    作りやすさが高いと思います。

    バトルものの父親って、だいたい行方不明で正体を隠していたり
    主人公をサポートしつつ、名乗り出なかったりしますよね。
     
    #13
    猫二郎, ufo_1122, ゆわか他6人がいいね!しています
  14. ミルリトン

    ミルリトン ユーザー

    意外にいない設定が多いんだ~と思いながら、両親が共にいる設定にピコッした私です。

    というのも、現在作成してる作品は森の中にある小さいながらも平和な村の設定ですので、ここで両親は死んでいましただと話の整合性が取りづらいのと個人的には大人の視点からの意見をストーリー上に取り入れたかったのもあります。(主人公(女の子)は中~高校生ぐらいの年齢設定構想ですので)

    たとえば思春期の悩み、自分が好きと思えることに不安が生じたとき、主人公が幼い頃に経験、体験したことを大人がどういう気持ちで紡ぐかを取り入れたいなぁと気持ちでは思ってます。(未だにマップをコツコツ作ってるため、イベント作成はまだ未到達)

    もちろん、大人が知る中には大人の事情や年頃の子を狙った悪い輩などの誘惑や強引に…的な話なども出てきて、自身達で解決できる部分とどうしても大人の力が必要な部分とかの書き出しもしたいとか構想ばかりは膨らむのですが、実行に進める速度がありません。(こら)

    いろいろとかきかきしてしまいましたが、子供の視点・子供から大人に育つ視点・大人の視点を上手く考えて伝えたいということで、私は両親は共にいる設定にしています。
     
    #14
    沫那環, ufo_1122, 神無月サスケ他4人がいいね!しています
  15. まるたん

    まるたん ユーザー

    4に投票しましたが3の傾向がありますね(´・ω・`)
    とは言え毎回両親がいないってのもくどいので、触れる必要がなければスルーしておくのが一番と考えました((´゚∀゚`))
    もちろんいても困るわけではないですが、さすがに魔物なんかと死闘を演じてるにもかかわらず
    両親の事を思わないってのも不自然かなと思いまして(´・ω・`)

    もちろん性格の冷めてる主人公なら違和感はないですが、比較的人情よりの主人公である事が多いので
    物語にそれを思い返したりするシーンをいれないなら、その必要がない境遇であるのが自然かな?と思いました(/)・ω・(ヾ)


    全部の作品ではないですが、親が特殊な存在であるという設定は入れない方なので、親の存在はすでにいないか
    触れないなどに止めていますね((´゚∀゚`))
     
    #15
    猫二郎, jun, ゆわか他4人がいいね!しています

このページを共有