ゲームのアイデア、どんな時に出る?

 これは自分に限った話ではないと思いますが、自分は限られた時間の方がいいアイデアが出やすい気がします。
逆に休日などで1日中アイデアを出すチャンスの(家でのんびりしていられる)ときはダラダラとしてしまって
意外とアイデアが出なかったりします。

 そんなこんなで「自分の、一番アイデアが出やすい時」に関して話題を出していただければと思います。
 
 まず自分の場合ですが「通勤途中の電車」が一番多いです。
 時間はかなり短いのですが、座って考えを巡らせていると案外いいアイデアが出たりします。
 出勤時>退勤時の傾向なのはやはり疲れの有無にも左右されるからでしょうか。

 思いついたアイデアは早めにツクールに入れ込みます。勢い重要。
 その勢いで入れている間にそのアイデアに関連した新しいネタが思いつくこともあります。
 アイデアを思いつく中で2番目に多いのは「別のアイデアを形にしている時」だったりします。

 電車の中で思いついたAというネタを形にしている間に、Bのネタが浮かび、そのBを形にしている間にCが浮かぶ…。
 という連鎖モードに入ったらしめたものです。ハマれば長めのイベントもビックリするくらい早く出来上がります。
 
ダラダラしている時間では思い付きづらく、締め切りや期限がある方が思いつきやすいという事については同感です。

ただ、ホルモンのバランスや体内リズム、習慣といった要素を元にした研究で、創造的な作業をするのに最適な時間というのが判明しているそうです。
創造的なアイデアは、起きた直後の方が得られやすく、起きた直後だと前頭前皮質の活動が最も活発になる時間帯で、分析的な作業に使われる脳の部分の活動は、一日の後半になるにつれて、活発になる事が研究で判明しています。

その研究に基づいて、自分はアイデアを考えるのは午前中で、午後は午前中に思い付いたアイデアを纏めたり、編集しています。
 
最後に編集:

jun

ユーザー
入浴時が多いです。突然思いついて風呂から出たらメモする、って感じです。

仕事(今は家事)中、通勤・通学中ってのもありますね。

「創作するぞ!」みたいな時は、思いつきづらいので地道に作業をした方が無難な気がします。
 
私は夢幻台さんと似ていて、通勤中、仕事中のときがヒラメキがよく降ってきます。
ほか散歩、入浴中とおっしゃる方もおられるあたり、血流が増加するアクションが大事なのだろうかと皆さんの感想から感じます。

あと原作つき作品(青鬼サダカヤ編など)を手がけた経験からだと、キャラクターのエピソードを把握した量に比例して降ってくるネタが増えるので、面倒でも時間の許す限り関連作品は最大限目を通すことを心がけています。
「(原作チェックは)もう十分じゃないかな……」という気持ちと戦うのが割としんどいですが、それに勝てたときは思わぬネタを仕入れることができるケースが多いです。

さて、私は電車の通勤時間が長いので、ほぼツクール専用機としてGPDシリーズなどの超小型PCの導入を検討しているところです。
本命はスマホ版エディタですが、それまでの繋ぎに。
 
自分は、電車の座席に座っていたり入浴中のときに、"ひらめき"が降ってくることはあまり無いタイプですね。
あったとしても、かなり断片的な物語のシーンだったりで、シナリオに組み込むにはもっとこねくり回す必要があったりします。

一番アイデア(シナリオ)が出てくるのは、"やるぞ!"とPCに向き合っているときです。
ぼんやりしててもアイデアが浮かぶ人が羨ましい…。
 
うちの場合は、だいたいなんかの連想ゲーム(?)でネタを捻りだすことが多いですね。
連想ゲームというか半分は洒落ですけど。

ついこないだのマーシャエリン作品のストーリーは、何かが落ちてくる災害系の映画を何個か見たので、うちも何か災害系をやろうと思って、大洪水→ノアの方舟っていう流れで作りました。

この時は机に向かってたのですが、それ以外のだいたいは台所かトイレで連想ゲームしてる事が多いですね。
 

ツミオ

ユーザー
昼でも夜でもいいのですが、ウトウトし始めたときに閃くことが多いです。
ネタを忘れないように枕元にメモ帳を置いています。
ただ眠るの優先してメモしない横着の結果、起きてから忘れてしまっていることも多いですが……。

あとは風呂場でも閃くことが多いです。
思いついたらすぐメモしておきたいので、耐水性の紙を風呂場に常備させています。
 

沫那環

ユーザー
入浴中とか、手持ちの音楽コレクションをぼーっと聞いていたり、徹夜明けや睡眠不足状態、お酒でほろ酔い、お茶やコーヒーを飲んでぼーっとしていたり……。
そういった、あまり左脳が回転していない時に「ふわーん」とストーリーの種が降ってくることが多いかも。
あと、素材集をながめての連想ゲームもやります。
仕事中にも多少ゲームについて考えますが、ストーリーよりはシステム面のことについて考えることが多いかも。
 
 皆さん書き込みありがとうございます。見事に思いつくタイミングが人それぞれですが、それもまた面白さだと思います。
 アイデアを早急に出したい時には参考にしたいものをいくつか…。

 引き続き募集中ですので、ドンドン書き込んでいただければと思います。
 
執筆者:神凪洸

アイデアが出る、という意味では何か新しい体験をした時ですかね。
もっとも簡単な方法が、やったことない見たことない作品に触れることでしょうか。
序盤やって、このシステムええやん!このスキル実装できそう!この話の展開の仕方ええな!
となり創作意欲がムクムクして、気づけば実装してみたりメモしてみたり。
そうして、未クリアゲーが増えていく。
このフォーラムでみなさんの意見を読んだ時なんかも、なるほどなーと思って思いつくものも結構あります。
中々、こういう制作雑談することなんてありませんから、助かります。

あと、これはものすごく稀ですがを見た時です。
稀に夢でこれは!!っていうものを見てそれを実装します。
そういうものに限って、鮮明に記憶に残ってるので自分の脳みそに感謝です。
実際、夢でみたものほぼそのままを実装した事が何度かあります。
 
旅系の番組や動画からネタ拾いを試みるのもオツかもしれません。
旅≒冒険ともとれるのでRPGとの相性は良さげです。ゲームのイベントとしてはありそうであまり採用されてないネタを狙うのに向いているかも。

サンプルゲーム「エミールの冒険」にお遍路をモチーフにしたイベント群がありますが、発案は私で、あるときNHKの「小さな旅」でお遍路を取り上げていたのを見てサスケさんに持ちかけ、かつ快く乗って下さって(多謝)イベントに落とし込まれたものです。
ちなみにメインの石碑群にある名前はムンホイのメンバーの名前をもじったもので、0番石碑はそのラスボス名をもじったものです。

ほか、子供が主人公のゲームなので、ダンジョンのギミックで仲間たちが遊んでいるとみて、その様子も打ち込ませて頂いてます。:kaoblush:
 
僕は散歩しますね。
歩いていると、アイディアが出やすいんです。
ゆえに、いつもメモ帳は肌身離さず持っています。
アイディアは書き留めておかないと忘れる物ですから。

他には既出ですが、シャワーを浴びている時や、
電車に乗っている時なども、身体にいつもと違う感覚があるため、
アイディアが出やすいんだと思います。

他にも、トイレの中で思いつくことも多いです。
別のことを一瞬頭から出す時なので、
そういう状態の時にひらめきが来ることがあります。

なお、個人的なことかもしれませんが、
逆に一番あてにならないのが、寝る時に思いつくアイディアです。
起きてすぐのアイディアもあてになりません。

というのも、寝る前や起きてすぐは、頭の中が整理されておらず、
いろんな思いや記憶が去来するため、
起きた時に「名案だ!」と思って枕もとのメモに書いておいても、
後から読み返すと、支離滅裂な内容のことが多いです。
 
>白黒洋菓子店さん
>もっとも簡単な方法が、やったことない見たことない作品に触れることでしょうか。
 長くツクラーをしていて、とても大事な要素だと思います。どうしても作る優先でプレイする機会は減っているのですが、
 いろいろな作品から刺激やアイデアをもらう、さらには制作のパワーをもらうというのはありそうです。

>ふうきゅうさん
>旅系の番組や動画からネタ拾いを試みるのもオツかもしれません。
 自分の場合は好きだから、というのもありますがちょっと旅っぽい(?)バラエティ番組がヒントになりそうです。
 「充電させてもらえませんか?」「ポツンと一軒家」「モヤモヤさまぁ~ず2」あたりは楽しませてもらいつつ、
 これネタとして使えるかも、的な要素もあった…ような気がします。ポツンと一軒家あたり、ほとんど秘境ですよね。

>サスケさん
>逆に一番あてにならないのが、寝る時に思いつくアイディアです。
 とあるゲームクリエイターは「夜現象」と呼んでいるものもあるそうです。夜になると色々な意味でタガが外れて、
 そのアイデアを勢いで入れて朝起きてみて「何これ!?」となるらしいです。その勢いそのままにネタとして採用する
 ケースもあるみたいですが…。

 まだまだ募集しております。
 
トップ