ジョブ考:忍者篇

https://forum.tkool.jp/index.php?threads/ジョブ「盗賊」のキャラ付け.804/
https://forum.tkool.jp/index.php?threads/レンジャーってなに?.1382/
https://forum.tkool.jp/index.php?threads/魔法戦士について.1383/
またまた、この辺りに便乗します。

実在したものを扱っていてさえ、夢とロマンに満ちている“忍者”。(白土三平の漫画など)
ましてファンタジーRPGともなれば、その扱いは百花繚乱です。
お宅の<忍者>は、どんな能力や特性を持っていますか?

ウチではクラスチェンジがある作品で、盗賊からスキルアップするものの1つの選択肢として出てくる場合が多いですね。
盗賊の探索スキルに加えて、打撃の威力が上がり、炎や毒の攻撃魔法も覚えて、戦闘力が付く感じです。一種の魔法戦士ですね。
(因みにもう1つの選択肢『怪盗』は探索スキルを極めて戦闘力はゼロ)

版権では、こんなのがありましたね。
FF1:シーフからスキルアップ。1発は弱いが攻撃回数が多い戦士を引き継いだ上で、黒魔法も覚える
FF3:戦士系の最強ジョブ。聖剣も暗黒剣も使え、攻撃力最強だが使い捨ての『手裏剣』も使える
FF4:二刀流の軽装戦士+独自の攻撃魔法『忍術』
聖剣伝説3:シーフからスキルアップ。1発は弱いが攻撃回数が多い戦士を引き継ぎ、デバフ付き攻撃魔法ともいえる忍術を使う
ウィザードリィ:戦士+盗賊。盗賊からの罠外し技能と、独自の一撃必殺打撃を使える
 
最後に編集:
話題に上がったFF3(実質戦士系最強ジョブ)、ウィザードリィシリーズ(なるのが最も難しい)の影響からか「強い」
イメージがあります。なので忍者属性は基本的に設定上強いとされているキャラクターに付けています。

実際の忍者としては戦闘よりも、諜報活動や暗殺・偵察といった情報集めや暗躍のイメージがあるのですが、
とかくゲームに出て来る忍者は戦闘のプロ、双刃や忍術、素早い動きなどを駆使して他を圧倒する強さが際立っている気がします。
さらに細かく言うと両手に武器を持てる二刀流(または2回攻撃)が出来るキャラが多い気がします。
 

べるなに

ユーザー
盗賊は素早さを活かした盗みなどのスキルで相手のアイテムゲッツ!とかやるような感じで、攻撃力と素早さの高さが売りでアタッカーになるようなタイプ………

その一方で忍者は多数の属性攻撃(物理)、回復、ここぞと言う時の必殺技………
と、盗賊のようにアイテム集めやデバフ攻撃が使えなくても純粋な火力で盗賊を上回る………と言う存在と認識しています。
 
職業が忍者、又は忍者がモチーフにされた版権ゲーム、フリーゲーム問わず、能力や特性は多種多様。武器次第でとんでもない火力を叩き出したり、盗賊に近いスキルを持ったりする事があるけど、共通して敏捷性が高く、紙装甲。

実際の忍者の遁術には五遁三十法と呼ばれており、用途毎に使い分けています。
http://feynmanino.watson.jp/2466_ninja.html
又、九字法というルーティン?を行う事があります。
http://www.igaportal.co.jp/ninja/?p=17

自分の制作しているゲームには頑張って九字法をモチーフにスキルを取り入れています。
 

ufo_1122

ユーザー
「暗殺者」的なイメージが強く「即死技や属性技を覚える、盗賊よりも戦闘向きの職業」というところでしょうか。
忍者ものにつきものの修行や訓練だったり、FFのイメージもあってか「盗賊の上級職」とされることもありますね。

忍術が魔法や特技ではなく、手裏剣や煙玉など専用アイテムの使用として再現されるケースもあります。(それゆえMMOなんかでは金食い虫な側面もあったりしますが)
味方に「侍」や「巫女」「陰陽師」などがいなければ、それらの一部要素を受け継いで剣術や妖術を使うのも時折見かけます。


自身の現在企画作成中の作品では「忍者」という職業はありませんが仲間の一人に刀を得意武器とする暗殺者がおり、
回避率を上げる技や即死技、ターゲット率が低いほどダメージが上がる技などを習得します。


リアルな忍を持ち出すと暗殺者というよりはスパイや密偵としての側面が強いのですがゲームに落とし込むなら多少の脚色は仕方ないかなとは思ってます。
「火遁・火属性の忍術。戦闘から逃げ出す」「水遁・水属性の忍術。戦闘から逃げ出す」「土遁・土属性の忍術。戦闘から逃げ出す」……と並んでいてもゲーム的には面白くないですし。(隠密重視など、ゲーム性にまで落とし込めればその限りではありませんが)
 
最後に編集:
忍者とは即ち、和風地方に特有の密偵です。
ただし独自世界観では「シノビ」表記ですが。
つまり潜入、情報収集が主な任務であるため直接戦闘は不得手です。

装備・魔法・技能適正を定義するなら以下の通り。
二刀流等というものはありません。
軽装ですね。
こんななので肉弾戦なんかやったらすぐ死にます。

武器:短剣か短刀
腕 :腕輪か籠手
胴体:術装
魔法:本人の資質による。
技能:潜入、隠密特化。戦闘スキルはほぼ無し。
 
僕も忍者と言えばWizardryの影響を一番強く受けています。
すなわち、以下のようなものです。
・盗賊の上級職
・一撃で首をはねる文字通り「必殺」技
・装備をしない(=身軽)状態で、レベルアップするごとに守りが堅くなる

FF3の忍者は、FC版では、戦士系の最強職に位置付けられていましたが、
DS版では各職業ごとの優劣が調整され「なげる(主に手裏剣)」が使える、
少し強いくらいの戦士系職業になっていましたね。
やはり「忍者=手裏剣」ははずせないイメージでしょうか。

FF4の忍者エッジは二刀流で忍術が使えましたが、どちらかといえば、
「ぬすむ」要員だった気がします。実際、攻撃力も忍術も、中途半端でした。

そもそも忍者ってもじどおり「しのび」であって、敵を攻撃するよりも、
敵から隠れたり、撒いたりするのが忍術の基本ですから、
忍術で攻撃、ってのも、ちょっとコンセプトと違うのかな……と思っていました。
 

開拓者

ユーザー
RPGではなくなりますが、身近にある物をフル活用して逃げるゲームも面白いかもしれませんね。
脱出ゲームリアルタイム版になりそうだけど……

敵の本拠地から脱出するRPG、リソースを回復できるけどやりくりしないと厳しいRPG
忍者が主人公というのも面白いような感じがしました、うーん、作れるようになりたい。
 
最後に編集:
トップ