1. このサイトではcookie (クッキー) を使用しています。サイトの利用を継続した場合、cookieの使用に同意したものとみなさせていただきます。 詳しくはこちらをご覧ください。

スキルの取得法

シトラス2018-02-08に開始した「ゲーム制作」の中の討論

  1. シトラス

    シトラス ユーザー

    RPGにおいて、キャラクターがスキルを取得する方法はレベルアップが有名ですが
    実はメジャーなRPGであるFFにおいてレベルアップで魔法を取得するのは4と6(ティナとセリス)くらいで
    他のシリーズでは魔法屋で買ったり、個数制だったりします。

    一方ドラクエでも、8のスキルシステムからレベルによる取得ではなくなったような気がしますが
    6において有用な技能はほとんど職業レベルによって取得するなどこの頃から
    「レベルによる技能の取得」からは決別していたのかもしれません。

    個人的には、レベルアップによるスキル取得のメリットは「手間とお金がかからない」事だと思います。
    つまり、いちいちスキルツリーメニューを開いてポイントを割り振ったり、お金が足りないので魔法屋で
    本が買えなかったりといった事態が起こらないということです。

    皆さんは、どういうスキル取得手段を取り入れたことがありますか?
    また、面白いスキル取得システムがあったら教えてください。

    ちなみに自分は、短編を作るので必要なスキルを最初から全て覚えていることも多いです。
     
    #1
    ワタベ神無月サスケ がいいね!しています
  2. 猫二郎

    猫二郎 ユーザー

    今まで、ツクール製で遊んだ中でこういった類のスキルがありました。
    ・一定確率で戦闘中でスキルを覚える
    ・装備品でスキルが使えるようになる。もちろん、その装備を外すとスキルを外すと使えなくなる。
    ・装備品でスキルが使えるようになる。そのスキルの取得経験値が満たしていた場合、その装備品を外しても使用可能になる。
    ・戦闘前にスキル同士を組み合わせて、別のスキルの取得。
    ・スキルツリーシステムで選択しだいで別のスキルに変化。
    ・スキルを盗んで、覚える。
    ・特定条件化(ステートや合体攻撃、ボタンを押す)で別のスキルに変化もしくは覚える。

    今のところ、スキル取得に関してはどれがいいか色々模索している段階です。果たして、レベルアップだけでいいのか・・と思いたくなる時がありますから。

    ただ、戦闘中で覚えるタイプだと、フロントビュー向けとサイドビュー向けで考えなければならないと思う。サイドビューはあくまでSVキャラを目立つ様に、フロントビューは戦闘メニュー方面に目立つ様にと・・。
     
    最後に編集: 2018-02-08
    #2
    沫那環, ワタベ, 神無月サスケ他3人がいいね!しています
  3. jun

    jun ユーザー

    こんにちは。

    自分がプレイヤーの場合、自由度が高いと悩んだり面倒だったりするので、レベルが上がって覚えてくれた方が楽というのは確かにあります。
    ただ、スキルポイントや買うなどのシステムも慣れれば便利なので、やたら複雑でない限りは平気です。
    個人的にサガシリーズで、戦闘中に豆電球が出てきて技を閃くのはテンションが上がって好きです。

    自分は昔、魔女が魔導書から出てしまった魔物を封印していくというゲームを作ったことがあるのですが、
    その時は封印する際に魔物と戦い、倒すと魔法(例えば炎系の魔物なら炎の魔法)を習得するシステムでした。魔女がボス級魔物を倒すごとに段々強力な魔法を覚えていき、ラスボスを封印する流れです。
     
    #3
    沫那環, ワタベ, 神無月サスケ他4人がいいね!しています
  4. ネコタ

    ネコタ ユーザー

    こんにちは。

    まだ検討段階ですが、拙作では、いくつかのスキル習得システムを導入する予定です。キャラクターによってスキルの覚え方が異なり、差別化を図ろうという試みです(それゆえに、システム自体はあまり複雑にはならない予定です)。

    ・スキル購入
    通貨に代わるもの(ポイント)で魔法を開発し、習得出来ます。やろうと思えば、いきなり大技も使えます。イメージとしてはアビリティポイントみたいな感じ。

    ・スキル閃き
    戦闘で特定の技を使っていると、新たな技を閃きます。

    ・地形によるスキル変化
    ダンジョンによって、使えるスキルが勝手に変わります。そのタンジョン内での限られた選択肢から任意に使える仕様です。ダンジョンが変われば、使えるスキルも変わります。イメージとしてはFFの風水に近いです。

    ・レベルアップで習得
    レベルが上がれば新しいスキルを覚えます。スタンダードな習得方法です。

    ・スキルブックを購入して習得
    本を購入する事で、複数のスキルが解禁されます。購入する本によって、解禁されるスキルが異なります。


    今のところは、これくらい。まだどういう形にしようか決まってないキャラもいるので、今後、面白そうなアイディアがあれば追加になるかも。
     
    #4
    沫那環, ワタベ, 神無月サスケ他2人がいいね!しています
  5. 各キャラが様々な属性の魔法が使えるというのは細分化しにくくなるので、
    こちらで製作しているゲームでは世界観的に、1キャラ毎に1属性習得(たまに二属性複合キャラ)という形でやってます。
    あとは装備時のみ習得型のスキルと、スキルブックでの習得です。
    それ以外にもスキル範囲などに気を使えれば細分化はできると思いますがね。
     
    #5
    リンクス, 沫那環, ワタベ他3人がいいね!しています
  6. Renfred Stauchenberg

    Renfred Stauchenberg ユーザー

    ついにレベルの概念を撤廃するに至ったので
    書店で技術書を買って使って覚える形になったようです。
    君は必要な物だけを買って節約してもいいし、片っ端から覚えてもいい。
    ただし全体的にお金は貴重で物価が高いバランスになる予定なので
    「最初から覚えているものをどう使うか」も重要になりそうです。

    盗むプラグインを導入しているので、敵からスキルを奪い取る
    所謂青魔導士的なのもいるとかなんとか。
     
    #6
    沫那環, ワタベ, 神無月サスケ他1人 がいいね!しています
  7. 開拓者

    開拓者 ユーザー

    レベルアップで1個づつ覚えていくシステムは属性の横並びとは相性が悪いんですよね。
    属性と弱点のあるゲームでレベルアップで1個づつ魔法を覚えていくと
    炎だけしか覚えていない時は炎以外の弱点を用意できないし
    別の属性を覚えた時もすぐにその属性が弱点になるのでバレやすいんです。

    レベルアップで覚える時は攻撃対象・威力・分散度・追加効果を工夫するか
    3属性を一度に覚えて選べるようにしたほうがいいと思いました。

    あとは魔法を買って覚えたり、魔法の代わりにボムのかけらのような消費アイテムを実装したり
    装備していない武器や防具を消費アイテムとして使えるようにした事があります。
     
    最後に編集: 2018-02-08
    #7
    シトラス, 沫那環, ワタベ他3人がいいね!しています
  8. WTR

    WTR ユーザー

    なんとなく、本当になんとなくですが
    ポイント割り振りスキルツリー制にしようかなーって思っています。

    割り振りにひと手間あるのは事実なんですが
    育成方針をプレイヤーが選ぶというのがゲーム性のひとつでもあるし
    あとどれだけ戦闘すると新しいスキルが増えるって見えていると
    経験値稼ぎにも張り合いが出るような気がします。

    あとは、ビジュアル的に一工夫してる感が出る、というのも大きいです。
    デフォルトにケチをつけるわけじゃないですが
    スキルメニューひとつとっても、ちょっと違いを出すことで手に取ってもらうチャンスが広がるかなと。
    もっともそのスキルメニューレイアウトが決まらなくて積んでるんですが…
     
    #8
    沫那環, ワタベ, 神無月サスケ他3人がいいね!しています
  9. アリヒコット

    アリヒコット ユーザー

    拙作でも色々やりましたが、最近気に入っているのは、次のような4人のパーティーメンバーに各々特性に沿った習得方法を割り振る事です。

    剣士→装備している武器に付随
    魔法使い→スキルツリー制。ポイントはレベルアップで得る
    格闘家→従来通りレベルアップで覚える
    ガンナー→特殊武器(アイテム)を買うか宝箱から手に入れる
     
    #9
    ワタベ, 神無月サスケ, Renfred Stauchenberg他1人 がいいね!しています
  10. アリヒコット

    アリヒコット ユーザー

    1キャラ1属性にする、という解決策もありますよ。たくぼ~と仰る方の「勇者の館」などが実例です。
     
    #10
    神無月サスケ, 開拓者Renfred Stauchenberg がいいね!しています
  11. seea

    seea ユーザー

    候補となりそうなもの(アイディア群):

    ◆スキルブック(消費アイテム。使用するとスキルを習得できる)そのものがレアアイテム。
    入手が容易なスキルと、入手難易度の高いスキルがある。
    ごく基本的なスキルはショップで入手可能だが、多くのスキルはショップでは入手不可。
    仲間が少ないと、スキルブックを手に入れることから苦労するかもしれない。
    なお、サービス期間の後半(?)に、難易度は緩和される。
    例:Asgard(サービス終了済)

    考察:
    仕組みを作ること自体は制作者は比較的容易だが、プレイの楽しさに繋がるかどうかは分からない。
    余ったレアを融通したり、取引したり交換できる仲間がいてこそなので、MMORPGにこそ向いているが、
    シングルプレイのゲームでスキルブックを採用する意味があるかどうかは本当に謎。
    とはいえ本当に採用したらどんなものかは気になるし見てみたいので、私はプレイすると思う。


    ◆スキルツリー
    ポイントを使ってスキルを習得する。スキルリセット(スキルを忘れ、ポイントは全て戻る)がある。
    スキル同士がツリー構造になっており、系統ごとに分かれている。全てのスキルは習得できないが
    ポイントに余裕があるため利用頻度の高いスキルをほとんど習得できるクラス(職業)もあれば、
    ポイントの総量に比べてスキルの数が非常に多く、系統ごとに分かれているクラスもある。
    例:FEZ(サービス中)

    考察:
    取引は不要でプレイヤー本人の選択で完結するため、オフラインのゲームでもある程度は有効と思われる。
    スキルリセットはスキルツリーのカギとなる仕組みで、これがないと正直厳しい。
    概ね、MMORPGやMORPG、TPS向きのシステムのため、シングルプレイのゲームにおいて
    スキルツリーの楽しさをどのように見せていくかは気になるところではある。ハマると強い。
    必然的にUIもオリジナルになるわけだし、色々と作らないといけないので、それなりに苦労する。
    スキルツリー採用のツクールMV製RPGがあったらどんなものか興味はあるので、私はプレイすると思う。


    ◆自動修得
    クエスト達成やレベルアップにより、自動的にスキルを獲得(修得)していく
    スキルが決まっているのでプレイヤーは迷わない。
    決まったスキルを憶えていくので自由度は低いと思いきや、職業の数や組み合わせが豊富で
    むしろ自由度は高い。スキルの数も非常に多い。プレイヤが迷うポイントが他と異なる。
    例:FF14(サービス中) ※投稿者が十分に経験したのは、新生ではなく初代のFF14

    考察:
    スタンダードな仕組みなので、制作側はあまり悩まなくて済む。
    何だかんだ言って自動修得は「よくある仕組み」なので、それだけで強力なシステムだ。
    このシステムがプレイヤーを迷わせることは、他のシステムと比べて十分少ないと言えるのではなかろうか。
    また、言うまでもないがプレイヤー側の選択肢は無いに等しいので、
    プレイを始めて自動修得と判明した場合、スキルについては色々と(察して)諦めてしまい、
    スキル選び以外のところで楽しめたら良いなと思ってしまう。


    ◆初期レベルから全スキルを使用可能
    最初から全部使用できて、途中でスキル数は一切増えない。珍しいシステムだと思う。
    一時的にパーティに加わるNPCでは珍しくもないが、長編RPGの主人公キャラでこの仕組みを使うのは
    結構思い切った選択ではなかろうか。
    なお、スキルは全て憶えているものの最大MPの不足により上位のスキルが使用できず、レベルアップにより
    少しずつ使えるスキルが増えていく……というのは「自動修得」に近いと思われる。
    例:MMORPGでは知らない

    考察:
    主人公が特殊な境遇でもなければ違和感が凄い上、プレイヤーも大量のスキル群を最初から出されて
    混乱するおそれが高く、総じてあまりお勧めできない。
    ごく一部の限られたコアゲーマー専用になってしまうおそれがある。


    ◆スキルという概念がない(または、スキルの数が非常に少ない)
    制作側の選択肢としては持っておいたほうが良いかもしれない。
    スキルを無くした方が面白いなら、無くすというのも有効ではなかろうか。むしろプレイヤーとしては
    スキルシステム自体が無くなってしまっても別に構わない。RPGに必須の要素ではないのだから。
    なお、折衷案としてスキルの数が非常に少ない(1職業につき1~2種類)という仕組みも考えられる。
    スキル自体は残るため、制作側の心理的ハードルは下がるのと、プレイヤーにスキルの存在を
    憶えてもらいやすいメリットもある。使えるスキルが1個とか2個だったら流石に記憶に残るだろう。
    必ずしも自由度が下がるとは限らない。
    例:沢山ある

    考察:
    スキルの数を極端に減らすことが、制作側は心許なく思えるかもしれないが、
    プレイヤーにとっては必ずしもデメリットとはならないところが逆に面白い。
    選べる豊富なスキルは、オンラインの対戦や、少なくとも仲間や比較相手が居てこそ組み合わせが生きてくる。
    市販のRPGならば、それでも比較相手が沢山居る(プレイヤー数が多い)ことが予想されるため有効だが、
    そうではないのなら、スキルの数や組み合わせを増やしすぎると、制作側は苦労するがプレイヤーに
    「それほどでもない」と言われてしまうかもしれない。


    ……
    特に強いこだわりがなければ「自動修得」&「スキルの数が非常に少ない」が個人的なお勧めです。
     
    #11
    沫那環, ワタベ, 神無月サスケ他3人がいいね!しています
  12. まるたん

    まるたん ユーザー

    私はFF3の魔導書を買うのがすごく好きだったので、可能ならそういうパターンでと思っていたんですが
    ここで問題が(´・ω・`;)
    全員が同じように魔法コンプリートしたら、個性なくない?(;・∀・)

    もちろん、それのみで個性が決まるわけではないですが、物語というか世界観に合わない場合があるのではと考えたのです(/)・ω・(ヾ)
    無論作る上で色んなパターンをやりたいという欲もあるので、世界観と相談しながら決めていこうかと考えています(/)・ω・(ヾ)
     
    #12
    ワタベ神無月サスケ がいいね!しています
  13. くろうど

    くろうど ユーザー

    私が最近作ってる作品では、作るたびに徐々にスキルの種類を減らしているので、そういうのもありって言ってもらえるとありがたいです。
    (面白くなるかは腕の見せ所ですが……)

    ちなみに、習得方法は、レベルだったり装備品だったり、作品ごとに異なります。
    割と迷走してますね〜。

    ただ、ゲーム開始時に全部習得していると、ゲーム開始時にスキルの説明文を読む作業からはじめる人もいるのかなと思い、その時間を取らせたくない……とは思いました。
     
    #13
    沫那環, ワタベ神無月サスケ がいいね!しています
  14. ヨルシ

    ヨルシ ユーザー

    もしRPGの人物が誰かに師事を受けている身なら、スキルの習得は、レベルアップなら、身体を慣らして習得する事にしたいです。事前にスキルの内容がわかる仕様にしたいですね。派生と言う名目で閃きシステムをツクって習得する方法もありますね。
     
    #14
    沫那環, 神無月サスケ, ワタベ他1人 がいいね!しています
  15. プハリコ

    プハリコ ユーザー

    桃太郎伝説というゲームでは、仙人と戦って勝ったり、課題をクリアしたら術を習得するというシステムで、達成感がありました。術の内容も敵(仙人)が使ってくるので、身をもって覚えます。
    全部のスキルがこれだとイベントを作る側も大変なので、普通のスキルはレベルアップの自動習得などで、最終奥義はクエストやバトルで習得が熱い展開でありつつ、省エネかなと。
     
    #15
    沫那環, 神無月サスケワタベ がいいね!しています
  16. 夢幻台

    夢幻台 ユーザー

    魔法書などを買って覚えるタイプはキャラの個性を出しにくい反面、プレイヤーの個性を引き出せます。
    レベルアップで自動習得のタイプはプレイヤーの個性を出しにくい反面、キャラの個性を引き出せます。

    自分は欲張りにも、両方やりたかったので、スキルはレベルアップで自動習得、魔法は魔法書を買って習得、としました。
    キャラごとに強力なスキルを覚えるキャラ、MPが多いキャラと、魔法・スキルどちらかに特化したキャラもいるのですが、
    誰を使う?どう使う?はプレイヤーの方にいろいろ遊んでもらって楽しんでもらおうというのもありました。
     
    #16
    シトラス, 沫那環, 神無月サスケ他2人がいいね!しています
  17. 沫那環

    沫那環 ユーザー

    他作品の例になりますが、Seraphic Blueだと、キャラ固有の特技は主にレベルアップやイベントで習得、魔法スキルは特殊なアクセサリーを装備している時のみ習得&使用可能という形でした。
    ただ、その特殊なアクセサリーにはそれぞれ種類とレベルがあって、キャラによって装備可能なものが変わってくる(戦士系はほぼ初期段階のもののみ、ヒーラー系は回復&補助魔法は全レベル装備可能、魔導師系は攻撃魔法のみ全レベル装備可能など)というのが特徴だったりします。

    私の作品も、上記にならって、特殊なアクセサリーで魔法を習得&イベントとレベルアップで固有スキル習得という形にしようかな、と考えています。
    ただ、装備欄のやりくりは難しそうですけれどね(汗)
     
    #17
    シトラス, ネコタ神無月サスケ がいいね!しています
  18. シトラス

    シトラス ユーザー

    レベリングスレにもありましたが、今はもう適正レベルになるまで戦闘をする時代じゃないんですよね。
    しかし、レベルアップ取得という手軽さも捨てたくありません。

    というわけで自分が考えたのは「レベルアップで技を覚えられるが、スキル屋などで前倒しが可能」です。
    ポケモンはある意味これに近いシステムだと思います。
    これなら、スキルの取得タイミングを自分で調節でき、お金がなくてもスキルを自力取得できるという
    メリットがあります。
     
    最後に編集: 2018-02-24
    #18
    ネコタヨンゲキ がいいね!しています
  19. 沫那環

    沫那環 ユーザー

    スレタイにかこつけて、皆様に相談です。
    現在制作中のRPGに出てくるキャラクターたちの魔法スキルの習得方法について、かなり頭を悩ませています……。
    このような設定なら、どのような習得体系がマッチすると思われますか?

    【世界観】
    いわゆる「剣と魔法」な中世ヨーロッパ風ファンタジーだが、
    その前史には戦争で滅んだ高度な科学文明があった。
    前史時代では超能力と言われていたものが、この時代では「魔法」と呼ばれている。
    魔法について専門的に学ぶ学校も、世界各地に存在している。
    回復魔法は、使う側に回復魔法を使う心得
    (ニュアンスが難しいのだが、癒す対象に入れ込みすぎないこと、という表現が1番近い)が必要。
    上記の心得がない術者が回復魔法を使うと、術者自身の魔力だけではなく、生命力までもを消費してしまう。
    攻撃・補助魔法は魔力があれば使えるが、得意不得意や威力は人によって大きく違ってくる。
    戦闘時、その場が帯びている属性によって、攻撃魔法の威力は大きく変わってくることがある。
    (例:場が火の属性を帯びていれば、水属性のスキルの威力が下がる)

    【魔法スキルを習得する主なキャラクター】
    1.魔導士(女)
     主に攻撃魔法を使うタイプを想定しています。
     魔法使いでありながら槍系の武器を装備する、文武両道なキャラです。
     ある魔法学校を首席で卒業しています。
     卒業後は国家系の魔術系研究機関に在籍していましたが、上司との折り合いの悪さや、
     思うような研究成果が出せないことに嫌気がさし、物語開始直前に自主退職しています。
     2のヒーラーに会いに行こうとしていたときに、主人公達と出会います。

    2.ヒーラー(男)
     主に回復魔法と、多少の攻撃魔法を使うタイプを想定しています。
     攻撃力の低い杖を装備する、典型的な魔法使いタイプです。
     1の魔導士の、魔法学校時代の先輩にあたります。
     1ほどではありませんが、在学当時は常に成績上位にいました。
     回復魔法に対しての心得を魔法学校入学前から会得していた、天性の癒し手とも言える精神の持ち主です。
     卒業と同時に軍に入隊する話があったようですが、本人は戦争が嫌いなので断っていました。
     卒業後はしばらくフラフラしていたようですが、今はとある街の薬屋で、薬師の見習いとして日々修行に励んでいます。

    3.トレジャーハンター(女)
     現時点では、主に補助魔法を使うタイプを想定しています。
     拳銃を装備し、行動スピードも早い、トリッカーな要素があるキャラです。
     彼女は、彼女の代では既に没落している、名門魔導師一族の傍流に生まれました。
     お家再興を目指す母によって幼少期から10代半ばあたりまで魔法の猛特訓を受けていましたが、
     進路のこと(魔法学校に進学するか、トレジャーハンターを目指すか)で彼女と家族は仲違いし、
     20代後半の今に至るまで絶縁状態になっています。
     とはいえ、魔術と完全に縁を切った訳ではなく、考古学者とチームを組んで遺跡探索をする際に、
     後方支援的に使うことはあるようです。

    長々と書いてしまいましたが、気が向いた方だけでかまいませんので、アドバイスをいただけければ幸いです。
     
    #19
    ネコタ神無月サスケ がいいね!しています
  20. 神無月サスケ

    神無月サスケ ユーザー

    沫那環さん、こん**は。
    パーティー編成や、魔術の構成を見ていて、真っ先に浮かんだのがWizardryです。
    このゲームには性格に、善、中立、悪があり、僧侶など、回復スキルを使える職業は、
    中立ではなれないことになっています。
    (最近、錬金術師や、超能力者が加わったことで、例外が出てきていますが)。
    このゲームはクラスごとに回数制で魔法を覚えます(Wiz5までと外伝のみ)。
    僕はこれが世界観にマッチすると思いましたが、さすがに、最近のユーザーにはつらいでしょうね。

    沫那環さんのゲームシステムでは、とりわけ、回復魔法の習得がものをいいそうです。

    そこで、何か「回復魔法の重要性」を訴えるシステムがいいと思います。
    一番簡単なのは「イベントで覚える」ですが、可能ならスキルツリーとか、FF6のような
    魔石システムなどを導入し、「簡単にレベルアップで回復魔法を覚えさせない」というのが
    いいんじゃないかな、と思いました。

    以上、参考になれば幸いです。
     
    最後に編集: 2018-03-06
    #20
    沫那環ネコタ がいいね!しています

このページを共有