スキルの取得法

>>沫那環さん
こんにちは。

魔法学校が出てくるということは、魔法は学問であり、体系的に習得可能であると捉えられます。多少の素質は必要ですが、学校の意義は、誰もがその分野に精通することが出来るようになることですかね。あるいは、素質のある者をスクリーニング(ふるいにかけること)して、その者達を教育するか。

いずれにしても、スキルブックやイベントによる習得(特定の条件が揃った時に習得)というシステムが良さそうです。

魔法を習得するキャラが、もともと素質があるという前提なら、レベルアップやスキルツリーも良さそうです。

魔法を独学で修練出来るというなら、閃きシステムも採用できそうですね。


効果や設定のあたりから、魔法を使うには素質や感性が重要な要素であるように見受けられます。それを磨く場が学校であり、実際に発露させるのは本人の力量次第といったところでしょうか。

使える人間とそうでない人間を分けるように世界観で表現すれば、ある程度どんな形でも通じそうな印象です。
 

沫那環

ユーザー
サスケさん、ネコタさん、アドバイスありがとうございます!
確かに、回復魔法の位置づけはかなり重要ですね。誰でもホイホイ覚えられるなら、この世界観が崩れてしまうのは事実なので。
魔法学校の存在に関しては、「こんなキャラはこんな関係性だったのかな〜」と考えていた過程で追加されたものなので、
どのような方針で生徒達を教育しているのかまではノータッチだったのですが、スクリーニングする場……なるほど! といった感じです。

効果や設定のあたりから、魔法を使うには素質や感性が重要な要素であるように見受けられます。それを磨く場が学校であり、実際に発露させるのは本人の力量次第といったところでしょうか。

使える人間とそうでない人間を分けるように世界観で表現すれば、ある程度どんな形でも通じそうな印象です。
魔法が全く使えない戦士系のキャラもいるし、魔法を使う素質は十二分にあるが、諸事情があって独学でなんとかしようとして結局失敗しているキャラもいるので、このアドバイスはとても参考になりました。

結論としては、習得システム自体は、スキルツリーかポイント割り振り制にしようと思います。
魔石システムやスキルブック制も魅力的ではあるのですが、よりマッチしそうな他の作品があるので、そちらに採用してみようと思います。
お二方とも、ありがとうございました。
 
今の所、制作中のゲームではツールのデフォルト機能である装備によるスキル習得を応用して、装備者毎に取得するスキルが変わる様に設定しています。

例えば、
・アクターAが剣を装備すればスキルAが覚える。
・アクターBが剣を装備すればスキルBが覚える。
・アクターCが剣を装備すればスキルCが覚える。
・アクターDが剣を装備すればスキルDが覚える。
などの様な仕組みを組み込んでみました。

簡単な仕組みだけど、あんまり見かけない。装備者毎に覚えるスキルが変わるという仕組みは・・・。
 
トップ