ツクラーの家族に乾杯

 以前、キャラクターの両親についてのスレッドがありましたが、そこから派生してのキャラクターの家族についてです。

 RPG作品だと伝説の勇者の末裔など「血縁的にかなり特殊」か、
 孤児・または両親、兄弟がストーリー上で死亡するなど「状況的にかなり特殊」なケースが多い気がします。
 その方がストーリーやキャラ性が引き立つ、変に血族を描いてしまうとそちらのキャラの扱いに困る、などなど
 いろいろな理由が考えられますが、それらも含めて大いに語っていただけたらと思います。
 
 自作品の場合だと「両親は健在なんだけれどほとんど登場しない」「兄弟は主人公に関しては皆無」であるケースが多いです。
 理由としては「あまり悲劇的な演出(死亡など)はしたくないけれど、出したら出したで扱いが面倒」というのが大きいです。
 自作品では「主人公は自発的に喋らない=主人公がプレイヤー」なので尚更扱いを難しくしているかもしれません。
 さらに主人公補正として、何らかの特別な能力を持っている(ゲーム的にも、設定的にも)ことが多いので、
 その兄弟が何の取り柄も無いキャラになってしまうのを避けたい、というのもあります。
 実際、自作RPGの主人公で兄弟がいたのは1人。しかもゲーム上で登場することが一切ありません(寮生活中という設定)。

 ただ、これはもちろん主人公(かつ喋らない、プレイヤー=主人公でプレイしてもらいたい作品)の話。脇役キャラや
 キャラ付けがしっかりしているキャラの場合は結構家族構成が決まっていたりします。主人公と対になるキャラや
 準主役キャラには大体兄弟がいますし、「主役が最初から彼氏持ち」などという、苦境に立ち向かうケースが多めな感じのする
 ゲームらしからぬ設定がある場合も…。

・ファイアーエムブレム:マルス(暗黒龍と光の剣:姉エリス)、シグルド(聖戦の系譜:妹エスリン)
ただしエリスは連れ去られ、エスリンはストーリー上で回避不可の死亡、いるから幸せかと言われれば相当微妙。
・ドラクエⅤ:主人公の子ども(厳密には兄弟ではないですが…)
息子の方は天空の剣を使う伝説の勇者。妹は…。能力的に高くゲーム的に使いやすいのがせめてもの救い。
・ペルソナ2罪編:周防克哉
罪編では1NPCだったものの、罰編ではメインキャラの一人に出世。
・タクティクスオウガ:カチュア
ただし本当は血縁関係は無い。このキャラの生存がエンディングに関わる最重要キャラクター。
・FFタクティクス:ベオルブ家(主人公の一族)
兄2人は途中で敵として戦闘→死亡、妹は最後の決戦でNPCとしてアシストしてくれる最重要キャラクター。
 
最後に編集:
僕も知らず知らずのうちに、主人公は一人っ子、ってことが多いですね。
マザーシリーズなんかは、妹がいて、預かり屋の役割を果たしたりしているところを見ると、
糸井重里は家族を書き込んでいるな、って感心したものです。

ドラクエにしても2ではサマルトリアの王子に妹がいましたね。
没になったアイディアとして、EDでサマルトリアの王子が死んでいる状態だと
妹が嘆き怒りで主人公に襲い掛かってくる、なんてブラックな展開も
考えられていたと聞きます。

このように、主人公にきょうだいがいること自体は、珍しくないはずなのに、
なかなか自分の創作では家族を作る気になれないのが不思議です。
 
>神無月サスケさん
 主役に兄弟を作るとどうしても扱いが難しくなるのが大きいと思います。
 主役を食ってはいけないし、かといってあまり格差を付けるのも可哀想ですし…。
 そういう意味ではルイージは非常にバランスのとれた兄弟ポジションと言えるかもしれません。

>ドラクエにしても2ではサマルトリアの王子に妹がいましたね。
>没になったアイディアとして、EDでサマルトリアの王子が死んでいる状態だと
>妹が嘆き怒りで主人公に襲い掛かってくる、なんてブラックな展開も
>考えられていたと聞きます。
 別スレッドのヒント入れ忘れにしろ、ドラクエⅡはかなりいろいろあったことが伺えます。
(攻略雑誌に乗っていた「まだらぐも」が実は没モンスターだったというのもありましたし)

 振り返ってみると意外や意外、RPGツクール初期作「SUPER DANTE」と「RPGツクール2」のサンプルゲームは
 どちらも兄弟がいます。ただほんのチョイ登場だったり、親殺しの上にラスボス…だったりと微妙な立ち位置ですが。
 
>ゼゼゼさん、チョコワ部さん
>スレの内容と関係なくてすみませんけど、誰々死亡とかネタバレするのはやめてほしいですね。
>ネタバレ禁止だと何も話せないよう

 さすがに時間の経過している作品なので時効かな…とも思いましたが、
 折衷案という事で、該当箇所を非表示設定にしてみました。これなら両方に対応しているかな…ということで。
※ネタ晴らしありの追記しました。
 
最後に編集:

ゼゼゼ

ユーザー
>夢幻台様

いや……あのすみません……。ネタバレ注意みたいに書いとかないと普通に開いて見ちゃうと思うんですけど……?
っていうか、参考は別にいらないと思いますよ? 
 
>ゼゼゼさん
 対応しました。これで恐らく大丈夫かと思います。
 「参考」に関しては「あっても間違いではない」というこちらの判断で残させていただきます。ご了承ください。

>チョコワ部さん
 ネタバレを恐れて話題が停滞してしまうのは、スレッド主としても本意ではないので、
 非表示等で配慮した上なら大丈夫と考えます。ぜひぜひ話題を提供していただけたら嬉しいです。
 
最後に編集:

YouChalice

ユーザー
家族というか兄弟姉妹要素に絞ってお話しします。私は兄弟姉妹要素がとても好きで、自作品にも取り入れています。私自身が一人っ子なので憧れもあるかもしれません。
夢幻台様の上げられた例や色んな作品を見た感じ、「兄弟や姉妹が最初は対立関係で最終的に仲間になる」「最初から最後まで敵対関係」「片方が連れ去られる」と言った話が多いように感じます。
私の場合は敵対とか死別といったものはあまり考えていません。NPCで出て来たり、仲間関係だったりといった方面が多いです。兄弟姉妹だと比較的歳も近く、共に旅立つ動機付けが他の人と組む場合よりやりやすいと感じる点が採用理由です。
先述の通り、私は一人っ子なので無知ゆえに仲の良い兄弟姉妹の関係性を思い浮かべるのですが、もしかしたら実際に兄弟姉妹のおられる方は兄弟姉妹が居る立場として違う視点から兄弟間、姉妹間の関係性を描くことができるのかなと思いました。
 
これまでの公開作品で、主人公との血縁関係があるプレイアブルキャラを挙げてみると……

スカイちゃんのエアリアちゃん、セルバーくんのブレィンくん、影治くんのめぐみちゃん ※1
リリユちゃんのへぐおさん、マリンちゃんのセルリアくん
レイラちゃんのレイチェルちゃん、オタマイス ※2
※1 クリア後に隠しコマンドで操作可能になるイースターエッグ
※2 兄が主人公のとき妹はかよわいイベントキャラ、妹が主人公のとき兄との再会はエンディングまでおあずけ。兄妹が同時にプレイアブルにはなっていません
太字は最初から加入している仲間


主人公の主導権を尊重するためか、順当にいけば立場が下になりがちな弟・妹が仲間におさまることが多いようです。
弟・妹キャラは、主人公のことを『お兄ちゃん』または『お姉ちゃん』と呼んでくれた時点で
主人公との関係や協力してくれる理由などの説明が済んでしまう点も、クリエイターとしてはラクができるメリット!?


一方、有名なゲームで印象強かった家族といえば……
末っ子の主人公が、散り散りになった家族をさがすため冒険に出る物語。
妹・兄・姉・父・母・祖父、一家6人全員が個性派ぞろいでキャラ的にも面白く、戦力としても優秀な
アンリミテッド:サガのジュディちゃん一家は、自分がプレイしてきたゲームの範囲では最強の家族かもしれません。
 
>YouChaliceさん
>私は一人っ子なので無知ゆえに仲の良い兄弟姉妹の関係性を思い浮かべるのですが、もしかしたら実際に兄弟姉妹の
>おられる方は兄弟姉妹が居る立場として違う視点から兄弟間、姉妹間の関係性を描くことができるのかなと思いました。
 自身の生育環境がゲームキャラの家族像に影響を与えるというのは大きそうですね。
 たとえば自分は双子なのですが古今東西、これはゲームに限らずアニメでもそうですが、双子の扱いには多少違和感はあります。
 別の双子の例も聞いてみないと分からないですが、少なくとも自分は「兄」「弟」を意識したことはありません。
 現実でも「どっちが兄なの?」とよく聞かれます。一応決まってはいますが自分としては「むしろそういう序列は付けたくない」
 という気持ちが先に来ます。ところがゲームで出てくると割と弟側が「兄貴」「兄さん」と呼んでいる例が少なくないのが現実。
 なので双子を主役にするのは結構難しいと思っています。どうしたって序列(主役と脇役という意味で)を付けなければ
 いけないので。同列の者に序列を付けることに違和感を感じてしまいます(ダブルヒーローシステムという救済策もありますが)

 自作品およびコラボ作品での双子の扱いにも表れていて、過去に登場させた双子としてはナラ&アスカ、トコ&リコがいますが、
 どちらも一応姉・兄、妹の関係は決まっていますが扱いは同列。「兄さん」「姉さん」と呼んだことはありません。

>なぞのいきものさん
>有名なゲームで印象強かった家族
 一家で協力して戦うゲームはいいですね。個人的には古い作品かつRPGではないのですが、
 「ドラゴンスレイヤーⅣ」のドラスレファミリーを推しておきます。おじいちゃん、おばあちゃん、果てはペットにまで
 役割が与えられているというかなり強力な団結力をもった一家だったと記憶しています。
 

べるなに

ユーザー
俺のオリジナルキャラクターだと、エルフィアには妹がいますが……
割と設定がブレブレだったりするので、こういう家族系キャラと言うのは矛盾を少なくするためにはあまり出さなかったりするのが賢明なのかもしれませんなぁ……
 
現在凍結中の作品「エメラルドの瞳Ⅰ」の主人公
ドミニカ・ドミニク という人物に関して家族構成の設定があります。

このドミニカという人物は母親に「クレミア・ドミニク」が居まして、
このクレミアはドミニカの母親にあたり、「エメラルドの瞳~UnTold」に登場します。

まあつまり、クレミアの娘がドミニカというわけです。

そしてこのドミニカ、妹が存在しています。
その名を「イスパ・ドミニク」と言います。

命名由来はドミニカ共和国の歴史に書かれていた「イスパニョーラ」に由来していたりしますが、それは置いておいて。

このドミニカの妹のイスパはストリートギャングとして、
医者から勇者に鞍替えした主人公ドミニカとは別のルートで色々冒険したり経験したりしているそうです。

最終的にどうなるかはプロットには書いてあるのですが…
自作品ながらネタバレなので伏せておきましょう。

ドミニカの妹イスパは、所属するギャング集団ごと世界を滅ぼそうとする「創世研究所」関連の団体に買収され、最終的にドミニカと敵対関係に陥り、
直接対峙の末にイスパがドミニカの手によって殺害されます。

ネタバレ領域とした内容に関して、見える範囲では明かしませんが主人公との
家族・兄弟姉妹関係においてはろくな事になりません。

基本的にシナリオ構成を悲劇とするのが個人的好みでありますので、
その味付けとして血縁関係を大いに利用する形になっています。
 
>べるなにさん
>割と設定がブレブレ
 自分としても設定がブレることはよくあります。「絶対最初からそんな設定無かっただろ!」と突っ込まれそうですがそれは
 「全部その場しのぎ」が許されるフィクションの世界だからOK、という力技で寄り切ります。作り慣れているせいなのか、
 思いつきで適当に作っても案外、滅多な事は起こらないので不思議です。

>レンさん
>家族・兄弟姉妹関係においてはろくな事になりません。
>基本的にシナリオ構成を悲劇とするのが個人的好み
 この辺りは作者さんの嗜好が分かれそうですね。個人的にはコミカル系が好きなので、悲劇的な最期を遂げたかに見える
 キャラでも何かしら救済の手段を挙げているのが多いです。(最短、死亡設定作品を公開→2週間で次の企画で復帰のケースも)

 兄弟関係もそれで、自作品・自キャラを見直してみると仲の悪い兄弟姉妹がほとんど(全く?)いません。
 片方がほとんど登場しないケースなら何件かありますが、それでも兄弟仲は良い方が圧倒的に多いです。
 
僕の作ったゲームは、タイトル見ればわかるんですが、王族の子供が主役のやつ多いんですよね。
ツクールの前にFlashで作ってたのも、王子・王女が多い。
必然的に、親が偉大な人パターンになりがち。勇者の血族どころか親が勇者とか。
ゲーム的には長いやつでも期間としては1日の出来事だったりして、あんまり家族間のあれやこれは描いたことないです。

家族は関係を色々と説明しなくても、例えば「兄です」だけで大まかな関係がわかるし、そばにいる理由(だって家族だもん)もついてきて、とっても便利だなー、と思います。
 
最後に編集:

jun

ユーザー
家族ネタとか兄弟ネタが割と好きで結構出しちゃう方です。

今作っているゲームでは、主人公は兄弟がいませんが、メインキャラの一人は皇子で、異母兄弟とかいる感じです。ありがち帝位継承権問題ネタですね。
あとは、テーマの一つで「親子(父子)」があるので、父好きと父嫌いの二人が同じ父親的存在のもとで暮らすという設定があります。


そういえば映画とかでもありますけど、壮大な親子喧嘩とか壮大な兄弟喧嘩みたいな話、結構好きです。
 
>とんびさん
>王族の子供が主役のやつ多い
 「王族」というと一般とかけ離れた存在というイメージが強く、主人公として憧れる設定でもありますね。
 それだけに扱いが難しい、という意見もありそうですが、プレイする側としては惹かれる要素になり得ます。

>junさん
>メインキャラの一人は皇子で、異母兄弟とかいる感じです。ありがち帝位継承権問題ネタですね。
 戦国時代にそういうものが多かった(気がする)せいか、異母兄弟系はSRPGに多い感じがします。
 印象的だったのはファイアーエムブレム聖戦の系譜。女グセの悪い父親から生まれた息子(アルヴィス)もやはり複数の女性と
 関係を持っていたことが後発の外伝系シナリオ「トラキア776」で発覚する…。血は争えないと思いながらも結果として
 それが神の力の継承を途絶えさせない決め手になったと思うと、何とも…という感じでした。
 
>壮大な親子喧嘩とか壮大な兄弟喧嘩みたいな話、結構好きです。
 格闘ゲーム畑の自分としては何といっても鉄拳シリーズ。かなりリアルなキャラクターにストーリーが付いていますが、
 実際のところ「壮大な親子喧嘩」。遠縁の親戚にあたる人物や孫、父親まで巻き込んでとんでもないスケールになっています。
 「豪傑寺一族」もかなり仲が悪そうです。他シリーズ、タイトルを見れば結構仲の良い兄弟もいる感じですが。
 
トップ