ツクールアドベントカレンダー2022

 例年と比べると遅めな告知ですが、今年も出来ればこれで盛り上がれれば…と思い、作ってみました。


 ツクールに関する雑談、作品紹介、感想、特に指定はありません(ただし不快になる内容はご遠慮ください)
 複数投稿も可能ですので、皆様の参加、心よりお待ちしております。

 予約に関してはここに書いてもいいし、直接してもOKにしたいと思います。
 今回はフォーラムに限らず、自身のTwitterでも告知をしているのでそちらから予約が入るケースも考えています。
 一応早い者勝ちではないのですが、日が被った場合は被った方同士で上手に調整していただければ嬉しいです。

↓参考:昨年のアドベントカレンダー
←2021年版
 
最後に編集:
>シトラスさん
 参加ありがとうございます。今回は主宰者の立場ですが
 アドベントカレンダーの主宰って何すればいいのかは正直よく分からないのが本音です。
 分からない中での立ち上がりとなりましたが、どうぞよろしくお願いいたします。
 
11月26日現在、参加者11名となっています。
ツクールに関する事なら何でもOK、例えば…。
・制作中/完成した作品紹介、制作談話
・ツクールのテクニック、プラグイン紹介
・ゲーム制作で思った事、感じたこと
・感銘を受けたこの作品!
などなど、実際には12月以降でも(過ぎていない日であれば)参加可能ですが、早めに埋まっていると
主宰としても安心できるので、ぜひ皆様の参加をお待ちしております。
 
いよいよ明日からアドベントカレンダー開始…なのですが、今現在、半分以上空きがある状態になっております。
もちろん1人の方が複数の記事を投稿することもOK(実際、足りなくなればそうせざるを得ない形になる)なのですが、
出来る事なら多くの方に参加してもらいたいという願いもあるので、あまり気負わずに新規参加して頂けたら嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。
 

ノロワレ

ユーザー
みなみよつばさんのプラグイン紹介記事で(昔つくった)拙作が2つもご紹介いただけていてたいそう驚きました。
ありがとうございますありがとうございます。
プラグイン書き始めた頃のものだしいま見ると実装がワヤだったりもしますが、そこはご愛嬌ということで……。

最近汎用性も意識しつつあれこれ書いたので、ひととおり自分で使ってみて問題なさそうなら
ひさびさにツクプラさんにのせさせていただこうかな。
 

KurotsuShirou

ユーザー
12月18日分に投稿させていただきます。
当日URLをリンクし忘れないように、こちらにコメントを残していきます。
よろしくお願いします。
 
おかげ様で25日、ツクールアドベントカレンダーを完走することができました。

「アドベントカレンダーの主宰って、どこで何するの?」といった感じで何にも分からないまま始めましたが、
遅めの告知にも関わらず、21人もの多数の参加をしていただき、大変嬉しく思っております。
一通り読むことでツクールについての理解を深められる記事も多数ありますので、ぜひ読んでみてください。
 
お疲れ様でした。主催者の自分は敢えてトリをつとめる、という姿勢が好きでした。

記事の方も興味深く読ませていただきました。1997年からツクラーになったので
僕はツクラー歴25年ですが、夢幻台さんは3年長いんですね。
きっと僕以上に相当な数のツクールをたしなんで来られたのでしょうね。

昔話で、受賞時に電話連絡が来た経験、僕もあります。
まだ皆が皆、ネットに自由につなげるとは限らない時代でしたからね。

コンテストでの受賞の話題、いろいろ僕も同じようなことを考えていたりしていました。
僕も言われましたよ、「こいつの作品に金賞はやりすぎ。銀か銅でもいい」とか。
あの頃はまだ、ツクール界隈が小さく、皆が親睦を今以上に大切にしていた頃だと思っていますが、
こんな風に、作品や作者に対する、ネガティブな話題も共有されていましたからね。

ナイスな記事だと思いました。
 
>サスケさん
>僕はツクラー歴25年ですが、夢幻台さんは3年長いんですね。
>きっと僕以上に相当な数のツクールをたしなんで来られたのでしょうね。
 自分のツクールのスタートがSFCのSUPER DANTEからで、ここがツクールが一気にメジャーになったターニングポイントだと思います。
 なのでここから始めた「SUPER DANTE組」は結構多いと思います。そこから作り続けているとちょうど自分と同じ期間になるかなと。

>コンテストでの受賞の話題、いろいろ僕も同じようなことを考えていたりしていました。
>僕も言われましたよ、「こいつの作品に金賞はやりすぎ。銀か銅でもいい」とか。
>あの頃はまだ、ツクール界隈が小さく、皆が親睦を今以上に大切にしていた頃だと思っていますが、
>こんな風に、作品や作者に対する、ネガティブな話題も共有されていましたからね。
 今だから言える話、サスケさんの話はずいぶん出ていたなあ…と記憶しております。
 受賞した人の中でも「作品も作者もすごく話題になる人」「作品は話題になるけど作者はあまり話題にならない人」
 「作品は話題にならないけど作者が話題になる人」「話題にあまりならない人」の4タイプいた感じがします。

 そして本当に皮肉なものですが「ネガティブに話題になった人」の方がツクール界隈に長くいるような感じもします。
(格ツク界もそんな感じでした)そのネガティブさを自分なりながら説き伏せるのに20年以上かかった…というのは
 なんともはや…という感じです。

>ゆわかさん
 コメントありがとうございます。正直11月末の時点では「これ人が集まらなかったらどうしよう?」と焦っていましたが、
 最終的に20人以上の方に参加していただき、大変嬉しく思っております。

 来年は誰が企画してくれるのかな~と。正直そんなに大変なことでもなかったので「次は自分が」という方が出てきてほしいです。
 自分がやってもいいのですが「もういい加減アンタはいいよ…」と思われている可能性も否定できないので。
 
トップ