ツクールMVアドベントカレンダー2018

吉良(きよ)

ユーザー
初めまして。吉良(きよ)と申します。
まだ記事が空いていたので参加してもよろしいでしょうか?

「UIから設計しちゃうゲーム制作のススメ + 小ネタ」という内容にしようかと思っております。
11日に登録させていただきましたが、問題がございましたら辞退致します…!m(_ _)m
 
カレンダーを確認したところ、このスレッドのトップで書いてるのと違う方が記事を書いていたり、
埋まっているのに空席のようになっている日付があるようです。1回確認していただけると有り難いです。

まだ3日分ほど残っているようですが、1枠は参加表明後にまだ記事が出せていない(音信不通?)えいちさんのために
残しておくとして、しばらく空きが続くようなら、自分がもう1記事書こうか迷っています。

無論全て埋まることが理想ですが、16~17日あたりまで待って残っているようなら、23日希望でもう1記事書きます。
 
あらためまして、ふうきゅうです。
まだ枠があるようですので、23日をひとまず押さえさせて頂きました。

タイトルは
「青鬼×貞子vs伽椰子 制作時に心がけたあれこれ(ネタバレ含む)」
ぼちぼち好評のようでしたので、今更ながら、制作時に用いたノウハウっぽいものを語ってみたいと思います。
文字の原稿はほぼできていて、
あとはスクショを撮ったあと……

:kaoswt2:ブログを立ち上げるだけです:kaoback:

期日には間に合うよう努めますが、
ご心配でしたら第2候補を引き続き募集頂いたり、万一ご都合悪い場合は撤退も検討致しますので、よろしくお願いします。
 
ふうきゅう氏のアドベントカレンダー読みました。

このプロジェクトって、僕に来た依頼で、彼にはシナリオをサブ的に……
といった位置づけで、僕はかなり軽い感じで作っていたのですが、
記事を読まれた方は、ふうきゅう氏の熱の入れ方に驚かれたと思います。

実際僕は、ミニマムな構成でクリアできるところまで組んだんですが、
それ以外に上級者向けの隠し要素をこれでもかと入れてきていて、
本格的に僕の方がぶったまげておりました。

でもそれのおかげで、青鬼2016サダカヤ編はかなりプレイ動画でも
評判いいみたいでしたからね。

話は聞いていたけれど、アドベントカレンダーという形で読ませていただくと
改めて、彼の気合の入りように度肝を抜かされました。

アドベントカレンダーの醍醐味ですね。
 
25日の記事(というか作品)をアツマールに投稿、カレンダーにもリンクを張らせていただきました。
https://game.nicovideo.jp/atsumaru/games/gm9489
最後を飾るのが、こういったちょっと重めの話でいいのか、少し迷いましたが、
平成の時代を駆け抜けたツクール、そして次の時代へ繋がるために少しでも明るい兆しが見えれば…という願いを込めて、
20年超、ツクールを使い続けている者からの今どきのフリゲ界隈に対する叫び…と受け取っていただければ幸いです。
 
総括:アドベントカレンダーを主催してみて
そもそも、アドベントカレンダーを主催してみたいと思ったのは9月ごろ、タイムラインに
「今年はアドベントカレンダーをやらないんですかね?」みたいなことを書き込んだら
しぐれんさんに「だったら、あなたが主催してみますか?」と言われたことがきっかけです。

当然、ネットでこの手のイベントをやるのは初めてだったのですが、せっかくのチャンスを
活かしてみようと思い、アドベントカレンダーの開催に踏み切りました。

最初は、時期の都合でアドベントカレンダーが作れず、忘れないように
しなければなりませんでした。
参加者が集まったときも、そんなに予約が埋まらなかったので
「初めてだし、実力もないからこんなものか」と思っていました。

しかし、12月になってから次々に参加者が来てくれて、全ての記事が
埋まったと知らされました。
読み応えのある記事が続々投稿され、少し感動してしまい
アドベントカレンダーを、主催したかいがあったと思いました。

というわけで私は来年、ツクールフォーラムでアドベントカレンダーをやりません。
その時に主催しているのは、初めて挑戦するあなたです。よろしくお願いします。
 
トップ