ツクールMZにてアニメーションMV互換データの作成を行う方法について

Shato

ユーザー
お世話になっております。

スキルのアニメーションの数に不足を感じたため、この度ツクールストア及びその他Booth等でアニメーション素材を購入し、
データベースより設定を行っていたところ、不明点が発生しました。

そのアニメーション素材はMZより以前のツクール向けに販売されたもののようで、
MZで使用するためにはMZ.v.1.4.0で追加された「MV互換データの作成」機能を用いる必要があると判断したのですが、
その設定法を紹介したサイト記事を元に設定しても「再生」で何も表示が行われない状態となっております。
なお、下記がその際に参考にしたサイトページとなります。

購入した素材の内のエフェクトの一つを例に挙げてご説明させていただきます。
素材のマニュアルには、当該アニメーションは以下の記載となっております。

〇 呪文・魔法詠唱用アニメーション × 4種類 × 0.5秒バージョンと1秒バージョンの2パターン
30/60FPS_AC4N001_Cast01a 30/60フレーム 

そして、以下の手順で設定を行いました。
1.画面中央やや上「フレーム数」を60に設定。
2.「フレーム」欄で「♯001」を選択し、パターンパレットから1番左にあるセルを選択。
3.その状態でフレームビューを右クリックし、「新規」→「編集」から、「セルの設定」のXとYを共に0に設定。
4.「フレーム」欄で「♯060」を選択し、パターンパレットから1番右にあるセルを選択。
5.手順3と同様に、フレームビュー右クリックの上、「新規」→「編集」から「セルの設定」のXとYを共に0に設定。
6.画面右「補完」をクリックし、「フレーム」及び「セル」を0~60に設定しようとしたが、
「セル」が「1~16」までで止まってしまう(セルを17以上に設定しようとすると、勝手に16に戻ってしまう)。
この状態で「再生」をクリックしても、何のエフェクトも表示されない。

上述の参考サイトには、手順6の「補完」をクリックした際の挙動として、
「フレームはデフォルトで全部が指定されているので」と記載がありましたが、
私が行なった結果、「補完」クリック時点ではフレームは「1~1」のままでした。

今まで他のアニメーション素材を購入、導入を行ったことはあるのですが、
そちらはefkefcファイルだったため設定も簡単であったのに対し、
今回のファイルは一から設定が必要と苦戦しております。

並行して購入したMVのデータベースも見てみたのですが、
そちらのアニメーション設定は、「セル」が1~16であっても、「フレーム」が17以上の数値になっているものも多い、
という認識で留まってしまいました(「再生」をクリックするとそちらは正常にエフェクトが表示される)。

何か私の設定に根本的な誤りや勘違いがあるのではないかと感じられます。
正しい設定方法についてご教示をいただきたく、何卒よろしくお願いいたします。
 

Attachments

  • MV互換データの作成.png
    MV互換データの作成.png
    139.3 KB · 閲覧: 7
  • 補完設定.png
    補完設定.png
    172.6 KB · 閲覧: 7

ドッ〇君

ユーザー
お詳しい方からちゃんとしたコメントがあるかもしれませんが、解決のヒントになればと思いちょっとだけ書かせていただきます。
もし見当外れのことを言っていたとしたらごめんなさい。その時は無視して下さい^^;
まず、MZのアニメーションにMV互換を使って60フレームのアニメを新規作成とのことですが、1つ1つの「フレーム」に配置できる「セル」数は16が限界です。なので補完にセル1~17と入力しても最大値の16に戻されてしまうと思います。
お話ですとフレーム1と60の間のパターンを補完で一括設定しようとしておられるようですが、フレーム1と60に配置したセル座標が共にX0Y0のままなので動いていないように見えているだけではないかと思います。例えばフレーム60のXY座標を変えてみると動き出す…ということなのでは?
--------------
もし上記ではなくパターンパレットのことでしたら自動配置する機能は無かったと思うので、手動で1フレームずつセルを配置していくしかないと思います。
 

Shato

ユーザー
ドッ〇君様

ご教示いただき誠にありがとうございます。

ご指摘いただいた内容を元にフレームの座標の変更や、1フレームずつのセルの設定を行ったものの再生時のエフェクト表示に変化が見られなかったことから、それ以外の部分に問題がある可能性を感じ、検証を行っておりました。

すると、フレーム♯001およびフレーム♯060のセルの設定の際に、ダイアログ内「合成方法」を、「加算」となっていたものを「通常」と変更し、その後再度補完設定を行ったところ、正常に再生時にエフェクトが表示されるようになりました。

数値の入力等の項目以外に変更を加えて検証を行う事にまでなかなか意識が及ばず、デフォルトで「加算」と設定されている合成方法の項目はいじらない方がいいだろうというような無意識の思い込みが当方にあった事が原因でした。

この度は大変お手数をお掛けしました。
また、返信が遅くなり申し訳ございませんでした。
 

Attachments

  • セルの設定ダイアログ.png
    セルの設定ダイアログ.png
    159.3 KB · 閲覧: 5
トップ