ドット移動システム

移動方式をマス移動からドット移動に変更するプラグインです。フォロワー表示やルームマップにも対応しています。
現時点ではプレイヤーのドット移動のみ可能であり、イベントのドット移動を制御することはできません。
また、イベントの衝突範囲の設定なども未対応です。これらの機能はアップデートで追加していきたいと思います。

【ダウンロード】
以下のリンクからダウンロード可能です。
ドット移動システム(RPG開発研究所)

ホームページが当分復旧できそうにないので代わりに以下のリンクからダウンロードしてください。

 
最後に編集:
v1.3.0に更新しました。
・タッチ移動を制御するためのプラグインパラメータを追加

あと書き忘れていたけどv1.2.0の更新内容です。
・イベントの移動単位を設定する機能を追加
・イベントを任意の方向にドット移動させる機能を追加
・通路で斜め移動したときに状況次第で表示がガタガタになる不具合を修正
・立体交差プラグインとの併用に対応
 
v1.7.0に更新しました。
・斜め同時の壁回りの挙動を修正
・イベントサイズを1未満にしたときに壁にめり込む不具合を修正
・イベントサイズが途中で変更された場合に当たり判定が正しくできなくなる不具合を修正
・ループマップで不正な位置で乗り物に乗れる不具合を修正
・経路探索時にイベントサイズを考慮されるように修正
・イベントサイズによってイベント起動位置がずれる不具合を修正
 
ドット移動システム機能拡張プラグインを公開しました。
このプラグインを導入することで次の機能が追加されます。
・プレイヤーサイズの変更
・移動速度の調整
・加速度の追加
・慣性の追加
・イベントを押す
・イベントめり込み時の挙動の変更
・当たり判定付きジャンプ

【ダウンロード】
 

MoonAcre

ユーザー
待ってました!導入させて頂きました。
しかし、MVではドット移動システム機能拡張プラグインが機能しないようです…。
具体的には、イベントに
◆移動ルートの設定:このイベント (飛ばす, ウェイト)
:        :◇スクリプト:this.setMoveUnit(0.5);
:        :◇スクリプト:this.setDpf(6);
:        :◇スクリプト:this.setAcc(20, 3);
:        :◇スクリプト:this.setInertia(2);
◆ウェイト:60フレーム
◆移動ルートの設定:このイベント (飛ばす, ウェイト)
:        :◇ランダムに移動:
        :◇ランダムに移動:
        :◇ランダムに移動
◆ウェイト:60フレーム
のような感じでテストしてみました。
結果、イベントはキョロキョロと進行方向を向くだけで、その場から動きませんでした。

また
◆移動ルートの設定:このイベント (飛ばす, ウェイト)
:        :◇スクリプト:this.dotMoveToPlayer();
では、イベントがプレイヤーのそばにチラつくように現れるという現象になりました。
 
待ってました!導入させて頂きました。
しかし、MVではドット移動システム機能拡張プラグインが機能しないようです…。
具体的には、イベントに
◆移動ルートの設定:このイベント (飛ばす, ウェイト)
:        :◇スクリプト:this.setMoveUnit(0.5);
:        :◇スクリプト:this.setDpf(6);
:        :◇スクリプト:this.setAcc(20, 3);
:        :◇スクリプト:this.setInertia(2);
◆ウェイト:60フレーム
◆移動ルートの設定:このイベント (飛ばす, ウェイト)
:        :◇ランダムに移動:
        :◇ランダムに移動:
        :◇ランダムに移動
◆ウェイト:60フレーム
のような感じでテストしてみました。
結果、イベントはキョロキョロと進行方向を向くだけで、その場から動きませんでした。

また
◆移動ルートの設定:このイベント (飛ばす, ウェイト)
:        :◇スクリプト:this.dotMoveToPlayer();
では、イベントがプレイヤーのそばにチラつくように現れるという現象になりました。
おそらく移動頻度の問題だと思うので、移動頻度を最高にして試してみてください。
加速や慣性の挙動はキャラクターが常に移動し続けることを前提としているため、移動頻度が最高でない場合には不自然な挙動になると考えられます。
 
すみません。変わらずでした…。こちらの環境の問題なのかなぁ…。
this.setDpf(6); を this.setDpf(0.001) ; ぐらいに変えて試してください。多分これで動くと思います。(そういえばdpfの説明をヘルプに書くの忘れてましたね。。。)
元々ドット移動は入れるだけで動作するのでサンプルプロジェクトは用意していなかったのですが、拡張プラグインを入れるといろいろとややこしいところもあるので、近いうちにサンプルプロジェクトを用意する予定です。
 
トップ