ハイブリッド生物・またはそのモンスターのとりとめもない話

世界にはいくつかのハイブリッド生物が存在します。

ライオンとトラの間に生まれたライガー、犬と狼の間に生まれたカニド・ハイブリッドなどがあります。私は今、それに興味を持って色んなモンスターを併せ持ったハイブリッド・モンスターをご紹介していきたいと思います。

私が考えたハイブリッドモンスター
ミミック+金庫→ヴォールト・ミミック
トレント+アルラウネ→ドリアラウネ
蛇+トカゲ→バジリスク(実在のモンスター)
たこ+イカ→クラーケン(同じく)
人食い薬草+毒草→ドクヤク草
天使+悪魔→天魔
カメムシ+ゴ〇ブリ→カメG
サハギン+サメ→サメーマン
巨人+ゴリラ→ゴリラント
ケンタウロス+ラバ(馬+ロバ)→ケンタラバス
ドラゴン+ワイバーン→ワイゴン
ゴーレム+城→キャッスルゴーレム
ガルーダ+バロン→ガルバロン
サンダーバード+雷獣→サンダーグリフォン
などなど

皆さんの方ではいかがですか?
 
ハイブリッドモンスターってすごいですね。
普通なら生物+生物で、キメラ(ぬえ)が多いと思うんですけれど、
生物+無生物は、なかなか手強そうですね。

メタルマックスシリーズは戦車を手に入れていくゲームですが、
3以降では、バイオタンクという、半生物、半機械の戦車が登場しますね。

そして複合型ではずせないのが、MOTHER3。
やきいモンスターとか、イチゴスライムとか、既存の物を組み合わせた敵が
かなり多かったのを覚えてます。

あと、サンサーラ・ナーガにはハチドリという敵がいて、
「ハチとトリの合体したモンスター」という設定でしたが、
デザイナーさん(桜玉吉)は、鉢と鳥を合体させた絵にして、
開発者を困惑させてましたね。
僕も出会ったとき大笑いしましたもん。

翻って、僕の作ったゲームでは、そんなにいませんね、ハイブリッド生物。
……と思ったけれど、結構いましたね。
こたつむり:巻貝の代わりにこたつをしょったかたつむり
じかはつオデン:自家発電機とおでんのハイブリッドで、コンデンサやコイルが装着されたおでんです。
おやすみいのしし:ミシンの上で寝ているいのししです。
ナメクジラー:なめくじの形をしているけれど、頭から潮吹いてます。
マンドラにんじん:マンドラゴラをイメージした、ニンジンです。マンドラゴラが実在の植物だと知ったのは最近です。
 
今の時代、キマイラは「ハイブリッド生物」と呼ばれるんですね。自分は思い切り「合成生物」「合成獣」でした。
横文字苦手な自分の頭も早くアップデートしたいところですが、なかなか…。

自分の場合はモンスターはツクールMZに同梱されているモンスターをそのまま使う事が多いので、
「ハイブリッド生物」という別の枠組みを使う事はあまり無いです。出したとしてもキマイラ止まりで
「複数の敵の要素を持つ敵」というよりは合体後は「全く新しい新種の敵」になるイメージが強いです。
これは有名RPG「女神転生」の悪魔合体がそういう仕様(合体後は全く新しい1体の悪魔になる)だったからかなと思います。

反面、味方キャラの場合は「ある種族とある種族のハーフ」というキャラはそこそこいるので、
そういう意味ではその手のキャラが「ハイブリット生物」と言えるかもしれません。

市販ゲームでの自分の一押しは何といっても「半熟英雄」。
ほぼギャグなのですが、こういう合成の仕方もひねりの練習になるんだなあと、笑いながらも強烈なインパクトを残した作品です。
一例を挙げておきます。

・ドラゴンフライ:龍の頭が付いたエビフライ。カラッと揚がるとパワーアップ。
・しろまどうし:FFの回復職「白魔導士」のローブを城が着ています。「ホーリー」のパロディ「ソーリー」で謝ると敵と和解。
・バーリ=トード:カエルが総合格闘技のファイターに!?「両生類最強」を目指しているらしいです。意外と強い。
・ブロッコ=リー:見た目は単なるブロッコリーですがカンフーの達人。今の時代だと権利的にギリギリアウトなモンスター(?)
 
トップ