フィルタープラグインMZ(豪華画面エフェクトMZ)

ツキミ

ユーザー
豪華画面エフェクトMZ
FilterControllerMZ.js
English Thread ​
banner.png

◆ プラグイン概要

合計
25種類の画面エフェクトをツクール MZ に!
ワン・コマンドでご製作中のゲームの画面に綺麗なエフェクトを掛けたり、エフェクトをアニメーションさせたりできます!

さらに、MZ の機能をフル活用し、エフェクト種類や適用対象などが選択式になり、
より直感的に制作できるようになりました。

紹介1.png


◆ デモ


・利用できる画面エフェクト一覧のプレビュー


・試しにDI◯様のザ・ワールドに似たようなエフェクトを作ってみました

◆ 機能一覧
▶ フィルター作成、削除
▶ フィルターパラメータ設定、移動
▶ フィルター移動後自動削除
▶ 全フィルター削除 
new!


◆ ダウンロード / デモプロジェクト

本プラグインのデモプロジェクトはこちらからDLできます:
デモプロジェクトには各フィルターのデモや、各コマンドの使い方、小ネタや小技などが含まれて、
本プラグインのチュートリアルにもなっています。
(ゲーム感覚で体験できます!)

また、プラグイン単体だけがほしい場合は下記からもダウンロードできます。
▶ FilterControllerMZ.js
ctrl+s (command+s) でダウンロードできます。

▶ パラメータ一覧リスト &デフォ値
 ※ このプラグインは ツクールMV版 の MZ 向け移植ですが、現在はツクール MV ではまだ使えません


◆ 利用規約
このプラグインはMITライセンスです。

誰でも無償で無制限に扱って良い。(ただし、ファイル内の著作権表記及びMIT許諾表示を削除してはならない。)
❤ クレジットにツキミと書いていただけるとめっちゃ嬉しくなります!


◆その他
Q1VisuMZ_1_OptionCore と同時に使うとエラーが出ますが、どうすれば良いのですか?
A
このプラグインの「オプションメニューに表示」をOFFにすると競合が解消されます。
オプションメニューに表示したい場合は、
VisuMZ_1_OptionCore のプラグインパラメータを開き、画像の箇所に下記コードをコピペする。(画像をクリックして拡大)
紹介2.png
{"Symbol:str":"TKMFilterEnabledAll","Icon:num":"0","TextStr:str":"フィルター効果","TextJS:func":"\"\"","Accessibility":"","ShowJS:func":"\"return true;\"","EnableJS:func":"\"return true;\"","ExtJS:func":"\"return 0;\"","Functions":"","DrawJS:func":"\"const symbol = arguments[0];\\nconst index = arguments[1];\\nconst title = this.commandName(index);\\nconst rect = this.itemLineRect(index);\\nconst quarterWidth = rect.width / 4;\\nconst halfWidth = rect.width / 2;\\nconst value = this.getConfigValue(symbol);\\n\\n// Draw Command Name\\nthis.resetFontSettings();\\nthis.changePaintOpacity(true);\\nthis.drawTextEx(title, rect.x, rect.y, halfWidth, \\\"left\\\");\\n\\n// Draw Status Text\\nconst off = 'OFF';\\nconst on = 'ON';\\nthis.changePaintOpacity(!value);\\nthis.drawText(off, rect.x + halfWidth, rect.y, quarterWidth, \\\"center\\\");\\nthis.changePaintOpacity(value);\\nthis.drawText(on, rect.x + halfWidth + quarterWidth, rect.y, quarterWidth, \\\"center\\\");\"","ProcessOkJS:func":"\"const symbol = arguments[0];\\nconst value = this.getConfigValue(symbol);\\n\\n// Perform Actions\\nthis.setConfigValue(symbol, !value);\\nthis.redrawItem(this.findSymbol(symbol));\\nthis.playCursorSound();\"","CursorRightJS:func":"\"// Declare Constants\\nconst symbol = arguments[0];\\nconst value = this.getConfigValue(symbol);\\nconst lastValue = value;\\n\\n// Perform Actions\\nthis.setConfigValue(symbol, true);\\nthis.redrawItem(this.findSymbol(symbol));\\nif (this.getConfigValue(symbol) !== lastValue) {\\n this.playCursorSound();\\n}\"","CursorLeftJS:func":"\"const symbol = arguments[0];\\nconst value = this.getConfigValue(symbol);\\nconst lastValue = value;\\n\\nthis.setConfigValue(symbol, false);\\nthis.redrawItem(this.findSymbol(symbol));\\nif (this.getConfigValue(symbol) !== lastValue) {\\n this.playCursorSound();\\n}\"","Data":"","DefaultJS:func":"\"\"","SaveJS:func":"\"const config = arguments[0];\\nconst symbol = arguments[1];\\nconfig[symbol] = ConfigManager[symbol];\"","LoadJS:func":"\"const config = arguments[0];\\nconst symbol = arguments[1];\\nConfigManager[symbol] = config[symbol];\""}
アプデ履歴
ver 1.1(現行バージョン)
 ・適用対象「特定キャラ以外」「特定ピクチャ以外」追加
 ・対象 id ・移動の持続時間・フィルター速度に変数とランダム代入が可能に
 ・バグ修正
 
最後に編集:

ツキミ

ユーザー
Visustella氏 (Yanfly氏の代理) の VisuMZ_1_OptionCore と併用するとエラーが出る報告を受けました。
解消方法について、その他の Q&A に乗せておきます。 同プラグインをお使いになっている方は是非ご一読ください。
 
最後に編集:

ツキミ

ユーザー
お知らせです!
プラグインをバージョン 1.1 にあげました。
バージョン 1.1 には機能のアップデートとバグ修正が入っております。
新機能の紹介はデモプロジェクト内のアプデ履歴島から見れます。是非再ダウンロードして、試してみてください!


◆ 適用対象追加!
特定キャラ以外」と「特定ピクチャ以外」を追加しました!
名前の通り、指定された id 以外のキャラにしか適用されません。イベントやプレイヤーを強調したい時に使うと効果抜群です!
紹介3.png


◆ 対象 id にも変数とランダム代入が可能に
今まではイベントidのベタ書きで、適用対象を場合によって切り替えたい時は
複雑なコマンドを組まなきゃいけませんでした。

ver1.1 では、適用対象 id をパラメータのように v1 r1~3 のような記法で、
変数とランダム代入が可能になりました!
もちろん、位置参照対象・移動の持続時間・速度も同様に変数 / ランダム代入可能です。
 
最後に編集:
トップ