フリーゲームでの過激な表現は許容出来る?

CERO(日本でのゲームレーティング基準)でどのあたりまで大丈夫ですか?

  • CERO A(全くダメ、全年齢対象)

    Votes: 5 6.0%
  • CERO B(微エロとかなら○、十二歳以上対象)

    Votes: 11 13.3%
  • CERO C(そこそこなら○、十五歳以上対象)

    Votes: 17 20.5%
  • CERO D(キツめでも○、十七歳以上対象)

    Votes: 50 60.2%

  • Total voters
    83
昨今は何かと表現で揉める時代。
例を挙げるとキリがない上にフォーラムともあまり関係無くなってしまうので載せませんが、とかく表現者は怯えながらネタを考えたりしなければなりません。

そこで、フリーゲームでもどこまでならOKか聞いてみたいと思います。
基準は日本語圏という事もあってCEROとさせていただきます。CEROはグロに厳しいとか異論等あると思いますがご了承下さい。

私としてはCERO D相当までなら大丈夫です(本当はZでも大丈夫なのですが一般向けのサイトなので公序良俗的にまずいと思ってアンケートもDまでとしました)。

後はふりーむさんやアツマールさんなどのフリーゲームを提供するサイト様毎にどの辺までなら許されるのか情報提供して下さってもOKです。
 
私はエロ表現もOKですが事前告知は必要と考えます。それにエロ表現も細分化すると色々あって人それぞれの好き嫌いがあるので、そういった内容についてもDL前に知りたいところですね。
拙作のエロ作品はイラストSNS「pixiv」付属の同人頒布サイト「BOOTH」で\0.-に設定して配布しています。あそこならR-18も載せられます。
 
Bに投票しました。本当はAと言いたいところでしたが格闘ゲームを作っている手前、Aには出来ないなと。
(格闘ゲーム系は「暴力」に引っかかるのか軒並みB以上が付くので)

何かしら過激な表現があるのであればCEROアイコンのようにゲーム宣伝に事前に記入していただけると有り難いです。
同じC判定でも性的描写はOK、暴力表現はNGという方もいらっしゃると思うので。

個人的には過度な性的描写(脱衣など)、特に突然の欠損表現系、ホラー系など、割と苦手が多いです。
 
僕は、いわゆる昨今の表現規制については、かなり反対を表明しています。
実際、手塚治虫の漫画でさえ、文末に「今となっては不適切な表現もありますが、
そのまま残しています」みたいなエクスキューズを載せた上で出版されている現状。

でも、僕は今は表現規制がちょっと厳しくなっていないか? って疑問をよく抱きます。
しかも、何がセーフで何がアウトなのか、明確な判断基準がない。
故飯野賢治もSCEから「このシーンでナイフで4回刺しているが、2回に減らしてくれ」など、
「それって何の意味があるの?」っていう修正を食らった、とは話していました。

ただ、さすがに事前注意無しにエロやグロテスク表現をするのは反対ですね。
あくまで、DLの際に、そしてOPの前に、注意書きを入れる必要は確実に感じます

とはいえ、それさえ守ってくれれば、プレイヤーも心の準備が出来るでしょうから、
あくまで「流通」ではないゲームでは、許されるべきだと思っています

流通するゲームの世界では、たとえ、CERO Z、一番厳しい基準にしても、
「この表現があると、発売は出来ない」という表現が山のようにあります。
例えば、夢幻台さんが語っている部位欠損については、一番厳しいレートにしても、
コンシューマーで出す場合は、まず許容されません


漫画のケースになりますが、小池一夫が自分の弟子が描いた「シグルイ」という漫画の中で
過激表現が物議を醸したが、こういうのを規制するのは、創作に枷をはめることになり、
許容できないと話していました。

一方、繰り返しになりますが、フリーゲームは流通に乗るわけでもないので、
プレイヤーへの注意喚起をした上で、許容されるべきと僕は考えます。
アマチュアに禁じ手はない」……これが僕のスタンスです。
 
一応、CERO Dまで大丈夫に一票。
ただ、ホラー系は極端に苦手ですので、精神的にクるのは避けてます。
(アニメの青鬼はギリギリセーフですが、ゲームの青鬼は私的にはアウトでした。)

あと、必要性を感じないグロやエロは、個人的には嫌厭します。話の都合上(こじつけでも結構です)や作品のコンセプトとしてのエロやグロはほとんどの場合平気ですが、(仮に同じ表現であるとしても)ただグロい、ただエロいというものに、私は共感できませんでした。発作的に表現したいというものもあると思いますので作るなとは言いませんが、出来るだけ個人的な範囲でお願いしたいですね。

公開には、必ず共感が伴うものと解釈しています。公開するにあたって、必ず共感してもらう必要はありませんが(無理なので)、共感してもらいたいという気持ちや意図は必要だと考えています。

表現するということは、他者に働きかける、あるいは、内面的な自己を表出させることで改めて自己を認知する行為だと考えますので、制作者として、自己だけでなく他者にも少なからず影響を与えることを自覚する必要があると思います。


分かりやすく表現するならば、他の迷惑になりそうでなければOK(許容できる)、ということになりますね。

少しでも「これは気分を悪くする人がいるかも?」と頭をよぎったなら、念のため一言断りを入れておくと良いと思います。
それだけでも、だいたいのトラブルは避けられるはずです。

(規制はトラブルを避けることが目的であって、表現の自由を制限するものであってはならないと考えます)
 

沫那環

ユーザー
個人的には、CERO-Cまでですかね。
それ以上に過激な表現を含むものは、いっその事R-18扱いにして、有料にして欲しいかな。
言い方は悪いですが、いわゆる「おこさま」避けとして、有料化はそこそこ効き目あるんではないかと……。
(無料ってことは、そういう程度の低い(ごめんなさい)人達にも行き渡りやすいから、問題が起こりやすくなる可能性は高いと思っています)

で、トピックのタイトルに関連して。
朝チュン表現って、全年齢でも大丈夫、というか全年齢的な表現だったんですね……。
私、てっきりCERO-BとCERO-Cの中間的な表現だと思ってましたわい。
この辺は、個人差があるとは思いますけれどね(汗)
 

水犬かき

ユーザー
一応はDに投票しました。
…といっても、スカトロに関してはBですら若干ヒくぐらい苦手で、エロネタも謎の白い液体レベルになるとちょっと…といった感じです。
逆にグロなら成人以前からモータルコンバットのFATALITY動画とか見てたので割と平気ですね(ただしドッキリホラーとかその辺はイヤ)
まあ作る分にもやる分にも別に個人の好みだし良いかなーぐらいには考えてます。
表現規制については、正直「いま放送されてるラインでも相当正常なんだし、これ以上なにをどう規制するの?」って感じですかね。
さすがに露骨なヒトラーネタ(調べてみたらディズニーも戦時中それっぽいアニメやってたらしいです)とか話題的に危険なものは扱っちゃダメとは思いますけど、それ以外なら深夜アニメとか成人誌とか然るべき場所へ住み分けされてるんだから良いじゃないと思います。

サイトの基準についてはちょっとわかりかねますが、ふりーむ!なら「かわいそうなレイナちゃん!」が15禁で済んでいますね。→https://www.freem.ne.jp/win/game/12392
ドット絵の表現で部位欠損、イラストなら丸呑み状態変化失禁とキツめのリョナ要素があるゲームなのですが、それでも15禁です。いちおう乳首や性器が出てないから、R-18にならないのかな?
youtubeなどでも実況されてるし割とメジャーなゲームだとは思いますが、参考になれば幸いです。
 

リューイ

ユーザー
CERO Cに投票しておきました。
有料ならまだ分かりますが、フリーゲームでCERO D作品以降って誰でも落とせる時点で危険性が高いと思ってます。
無料だと小学生の子ですら興味本位でR-18スレスレのゲームを落とす時代でもあるので、私はCが妥当かなと考えました。

逆にCERO-Bまでに絞ると、ちょっとしたエログロ要素も簡単に規制されると思いましたね。
 
フリーゲームサイトに投稿するものに関しては、そのサイトの規約に従えば良いとして……
自分のサイトや鍵付きアップローダーでこっそりやる分には、CERO Zどころかそれ以上が許されてしかるべきだと思っています。
商用ゲームでできないことができるのが、フリーゲームのいいところではないかなーと。

実際、過激・反社会的な内容を含むフリーゲームの中にも、とても面白いものがあります。
目立たないところでやっている分にはいいぞもっとやれ:kaosalute:って感じでございます。
 

開拓者

ユーザー
CERO_Dに1票
俺はムッツリスケベなので苦手なジャンルが多々ありますが
「自分の好きな表現だけしか認めない」というのは自分的にはアウトだと思っているので
注意書きやタイトルで選ぶ事と、イヤだと思ったら止める事を意識しています。

俺は教えて育てるのが教育だと思っているので
作る側の表現を規制するよりも、あらゆる作品との付き合い方を
親や教師やゲームの作者がちょっとづつ教えていったほうがいいのではないかと思っています。

無理矢理やらせる、無理矢理見せるのはちょっと問題ですが
雑菌に触らせなかった子供に免疫がつかなくなるように
ただ回避させればいいって物でもありません。

あと、注意書きを必須にしてしまうと失われる物もあるんですよね。
最初から注意書きで「今からギャグをやりますよ」と言ったら漫才のハードルが上がってしまうように
説明していないからこそ不意打ちが印象に残るという考え方もあって
不意打ちができないからこそ過激な表現に走るのではないか?と思いました。
 
最後に編集:

しぐれん

ユーザー
キツい表現を入れること自体の可否についてはご自由にという感じです。
ただ、Dとかに近い表現を見過ぎて感覚がマヒしている点もあります。

ただ、過激な表現は時にただの露悪表現で不快なだけというパターンがあります。
去年なんかのアニメで、いじめじみた表現で不快でそこで視聴を切ったパターンがありました。
ちなみに、この逆を行くとけものフレンズやガルパンができるわけですが。

過激な表現というのはお汁粉につくお新香のようなもので、別のシーンの味を引き立てるための物であるべきだと思います。
あとCEROのレーティング基準は一度見るべきだと思います。
結構参考になりました。
 
皆様ご意見ありがとうございます。

今回質問した理由として、結構自分のゲームにグロ方面で入れているのがあります。ドット絵の部位欠損や文脈的ですが人肉ととれる物をやった事がありますが、プレーヤー目線としてどう思われているのか不安だったのがあります。

高いレーティングでも大丈夫な方が意外と多い感じですが、人によって許容できる表現に幅があるので取り扱いが難しいですね。
言葉が足りませんでしたが、表現規制にはポリコレも含まれるので意外と厄介です(フリーゲーム等含めて同人レベルだとあまり言われませんが)。表現規制と同じくポリコレ自体の賛否はここでは述べません。

棚ぼっちさんのレスの中にモータルコンバットが出てきましたが、サスケさんのレスにもある通り確かどこかのサイトでCERO Zで発売出来なかった伝説(?)を見た覚えがあります。DEAD SPACEシリーズもクリーチャー相手ですが部位欠損のせいで出せなかったと思います。
一方でBATTLE FIELD4のキャンペーンで仲間が瓦礫に足を挟めてしまい、助ける為に足を切断するシーンがあるのですが、そちらはCERO Dでした。ただ切断する瞬間に視点が動いてあまり見えない様になっていて、状況的にも仕方が無いのでOKという事になったのかと(補足しますとFPSで仲間の足切るのは自分です)。
(日本にローカライズされたり話題に上る)コンソール・PC洋ゲーが比較的対象年齢層が高く、欧米と日本の文化やESRB(アメリカのCEROみたいの)とかのレーティング基準の違いなどで、CERO DとZか、発禁かの狭間にある事が多いと思います。
※個人的にはCERO Zの基準の厳しさは猟奇事件(言ってしまえば一部の悪い人のやらかしですが)やいわゆるホットコーヒー問題が原因かと。

ただ子供が高レーティングのゲームをプレイするのは、なかなかこちらとしても親子さんとしても気が引けますね。
マルチプレイが出来るゲームだと大人も子供も分け隔て無くプレイしますが、あくまで対象年齢であるCERO D以下ならともかくゾーニングであるCERO Z(18禁)のゲームを子供がプレイしていると流石に不安になります(過去にプレイした事があるので人の事は言えないのですが……)。
Grand Theft Autoや最近のCall of Duty(といっても2010年のBO1からほぼZですが)はCERO Zですが、結構子供がプレイしているとか噂を聞くので。

私自身の表現の基準ですが、ゲーム等二次元なら短時間なら過度のグロ(臓器丸見え)とかでも大丈夫なのですが現実だと逆にダメなタイプです。実写映画はどの辺まで大丈夫かは分かりませんが多分現実以上二次元以下と思います。
一方でエロは結構苦手でして、二次元のモロの行為すらキツめでカ○トロはほぼダメです(小はまだ許せますが。あと○ストロはワザとです)。濡れてるのとかは割と大丈夫ですが。
恐怖はあまりホラーゲームやらないので分からないですが(大体虫が出るイメージなのでそちらの方がキツい)、FPSとかTPSやってる時に死角から攻撃されるとビビりますね。
総括すると自分がその状況に置かれてしまうとダメなタイプだと思います。極論ですがゲームならキャラが死んでも自分が傷つく訳では無いので大丈夫なんだと思いますが、キャラロストやペナルティが起こる場合など目に見えて実害が起こるものだと嫌ですね。
 

seea

ユーザー
制作者としても記憶に残る製品もCERO Bまでのが大半ですが、
レビュアーとしてはDまで対応しています。

Dは軽く超えてるんじゃないかってレベルのフリーゲームも
表現は触れずにゲームの中身を真面目にレビューしています。大丈夫じゃないけどね。なぜプレイしたし。
 

焼き肉

ゲスト
個人的にはエロは好きですがあまりにグロすぎるものは無理ですね。アンケートはCにしましたが。

既に例として挙がっていますが、ふりーむさんは結構なグロでも通ります。エロも局部とか出てなくて文章のみとか男の乳首程度なら通るようです。下手なDL販売サイトよりゆるいかも?

ふりーむとかアツマールだとたまに全年齢にしてはそうとうエロいものは見かけますが、グロすぎたりエロ過ぎたりでふりーむでも取り下げになったり修正入ったりしたゲームもありましたので、あまりやり過ぎない方がいいと思います。

まあ私も大したことないとはいえ100%健全なもの出してるわけではないんで大きなことは言えませんが、あまりにエログロが行き過ぎてるゲームはボリュームや絵を増やして普通に有料で売った方がいいような気がします。境界線が難しいのですが、明らかにオカズ目的なリョナやエロは特に。それだけ描けるなら全年齢でチキンレースしてヒンシュク買うのも勿体無いと思いますし。
 

Ho9tocraft

ユーザー
皆様ご意見ありがとうございます。

今回質問した理由として、結構自分のゲームにグロ方面で入れているのがあります。ドット絵の部位欠損や文脈的ですが人肉ととれる物をやった事がありますが、プレーヤー目線としてどう思われているのか不安だったのがあります。

高いレーティングでも大丈夫な方が意外と多い感じですが、人によって許容できる表現に幅があるので取り扱いが難しいですね。
言葉が足りませんでしたが、表現規制にはポリコレも含まれるので意外と厄介です(フリーゲーム等含めて同人レベルだとあまり言われませんが)。表現規制と同じくポリコレ自体の賛否はここでは述べません。

棚ぼっちさんのレスの中にモータルコンバットが出てきましたが、サスケさんのレスにもある通り確かどこかのサイトでCERO Zで発売出来なかった伝説(?)を見た覚えがあります。DEAD SPACEシリーズもクリーチャー相手ですが部位欠損のせいで出せなかったと思います。
一方でBATTLE FIELD4のキャンペーンで仲間が瓦礫に足を挟めてしまい、助ける為に足を切断するシーンがあるのですが、そちらはCERO Dでした。ただ切断する瞬間に視点が動いてあまり見えない様になっていて、状況的にも仕方が無いのでOKという事になったのかと(補足しますとFPSで仲間の足切るのは自分です)。
(日本にローカライズされたり話題に上る)コンソール・PC洋ゲーが比較的対象年齢層が高く、欧米と日本の文化やESRB(アメリカのCEROみたいの)とかのレーティング基準の違いなどで、CERO DとZか、発禁かの狭間にある事が多いと思います。
※個人的にはCERO Zの基準の厳しさは猟奇事件(言ってしまえば一部の悪い人のやらかしですが)やいわゆるホットコーヒー問題が原因かと。

ただ子供が高レーティングのゲームをプレイするのは、なかなかこちらとしても親子さんとしても気が引けますね。
マルチプレイが出来るゲームだと大人も子供も分け隔て無くプレイしますが、あくまで対象年齢であるCERO D以下ならともかくゾーニングであるCERO Z(18禁)のゲームを子供がプレイしていると流石に不安になります(過去にプレイした事があるので人の事は言えないのですが……)。
Grand Theft Autoや最近のCall of Duty(といっても2010年のBO1からほぼZですが)はCERO Zですが、結構子供がプレイしているとか噂を聞くので。

私自身の表現の基準ですが、ゲーム等二次元なら短時間なら過度のグロ(臓器丸見え)とかでも大丈夫なのですが現実だと逆にダメなタイプです。実写映画はどの辺まで大丈夫かは分かりませんが多分現実以上二次元以下と思います。
一方でエロは結構苦手でして、二次元のモロの行為すらキツめでカ○トロはほぼダメです(小はまだ許せますが。あと○ストロはワザとです)。濡れてるのとかは割と大丈夫ですが。
恐怖はあまりホラーゲームやらないので分からないですが(大体虫が出るイメージなのでそちらの方がキツい)、FPSとかTPSやってる時に死角から攻撃されるとビビりますね。
総括すると自分がその状況に置かれてしまうとダメなタイプだと思います。極論ですがゲームならキャラが死んでも自分が傷つく訳では無いので大丈夫なんだと思いますが、キャラロストやペナルティが起こる場合など目に見えて実害が起こるものだと嫌ですね。
実は、友人が低年齢でCEROレーティングZのゲームをやっていたと聞いたことがあります。
 
皆さん結構耐性有り無しバラけてますね。

比較的耐性高い方は洋ゲーとか洋画などの暴力出血エロ上等な作品、そこまで行かなくてもバイオやモンハンあたりの出血シーンがある作品などに触れる機会が多いので付いている、または表現の一つとして受け入れている感じですかね。
逆に耐性が低い方はあまりそう言った作品に触れていないか表現が受け入れられないという感じでしょうか?
 

沫那環

ユーザー
皆さん結構耐性有り無しバラけてますね。

比較的耐性高い方は洋ゲーとか洋画などの暴力出血エロ上等な作品、そこまで行かなくてもバイオやモンハンあたりの出血シーンがある作品などに触れる機会が多いので付いている、または表現の一つとして受け入れている感じですかね。
逆に耐性が低い方はあまりそう言った作品に触れていないか表現が受け入れられないという感じでしょうか?
あくまで、私の場合ですが……。
片方が一方的に欲望をぶちまけたりするものや、リョナやスカトロは苦手ですが、愛のあるほにゃらら(正式な表記は控えました)とか、お互いが思いを確かめ合う(意味深)とか、情緒的・恋愛的な要素?が強めな性的表現はむしろ好きだったりします。
グロは洋ゲーみたいな感じでも耐えられなくはないですが、ホラー要素が入ると、どんなに控えめでもダメだったりします。
この辺は、個々人の感性の違いによって分かれるでしょうね。
 
トップ