1. このサイトではcookie (クッキー) を使用しています。サイトの利用を継続した場合、cookieの使用に同意したものとみなさせていただきます。 詳しくはこちらをご覧ください。

プラグイン「オリジナルシーンやウィンドウを表示する」

フトコロ2017-06-18に開始した「ツクールMV」の中の討論

  1. フトコロ

    フトコロ ユーザー

    プラグインの概要
    プラグイン名 :FTKR_OriginalSceneWindow.js
    最新バージョン:1.5.3

    プラグインコマンドを使って、オリジナルのシーンやウィンドウを作成するプラグインです。
    表示位置やサイズ、表示内容などをプラグインコマンドで設定し、ゲーム中に表示のON/OFFを切り替えることができます。

    このプラグインで出来ること
    1.オリジナルのウィンドウを作成できます。
     ●表示位置や、サイズだけでなく、フォントサイズや、行の高さ、余白、背景の透明度、ウィンドウ枠の有無などを
      プラグインコマンドで設定できます。
     ●ウィンドウの表示/非表示も、プラグインコマンドで簡単に設定できます。
     ●ウィンドウは複数作成できます。設定内容も、ウィンドウ毎に設定することができます。
     ●作成できるウィンドウの種類は、以下の2つです。
       ・コマンドウィンドウ - シーン変更や、コモンイベントの呼び出しが出来る
       ・コモンウィンドウ  - さまざまな文字列や数値、画像など(*1)を表示させることが出来る
       ・セレクトウィンドウ - さまざまな文字列や数値、画像など(*1)をリストで表示させることが出来る
                  リストを選択した結果でシーン変更や、コモンイベントの呼び出しが出来る
     ●オリジナルウィンドウを表示できるシーンは、以下の3つです。
       ・オリジナルシーン
       ・マップ
       ・バトル (コモンウィンドウのみ)
     ●設定内容は、セーブデータに保存されます。設定を変更しない限り、その設定内容はずっと有効です。

     (*1) コモンウィンドウに、文字列以外を表示させたい場合は FTKR_CustomSimpleActorStatus.js が必要です。

    2.オリジナルシーンを作成できます。
     ●プラグインコマンドでシーンを表示できます。
     ●オリジナルシーンには、オリジナルウィンドウを配置できます。
     ●オリジナルシーンでは、コモンイベントを呼び出すことが出来ます。

    プラグインコマンドについて
    1.コモンウィンドウの設定
     OSW_コモン設定 [シーン名] [ウィンドウID] [設定内容]

    2.コマンドウィンドウの設定
     OSW_コマンド設定 [シーン名] [ウィンドウID] [設定内容]

    3.セレクトウィンドウの設定
     OSW_セレクト設定 [シーン名] [ウィンドウID] [設定内容]

    4.オリジナルシーンの表示
     OSW_オリジナルシーン表示

    コマンドの詳細は、プラグインのヘルプかマニュアルを参照してください。

    ウィンドウの作成例
    サンプル1
    サンプル1.jpg
    この図は、以下のイベントを実行して、マップシーンにコモンウィンドウを表示させています。
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 マップ 0 生成
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 マップ 0 アクター 3
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 マップ 0 内容 ステータス face,name
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 マップ 0 位置 0 0 表示 ON
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 マップ 1 生成
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 マップ 1 アクター 4
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 マップ 1 内容 ステータス face,name
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 マップ 1 位置 240 0 表示 ON

    このような感じで、表示位置や表示内容などをプラグインコマンドで設定します。

    サンプル2
    サンプル3.jpg
    ほかにも、バトルシーンにも表示させることができます。
    以下イベント例
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 バトル 0 内容 ステータス text(ターン数);eval($gameTroop._turnCount) 幅比率 1,1,0
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 バトル 0 位置 -1 0 サイズ 240 72 表示 ON

    サンプル3
    サンプル2.jpg
    オリジナルシーンもプラググインコマンドを組み合わせて簡単に作成できます。
    以下イベント例
    ◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 オリジナル 0 生成
    ◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 オリジナル 0 コマンド初期化
    ◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 オリジナル 0 コマンド追加 アイテム item true シーン変更(Scene_Item)
    ◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 オリジナル 0 サイズ 240
    ◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 オリジナル 0 表示 ON アクティブ ON
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 オリジナル 0 生成
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 オリジナル 0 位置 0 144 アクター 1 表示 ON
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 オリジナル 0 内容 ステータス face,name
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 オリジナル 1 生成
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 オリジナル 1 位置 240 144 アクター 2 表示 ON
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 オリジナル 1 内容 ステータス face,name
    ◆プラグインコマンド:OSW_オリジナルシーン表示

    サンプル4
    サンプル4.jpg
    この図はまだ枠組みだけの作成途中のメニュー画面です。
    こんな感じで、オリジナルの画面をプラグインコマンドで作れます。
    立ち絵はゆるドラシルのキャラクター素材を使用しています ©2014 CloverLab.,Inc.
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 マップ 0 生成
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 マップ 0 位置 0 0 サイズ -1 72
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 マップ 0 内容 幅比率 1,1,1 描画間隔 0,40,40,0
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 マップ 0 内容 ステータス [custom(5)/custom(6)/custom(7)];gauge(1);[custom(8)/custom(4)]
    ◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 マップ 0 生成
    ◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 マップ 0 コマンド初期化
    ◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 マップ 0 コマンド追加 編成 cmd1 true コモンイベント(1)
    ◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 マップ 0 コマンド追加 ステータス cmd2 true コモンイベント(2)
    ◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 マップ 0 コマンド追加 クエスト cmd3 true コモンイベント(3)
    ◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 マップ 0 コマンド追加 ショップ cmd4 true コモンイベント(4)
    ◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 マップ 0 コマンド追加 セーブ cmd5 true シーン変更(Scene_Save)
    ◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 マップ 0 コマンド追加 ロード cmd6 true シーン変更(Scene_Load)
    ◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 マップ 0 コマンド追加 オプション cmd7 true シーン変更(Scene_Options)
    ◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 マップ 0 最大列数 7 コマンド位置 center
    ◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 マップ 0 サイズ -1 位置 0 72
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 マップ 1 生成
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 マップ 1 位置 0 144 サイズ 240 240
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 マップ 1 内容 ステータス text(ウィンドウ2)
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 マップ 2 生成
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 マップ 2 サイズ 240 240 位置 0 -1
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 マップ 2 内容 ステータス text(ウィンドウ3),text(\c[18]攻略中クエスト),text(関所探索)
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 マップ 3 生成
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 マップ 3 サイズ 576 480 位置 240 -1
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 マップ 3 アクター \v[23]
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 マップ 3 内容 ステータス text(ウィンドウ4),image
    ◆ピクチャの表示:#1, WorldMap, 左上 (0,0), (100%,100%), 255, 通常
    ◆プラグインコマンド:C_SHOW_CLOCK
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 マップ 0 表示 ON
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 マップ 1 表示 ON
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 マップ 2 表示 ON
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 マップ 3 表示 ON
    ◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 マップ 0 表示 ON アクティブ ON

    サンプル5
    サンプル5.jpg
    この図はサンプル4の画面で、編成コマンドを実行して呼び出したオリジナルシーンの画面です。
    パーティーの並べ替えや、バトルメンバーと控えメンバーの入れ替え画面を作成しました。
    メンバーの顔画像を複数表示しているウィンドウに、セレクトウィンドウを使用しています。
    顔画像はゆるドラシルのキャラクター素材を使用しています ©2014 CloverLab.,Inc.
    ◆変数の操作:#0006 並び替え用 = -1
    ◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 オリジナル 0 生成
    ◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 オリジナル 0 コマンド初期化
    ◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 オリジナル 0 コマンド追加 並び替え cmd1 true コモンイベント(7)
    ◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 オリジナル 0 コマンド追加 入れ替え cmd2 $gameParty.members().length>$gameParty.maxBattleMembers() コモンイベント(7)
    ◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 オリジナル 0 コマンド追加 戻る end true シーン終了
    ◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 オリジナル 0 最大列数 3 コマンド位置 center
    ◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 オリジナル 0 サイズ -1 位置 0 0 アクティブ ON 表示 ON
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 オリジナル 0 生成
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 オリジナル 0 内容 ステータス text(バトルメンバー)
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 オリジナル 0 サイズ 240 72 位置 0 72 表示 ON
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 オリジナル 1 生成
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 オリジナル 1 内容 ステータス text(控えメンバー)
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 オリジナル 1 サイズ 576 72 位置 240 72 表示 ON
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 オリジナル 0 生成
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 オリジナル 0 カーソル高さ 3 最大列数 1
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 オリジナル 0 リスト初期化
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 オリジナル 0 内容 ステータス face(3);name,level 幅比率 1,1,0
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 オリジナル 0 リスト設定 パーティー バトルメンバー
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 オリジナル 0 リスト実行設定 決定 コモンイベント(5)
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 オリジナル 0 リスト実行設定 キャンセル コモンイベント(6)
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 オリジナル 0 サイズ 240 480 位置 0 144 アクティブ OFF 表示 ON
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 オリジナル 1 生成
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 オリジナル 1 カーソル高さ 3 最大列数 2
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 オリジナル 1 リスト初期化
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 オリジナル 1 内容 ステータス face(3);name,level 幅比率 1,1,0
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 オリジナル 1 リスト設定 パーティー 控えメンバー
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 オリジナル 1 リスト実行設定 決定 コモンイベント(8)
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 オリジナル 1 リスト実行設定 キャンセル コモンイベント(9)
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 オリジナル 1 サイズ 576 480 位置 240 144 アクティブ OFF 表示 ON
    ◆スイッチの操作:#0022 編成画面設定完了 = ON
    ◆イベントの一時消去
    ◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 オリジナル 0 アクティブ OFF
    ◆条件分岐:スクリプト:$gameOswData._oswIndex === 0
    ◆スイッチの操作:#0006 並び替え用 = ON

    :それ以外のとき
    ◆スイッチの操作:#0006 並び替え用 = OFF

    :分岐終了
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 オリジナル 0 アクティブ ON カーソル残す ON
    ◆条件分岐:並び替え用 ≥ 0
    ◆スクリプト:var id1 = $gameParty._actors[$gameVariables.value(6)];
    :     :var id2 = $gameParty._actors[$gameOswData._oswIndex];
    :     :$gameParty._actors[$gameVariables.value(6)] = id2;
    :     :$gameParty._actors[$gameOswData._oswIndex] = id1;
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 オリジナル 0 更新
    ◆変数の操作:#0006 並び替え用 = -1

    :それ以外のとき
    ◆変数の操作:#0006 並び替え用 = $gameOswData._oswIndex
    ◆条件分岐:並び替え用がOFF
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 オリジナル 0 アクティブ OFF カーソル残す ON
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 オリジナル 1 アクティブ ON

    :分岐終了

    :分岐終了
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 オリジナル 0 カーソル残す OFF アクティブ OFF
    ◆変数の操作:#0006 並び替え用 = -1
    ◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 オリジナル 0 アクティブ ON
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 オリジナル 1 アクティブ OFF カーソル残す OFF
    ◆スクリプト:var id1 = $gameParty._actors[$gameVariables.value(6)];
    :     :var index = $gameParty.battleMembers().length + $gameOswData._oswIndex
    :     :var id2 = $gameParty._actors[index];
    :     :$gameParty._actors[$gameVariables.value(6)] = id2;
    :     :$gameParty._actors[index] = id1;
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 オリジナル 0 更新
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 オリジナル 1 更新
    ◆変数の操作:#0006 並び替え用 = -1
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 オリジナル 0 アクティブ ON
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 オリジナル 1 カーソル残す OFF アクティブ OFF
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 オリジナル 0 カーソル残す OFF アクティブ OFF
    ◆変数の操作:#0006 並び替え用 = -1
    ◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 オリジナル 0 アクティブ ON

    プラグインの補足
    1.ウィンドウの生成について
     ●オリジナルシーンおよび、マップシーンでは、ウィンドウの生成コマンドを最初に実行する必要があります。
     ●生成した順番にウィンドウ間のプライオリティを設定します。(後に生成したウィンドウを手前に表示)
     ●バトルシーンでは、生成コマンドは不要です。また、プライオリティは、ウィンドウIDの順番と同じです。

    2.表示しているデータの更新について
     ●ウィンドウに表示しているデータ(*2)は自動では更新しません。
      別途並列実行のイベント等で、更新コマンドを実行してください。

     (*2) ゲーム内変数や、アクターのパラメータ等

    3.ウィンドウの設定と表示について
     ●ウィンドウは、表示コマンドを実行した時点の設定内容でウィンドウを表示します。
     ●ウィンドウの設定は、ゲームデータに保存してウィンドウ別に管理します。
     ●基本的にウィンドウの設定を行うイベントと、ウィンドウを表示させるイベントは分けましょう。

    4.コマンドウィンドウのアクティブ設定について
     ●コマンドウィンドウにはアクティブ設定があります。(プラグインコマンドでON/OFF設定可能)
     ●アクティブがONになっているウィンドウに対して、カーソル操作してコマンドを実行することができます。
     ●複数のコマンドウィンドウを生成する場合や、イベントコマンド「文章の表示」等でメッセージウィンドウを
      表示させる場合には、アクティブ設定のON/OFFの切り替えが必要です。
     ●表示がOFFの状態でも、アクティブ設定は有効です。
      表示がOFFでアクティブがONの場合、ウィンドウが見えないだけでコマンドを実行できてしまいます。

    プラグインのダウンロード
    ●FTKR_OriginalSceneWindow.js (本体)
    <マニュアル>
    https://github.com/futokoro/RPGMaker/blob/master/FTKR_OriginalSceneWindow.ja.md

    <ダウンロード>
    https://raw.githubusercontent.com/futokoro/RPGMaker/master/FTKR_OriginalSceneWindow.js

    ●FTKR_CustomSimpleActorStatus.js
    コモンウィンドウに、文字列以外を表示させたい場合に必要です。
    <ダウンロード>
    https://raw.githubusercontent.com/futokoro/RPGMaker/master/FTKR_CustomSimpleActorStatus.js

    <マニュアル>
    https://github.com/futokoro/RPGMaker/blob/master/FTKR_CustomSimpleActorStatus.ja.md

    プラグインのライセンス
    プラグインは、MITライセンスのもと公開しています。

    製作者    : フトコロ
    非商用利用  : 自由
    商用利用   : 自由
    再配布    : OK
    加工     : OK
    加工後の再配布: OK
    シリーズ   : ツクールMV用
     
    最後に編集: 2018-05-20
    #1
    ゼイタ, Chungin Chae, kuro他13人がいいね!しています
  2. しぐれん

    しぐれん ユーザー

    すごいプラグインですね。
    自分でも似たようなものを考えたことがありましたが、完成図がイメージできず手を付けられませんでした。
    機能が疎結合で独立性が高く、ソースコードがきれいです。
    言葉にできない感動を感じています。
     
    #2
    ツミオ, フトコロ, 神無月サスケ他1人 がいいね!しています
  3. フトコロ

    フトコロ ユーザー

    お世話になっております。
    プラグインを更新して、機能を追加しました。(v1.1.0)

    大きな変更点としては、以下2つです。その他はプラグインの変更来歴を見てください。
    1.オリジナルシーンで、コモンイベントを呼び出せるようにしました。
      ただし、メッセージの表示やアニメーションの表示などはできません。
      これにより、コマンドの動作をかなり細かく作りこむことができるようになります。

    2.リストを表示するセレクトウィンドウの作成機能を追加しました。
      現在は、以下をリスト表示することができます。
      ●入力したテキスト文のリストを表示する
      ●パーティーメンバーのステータス

      リストを選択した箇所(一番上が0番)は、以下のスクリプトで取得できます。
      ●オリジナルシーン=$gameOswData._oswIndex
      ●マップシーン  =$gameMap._oswIndex

    今回の更新で、添付のような画面を作成できます。
    画面の作成例は、最初の記事に追加しました。
    サンプル5.jpg

    >追記
    ヘルプの記載が間違っている箇所があり、v1.1.1 に更新しました。
     
    最後に編集: 2017-06-19
    #3
    Chungin Chae, 神無月サスケ, 印度一好色他3人がいいね!しています
  4. フトコロ

    フトコロ ユーザー

    お世話になっております。
    プラグインを更新して、機能を追加しました。(v1.2.0)

    変更点としては、以下2つです。
    1.セレクトウィンドウで表示できるリストを追加しました。
      アクター、職業、スキル、アイテム、武器、防具、敵キャラ、敵グループをリストに表示できます。
      これらは、表示条件を設定して条件をみたすものだけを表示することができます。
      
      例)
      OSW_セレクト設定 マップ 0 リスト設定 アイテム item.itypeId===3
      これで、データベースのアイテムの中で、itypeIdが3(隠しアイテムA)のアイテムだけを表示します。
     
    2.セレクトウィンドウで選択中のデータを、コモンウィンドウで参照する機能を追加しました。 
      この機能により、セレクトウィンドウのカーソル操作に連動して、別のコモンウィンドウの情報を
      変更、更新することができます。

    今回の更新で、添付のような画面を作成できます。
    左側のセレクトウィンドウで選択しているクエスト1のデータを、右側のコモンウィンドウに参照させています。
    サンプル6_1.jpg
    ◆スイッチの操作:#0024 クエスト画面設定完了 = ON
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 マップ 4 生成
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 マップ 4 内容 ステータス text(クエスト選択)
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 マップ 4 サイズ -1 72 位置 0 72
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 マップ 0 生成
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 マップ 0 カーソル高さ 1 最大列数 1
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 マップ 0 リスト初期化
    //以下のコマンドで、隠しアイテムAのアイテムをリストに設定する
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 マップ 0 リスト設定 アイテム item.itypeId===3
    //以下のコマンドで、表示内容をリストに設定したアイテムの名前に設定する
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 マップ 0 内容 ステータス streval(item.name)
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 マップ 0 リスト実行設定 決定 コモンイベント(10)
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 マップ 0 リスト実行設定 キャンセル コモンイベント(11)
    ◆プラグインコマンド:OSW_セレクト設定 マップ 0 サイズ 240 480 位置 0 144 アクティブ OFF
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 マップ 5 生成
    //以下のコマンドで、セレクトウィンドウ0 のアクターとリストのデータを参照する
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 マップ 5 セレクト参照 0
    //セレクトウィンドウと同様に、itemのコードでリストのデータを参照できる
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 マップ 5 内容 ステータス streval(item.name),text(item.meta['説明1'])
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 マップ 5 サイズ 576 480 位置 240 144
    ◆イベントの一時消去

    クエストは、アイテムのデータベースを使って作成しています。
    クエストだけリストに表示できるように、アイテムタイプを「隠しアイテムA」に設定しています。
    サンプル6_2.jpg
     
    最後に編集: 2017-06-21
    #4
    tomino, みささぎかなめ, つやりん他4人がいいね!しています
  5. taitan

    taitan ユーザー

    これがよく出るのですが設定ミスでしょうか?
     

    添付ファイル:

    #5
    神無月サスケ がいいね!しました
  6. フトコロ

    フトコロ ユーザー

    どのような状況で発生するのか、教えていただけますか?

    イベント実行時であればその設定内容など、詳細な情報がないと、検証が厳しいです。

    また、エラー時のコンソール画面も、合わせて添付をお願いします。
     
    #6
    神無月サスケ がいいね!しました
  7. taitan

    taitan ユーザー

    ●イベントの設定
    OSW_コモン設定 マップ 0 生成
    OSW_コモン設定 マップ 0 位置 0 0 サイズ -1 72
    OSW_コモン設定 マップ 0 内容 幅比率 1,1,1 描画間隔 0,40,40,0
    OSW_コモン設定 マップ 0 内容 ステータス ;gauge(1);gauge(2)
    OSW_コモン設定 マップ 0 表示 ON

    ●画面上にはゲージは表示されますがその後の処理でエラーが発生します。
    ●FTKR_CustomSimpleActorStatusを用いる上で設定した操作の何かがミスである気がします。
    ●メニューを閉じたとき、セーブ、ロードを行った場合に上記のエラーが発生します。
     

    添付ファイル:

    #7
    神無月サスケ がいいね!しました
  8. フトコロ

    フトコロ ユーザー

    情報提供ありがとうございます。

    こちらの環境で試したところ、FTKR_CustomSimpleActorStatus.js側の不具合とわかりましたので、修正しました
    お手数をおかけしますが、更新をお願いします。

    ●FTKR_CustomSimpleActorStatus.js
    https://raw.githubusercontent.com/futokoro/RPGMaker/master/FTKR_CustomSimpleActorStatus.js

    なお、FTKR_CustomSimpleActorStatusのゲージの設定ですが
    ゲーム内変数をcurrentやmaxに使う場合は、バックスラッシュ(\)は不要です。
     
    #8
    神無月サスケ がいいね!しました
  9. taitan

    taitan ユーザー

    >フトコロ様
    ありがとうございます。 無事動きました!
    余談ですが、アイコンを表示することはできますか?
     
    #9
    神無月サスケフトコロ がいいね!しています
  10. フトコロ

    フトコロ ユーザー

    FTKR_CustomSimpleActorStatus.jsの機能で表示させることができます。
    単純に、ステータスに対してtext(\i[n])を設定すると、アイコンID n を表示させます。

    また、オリジナルゲージやカスタムパラメータの表示名に制御文字が使えますので
    そこでアイコンを表示させることもできます。
     
    #10
    神無月サスケ がいいね!しました
  11. taitan

    taitan ユーザー

    >フトコロ様
    ありがとうございます。
     
    #11
    神無月サスケ がいいね!しました
  12. ぼた餅

    ぼた餅 ユーザー

    こんにちは。
    セレクトウィンドウにて現在所持しているアイテム全てを表示したいのですが、どうすればよいのでしょうか?

    追記
    申し訳ありません。自己解決しました。
    トピック汚し失礼いたしました。
     
    最後に編集: 2017-11-22
    #12
    神無月サスケ がいいね!しました
  13. ビービー

    ビービー ユーザー

    こんにちは。
    こちらのプラグインを使用させていただいています。

    ヘルプ、マニュアル、作成例には目を通したつもりなんですが、シーンを終了するには以下の二つの方法だけしか発見できませんでした。
    OSW_コマンド設定 オリジナル 0 コマンド追加 戻る end true シーン終了
    OSW_セレクト設定 オリジナル 0 リスト実行設定 キャンセル シーン終了

    コマンドウィンドウに対してキャンセルボタンを押したときの挙動を指定することはできないのでしょうか?
    もしくはセレクトウィンドウで決定を押し呼び出されたコモンイベントからシーンを終了させるプラグインコマンドなどはないでしょうか?

    できればショップのシーンのように
    キャンセルボタンを押したときと終了する選択肢を選び決定ボタンを押したときの両方でシーンを終了させたいです。

    可能であれば機能を追加していただけると助かります。
    また私が見落としているだけですでにできるのであればやり方などを教えていただけるとありがたいです。
    よろしくおねがいします。
     
    #13
    神無月サスケ がいいね!しました
  14. フトコロ

    フトコロ ユーザー

    こんにちは。
    プラグインを更新して、機能を追加しました。(v1.4.0)

    以下のプラグインコマンドで、コマンドウィンドウにキャンセル時の動作を設定できます。
    OSW_キャンセル実行設定 [メソッド]

    メソッドの記述はコマンド追加と同じで、シーン終了なら以下の通りです。
    OSW_キャンセル実行設定 シーン終了

    また、コモンイベント内で、以下のプラグインコマンドを実行するとオリジナルシーンを終了させます。
    OSW_オリジナルシーン終了

    プラグインを更新して、試してみてください。

    https://github.com/futokoro/RPGMaker/blob/master/FTKR_OriginalSceneWindow.ja.md
     
    #14
    ビービー神無月サスケ がいいね!しています
  15. ビービー

    ビービー ユーザー

    こんばんわ。

    機能追加ありがとうございます!
    まだOSW_オリジナルシーン終了しか試していませんが理想の挙動を確認いたしました。

    ありがとうございました。
     
    #15
    神無月サスケフトコロ がいいね!しています
  16. Chungin Chae

    Chungin Chae ユーザー

    ライセンスは、すでに確認しましたが、正式に要請いただくことが礼儀だと思われ申し上げます。このプラグインを翻訳して韓国のフォーラムにも紹介してもいいですか?韓国はブーツ転公式フォーラムやストアがなく、ユーザのコミュニティだけです。このプラグインは非常に参考になりそうです。
     
    #16
    神無月サスケフトコロ がいいね!しています
  17. フトコロ

    フトコロ ユーザー

    こんにちは
    翻訳の件ですが、ライセンスに従って頂けのであれば、問題ありません。
     
    #17
    神無月サスケChungin Chae がいいね!しています
  18. toretore

    toretore ユーザー

    はじめまして、こんにちは。
    いつも素敵なプラグインありがとうございます。
    こちらのプラグインで、下記の表示例をコピペして使ってみたのですが、以下のようなエラー画面が出てしまいます。
    プラグインのバージョンは、最新バージョンを使っていて、RPGツクール MVも最新バージョンを使っているのですが、まず試しにと思いコピペさせていただいたのですが、どこが悪いのかわからず困っています。
    教えていただけないでしょうか?

    ◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 オリジナル 0 生成
    ◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 オリジナル 0 コマンド初期化
    ◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 オリジナル 0 コマンド追加 アイテム item true シーン変更(Scene_Item)
    ◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 オリジナル 0 サイズ 240
    ◆プラグインコマンド:OSW_コマンド設定 オリジナル 0 表示 ON アクティブ ON
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 オリジナル 0 生成
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 オリジナル 0 位置 0 144 アクター 1 表示 ON
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 オリジナル 0 内容 ステータス face,name
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 オリジナル 1 生成
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 オリジナル 1 位置 240 144 アクター 2 表示 ON
    ◆プラグインコマンド:OSW_コモン設定 オリジナル 1 内容 ステータス face,name
    ◆プラグインコマンド:OSW_オリジナルシーン表示
     

    添付ファイル:

    #18
    wrap がいいね!しました
  19. フトコロ

    フトコロ ユーザー

    プラグインパラメータの設定はされていますか?

    コマンドウィンドウや、コモンウィンドウなど、そのシーンで何個まで生成できるか、設定が必要なのです。

    後、シーンを終了させるコマンドを追加した方がいいです。
    そのままですと、オリジナルシーンが終わりませんので。
    最初のサンプル5に、シーン終了のコマンド追加の例があります。
     
    最後に編集: 2018-01-26
    #19
    wrap がいいね!しました
  20. toretore

    toretore ユーザー

    フトコロ様
    早速のご返信ありがとうございます。
    パラメータの設定とは…初歩的なことに気づかず、申し訳ありません。

    無事表示を確認しました。
    またシーン終了のコマンドも追加して使わせていただきます。

    ご返信ありがとうございました!
     
    #20
    フトコロ がいいね!しました

このページを共有