プラグイン「移動ルートの設定のスクリプトを使ってIF文などの処理を追加する」

フトコロ

ユーザー
プラグインの概要
プラグイン名 :FTKR_AddRoutineMoveCommands.js
最新バージョン:1.0.1

移動ルートの設定で、スクリプトを使って以下の処理ができます。
自律移動のカスタムに対しても使用可能です。

IF文
START_IF : 条件式1
条件1を満たした時の処理
ELSE_IF : 条件式2
条件2を満たした時の処理
ELSE
条件1と条件2を満たさない時の処理
END_IF

スクリプトで上記のコマンドおよび条件式を入力することで
条件を満たした場合にのみそれぞれの間の処理部を実行します。
処理部には、何個でもコマンドを設定できます。
JavaScript の if文 と同じです。
ELSE_IFおよびその処理部や、ELSEおよびその処理部は必須ではありません。
なお、このIF文内の処理に、別のIF文を入れることはできません。
例)
コード:
◆移動ルートの設定:このイベント (ウェイト)
:        :◇プレイヤーの方を向く
:        :◇スクリプト:START_IF : this.distanceEvent(-1) > 2
:        :◇一歩前進
:        :◇スクリプト:END_IF
:        :◇ランダムに方向転換
この例では、このイベントが
1. 「プレイヤーの方を向く」を実行
2. 条件式(this.distanceEvent(-1) > 2)を判定
3. 上記条件満たした場合にのみ「一歩前進」の処理を実行
4. 条件に関係なく「ランダムに方向転換」を実行
となります。

LOOP文
START_LOOP : 回数
指定した回数だけ繰り返し実行する処理
END_LOOP

指定した回数だけ、コマンドの間に設定した処理を繰り返し実行します。
回数はスクリプト方式で記述できます。
回数が 0 の場合は実行しません。
処理部には、何個でもコマンドを設定できます。
例)
コード:
◆移動ルートの設定:このイベント (ウェイト)
:        :◇プレイヤーの方を向く
:        :◇スクリプト:START_LOOP : 5
:        :◇一歩前進
:        :◇スクリプト:END_LOOP
:        :◇180度回転
この例では、このイベントが
1. 「プレイヤーの方を向く」を実行
2. START_LOOP ~ END_LOOP 間の処理(「一歩前進」)を 5回 実行
3. その後「180度回転」を実行
となります。

プラグインのダウンロード
●FTKR_AddRoutineMoveCommands.js
<ダウンロード>
https://raw.githubusercontent.com/futokoro/RPGMaker/master/FTKR_AddRoutineMoveCommands.js


プラグインのライセンス
プラグインは、MITライセンスのもと公開しています。

製作者    : フトコロ
非商用利用  : 自由
商用利用   : 自由
再配布    : OK
加工     : OK
加工後の再配布: OK
シリーズ   : ツクールMV用
 
最後に編集:

フトコロ

ユーザー
公開早々で申し訳ないのですが
ELSE_IFの処理部に不具合がありましたので、v1.0.1に更新しました。

↓のような感じで自律移動のカスタムで移動ルートを組むと
プレイヤーと一定距離を保つような動きをさせられます。
コード:
◆移動ルートの設定:このイベント (繰り返す, 飛ばす, ウェイト)
:        :◇プレイヤーの方を向く
:        :◇スクリプト:START_IF : this.distanceEvent(-1) > 2
:        :◇一歩前進
:        :◇スクリプト:ELSE_IF : this.distanceEvent(-1) < 2
:        :◇一歩後退
:        :◇スクリプト:END_IF
 
トップ