プラグインの一覧を取得するプラグイン

しぐれん

ユーザー
どこに需要があるかわかりませんが、使用しているプラグインの一覧を取得するプラグインを作成しました。
このプラグインを入れてゲームを起動すると「pluginData.txt」というファイルが作成されます。
このファイルの中身をコピペして貼り付けることで、バグ報告や競合の解決が容易になります。
パラメータ一覧も取得できます。

VScodeでデバッグ起動すると動かないので、その時は一度消してください。

※一部の環境で正しく動かなかったので修正。
※一部パラメータを修正して使いやすく。
 

Attachments

最後に編集:

にゃー

ユーザー
今回の公式によるMVアップデートにてこのプラグインがお役立ちだったので宣伝します

具体的にどうお役立ちだったのかと言うと、使い方はこんな感じです

1.現在制作中のゲームはツクールMV自体を起動させないと起動できない感じになってます(確か本来ならゲームのファイルの中にあるgameというファイルからでも読み込めたはずです)

2.そこで、新しいゲームを作り、そのjsファイルをコピー&ペーストして上書きしていきます、これでMVのアップデートの恩恵にあずかれます

3.しかしこれにはデメリット?もあって、これまでに有志の方からいただいたプラグインの設定がごっそり消えたり、そもそもはいってないプラグインがONになってたりとカオスなことになります(これもしかしたらjsファイル内のpluginsも上書きしてしまったからかもしれません)

4.そもそも入ってないプラグインについては削除するとして、ここでプラグインの設定がごっそり消えていると、ぶっちゃけ面倒な事になります。
特にレイアウトをいじるタイプのプラグインは「これ座標どうなってたっけ?」「比率は?」「こいつってどのスイッチ使ってたっけ」などなどで混乱するかなと思います

5.そんな時にこのプラグインで事前に設定をテキストにして出しておけばあら不思議
多少手間はかかりますが過去の設定をテキストにして残しているので、そのまま書きだせる、というわけです

特にプラグインの管理は私が10個超えるか超えないか程度ではあったものの、かなり作りこんでいる人なら百近くのプラグインが入ってる可能性もあるかと思うので、そういう時に便利じゃないかなと思います
 

munokura

ユーザー
プラグインの競合が疑われる時の質問資料(使用プラグイン一覧)作成
https://fungamemake.com/archives/6930

しぐれん様作のplugin_listの使い方を上記の記事で解説しました。

ツクプラにアップしてあるファイルには
・ヘルプに追記
・プラグインパラメーターを調整
したファイルをアップしてあります。

こちらにも同じものを添付いたします。

使用してみて、「こうなったら良いな」レベルのアップデートリクエストをいたします。

1.出力ファイルの保存先指定
記事中にあるように、プロジェクト内に保存されると、デプロイメントでコピーされて面倒なこともあります。
※トリアコンタンさん作のバックアッププラグインのような形式がベターと考えます。
https://plugin.fungamemake.com/archives/22899

2.プラグインパラメーターの変更
@param name
@param desc
@param writeParamFlag
が選択肢が2つのみであれば、@type boolean で選択できるようにいただけると、UI的に使用しやすいと思いました。
改変を試みましたが、スキル不足でした。

3.author の書き出し指定
これができると、作品完成後にクレジット表示を整理しやすくなると思います。

4.CSVにできるオプション
これができると、クレジット表示整理が更にはかどります。

大変厚かましい希望とは存じますが、ご検討いただければ幸いです。
 

Attachments

最後に編集:

DarkPlasma

ユーザー
1, 2について改修したPRを出しています。
https://github.com/Sigureya/RPGmakerMV/pull/2

3については、全プラグインの中身を読む必要があり、ちょっと力技になるので今回は追加していません。
拙作のLicenseManagerプラグインで愚直に実装したものがありますので、どうしても欲しい場合は参考までにどうぞ。
https://github.com/elleonard/RPGtko...ter/plugins/DarkPlasma_LicenseManager.js#L735

4もやればできそうですが、ちょっと需要がわからず手を付けていません。
 
トップ