プラグイン自動更新プラグイン

※注意 このプラグインはまだ試作品です。

プラグインが最新であるかどうかを確認し、最新でなければ自動更新を行うプラグインです。
キャプチャ.PNG

[使用方法]
このプラグインを導入すると、ONになっているプラグインについて、最新のものであるかをチェックして
最新のものでない可能性のファイルがある場合、一覧として表示します。
そして、一覧の中から更新したいプラグインを選択することで、自動更新を行うことができます。

なお、プラグインの更新を行う前には自動でバックアップを取得します。

[更新画面の操作について]
更新画面の操作はすべてマウスで行います。

更新したいプラグインにチェックを入れて「選択したプラグインを更新」をクリックするとプラグインが更新されます。
更新が完了するとタイトル画面に移行しますが、この段階ではファイルの更新結果が反映されないため、F5を押してリロードを行ってください。

「プラグインを更新せずにゲーム開始」をクリックした場合はプラグインを更新せずにタイトル画面に移行します。

なお、更新が必要なプラグインが存在しない場合は、更新画面を表示せずにすぐにタイトル画面に移行します。

[URLの登録]
プラグインのダウンロード先URLは、プラグイン内に記載されているURLから自動で抽出しますが、
手動で設定することもできます。この場合、プラグインパラメータの「PluginUrl」にURLを登録します。
なお、手動で設定したURLは、プラグイン内に記載されているURLよりも優先されます。

プラグインで抽出したURLは、プラグインパラメータ「WriteUrlLog」をtrueにすることで、
ゲーム起動時に「URL_log.txt」というファイルに保存されます。プラグインからのURLの抽出が上手くいかない可能性があるので、
最初にこのファイルを確認して、プラグインのURLが正しいものになっているかを確認してみてください。

[特定のプラグインを更新チェックの対象外にする]
特定のプラグインを更新チェックの対象外にする場合、プラグインパラメータの「DisableUpdatePlugin」に
対象外とするプラグイン名を指定します。

[バックアップについて]
プラグインの更新を行う場合、更新対象のプラグインについて自動でバックアップを取得します。
取得したバックアップは日時ごとに管理され、「backup/バックアップ取得日時」ディレクトリの中に保存されます。

[プラグインのチェックの仕組みについて]
プラグインのチェックについては、次の仕組みで行っています。
・ONになっているプラグインすべてについて、プラグインのソースコードをローカルから読み込む。
・プラグインからURLを抽出し、そのURLからプラグインをダウンロードする。
・ダウンロードしたプラグインとローカルのプラグインが一致しているか確認し、一致していなければ
更新対象のプラグインとしてリストアップする。

[URLの抽出について]
URLについては、プラグイン内に記載されているURLを抽出します。
このとき、URLがGithubのURLであった場合、Rawに変換を行います。
また、GithubのリポジトリのURLであった場合、リポジトリのURL + プラグインのファイル名からなるURLを
ダウンロード先URLとして扱います。

[ライセンス]
このプラグインは、MITライセンスの条件の下で利用可能です。

[ダウンロード先]
・プラグインのダウンロード
↓ダウンロード先(リンクを右クリックして、「名前を付けてリンク先を保存」でダウンロードしてください)
https://raw.githubusercontent.com/unagiootoro/RPGMZ/master/AutoPluginUpdater.js
 
v0.2.0に更新しました。
・ログの記載内容を変更
・OFFになっているプラグインと更新対象外のプラグインはHTTPリクエストを出さないように修正
 
トップ