会話イベント。「話者名」はウインドウのどこに表示する?

会話イベントで、話者はどこに表示してますか?

  • 話者サブウインドウに表示する

    Votes: 6 42.9%
  • 文章ウインドウに直接表示する(場合によっては色を変えて)

    Votes: 9 64.3%
  • 話者は表示しない

    Votes: 1 7.1%

  • Total voters
    14

リンク

ユーザー
会話イベントで、話者をウインドウ表示する方法って、大きく分けて2種類あると思います。

  • 話者サブウインドウに記入する
  • 文章ウインドウに直接記入する(場合によっては色も変える)
どっちの方法でやっていますか?

アクターに登録されている名前は、前者の方法でも表示が可能です。
しかし、初心者講座などのサンプルを確認すると、後者の方法をよく見かけます。
前者の方法があるのに、なぜ後者の方法?と思うのですけどね。

皆さんはどっちの方法でやってますか?
できたら、理由もお願いします。

僕は前者です。
テキスト欄を広く使えますし、そのための機能ですからね。
 
「文章ウインドウに直接記入する」です。理由としては自分がプレイしてきたゲーム(古いものが多いですが)に
そういうものが多かった(気がする)からです。

>前者の方法があるのに、なぜ後者の方法?と思うのですけどね。
 自分はむしろ逆で「サンプルで紹介されている方法で全く不満は無いのになぜそうじゃない方法を取るのか」の方が疑問に思います。
 サンプルで後者の方法がよく見られるのは、その方が作りやすいから、と考えます。

 情けない話ですが「話者サブウインドウ」という言葉はここで初めて知りました。機能の使い方もよく分からず正直使いこなせてません。
(「話者サブウインドウ」で検索して調べてみましたが、見つかりませんでした)
 ここに限りませんが、リンクさんの書き込みを読むと、自分の知識不足を痛感するレベルで知らない単語のオンパレードです。
 無知は罪だとすれば間違いなく打首レベル。でもそんな自分でもゲームを作ることが許されるのがツクールであるとも思っています。
 故に「知識が無くても作りやすいのが後者なので、初心者講座もそれに合わせている」のではないかと考えていますし、
 初心者に会話の作り方を教える機会があるなら、自分もそれを勧めます。
 
話者の名前をサブウインドウで表示するにはプラグインが必要ですからね……。
専ら文章ウインドウの1行目を名前用スペースにします。
今の所私はモブキャラのいるゲームを作ったことがないのですが、その場合は多分名前をつけたりすると思います。
 

リンク

ユーザー
あれっ?
MVの場合はプラグイン必要なのですか?

ツクトリの場合は標準で可能な機能です。
話者名に表示したいアクター名と、位置を設定すると、文章ウインドウの肩部分に任意のアクター名を表示可能です。

追記
あっ! 本当ですね!!

MV


ツクトリ

てっきり同じ仕様だと思ってました。
すみません。

ただツクトリのサンプルでも、本文に書く書き方が使われていたなと思いました。
 
最後に編集:

WTR

ユーザー
外に別枠で表示する派です。
なんとなく、そっちのほうが洒落てるような気がするから。本当になんとなくですが

ただテキスト欄を広く使える、には少々疑問です。
基本的にツクールのメッセージウィンドウは、いっぱいに文章を表示していいものだとは思ってません。
1行目は名前用にしてメッセージ表示領域は3行までにする、というのは読みやすさの点からはリーズナブルだと思います。
4行びっしり書いてあるウィンドウは中身を読む気が削がれる。

個人的には可能な限り2行で意味の通る塊にする、を強く意識しています。
3行目を解禁するかどうかは本当に悩みます。
 

リンク

ユーザー
外に別枠で表示する派です。
なんとなく、そっちのほうが洒落てるような気がするから。本当になんとなくですが

ただテキスト欄を広く使える、には少々疑問です。
基本的にツクールのメッセージウィンドウは、いっぱいに文章を表示していいものだとは思ってません。
1行目は名前用にしてメッセージ表示領域は3行までにする、というのは読みやすさの点からはリーズナブルだと思います。
4行びっしり書いてあるウィンドウは中身を読む気が削がれる。

個人的には可能な限り2行で意味の通る塊にする、を強く意識しています。
3行目を解禁するかどうかは本当に悩みます。
確かに…。
僕は3行までならOK派ですが、4行はちょっと悩む所ですね。
なるべく3行以内に収めてはいるものの、たまーに文章をどう縮めていいか分からず、所々4行使ってしまったところもあります。
 
僕は3つともやったことがあります。
一番多いのは、通常のメッセージウィンドウの1行目が話者名で
2行目以降の3行に話したいことを喋らせる形で、
*「
〇〇の洞窟は東だよ」

みたいに、話者(町のモブキャラはドラクエに倣って*にする)を表示します。
なお、次のウィンドウにメッセージが続く場合も1行目は話者名です。
閉じ括弧は、次のウィンドウに続かない場合にのみ付けます。

・別ウィンドウでやった例
「青鬼2016」などのゲームを作った際は、元がそうだったので、
Yanfly Message Core を使って、名前ウィンドウにしています。
思いのほか、4行表示だと文章が見やすくなることが分かったので、
最近はこちらを採用することが多いですね。

・話者を表示しない例
かつて存在した、FOMAアプリ用ツクール「RPGツクール for Mobile」では
メッセージウィンドウが顔グラフィック+12文字×3行という、
非常に短いものだったため、
顔グラだけ表示して話者名は表示していませんでした。
キャラの名前は顔グラで覚えてくれ、って感じで。
これで作っていた人の中には、顔グラの隅の方にキャラの名前を入れるなど
工夫している人もいましたし、それが理想なんでしょうけれど、
僕はやっていませんでした。
 
話者名別枠が無い場合でも、

竜崎
「私はLです。」


のように1行目を話者名のみに充てる場合と

竜崎「私はLです。」

のように1行目から本文を始める場合という潮流がありますね。
この違いはDante98の頃から既にあったと思います。

因みに私は基本的には1行目から本文を始めますが、
偶に理由があれば1行目を話者名のみにします(漢字のフルネームと読み仮名等)。
 
トップ