元ネタがあるキャラクターっていますか?

元ネタがあるキャラ、いますか?

  • いる

    Votes: 14 87.5%
  • いない

    Votes: 2 12.5%

  • Total voters
    16

かんぱち

ユーザー
タイトルの通りです。
一応タイトルに「キャラクター」と書いてありますが
アイテム、武器などでもOKです

では私から。
制作中のゲームですが

エポワス
仲間になる魔術師です
元ネタはFFの赤魔術師
ですがFF自体はあまり知りません...
実際赤魔術師はmatt roszakさん 
という人の作品で知りました。

ひんやりこぞう
雪が降る森的なところに出てくる雑魚敵です。
花子さんがきた!にでてくる同名作品が元です。
おんぶされると氷の塊になってしまう
という設定ですがおんぶする描写は気力がなくてできなかったので
ただ触ると氷の塊になるという設定にアレンジ。

マオ
HIJIKIさん作成のリセマラ異世界DK
というゲームに出てくる
キャラが元です。ネタバレになるので名前は言いませんが
一応グサッときました。
名前は「魔王」が元です






 
最後に編集:
「いる」となります。

■ダハーカ=ユルング・メルジーヌ
 性格についてSaGa FrontierのT260(T260G)に
 インスピレーションを受けています。

■グラシス・グランベリア(その1)
 初期デザインに元ネタがあります。
 今のデザインは大幅に変わりましたが、
 姓がその名残です。
 (ただし詳細語れず)

■グラシス・グランベリア(その2)&アイシス・グランベリア
 姉妹キャラクター。
 名前がモンスターハンターシリーズの鉱石素材
 「グラシスメタル」「アイシスメタル」から来た組み合わせだったりします。

■サファイア・レインディア
 目以外のカラーリング(体色)がレジェンズのウインドラゴンを元ネタにしています。
 
そう言えば名前自体の元ネタはわりと多いです。

■ニル・ヴァルナス
 「ニルヴァーナ」に由来したとか。
■如月 那由他
 如月:旧暦2月
 那由他:巨大数。一般に10の60乗=1那由他。
■サンサーラ・カルマ
 サンサーラ:サンスクリット語「輪廻転生」
 カルマ:サンスクリット語「業」
■ダハーカ=ユルング・メルジーヌ
 ダハーカ:ゾロアスター教の怪物「アジ・ダハーカ」
 ユルング:アボリジニの伝承にある蛇「ユルルングル」の表記揺れ
 メルジーヌ:フランス伝承の蛇女「メリュジーヌ」の表記揺れ
■リーン・シェーシャ
 シェーシャ:インド神話のナーガの王
■ヌル・タナトフォビア
 ヌル:何もない
 タナトフォビア:死恐怖症
■ナル・デスサイス
 ナル:英語におけるNullの発音から
 
ツクールMVのサンプルゲーム「エミールの小さな冒険」は、
ずばり、ケストナーの児童文学「エーミールと探偵たち」から主人公の名前を付けました。
このため、ケストナー作品にちなんだモチーフ(エミールのあだ名が主席、とか)が
ふんだんに使われています。

この「海外の児童文学を参考にする」ってやり方は僕ではなく
共同制作したブラック・ウルフさんの案だったのですが、かなりいい雰囲気になりました。
もし今後何か作る時も、このやり方で行くかもしれません。
 
執筆者:神凪洸

います。
版権キャラもいますし、リアルもいますし。
なんなら版権キャラの名前をそのまま並べ替えた系(1個漢字付け足しましたが)もいます。

版権に関しては色々アレなので言えませんが
リアルモデルに関して言うと、「神崎綺音」と「神崎朧」がそうです。
誰とは公言してませんが、片方はすぐにわかりそうなレベル。
あとは版権とリアルのいいとこ取りしたキャラもいます。

元ネタと言えるほどの共通点はないですが、自分の好きなキャラの一部が
盛り込まれてる我が子もたくさんいますねー。
理想とこれまでの経験で生まれるので自然なことですが。
なので自分が気づいてないだけで、実は元ネタがある可能性もあるんですよね。こういうのって。
 
考えなくても分かるレベル、分かる人には分かるレベル、誰が分かるんだレベルのマニアックなネタ…。
大中小併せると数え切れないくらいの数があります。
今は特に版権モノに関しての扱いが難しい時代になりましたが、個人的には元ネタへのリスペクトがあればいいかなと。
(もちろんこの考えで失敗したこともあるのでオールOKとはなりませんが、全部ダメというのも窮屈な感じがします)

流行りネタを使い過ぎると時期が過ぎた時に寒くなる、という意見もあるのですが、自分はむしろ流行りネタこそ使いたい派です。
ずっと後になってプレイし返したときに「ああ、あの時はこのネタが流行っていたんだね」と当時を懐かしむことも出来るので。

キャラクターに関しては自分の知人をモデルにしたキャラも実は存在しています。
RPGの古典ウィザードリィの「マーフィーズゴースト」が作者の嫌いな知人の名前をもらったという例に習い…。
さすがに自作品で扱いが雑なキャラを割り当てるのは忍びないので全般的に良さげなポジションにいるキャラが多めです。
 
>夢幻台さん
マーフィーズゴーストって作者の嫌いな人の名前だったとは!
それで思い出したんですが、僕も嫌な奴の名前を悪役に出すことがしばしば……
(本人に見られたら恨まれるのでどのキャラかは伏せます)

あと名前じゃないんですが、好きな人をリスペクトした例として、
拙作Moon Whistleというゲームのイベントの起きるゲーム内日付を、
6月6日にする予定のところ、作曲の氷石彩亜君の誕生日、6月8日にした、という例があります。
(本人は完成後公開前にテストプレイしてたまげてましたが、嫌な顔はされませんでした)

もうひとつ、今思い出したんですが、そのゲームの敵キャラに「おやすみいのしし」ってのがいます。
ミシンの上に乗って眠っているいのししで、ずんぐり体形がかわいいと好評でしたが、
元ネタは、「さよなら人類」などの曲で有名なバンド「たま」の代表作の一つ「おやすみいのしし」という曲です。
歌い出しが、「ミシンの上に いのしし眠る夜」なので、ミシンの上に寝ているのです。
たまのファンって結構多いらしく、にやりとした人が結構いた模様です。
 
トップ