制作物・データの管理等について

ゲームや素材を作っているとどんどん溜まっていって、どこにあるか分からない! これ前に作った奴と一緒じゃん! ここはどの様にしたか分からん! と管理が大変だと思いますが皆さんはどの様に管理していますでしょうか?
また、ゲームのキャラ性能などを管理する為のデータはどの様に作っていますでしょうか?

自分は○○でやっている、などとご意見を寄せても構いません。
要望があれば質問を設置しようと考えています。

例 : ゲームや素材は専用のフォルダを作って管理している、データはExcel等のスプレッドシートで管理。
まあ私の制作環境(?)なのですが。しかも神Excelだし。どうやったらExcelらしいのが出来るんだ。
 
私の場合は

音声・画像素材:
「ツクールの素材」というフォルダを作り、そこにまとめて入れておく。

ゲームデータ:
「ゲームのタイトル・データ」というファイルをスプレッドシートで作る。

プラグイン:
プラグインテストをするためのプロジェクトを作り、そこに保存してテストする。

ゲーム:
基本的には「Game」に入れっぱなしですが、完成した作品はgoogleドライブに保存する。

アイディア:
googleドライブに「作りたいゲーム・シナリオ・プラグイン」のようなファイルを作り
そこに書き込んでおく。スマートフォンがあれば外出先でもアイディアを思いついたときに
書き込むことができる。

といった感じです。
 
シトラス様と音声や画像素材は大体同じですが、自分の場合は作った・気に入った素材毎にプラグインの用途毎でプロジェクトにまとめて入れます。
新規に作る・前に作った奴を除いて、

・キャラチップ及び、フロントビュー専用素材用とサイドビュー専用素材用
→微調整やバリエーションや未完素材のまとめ用。
・アイデアゲームデータ用
・SRPGコンバーターMV用のデータベース
・LeTBS用のデータベース及び専用素材
・RMV-Chrono Engine用のデータベース及び専用素材
・動作確認用
などに分けてやっています。
アイデアやデザインの輪郭とかはノートとかアバウトに記載しています。

自分の場合、Excelとかに色々、記載・保管の暇があったら、直にプロジェクトの方を弄っています。
だって、ドットやゲームデータの弄る時間減るし。
 

jun

ユーザー
こんにちは。
自分は綺麗にまとめたり分類するのが苦手なので、ツクールMVというフォルダを作って、まずそこにガンガン入れてしまってます。
主に画像です。
ツクールMVフォルダの中は、顔グラフォルダとスクショ画像フォルダ、公式配布の素材DLフォルダ。残りは分けていません。

シナリオ関係やデータベース関連は、ルーズリーフに手書きです。
アイディアを出す時に割とラクガキしながらの方が出てくるので、どうしても紙に書くアナログ方法になっています。
その紙を、100均で買った小分けできるファイルに入れて管理しています。
 
こんにちは。

私の場合は、ツクール用のフォルダで管理してますね。プロジェクト用フォルダとダウンロード素材用フォルダを分けて、ダウンロード素材は製作者単位でフォルダ分けしてます。

プロジェクトを立ち上げたら、ダウンロードしておいた素材フォルダから欲しいものを探してコピペして使っていますね。クレジットもテンプレートを作っておいて新規プロジェクト立ち上げ時にすぐ入れてしまい、素材移植時に都度追記するようにしています。製作者単位でフォルダ分けすると、その点が直感的で楽です。

ただ、あのシステム(画像)誰が作ってたっけ?となる事がたまにあるので、膨大になってきた時の管理をどうしようかなと、思案中です(笑)
 
画像などの素材に関しては、junさんの分け方に大体近いです。(1つフォルダを作ってそこにガンガン入れる)
他の方から見るといかにも乱雑な整理の仕方ですが、何度も何度もそこから引き出していると自然と混乱しなくなります。

アイデアやキャラデータベースに関しては基本的には「作品に入れたままほったらかし」です。
(基本的にアイディアなどを下書きしない人間なので)
あとでデータを思い出したくなったらその作品の該当イベントやデータベースを見直す…という感じです。
使えるものなら次の作品にそのままコピー可能なので割と有効と考えています。
どこに行ったか分からなくなるアイデアやデータもあるにはあるのですが、その時は
「どこに行ったか分からなくなる、その程度のアイデアやデータ」と割り切って新しく決め直したりします。
さすがに画像関係はそうもいかない(他の方から頂いたものも多く基本的に貴重品、自作のモノも作り直しが非常に面倒)なので上記のようにフォルダに保存していますが。
 
最後に編集:

salaspitg

ユーザー
こんにちは。
わたしもネコタさんのように作者ごとに素材を分けて管理してますね。
利用規約が作者ごとに違いますし、「これ誰の素材だっけ?」という混乱防止にもなります。

ツクールMVの素材管理は「Asset Manager MV」というツールで行ってます。
大量に素材をストックしてるなら便利ですよ。
http://moonlightinn.eldersoftware.org/asset_manager_mv.html
 
あとは、ファイル名を変えるのもいいかもしれませんね。
作者名を4文字のアルファベットで表して、それをファイル名の頭につける、すなわち
「abcd_battle1」みたいな感じです。
これなら、制作中にもどれが外部素材だったか意識できます。
そして、コモンイベントなどの注釈を利用して作者をメモしておくことによって
エンディングクレジットを制作する際に「誰の素材を使ったっけ?」と
なることを防ぐこともできると思います。
 
リンクスさん、こん**は。
みなさん、フォルダの分け方などで工夫している人が多いようですが、
もうひとつ、僕が実際にやっている裏技をご紹介します。

それはずばり「入手した日付で整理する」というやり方です。

素材を漁っていても、大体「いつごろ手に入れたデータか」は覚えているものです。
よって、どんどん同じフォルダに、追加していくことです。
「音楽素材」「SE素材」などのフォルダを作るのが面倒なら、
全部同じひとつのフォルダにぶち込んでしまってかまわないのです。

検索するときは、タイムスタンプでソートして「大体、この日あたりだったな」と
目星をつければ、意外と簡単に見つけられます。

ただ、それだと、日付が経過すると忘れてしまうことがあります。
よって、フォルダにreadme.txtを作り、「○月○日:○○追加(ファイル名と、そのファイルの簡単な説明)」
のように、逐一書いていくのです。

こうすることによって、テキストファイルを検索するだけで、
「あのファイルどこにあったっけ?」が一発で解決できてしまいます。

かなりイレギュラーな方法だと思うため、ご自分流にアレンジされるとよいかと思いますが、
この方法は、僕にとっては効果絶大ですので、ご紹介させていただきました。
 
最後に編集:

seea

ユーザー
ゲーム(プロジェクトのフォルダ)
⇒ Subversion管理です。唯一、真面目に管理している……。
Gitにしようかとも思いましたが別に特に困っていないのでそのままになっています。

素材
⇒ 残念ながら、わちゃわちゃしてて何処に何があるのか把握しておらず
実は同じものが複数箇所にあったりして、全く管理されていない状態()
VXAceとMVとでフォルダを分けているんですが、もう全部一緒で良いような気がしてきました。

ゲームのキャラ性能などを管理する為のデータ
⇒ 自分用の覚え書きはテキストファイルです。
対外的なもの(他の方に渡す資料)はWordかExcelで作ってPDFにしています。
まあでもキャラ性能だったらテキストで十分かな。
 

まるたん

ユーザー
ゲームはツクールフォルダを作ってそこへ入れていますね(´・ω・`)
キャラのデータは、また別にキャラデータのフォルダを作ってそこで管理しています(/)・ω・(ヾ)
何分管理が得意ではないので、こまめに分けないと後で必ずどこにあったっけ?ってなると
思うので、できるだけジャンルを細かくして、ファイルの名前もわかりやすくと考えています((´゚∀゚`))

例えで、風呂敷を広げすぎるという言葉がありますが、私は管理に置いて広げすぎると管理できないと予想し
フォルダにおいても、あまり一つに入れ過ぎない方がよいのかな?と試行中です(/)・ω・(ヾ)
人によって差はありますが、自分がフォルダを覗いたときに、短時間でこれはあれだ!?と思い起こせる数が理想かな?と
思っています(*´ω`*)
 
トップ