召喚士について

久しぶりに、職業スレを立ててみます。
召喚士は、FFの影響で「高火力・高コストの魔法アタッカー」というイメージがあるかもしれません。
まさしく召喚を世界観の根幹にした「サモンナイト」シリーズでは
SRPGなので新たなユニットを召喚したり、召喚した存在を対象に憑りつかせて
強化・弱体化を行う「憑依召喚」というのもあります。
また、セブンスドラゴンではカードを使う召喚士ジョブ「デュエリスト」というのも
登場しました。

自分は現在、MVTrinityでデータベースを作っているのですが
デフォルトキャラの一人、アランの職業を召喚士にしました。
アラビアンナイト→魔法のランプ→魔人を使役する
というイメージからです。
Alan_Skill.JPG
スキルの名前は、アラビア語から来ています。
 
召喚士について大体の事はこちらに記載されており、
https://dic.pixiv.net/a/召喚士
魔物や精霊を使役して召喚する作品が大半。
自分が知っている限りでは「ゼロの使い魔」や「勇者リンの伝説」の様な現代に関する物を呼び出して使役する作品も存在する。
特に「勇者リンの伝説」の異界の住人達は斬新・・・。訳ありの一般人を呼んだり、軽トラの様な無機物も呼び出せる。ちなみに作風は9割近くギャクになっている。
 
最後に編集:
イフリート「爆炎鳴動弾」

ツクールシリーズで召喚といえば、ツクール4の召喚魔法ムービーなしには語れない?
あとはGB・GB2・アドバンスまでの携帯機シリーズと、PC版だったらVXAce・MVにも
召喚を意識しているであろう魔法アニメーションがあるので、比較的表現しやすいかもしれません。
(PS2無印にも一応あるけど、出てくるのはすべて色違いの『デーモン召喚』……)

さて、そろそろゲーム内での扱いに移ると……
精霊や怪獣と契約するイベントを経て強力な魔法を習得する立ち位置が定番な気がします。
今回ばかりはDQよりFFリスペクトの方がお手軽!

召喚魔法がひとりに集約するなら、他の仲間がせいぜい1~2属性しか扱えない中で
召喚術士だけは多くの属性の魔法が使えるという点も強みになるはず。
自作品でそんな性能だった召喚術士のメープルちゃんが活躍したのは……上記で挙げなかった、まさかのツクール3。
一部のイベントで習得する魔法に、メッセージ『~を、呼び出した!』を使って召喚魔法と言い張っていたのでした!
 

YouChalice

ユーザー
私も召喚士、召喚能力という存在が好きで色々試行錯誤した事があります。
FFシリーズのようなタイプの召喚も好きなのですが、どちらかと言うと女神転生シリーズの召喚が好きです。
言ってしまうと仲間の入れ替え、編成を召喚と称して実装しても良いんですよね。
女神転生シリーズだと仲魔を召喚して連れて歩くことは出来ても、マグネタイトを消費するといった枷が設けられてますね。
でも、戦闘中に召喚して仲間として戦ってほしいっていう憧れもあります…。

私の好きなツクールXP製の海外のゲームで『Middens』というゲームがあるのですが、これに用いられていた召喚システムが理想に近かったので記しておきます。
こちらのゲームでは戦闘中にスキルを使うことで3体のプロキシと呼ばれる存在を共に戦うアクターとして召喚する事ができます。
ダメージを与える特技が得意なLam、回復特技が得意なOm、状態異常を与える特技が得意なYamといった感じで各々得意な能力が異なっています。
これらの仲間は戦闘終了時に行動不能になり、再びスキルで呼び出すまで使うことができません。(マップを切り替えるとメンバーから外れます。)また、召喚した戦闘でのみ経験値を得てレベルアップやスキルの習得もします。

やはりこういったシステムにする場合は他のアクターと四人でパーティを組むようなシステムとは相性は良くなさそうです。(パーティの最大人数を3人以下にして残りを召喚の枠として開けておくといったようなものは考えられそうですが…。)
召喚、召喚士などの特異な能力をどうやって表現するかと試行錯誤するのは楽しいですね。
 
ある意味、ツクラーさんはみんなが召喚士。
思い思いのキャラクターを産み出し、自作品に「召喚」して活躍してもらう…。素晴らしいジョブかなと。

…で終わっては身もフタも無いので、ゲーム的な召喚士のお話も。
かなり大雑把な分け方ですが、大別すると大体2タイプに分かれるかなと思います。

1.完全に「戦闘システム」としての位置づけ。戦闘中に呼び出し用が済めば退散。思い入れは皆無で多数召喚もアリ。
例:オウガバトルシリーズ、ウィザードリィシリーズ、ファイアーエムブレムシリーズ

2.システムと共にストーリーにも一部位置づけ、またはガッツリと位置付けられている。召喚対象との会話があるものも。
例:FFシリーズ、女神転生シリーズ

自作品では「パーティー×ナイト」において、1と2複合のシステムになりました。
「単純に力を与えるだけの召喚」のものもあれば「絆を深めた時に入手して、初めて召喚可能になる」というものもあります。

ストーリー的に見ると「自らが召喚した召喚対象に殺される」シチュエーションも結構あった記憶があります。特に敵側。
やはり相手が「生き物」(魔物含めて)であることが多いため扱いが難しくも面白く、物語のアクセントにも使いやすそうです。
 

神の味噌汁

ユーザー
異界から呼び寄せる。という物とは違いますが。

以前考えた世界観のモノです。
1、呼び出せるものは、自分自身の中にあり、全てのスキルはその零れた一片である。
2、通常の戦闘では、宿した力の断片(スキル)を使い、自分自身で戦う。
3、街には、巨大な魔物が出没する(一般人には見えない)※なぜ出てくるかは煮詰めていない。
4、巨大な魔物と戦うときのみ、宿した力を最大限使って、召喚し、召喚した魔物で戦闘する。
ゼノギアスみたいな感じで。

と言った感じでした。(未完のまま終わりました)

ドラゴンとかそもそも人間とスケールが違うじゃんというところから。
昔の特撮的なお話や、とあるアニメの影響で考えた物でした。

そういえば、女神転生系でソウルハッカーっていうのがありましたが、
あれの仲魔を可愛くしてデフォルメして、モンスターボールに入れて持ち運ぶってのはどうかな。
ぽけてん?
 
召喚魔法と言っても、大きく分けて2種類ありますね。
ひとつはFFシリーズのように「技のひとつ」として持たせるもの。
もうひとつは、ドラクエシリーズやWizardryシリーズのように、
戦闘に参加するもの。

後者の場合、結構ランダム性が強くて、Wizardryではファズボールという
弱いキャラが召喚されたときは、「代わりにダメージを受けてくれる」
くらいしか存在感がなかったですね。

また前者の召喚魔法ですが、FF5では、攻撃系、防御系、回復系など
様々な種類の技を使ってくれるのに対し、
FF3では、ほとんどがダメージを与える技ばかりで、黒魔導士(魔人)の
下位互換な印象を覚えました。

でも召喚の一番の醍醐味って「強いキャラを呼び出して、代わりに
攻撃/回復してもらう」って点だと思うので、
やはり好きな人は好きなんだな、と思います。

ドラクエ式の召喚魔法と言えば、ドラクエモンスターズから、
タッツウ、デアゴ、サムシン、バズウが召喚できるようになっていますが、
一度も使ったことがない自分に気づきました。
あんまり召喚に魅力を感じない人間のようです、僕は。
 
召喚士…ではないんですがどちらかと言うと
パーティメンバーの空き枠に仲間を呼び出す印象が強いです。
例えば5人までのパーティであるなら、6人目の枠に召喚したものを置く感じで。
それか召喚獣用の隊列があったりしてもいいですね。

これは世界樹の迷宮シリーズの「ビーストキング」「ネクロマンサー」「ドラグーン」の影響によるところが大きい気もします。

召喚した際に召喚獣によって固有の技を発動し、あとは自動戦闘するとか
召喚したものが壁として機能するとか、そういうややトリッキーな動作が好み。
 

ufo_1122

ユーザー
現在企画開発中の作品では、召喚系のジョブである「精霊使い」のキャラが登場します。
「霊獣」と呼ばれる魔物を召喚して戦うのですが、ちょっと特殊な仕様としており、
ゲームの動作としては「特殊なバフを自身に付与して、その間専用のスキルを使用可能」という仕組みになっています。

【召喚中に自身が受ける効果】
・召喚した霊獣の持つ属性の被ダメージを無効化する。
・被ダメージを最大で70%軽減し、やや狙われやすくなる。
・状態異常を受け付けなくなる。
・召喚中は毎ターンMPを消費し続ける。

【召喚中に習得するスキル(MP消費なし)】
・霊獣弱体:敵全体に高確率で状態異常を付与する。
・霊獣強化:味方に使用ターン中のみ有効な強力なバフを付与する。
・霊獣開放:敵全体に大ダメージを与え、召喚状態を解除する。
・召喚解除:MPを少し回復。召喚状態を解除して次回召喚までの待機時間を短縮する。

精霊使い当人はHP・防御ともに最低クラスですが、アタッカーだけでなく、
強力なダメージカット効果でタンクとしても活躍できるようになっています。
ちなみに通常の魔法も多少覚えるため、格下相手にも持て余すことはない……はず。
 
トップ