属性にバステ・デバフを紐付ける?

「属性」と「状態変化」はそれぞれ、すっかりRPGに欠かせないものとなっていますが
作品によってはこの2つが対応関係に結び付けられている事があります。
版権ならクロノクロス、聖剣伝説3など。

ウチでも大体次の様に属性とバステ・デバフが連結しています。

火:混乱
水:睡眠
風:弱化
地:スロー
雷:魔法封じ
命:毒
光:昇天
闇:即死

ついでに、属性と能力強化の関係がこう。

火:攻撃力
水:魔力
風:すばやさ
地:防御力

皆様はどうしてますか?
 
パラメータへのバフ・デバフはわりと連結しますが
状態異常はイメージからくるもの優先なので
1属性に1つとは限らない状態です。

【地】
異常:朦朧
補助:DEF(防御力)↑↓
【水】
異常:なし(全体魔法LV2に即死あり)
補助:MAG(魔力)↑↓
【火】
異常:毒、激昂、混乱
補助:ATK(攻撃力)↑↓
【風】
異常:封印
補助:QUI(素早さ)↑↓
【氷】
異常:睡眠
補助:RES(魔法防御)↑↓
【雷】
異常:スタン、麻痺
補助:CRT(致命率)↑↓
【聖】
異常:なし
補助:LUC(幸運)↑、弱体化解除
【邪】
異常:盲目、魅了、即死
補助:LUC(幸運)↓、強化解除
 
制作する度に多少違う事がありますが、今の所は、
・炎属性:火傷、攻撃力関係
・氷属性:凍結、魔法防御関係
・雷属性:麻痺、回避力関係
・水属性:毒、魔法力関係
・地属性:石化、防御力関係
・風属性:封印、敏捷性関係
・光属性:暗闇、魔法ダメージ関係
・闇属性:恐怖、物理ダメージ関係
ですかね。
 
執筆者:神凪洸

紐付けやりますねぇ。
色んなタイプをこれまで作ってきたので列挙していきます。

いわゆる属性やられタイプ:属性異常になるとその属性に弱くなる。
状態異常付加タイプ:よくある王道状態異常を属性と紐付けし、付加する。
戦力ダウンタイプ:属性異常になると威力が弱くなる。(火<水関係の時、水で攻撃すると火属性威力が下がる)
能力ダウンタイプ:属性異常になると関連しそうな能力値が下がる(火なら火力ってことで攻撃力ダウン)
上位異常耐性ダウンタイプ:属性異常になるとその状態異常の上位異常にかかりやすくなる(混乱で魅了になりやすくなる)
特殊タイプ:属性異常になると特殊な性能が下がるタイプ(回復不可になるなど)

上記のものを作品に合わせて組み合わせ、バランスを取っていますね。
そして属性と状態異常を組み合わせるメリットが個人的にあります。

・一度に表示されるステート表示数の節約
過去、属性ダウンと状態異常を別個にしてた上さらにバフやデバフにそれらに含まれない特殊ステートと
たくさんあり、パーティーや装備、戦略によってはステートだらけという見づらい状況になってました。
属性と状態異常を紐付けることで総数を減らすことができる利点があります。
(さらに属性異常やバフデバフは数ある中から1つのみしか付与できず上書き(相殺)されるようにして減らした)

・戦略幅の増加
上記の時、属性ダウン異常をなくせば紐付けもいらないとなるでしょうが
敵の弱点が固定され、場合によってはまったく歯が立たない状況になる場合があるんですね。
装備で無属性スキルの属性変更もできますが、覚えるスキルは一属性特化というキャラもいます。
一応、自作品の戦闘バランスは"使えないキャラなんていない。好きなキャラ・パーティーで攻略できる"
をモットーにしてるので属性ダウンは戦略幅を広げるためには必須です。
耐性ありでも属性異常にさえすれば攻撃が通るようにしています。(極一部、吸収や無効はいますが)

・単純な管理のしやすさ
紐付けによって細かいことを考えず、この属性ならこの状態異常が得意!以上!てことです。
上記通り総数も減るのでデタベ管理しやすい……。


というわけで、現在制作している作品においての紐付けを公開します。
※なお属性・能力値名は実際には全く別の名称になってますが、わかりやすいよう王道名にしてあります。

【火属性】異常:炎上
火属性に10~50%弱くなる(Lv.1で10%、Lv.2で30%、Lv.3で50%と段階制)
攻撃力・運Down。
上位異常「麻痺」耐性Down。
※麻痺は雷系スキルでのみかかる。麻痺は時々行動不可。
※呪い以外の属性異常は上書き解除。

【水属性】異常:浸水
火属性同様に水属性に弱くなる。
HP最大値Down。
上位異常「氷結」耐性Down。
※氷結は氷系スキルでのみかかる。行動不能。1ダメージでも受けると即死。
※同じく上書き解除。

【地属性】異常:混乱
上記同様に地属性に弱くなる。
敵味方を攻撃するようになる。
上位異常「魅了」耐性Down。
※魅了は味方を攻撃するようになる。
※同じく上書き解除。

【闇属性】異常:呪い
上記同様に闇属性に弱くなる。
回復不可。
即死耐性Down。
※特殊属性扱いの為、他属性と同時にかけることが可能。

能力値がDownしても実際には覚えられないので、実感できるかどうか微妙なラインを攻めてます。
ぶっちゃけなくてもいいっちゃいいんですけど、この作品にデバフがないのでノリで()
逆に属性紐付けで能力値のバフ効果というのはあまりないですね。
特殊バフとして、水には「水鏡」という確率反射ステート
風には「加速・減速」と行動順関連ステートという感じのはあります。
 
「少しだけ関連付ける」手法で通しています。全部に付けようとすると自分が把握できないのと、
あまりバッドステータスを増やしすぎるとしつこくなる気がするので。だからといって全く無しというのもどうかと思い、
「女神転生」シリーズのように、あったりなかったりする魔法・スキルが多いです。

火:基本的には追加効果無し。その代わり他の属性より高威力。
水:付くとすれば素早さダウン。氷属性も共用でスタン付与のケースもあり。
土:火属性同様、基本的には追加無しで高威力。敢えて付けるスキルがある場合は毒付与。
風:火属性同様に追加効果なし&高威力。
光:火属性同様に追加効果なし&高威力。
闇:付けるとするなら暗闇付与。モノによっては全状態異常付与というぶっ飛んだものを搭載したことも。
雷:水同様にスタン付与。弱点になる敵が違うので使い分けがポイントになるように。
 
現代モノのプロジェクトが勝手に活気づいてきたので
そちらでの属性と状態異常の関係性をば。
なおステータス強化と弱体については属性なしです。

【火属性】
単体攻撃ESPのみ、対象に低~中確率で「やけど」を付与します。
やけど:4~8ターンの間、ターン経過ごとにHPにスリップダメージ5%
異常、強化弱体とは関係無いですがケモノ系の敵によく効きます。

【氷属性】
単体攻撃ESPのみ、対象に低~中確率で「カゼ」を付与します。
カゼ:永続 ターン経過ごとにHPにスリップダメージ4%
異常、強化弱体とは関係無いですがウロコ系の敵によく効きます。

【風属性】
単体攻撃ESPのみ、対象を低~中確率でひるませます。
ひるみ:1~1ターンの間、行動ができず回避率が0になる ≒スタン
異常、強化弱体とは関係ないですが空を飛ぶものによく効きます。

【雷属性】
単体攻撃ESPのみ、対象に低~中確率で「しびれ」を付与します。
しびれ:永続 50%の確率で行動できず、スピードが半減し、「とくぎ」使用不可
異常、強化弱体とは関係ないですがメカ系によく効きます。

【地属性】
状態異常付与はありません。
異常、強化弱体とは関係ないですが空を飛ぶもの以外には安定して効きます。

【聖属性】
状態異常付与はありません。
異常、強化弱体とは関係ないですが悪しき心を持つものによく効きます。

【悪属性】
単体攻撃ESPのみ、ごくまれに一撃必殺です。
異常、強化弱体とは関係ないですがほぼ全ての相手に安定して効きます。

【爆発属性】
状態異常付与はありません。
異常、強化弱体とは関係ないですが爆発属性に耐性を持つ敵はまずいません。
 
ウチのデバフと属性の結びつきは
炎:弱化(鎧や武器が錆びることから)、火傷(毎ターンHPダメージ)
氷:睡眠、凍結(会心回避低下)
雷:麻痺、感電(防御無効)
水:沈黙、ずぶ濡れ(気合い溜め無効)
風:暗闇、切り傷(魔法ダメージ率上昇)
地:遅延、スタン(アンバランス)、鈍痛(物理ダメージ率上昇)
癒:魅了(蝕に含まれたりして)またはバフステ解除、清潔(回復魔法でダメージを受けるアンデッドやウイルスが更に回復ダメージを受けやすくなる)
蝕:毒、混乱、心壊(回復量が減る、回復を受けた時の効果が下がる)
光:昇天(対アンデッド用即死)、浄化(昇天を受けやすくなる)
闇:即死、恐怖、呪詛(即死を受けやすくなる)
 
最後に編集:
トップ