敵キャラ種族考:ドラゴン篇

https://forum.tkool.jp/index.php?threads/敵キャラ種族考:アンデッド篇.1468/
↑に続く第2弾です。多分第3弾はありませんが…(気になる種族があればスレッドを立てて下さって結構です)

物語上は強大な敵の代名詞となりやすいドラゴン。
その強大さを、ゲーム上はどのように設定して表現するか?
色々考え方があると思いますので、お伺いします。

ウチの場合は…
  • 基本的に1体で出現するデカキャラ
  • ステート・デバフは、弱化・遅延が偶に効く以外は全く効かない
  • 魔法は使わないが、強力な打撃とブレス(攻撃力依存・防御力無関係)を使う。ブレスは基本的にドラゴンの専売特許
  • 属性弱点こそあれ攻撃魔法が効き辛いため、魔術師も殴らざるを得ない
  • 種族特効の両手剣「ドラゴンバスター」がある(拙作で種族特効はこれだけ)
  • 総合的に、戦士が弱点を突けないと辛い(竜を斃すのは騎士!
…といった具合ですかね。
 
自分はドラゴンの大型SVキャラを作ろうして、代案の素材を利用しているからエター中・・・。

多頭、二脚や四脚、無脚、二枚羽、無羽、多枚羽などと色々思いついた中で、

・通常種のドラゴン
・炎氷雷水地風光闇等の各種の属性を司るドラゴン
・機械化したドラゴン
・ゾンビ化したドラゴン
と色々と思案中。

爪攻撃と噛み付き攻撃とブレス攻撃が最低限の攻撃で、生肉が共通して嫌いという設定している。
 
ドラゴンですか、僕のゲームではまだ一度も出したことがありません。
理由は、短編が多いため、長編の終盤あたりに出てくるイメージのある
荘厳なイメージのドラゴンは、どうも出せなかったんですね。

そしてドラゴンって、架空の存在だから、凄く想像が広がりますよね。
スタンダードがなく、皆、いろんなアレンジを加えてくる。
ドラクエ6のバルーンドラゴン(お腹がぷっくり出ている)には
さすがに笑いましたが。

もし僕がドラゴンを出すなら、何か別のものと合体させて出したいですね。
昔僕は、こうもりとトウモロコシを合わせた「コウモろこし」という敵を作ったんですが、
炎を吐くとトウモロコシがポップコーンになって舞い上がり、
戦闘後、たまにポップコーンをドロップするという、謎な敵キャラでした。

でもまさにこの「炎を吐く」なんてドラゴンっぽいし、僕が作った中で
一番ドラゴンっぽい敵キャラだったかもしれない。
……そう思うと、こんな風にいろんなものと組み合わせて、
ちょっとネタに走ってみたい気分ですね。
 
わたしのげーむはどらごんだらけ・・・・?・
人間のフリして、実はドラゴン、もしくはドラゴンのフリして、実は〇〇だったりするので…。
(初代ドラクエの様に、「ファンタジーに必須な要素は剣とドラゴン」と言われるくらい、ドラゴンをつくるとゲームが佳境に陥りやすいです)
 

ufo_1122

ユーザー
普段のドラゴンの出し方はアリヒコットさんが言われている通りで、序盤はボスとして登場し、エンカウントする敵として登場するのは中〜終盤となる高耐性高ステの強敵です。
ステータスや耐性値が高い分、弱点や特効を突けば大きな効果を与えられることが多いです。

しかし現在企画作成しているものでは「竜と共に暮らす竜の民」が登場し彼らと友好関係を築く関係上、竜が敵として登場する機会がかなり少なくなっています。
まともに戦闘するのは「ドラゴンゾンビ」とか遺跡など人里離れた地に残っている「邪竜種」などが殆どだったりします。

【追記】
敵というよりは、仲間サイドのキャラクター・パートナーのような感じに近いのかもしれませんね。
また竜の民の中では「竜殺し」はタブーとされており、金のために子竜や竜の死骸を狙う違法なドラゴンハンターとの戦闘になったりもします。
ところがプロットによればどういう訳か肩書きが「ドラゴンハンター」のキャラが加入するようで……?
 
最後に編集:

seea

ユーザー
こんにちは。
私の場合は、昔から(今もそうですが)クライマックスで勇者パーティがドラゴンを倒すというシーンに、
子供ながらに物凄く違和感を感じてきたんですよね。友達は「そいつラスボスだから」と分かりやすい説明をしますが
私の心の内は納得できていませんでした。元々が敵として物語に出すために作られた種族であってもです。
それらの素朴な疑問をもとにいろいろと検討した末、制作する側として最終的にはこんな感じに落ち着きました。

ドラゴンの強さは、いわゆるスーパーヒーローの強さに設定しています。
子供の頃は弱かったり、一度の飛行時間(距離)に制限があったり、
他種族を思い遣る心が戦いの最中に邪魔をしたりと、いくつかの弱点(?)もありますが
事実上、作中世界において最強の生物です。

仮に戦闘となった場合は、数十km離れた位置からファイア・ボールを撃ち
AAMのように精密誘導の後に着弾させて敵が全滅しますので、本当にそれをやっていいのか思い悩むことはあるでしょうね。
RPG的な戦闘シーンとして成立しませんし、
かなりの数の無関係な生物を巻き込むことになるので、被害を減らすため
敵の視界外から範囲攻撃することを「その手段は極力避けるべきである」と考える可能性はあります。

総じて理知的な種族で、無用な戦闘を可能な限り避けようとします。
若いドラゴン同士で「じゃれ合い」はすると思いますが、地形が変わりますので、
人間から見ると「倒すべきドラゴン」に見えるかもしれません。まあ倒すとか夢見ずに交渉した方が良いとは思う……。
他種族と普通に会話できます。交渉にも乗ってきます。

後で知った最近の作品に、小林さんちのメイドラゴンがあります。イメージはかなり近いと思いました。
ヒト型にはならないので、そこがメイドラゴンと少し違います。
ヒト型に成ることはなれるそうですが、人の歩き方というのに慣れていないそうで自由に走ったり飛んだりできないから
多くのドラゴンはあまり興味が無いんだとか。しかし何事も例外はあるもので、人の姿が好きな者も居ることにはいます。

よく考えたら敵キャラじゃなかったゾ。
 

WTR

ユーザー
その竜は人の言葉を繰るという。
もとより言葉は竜のものであり、人のそれは真似事に過ぎぬ、とも。
天地の開闢より、気の遠くなるほどの歳月を生きてきた賢竜は
訪う者なき孤独の頂で今も静かに下界を見守っている。

みたいな。
人が竜だと思っているものをトカゲと呼んでしまうような上位の存在で
もうそっちは戦うとかそういう相手じゃない
 
とっ始めからもうこのスレッドの主題を否定していますが。

竜族はただ倒すべき強大な敵ではありません
彼らもまた独自の思考・文明・生態をもつ立派ないきものです。
竜族はかわいい。竜族を愛でなさい。

ということでむしろ味方サイドでの採用が多いですが
種族全体を通した性能の定義、と言う点を書き込みましょう。

まず間違いなく最強の生物です。
竜族を上回る強さを誇る生物としては
宗教上の偶像にしか過ぎないものを除く神格ぐらい。
そもそも、創作世界ドラゴニアでは竜を殺すことは
神の意志に背く重罪です。
竜殺しはいつの間にか存在を抹消されることでしょう。

人間ではない生物も多数いますが、
そのいずれをも凌駕するどうしようもないほどに高い
生命力・攻撃力・魔法力を有しています。
素早さだけは逆の意味でどうしようもないです。(致命的なまでに低め)

知性や文化のレベルも特に高いですが、竜族自体は
質素な暮らしを好む為、その居住地はどちらかと言えば
遺跡にも似た様相を呈します。
特に優れているのは魔術・冶金。
ドラゴニアでウォルフラム(=タングステン)を加工できるのは竜族のみ。
魔術はその全てが竜族が扱う「古代竜言語」での発音になります。
寿命もほぼ最長で、20年生きると人間で言う1歳分となります。

簡単に言えば「立ち向かうのも阿呆らしくなるぐらい強い」いきもの。
こんな素晴らしいいきものを単なる敵とか魔物とかとして描いてどうするの。
知性も持ってないような描写なんかしてどうするの。
もっとこう、味方とは言わないまでも中立立場の子が居てもいいじゃないの。

という竜族愛好家(自称)の むなしい さけび。
 
ファンタジーの世界においてはドラゴン族は高貴で崇められる存在、であることが多い気がします。
敵として出てきたときも同様で「ドラゴンクエスト」というタイトルにも表れるよう「他の種族とは別格」感があります。
ウィザードリィの後期版では人間とドラゴンの混血という「ドラコン」という変わり種もいました。

現実世界においても「龍」は神の化身もしくはそれに準ずるものとして崇められていることが多いので、
そのあたりからも「ドラゴンは別格」というイメージが強いのかもしれません。
自作ゲームでも土地を護る神様的なポジションで出したことがあります。

ゲーム、特にツクールの基本素材で出す場合はドラゴンは大きいグラフィックしかないので強い敵としてしか出しようがない、
という印象が強いです。ベビードラゴン的なグラフィックがあればちょっと違ったかもしれませんが。
 
自分の場合は、ドラゴンもトカゲも恐竜も「爬虫類」というくくりですね。
特攻スキルも「スケイル(鱗)ブレイカー」にしようとしましたし。
「ドラゴンがトカゲかよ」ではなくて「トカゲやヘビも、ドラゴンの仲間」と考えると
ちょっとかっこよくなります。

「小さなドラゴン」ですが、VXの「Snake」あたりは、ちょうどいいのではないでしょうか。
どう見てもトカゲにしか見えませんが、一気にボコろうとすると防御され
親を呼ばれて返り討ちになるというギミックも、おもしろそうだと思います。
 
昔使おうとして結局頓挫したネタですが、こんな設定を考えた事もありました。

ドラゴンは元来より存在した種の一つではなく、
人・動物・怪物問わず、生物が大地の裂け目から漏れる
超常エネルギー(竜脈とか命名)を大量に浴びて変質した慣れの果て。
元となる生物によって、変質したドラゴンの外見や性質は多岐に渡る
(火山近くに住む生物が火竜になったり、極悪人だと禍々しくなったりする)が、
総じて強大な知能と能力を併せ持つ。

大陸中に勢力を伸ばしているナントカ教は、
生物の範疇を超えた能力を持ったその存在と竜脈を
「この世にあってはならない物」として表向き根絶対象にしているが、
裏でその力を軍事利用しようと暗躍している…といった感じで。

お目汚し失礼しました。
 

まるたん

ユーザー
やはり幻獣の王様と言えばドラゴンですね((´゚∀゚`))
色々なドラゴンがいるとは言えど、わかっているのはひたすら強い!という事(´・ω・`)b
この辺は幻獣の王様に恥じない存在感だと思っています(*゜∀゜)=3


私が虜になったのはFFのバハムートが発端でしょうか?
召喚という新しい魔法のジャンルに、あのグラフィックと圧倒的な火力! そしてメガフレアという素晴らしいネーミング。
当時の私が一目ぼれするには十分な要素を兼ね備えていたように思います(*'ω'*)


その後も色んな作品でドラゴンを知り、色んな解釈でその幅を広げていってるドラゴン。
私もそんなドラゴンを題材にしたくてうずうずしているのです(`・ω・´)

私がどんなドラゴンにするかはわかりませんが、幻獣の王様に相応しい
人知を超えた圧倒的な存在として描いていきたいのですo(`ω´ )o
 
そういえばRPGには「ドラゴンシールド」などの、ドラゴンの体を使って作られた装備が出てきますよね。
「材料となるドラゴンを、どこから調達しているのか」というツッコミを聞いたことがありますが
ワニ革のバッグに使われているのは、牧場でいい餌を与えられて育ったワニだそうです。
というわけで、これらの装備が存在する世界では材料を作るためのドラゴン牧場があるではないかという
妄想をしたことがあります。
掘り下げていけば、お話も数章作れそうな気がします。
 

べるなに

ユーザー
そういえばRPGには「ドラゴンシールド」などの、ドラゴンの体を使って作られた装備が出てきますよね。
「材料となるドラゴンを、どこから調達しているのか」というツッコミを聞いたことがありますが
ワニ革のバッグに使われているのは、牧場でいい餌を与えられて育ったワニだそうです。
というわけで、これらの装備が存在する世界では材料を作るためのドラゴン牧場があるではないかという
妄想をしたことがあります。
掘り下げていけば、お話も数章作れそうな気がします。
ドラゴニュートなんて言うのもいるので、カツラを作るのと同じで少しずつ革を集めてるとかもありそうですな………
 
ウチのドラゴンはトカゲや蛇に対竜(対爬虫類)を適用します。
それはさておき、ウチのドラゴンにはライダー系の特性がよく適用されます。そのために即死がよく効いたり弱化、遅延に効いたり打属性と対爬虫類の特攻が刺さったり(さすがにボスにまで即死効いたらまずいのでライダー系のボスに即死は効きません)。でもまあ、ウチのドラゴンは爬虫類に鬼(史上最強の系統)を足したみたいな感じですかね。鬼は古来より人から恐れられた存在でもあるのでドラゴンも間違いなく鬼と共通してますかね。
 

開拓者

ユーザー
ドラゴンって蛇に足をつけてみたらそれが実際に生まれたような不思議さがありますね。
蛇足がずっと歴史に残る事も考えると、人間の空想する力は凄いと思います。

爬虫類っぽいので冷気に弱いと考える事もありますが
天使や悪魔の化身と考える事もあるので弱点が無い事もあります。
もしかすると、この世界には弱点がないのを弱点にする方法があるのかもしれませんね。
(HP特化と防御特化には効きづらくてHPと防御のバランスが取れている時ほど効果が大きい物は何か)
 
トップ