時間経過システム

歩くたびに時間が経過する古典的な時間経過システムを導入するプラグインです。
このプラグインの導入によって時間帯によって異なるモンスターを出現させたり、夜専用のBGMを流したりすることができます。
時間帯には、朝、昼、夕方、夜、深夜、夜明けを使用できます。
plugin.PNG

↓ダウンロード先(リンクを右クリックして、「名前を付けてリンク先を保存」でダウンロードしてください)

 
最後に編集:

ハヤト

ユーザー
すいません。
移動マップの時に朝と夜を分けて移動させるには、どうすればいいですかね。

フィールドは時間管理。

町は、入った時の時間でそのまま。

しかし、朝と夜の時の時間マップを分けたいのですが、上手くいかなくて。
 
こんな感じで、時間によって朝と夜の町を切り替えたいということですか?
 朝: 町に入った時、Map001に移動させる
 夜: 町に入った時、Map002に移動させる

それなら、プラグインパラメータのtimezoneVariableIDを設定して、時間帯を変数に
持たせれば解決できると思います。

例えば、変数5番で時間帯を管理する場合、timezoneVariableIDに5を設定します。
そして、町に入るとき、条件分岐で変数5番(時間帯)の値によって、場所移動させるマップを変えます。

条件分岐: 変数5番(時間帯)が、0(朝)のとき、
 場所移動: Map001
それ以外の場合:
 条件分岐: 変数5番(時間帯)が、3(夜)のとき、
  場所移動: Map002

みたいな感じで設定すれば、いけると思います。
 
v1.1.0に更新しました。
今回の更新によって、いろいろと機能を追加しました。

・画面の色調を指定するプラグインパラメータを追加
  これによって、朝や夜の画面の暗さを任意のものにすることができるようになりました。

・画面の色調変更を適用しないマップを作成可能に修正
  時間帯によらず常に明るいマップを作成可能になりました。
  夜の酒場は画面を暗くしない、といったことが簡単に作成できるようになります。

・イベントコマンドから時間帯を変更するときに画面の色調変更にかかるフレーム数を指定可能に修正
  従来は、時間帯を変更したとき、画面の色調変更には必ず60フレームかかりましたが、これによって1フレームで画面の色調変更を行う、みたいなことが可能になりました。

・夜BGMにピッチ、ボリューム、パンを指定可能に修正
  従来は、夜BGMのみしか指定できませんでしたが、夜BGMのピッチ、ボリューム、パンについてもマップのメモ欄から指定できるようになりました。
 
トップ